アタシだけを蔑(さげす)む父。実は従順な母親が元凶。それでも承認を求める女へ


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちはあ

大原敬子:
あのお、今日の、話を聞いていて、

相談者:
はい

大原敬子:
ん?、と思うのは、

相談者:
ええ

大原敬子:
今、先程・・「お子さんは?」たら、「ゼロ歳児」っておっしゃいましたね?

相談者:
はい

大原敬子:
子どもを・・

相談者:
ええ

大原敬子:
ミルクをあげたり、

相談者:
ええ

大原敬子:
母乳をあげてる時には・・あっ、「もう1ヵ月来た」、「2ヵ月来た」って言うんですよ。

相談者:
ええ

大原敬子:
「あっ、今、3ヵ月です」とかね?

相談者:
ええ

大原敬子:
「4ヵ月来ました」っていう気持ちが、ないのは何故だろうかな?と思った時に、

相談者:
ええ

大原敬子:
1点はそこなんです。

相談者:
ええ

大原敬子:
もう1点は、わたしは・・もうとにかく自立してね?・・仕事をして、

相談者:
ええ

大原敬子:
そして・・家を出た。

相談者:
ええ

大原敬子:
それほど・・父が憎かった。

相談者:
はーい

大原敬子:
家が嫌いだったという人が・・

相談者:
ええ

大原敬子:
何故また、

相談者:
ええ

大原敬子:
子どもを連れて行くだろうか?ってとこなんです。

相談者:
うん、そう、わたしも思うんです・・それ。

大原敬子:
つまり・・

相談者:
分からない・・

大原敬子:
そうでしょ?、不思議でしょ?これ。

相談者:
うん、分からない。

大原敬子:
自分はこんなに恐れてるのに、

相談者:
うーん

大原敬子:
何故行くの?って事です。

相談者:
ええ

大原敬子:
わたしは今日の話を聞いた時に、全く違う角度でね?、お父さんが凄く強ければ・・

相談者:
ええ

大原敬子:
こんな関係にならないんですよ。

相談者:
・・

大原敬子:
つまり・・

相談者:
ええ

大原敬子:
お母さんが操作してるって事です。

相談者:
あーあー

大原敬子:
そして・・もっと言うと、お父さんが気の弱いって分かったのは、

相談者:
ええ

大原敬子:
直接言ってないんですね、あなたに。

相談者:
あーあー、そうです。

大原敬子:
言えない人間が・・

相談者:
ええ

大原敬子:
何故こうなるか?

相談者:
ええ、ええ

大原敬子:
「大事に育ててやったのに」、「このような様」、「有り様か」とか。
全部これ・・妻に対する感情ですよね?

相談者:
#$%◆

大原敬子:
「この有り様だよ、君の子どもは」って事ですね?お父さんにすると。

相談者:
あーあー

大原敬子:
でもお母さんは・・全く・・気にしてない。
「どうぞ」って。

相談者:
あーあ

大原敬子:
お母さんとると、お父さん嫌われたくないですから、

相談者:
あー

大原敬子:
直のドンパチは出来ないんです。

相談者:
ええ

大原敬子:
だから・・「どうしてあなたはお父さんに謝らないの?」って事で、子どもを犠牲にしながら、自分が・・

相談者:
ええ

大原敬子:
マッチポンプ。あっち行ったりこっち行ったりやってるんですね。

相談者:
あー、はい

大原敬子:
で、本来は、お父さんは、あなたと触れたいんですね。

相談者:
ええ

大原敬子:
それが・・あなたが突然行った時にね?

相談者:
ええ

大原敬子:
ホントに知らない事で、襖を開けた。居た。

相談者:
うーん

大原敬子:
あっ、帰って来たんだー、と思うと、ホッとするけれども・・

相談者:
ええ

大原敬子:
妻と楽しく話している。

相談者:
うん

大原敬子:
僕は関係ないんだなってドアを閉めちゃう。

相談者:
ああー

大原敬子:
でもなんで?って。これ僕の家(うち)じゃないか、って。

相談者:
うーん

大原敬子:
君を育てのはこの僕なんだよ、っていう事になった時に、

相談者:
うーん

大原敬子:
言いたいですよね?、捨てゼリフが。

相談者:
あー

大原敬子:
そういうジレンマの関係の家なんです、この家。

相談者:
あー、なるほどー・・あーそうなんですね。

大原敬子:
どうですか?

