子ども連れて出て行き高額な別居費を請求する妻を愛する男に回答陣の冷たい宣告


テレフォン人生相談 2018年7月24日 火曜日

学生時代から付き合って結婚した2人。
パート先をよく変える妻と1年くらい前からいざこざが増え、ついに2人の子供を連れて妻が出て行き、とても払えないきれない金額の別居費用を請求してくる。
払えないのなら離婚と近々調停が開始される予定。
離婚したくない理由は妻を愛しているから。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 男33歳自営 妻33歳 結婚8年現在別居中 長男5歳 次男1歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?、テレフォン人生・・

相談者:
あ、もしもし?

今井通子:
相談です。

相談者:
はい・・よろしくお願い致します。

今井通子:
はーい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:
半年前ぐらいから、

今井通子:
・・はい

相談者:
えーと、妻に「離こーん、をして下さい」とちょっと言われてまして、

今井通子:
・・はい

相談者:
つい最近なんですけどお、ま、あの、つ、妻が・・子どもを連れてちょっと出て行ってしまったっていう状況なんですけれども。
(オルゴール?)

今井通子:
・・あなたはおいくつですか?

相談者:
えと、自分は33です。

今井通子:
33歳、奥様は?

相談者:
妻も33です。

今井通子:
33歳?

相談者:
はい

今井通子:
お子さまは・・

相談者:
・・はい

今井通子:
女の子さん?男の子さん?

相談者:
えーとお・・男2人で、5歳、と、1歳です。

今井通子:
5歳と1歳。

相談者:
はい

今井通子:
ご結婚何年目?

相談者:
・・えーと、結婚して8年目ですね。

今井通子:
8年目?

相談者:
はい

今井通子:
・・あなた、えー、自営?会社あ、員?

相談者:
え、自営です。

今井通子:
自営の方ね?

相談者:
はい

今井通子:
はい。
で、奥様は専業?・・主婦?

相談者:
あ、妻はパートを、してますね。

今井通子:
あのお、

相談者:
はい

今井通子:
あなたのお仕事を手伝ってるわけじゃない?

相談者:
あ・・違いますね、別のお・・会社で、パート勤務です。

今井通子:
はい。で・・えー、家庭生活は今そうすると・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたと・・

相談者:
はい

今井通子:
奥様と、

相談者:
はい

今井通子:
えー2人のお子さん・・

相談者:
そうです。

今井通子:
4人で生活してらっしゃる?

相談者:
はい、はい

今井通子:
親御さんとは別?

相談者:
あ、別です。

今井通子:
あ、別。

相談者:
はい

今井通子:
・・はい。
で、その・・実家に戻られちゃった原因は?

相談者:
実家っていうか、あのお、別居お、てか、近くにアパートを借りてえ・・#$%◆

今井通子:
あ、実家じゃ、んー、戻ったんじゃないんだ?

相談者:
はい、はい

今井通子:
あの、要するに・・「離婚をしたい」と、一方的に奥様がおっしゃって?

相談者:
そうですね、一応、ま、「離婚をしたい」っていうのは半年前ぐらいに言われて、

今井通子:
うん

相談者:
ま、「理由う、は何?」っていう、話を、聞いたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
ま、性格が合わないのと・・

今井通子:
はい

相談者:
えーと、モラハラ?・・

今井通子:
うん

相談者:
て、言われていたんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、じゃ、もうちょっと詳しく説明・・を、求めたんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
り、うん、ま、も、とりあえずう・・めい、ま、「色々あり過ぎて」・・「あたし的には限界が来た」と。

今井通子:
・・そのお、モラさ、モラルハラスメント?

相談者:
はい、はい・・はい

今井通子:
・・DVはないでしょうね?

相談者:
ないです、ないです。

今井通子:
・・相当、なんか嫌がってる事が、あるんでしょ?

相談者:
と、思うんですけどね。も、で、それが、ちょっと・・何だかよく分からないんでえ、ちょっとお、どこを反省(苦笑)したらいいのか?とか、も、全然分からないんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
それでえ・・あと、金銭面・・

今井通子:
はい

相談者:
の事とかでも・・ま、別居お・・は(わ)するう、にあたって?

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、払えないような金額を請求されたりとか。
「これぐらいくれ」とか。

今井通子:
はい

相談者:
や、ま「借金してでも、あんた」・・「バイトしてでもいいからその、お金はどうにかしろ」とか。
じゃ「それが出来ないんだったら離婚を、してよ」とか。

今井通子:
・・あ・・

相談者:
結構言わ・・はい

今井通子:
その・・別居っていう、意味は、「今、アパート借りてる」・・

相談者:
はい

今井通子:
っておっしゃいましたけど、

相談者:
はい

今井通子:
元々離婚しなくてもお、

相談者:
はい

今井通子:
別居したいっていう風な、考え方の奥さまなの?

