トンデモ妻から離婚通告に泣く男。大原敬子「自分の恥部は喋ってないでしょ?」


テレフォン人生相談 2018年5月14日 月曜日

妻から3年後の離婚を言い渡されて途方に暮れる49歳からの涙の相談。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 男49歳 妻49歳 長男20歳 次男18歳 三男16歳

今日の一言: なし

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致します。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えて下さい。

相談者:
49歳です。

加藤諦三:
49歳、結婚してます?

相談者:
はい、結婚してます。

加藤諦三:
えー、奥さん何歳ですか?

相談者:
49です。

加藤諦三:
49歳。
お子さんは?

相談者:
上から、二十歳。

加藤諦三:
はい

相談者:
18歳

加藤諦三:
はい

相談者:
16歳、3人共男の子です。

加藤諦三:
あ・・3人共男の子ですね・・はい、分かりました。んで、どんな相談ですか?

相談者:
2週間前にですね,

加藤諦三:
はい

相談者:
えー妻からのお、「下の、子どもが、大学に、入学、したら、離婚、しようね」と、言われまして、で、

加藤諦三:
下の子がっていうのは、ん、ん、この16歳の子?

相談者:
えーと今・・はい、はい

加藤諦三:
この、16歳の子が大学入学したら、

相談者:
はい

加藤諦三:
離婚したいと。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい・・理由は、どういう事ですか?

相談者:
あのお、結婚して、20・・1年ぐらい経つんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
最初お、の頃は、まあ、2人で、あのお・・部屋で、一緒に住んでたんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
その後、えーと、ちょっと夫婦、で、あのお、部屋を別々に、なりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、その、あと、段々段々、会話が、減って来たり、でまた、妻が、飲みに行ったり、遊びに行ったり、こう、すると、ちょっと嫉妬、したりという、ような・・

加藤諦三:
は・・はい

相談者:
ことが、あったりしまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そんな、日々がこう、段々段々こう、蓄積して、来まして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、ここ・・最近に、つきましては・・妻の車に、助手席に乗るのも、もう、子どもを乗せるとか、
あとお・・毎晩の、晩飯は作ってくれるんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
も、休みの日は、も、ほとんど、あの外出、しちゃってまして。もうあの、あまり、わたしと・・

加藤諦三:
要するにあなたと一緒にいるのが嫌だということ?

相談者:
もう、そうだと思います、はい

加藤諦三:
ふうーん。寝室も別にな・・ったということですが、

相談者:
はい

加藤諦三:
それえ、別になってからどのぐらいですか?

相談者:
10う・・7年、くらいですか。

加藤諦三:
はあー、もう、かなり長いですね。そうすっと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚ん、20年・・くらいっていう事ですから、

相談者:
はい

加藤諦三:
恋愛結婚ですよね?

相談者:
あ、そうです、はい

加藤諦三:
だ、結婚した当初は、ま、上手く行ってたけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
もう2、3年した時にはもう・・なんか・・心が・・通じなくなったというか、そういう事ですか?

相談者:
うーん、そうすね、ま、部屋別々ですけど、ま、それなりに、あの、休みの日とかは一緒に、出掛けてたり、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの運動会でも何でも、一緒に行ってましたんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
子どもが、小学校・・全部、卒業するくらいまでは、ま、年に1回、家族旅行も行ってたんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
そのお・・後、中学、生くらいになってから、ま・・徐々に、徐々に・・あの・・

加藤諦三:
中学生って、この今、二十歳の子が中学生の頃っていう事ですか?

相談者:
そうです、はい、はい・・思います。

加藤諦三:
はいはい。という事は、これといった何か、事件があって、上手く行かなくなったわけではなくて、

相談者:
え・・事件じゃない・・ないです。

加藤諦三:
自然と・・心が離れて行ったっていう・・

相談者:
はい。ま、わたしもちょっと・・嫉妬深い方なんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
妻・・が、夜・・午前様で、帰ったりなんかすると、わたしもちょっと不機嫌になってしまったりですね、えー

加藤諦三:
あ、それは午前様で・・あのお、嫉妬深くなくなって・・午前様で・・理由があれば別ですけど。

相談者:
あ、色々、あの、会合とか、な、なんですかね、色々なグループとか、あの、結構、友だち関係が多いんで、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ま・・あのお、行くとは聞いてたんですけども、それでも、ちょっと、わたしい、が、かなり時間が、ホントに遅くなると、あのお・・やっぱり、あ、ちょっといい態度を取らな、かったり・・

加藤諦三:
うん、ま、それはそうですよね。
で・・特別に、あなたはあれですね?、なんかあ、劣等感が強いとかっていう事ではないんですね?