相談者:
・・あー

大原敬子:
お母さんを悪いとは言わないですよ。

相談者:
うん

大原敬子:
でもお母さんは結構、結構、邪知(じゃち)(*)してますね。

(*)邪知: 悪知恵

相談者:
・・あーあー

大原敬子:
また、そうしなければ、

相談者:
ええ

大原敬子:
お母さんの幼児期、何かあるはずなの。そうしなければ・・

相談者:
ええ

大原敬子:
お父さんとの関係が保って行けないんです。

相談者:
・・あー

大原敬子:
でも、お父さんとお母さんの関係では、ホントはお母さんが強いの。

相談者:
あー

大原敬子:
物凄い強いんです。

相談者:
ええ、ええ

大原敬子:
強さを、ん、何ていうの?頑固っていうのか?

相談者:
うーん

大原敬子:
皮肉を言っても・・柳に?(*)、って感じで聞かない。もう流しちゃう。

(*)柳に風: やり過ごす、逆らわない

相談者:
あー

大原敬子:
いうような強さのお母さんです。

相談者:
うん、うん、うん、うん、そうですね。

大原敬子:
ね?

相談者:
うーん、うーん

大原敬子:
すと、その怒りがありますね。

相談者:
ええ

大原敬子:
怒りをあなたにぶつけて来たんです。

相談者:
うんー

大原敬子:
で、お母さんそれ知ってるんです。

相談者:
あー

大原敬子:
これがわたしだって事が。

相談者:
あー

大原敬子:
だから「謝りなさい」って言うのよ。

相談者:
うーん

大原敬子:
分かりますか?

相談者:
・・はあ(ため息)

大原敬子:
お父さんが言ってる事がビンビン自分に来るんです。
あ、これ、あたしの事言ってるんだなって。

相談者:
あー

大原敬子:
それをあなたがね?

相談者:
ええ

大原敬子:
反抗したら・・

相談者:
ええ

大原敬子:
お父さん、なに、中にはあなたじゃないんです。

相談者:
母親ですか?

大原敬子:
そうです。だから、反抗した時、やっぱり・・君は・・

相談者:
うーん

大原敬子:
僕をそう思ってたんだなっていう事を、思われたくないためにお母さんは、
「謝りなさい」って言ってるわけです。

相談者:
あーあー

大原敬子:
で、子どもは訳分からないですよね?

相談者:
ええ、ええ、ええ

大原敬子:
非常にね?、その、お母さん自身が・・

相談者:
ええ

大原敬子:
生きるために・・

相談者:
ええ

大原敬子:
屈折して、いたんじゃないかな?っていうの、いう事です。

相談者:
あーなるほど。うん、うん、うん、うん

大原敬子:
分かります?

相談者:
はーい

大原敬子:
この家の中で一番強いのはお母さんだと、わたしは思っています。もしあなたが、本当に、お父さんとお母さんの関係を上手く行きたいんならばですね?

相談者:
うん、うん

大原敬子:
しばらく行かない事よね?

相談者:
ああー

大原敬子:
それも1つの案です。

相談者:
ええ、分かりました、はい

大原敬子:
行くならば・・ちゃんと・・
「今日行きます」って言いますね。

相談者:
うん

大原敬子:
言ってもお父さんは文句言いますよ?

相談者:
うん

大原敬子:
その時に、ああ、そうか・・

相談者:
うん

大原敬子:
お父さんは、今は・・あーでも、こうでも、わたししかね?

相談者:
うん

大原敬子:
あたる人はいないんだ、と思って。

相談者:
うん

大原敬子:
側にいるお姉さんとか・・お母さんの行動を、よおく観察してご覧なさい。

相談者:
はい

大原敬子:
誰が悪い云々ではないんですよ、これ。

相談者:
うーん

大原敬子:
自分だけが・・愛を求める関係が、どんどん、どんどん、ズレて行ったんだと思うんですね。

相談者:
うーん

大原敬子:
あなたは、赤ちゃんと連れて行って、お父さんに・・こうして結婚して・・

相談者:
うん

大原敬子:
子どもを産んだ。こんな女性になったのよっていう事を・・認めて欲しいんですよ。

相談者:
あーあー、そっか。

大原敬子:
認めて欲しいの、それが。

相談者:
あーあー

大原敬子:
そしたらね?、しばらく、こう、よ、両親の考える事よりも、今、何歳?、ゼロ歳ではなくて、

相談者:
ええ

大原敬子:
今、何ヵ月ですか?

相談者:
7です。

大原敬子:
え?、7ヵ月?

相談者:
7ヵ月。

大原敬子:
女の子、男の子?

相談者:
男の子です。

大原敬子:
今、一番手が掛かると思うんです。

相談者:
うん

大原敬子:
離乳が入って来ますし。

相談者:
ええ

大原敬子:
この子を・・しばらく夢中になって看ようと。

相談者:
ええ、ええ

大原敬子:
食事とか。

相談者:
ええ

大原敬子:
沐浴とか、全部ですね。

相談者:
そうですね。

大原敬子:
自分がそれに・・全身を打ち込みながら・・

相談者:
ええ

大原敬子:
親の考えを見ても、1つの見方だと思います。

相談者:
あー

大原敬子:
あくまでも、見方ですよ?、これは。

相談者:
うん、うん、うん

大原敬子:
あなたが何故・・子どもを連れて行くか?っていう本心は・・

相談者:
なるほど。

大原敬子:
親孝行ではなくって、

相談者:
あー

大原敬子:
自分を認めて欲しい。

相談者:
そっか・・

大原敬子:
そこに・・お孫さんがね?

相談者:
ええ

大原敬子:
お父さん、こうなって来ると本当に、家では・・ホント針の筵(むしろ)ですからね?

相談者:
うーん

大原敬子:
あなたにまた、昔の、感情でやってしまいますから。

相談者:
うーん

大原敬子:
お孫さんにもいい、影響与えないと思いますよね?

相談者:
うーん

大原敬子:
ですから、しばらくです、しばらくですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
ちょっと、冷却期間をおいて・・お母さんとお父さんが、「どうしたの?、最近こないわね」って、相手が・・

相談者:
うん

大原敬子:
ドアを開けた時は、チャンスなんです。

相談者:
うーん

大原敬子:
分かりますかしら?

相談者:
はい

大原敬子:
自分の今、やるべき事、子育てですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
凄く楽しくやってたら・・人は気になるんですよ。

相談者:
うーん

大原敬子:
何で?、楽しそうにやってるな、あの人は。

相談者:
うん、うん

大原敬子:
人は、楽しく、嬉しくやっている生活の中に、必ず関心と、あれを持つんですね。

相談者:
あー

大原敬子:
今あなたは、どうにかして「こんにちは」って、「わたしを認めて」って・・

相談者:
うん

大原敬子:
「こんにちは」、「認めて」ってやってるので、

相談者:
うん、うん

大原敬子:
昔と全く変わってないですよね?

相談者:
あー

大原敬子:
あ、また来たかになってしまって、

相談者:
うん

大原敬子:
成長の度合いがないですよって、先生はおっしゃってるわけ。

相談者:
あー

大原敬子:
先生いかがでしょうかね?

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
認められたいっていうその事なんですけれども、

相談者:
ええ

加藤諦三:
今のあなたでは、

相談者:
はい

加藤諦三:
絶対に認められる事はありません。

相談者:
あー

加藤諦三:
人の、を、認める事が・・出来ない人に向かって、認めてもらいたがってるの。

相談者:
あー、なるほ・・あー

加藤諦三:
・・あなたを・・「ダメな人間だ」と、言う、言い続けて、あなたがもう・・否定する事でしか自分が生きていかれない人ですよ?

相談者:
あー、そうですね。

加藤諦三:
その人に、どうやって認めてもらうの?

相談者:
あー、認めてもらう必要ないです。

加藤諦三:
うん・・だから子、子どもいっしょ、に、子育て、い、一生懸命やってごらん。

相談者:
はい

加藤諦三:
全てが全部・・上手く行きます。

相談者:
・・そうですよね(涙声)うん(泣き)

加藤諦三:
今までの苦しみが、

大原敬子:
うん

加藤諦三:
花、開きます。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・よろしいですか?

相談者:
はい(涙声)

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
はい。ありがとうございました(涙声)。

加藤諦三:
いじめは、家族の中から始まる。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。