相談者:
うーん、ただ、あの・・妻から言われたのはですね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「あなたは、そういう、性格だから」

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、「別れましょう」って言った時に、わたし・・3日か4日、毎日のようにこう、
「頼むから考えてくれ」とか・・も言ったんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
も、言えば言うほど、
「も、あなたの、性格だと、その時だけ、謝っても・・どうせ、また、そういう性格は直らないし」で、
「あなたと、この先、20年以上」・・い、い、い、

加藤諦三:
やってく自信がない。

相談者:
「いるなんて、ない」っていう・・

加藤諦三:
うん

相談者:
話、を言われまして、

加藤諦三:
うーん

相談者:
そうすると・・ちょっと彼女はわたしと違って、意思が強いので、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、あのお、ちょっと・・厳しいのかな?と、思っては、いるんですけども、

加藤諦三:
うーん

相談者:
やっぱりこうやって、こう、いると、仕事も・・まが、つかなくて・・で、夜もちょっと最近、眠れなくて・・

加藤諦三:
眠れなくて。

相談者:
食欲も・・ないんで、

加藤諦三:
うーん

相談者:
あー、結構自分って気が、弱いんだなあ・・でも・・うーん、自分が今までやって来た事・・を、思うと、し、ん、これはもう当たり前、なのかな?
当たり前なのは分かってるんだけども・・でも、何とか、したいなって、その辺の・・

加藤諦三:
あー

相談者:
次から次へとこう、なんか、いろ、いろんな、気持ちが、こう、何ですかね・・どこを、グルグル、グルグル回ってて・・で・・居ても立ってもいれない、いら、いられなくなって、ちょっと・・ま、今日連絡したって感じ、なんですけど。

加藤諦三:
な、な、なるほどね。

相談者:
はい

加藤諦三:
あの・・今、劣等感の話聞いたけど・・なんか罪の意識っての、普通の人より強い方なの?

相談者:
・・落ち込みやすいです。

加藤諦三:
落ち込みやすいね?
そ、

相談者:
はい。仕事でもなんでも、落ち込みやすいです。

加藤諦三:
うーん

相談者:
怒られると結構、凹んじゃいます。

加藤諦三:
うーん

相談者:
だから、ホントに・・気が小さいっていうか・・ダメなんですよね(苦笑)、っていうのがホント今・・

加藤諦三:
うーん、うーん

相談者:
ほ、本音です今。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
自分を責めるタイプだもんねえ。

相談者:
はい、はい、もう、ホント今、今はそう思います。
ただ、わたし、あの、子どももほとんど・・教育・・もしてませんし(震えた声)
子どもに、色々と勉強も教え、られないし、
子ども小っちゃい頃は、あの、妻から、「お父さんみたいには、なるんじゃないよ」って、
「お父さんは・・朝から晩まで・・働いてばっかりで」(涙声)

加藤諦三:
ええ

相談者:
#$%◆「そんな風には・・なるなよ」って・・よ、よく・・言われ、てて(泣き)

加藤諦三:
それは辛い言葉だよねえ。

相談者:
(泣き)わたしはあのお、何ですかね、誰でも、入れる、高校、をですね、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお・・お、落ちてしまいまして(震えた声)。
で・・

加藤諦三:
ん?、誰でも入れる高校に、落ち・・

相談者:
レベルの、お、え、あの、学年で2人だけ、落ちてしまいまして、

加藤諦三:
あ、落ちた。はい

相談者:
(鼻をすする)(泣き)や、ごめんなさい。
・・

加藤諦三:
いや、もう・・いいですよ。もう、思いっきり泣いて下さいよ。

相談者:
(泣き)勉強もできなかったんで・・でも・・その時に、でも・・ま、それなりに、あのお・・私立の・・高校に、行かせてくれて。
自分は今となったら、その時には、ほーんとショックだったんですけど・・今はもう全然ホントに、大丈夫っていうか。
うん、よくしてもらったと・・

加藤諦三:
うん

相談者:
思ってます。

加藤諦三:
うん

相談者:
(泣きながら)ただやっぱり・・今でも、結構、嫉妬深かったし・・

加藤諦三:
うん、そ・・

相談者:
意地悪も、#$%◆したし、

加藤諦三:
そうさ・・い・・

相談者:
もうホントに、長い間・・つ、妻を、責めて責めて・・(泣)

加藤諦三:
うん

相談者:
責めまくってて・・(泣)
それを、離婚言う、言われるまで、気が付かなかった自分がバカだったってのは一番、分かるんですけど。
・・
(泣き止んで)
ただ・・もう・・言えば言うほど・・おかしくなってしまいますし、仕事の関係もおかしくなってしまいますし・・

加藤諦三:
しい、もあ、あ、奥さんの方も・・あなたは、言っても、それは、無理だと思いますよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
今の状態では。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど今日は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
この方と・・出会って、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの人生は・・変わると思います。

相談者:
・・あ、ありがとうございます。

加藤諦三:
幼児教育の、大原敬子先生です。

相談者:
あ・・

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「トンデモ妻から離婚通告に泣く男。大原敬子「自分の恥部は喋ってないでしょ?」」への3件のフィードバック

  1. やめてあげてーライフはゼロよ‼
    いつものように相談したらボコボコにされる。わけだが
    プロレスのノリがわかるイイ奴ら
    テレ人相談者って案外そうかも

  2. 大原先生の特技・・相談者の分析。こうこうだから、アナタこうでしょ?違います?それで時間が終わってしまい、何の回答にもなっていないこと良くありますね。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。