相談者:
そうです。あの「離婚」ん、「は」あの・・「ちょっと僕今したくないんだけど」って言ったら
「じゃ別居してくれ」と。

今井通子:
あの・・

相談者:
はい

今井通子:
金銭的には、何?、現在は・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたも・・

相談者:
はい

今井通子:
生活、あの、仕事をしている、奥様も・・

相談者:
はい

今井通子:
パートで働いている。

相談者:
はい、はい、はい

今井通子:
で、2人のお子さんも育てている。

相談者:
はい

今井通子:
家計費いくらぐらいで賄(まかな)ってんの?

相談者:
・・家計費が、えーと、30・・5万ぐらいすか、あ、妻と合わせてですよね?

今井通子:
うん

相談者:
はい、それぐらいですかね?

今井通子:
35万ぐらいで・・

相談者:
はい

今井通子:
やってらっしゃるわけね?

相談者:
やってるんです、はい

今井通子:
で、今、お家、住まわれているのは・・

相談者:
はい

今井通子:
借家?、それとも自分のお家?

相談者:
あの・・いや、借家です。

今井通子:
借家なの?

相談者:
はい

今井通子:
・・ていう事は家賃も、含、まれてるんですね?、今。

相談者:
そうですね。はい

今井通子:
はい。
で、もう1軒?

相談者:
はい

今井通子:
要するに「別居をしましょう」っていう・・

相談者:
はい、はい

今井通子:
話し合いをしたっていう事は、

相談者:
はい、はい

今井通子:
もう1軒、ま・・アパートを借りるにしても、

相談者:
はい

今井通子:
で、そこの・・家賃をいくらぐらい請求されたわけ?

相談者:
・・えーと、13万です。

今井通子:
13万?

相談者:
と、引っ越し代。こっから出て行くお金?

今井通子:
ええ、ひ・・

相談者:
あと家具とか、全部揃えるお金?

今井通子:
13万の中に引っ越し代も入ってんの?

相談者:
いや入ってないです、別う・・

今井通子:
あ、13万プラス・・

相談者:
引っ越し代・・

今井通子:
引っ越し代、家具代。

相談者:
ま、揃えると思うんで、

今井通子:
うん

相談者:
それ分・・

今井通子:
はい

相談者:
て、言われたんで、

今井通子:
はい、で・・

相談者:
ま、ちょっとちょっと(苦笑)

今井通子:
で・・全部でいくら?

相談者:
はい・・いやそれは・・漠、「漠然としてまだ分からない」って言ってたんですよ。

今井通子:
うん

相談者:
はい、じゃ「それだったら出せないし」

今井通子:
うん

相談者:
あ「到底悪いんだけど、月13万なんていう金額ちょっと」・・「払えないんだよね」って話をしたんですよ。

今井通子:
・・はい。で、その・・

相談者:
「だったら離婚してくれ」と。

今井通子:
13万ていうのは・・

相談者:
はい

今井通子:
家賃ですよね?

相談者:
・・家賃ていうか、奥さんが言う、婚姻費用っていうんですよね。別居中の。

今井通子:
うん

相談者:
「生活費としてそれぐらいくれ」「下さい」というお話だった・・

今井通子:
あ・・そういう事なのね?

相談者:
はい・・でもお・・も、何、何、何からこう・・話し合いが全くもう、出来ないんですよね。僕の、母親とかちょっと・・
「冷静になりな」って、ちょっと、話(はなし)したんですけどお・・
「も、こんな男とはやってけない」みたいなのの、一点張りなんで。

今井通子:
なるほど。そ・・

相談者:
それでえ・・

今井通子:
うん

相談者:
僕の方からじゃもうちょっと・・あと一個の方法としては、もう調停?(苦笑)・・

今井通子:
うん

相談者:
て形で第三者、ホントに知らないー、で、調停員の人に、話聞いてもらってっていうー、手段しかもうないんでえ。

今井通子:
はい

相談者:
妻の方に、じゃあ・・「離婚したいなら調停え、申し立ててくれ」「下さい」って僕が言ったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
それでえ、2ヵ月3ヵ月経っても、ま、調停え・・も、申し込みに行ってないのか、呼び出しがなかったんで、

今井通子:
はい

相談者:
だ「どうするの?」って言ったら・・ま、結局うー・・なんか、
「あ、じゃ行くから」、「今から申し込んで来るから」って言って、最近になって、お呼び出しい、が掛かりましてえ、

今井通子:
はい

相談者:
その矢先に出て行ってしまったという、フフ(苦笑)感じですね。

今井通子:
これ、出て行く時は・・

相談者:
はい

今井通子:
えー、お子さん連れ?

相談者:
あ、子どもも連れてぜーんぶ、荷物も・・僕の荷物だけ置いて、あと全部、持ってっちゃいましたね。

今井通子:
ふうーん・・

相談者:
僕としては、もうちょっとお・・どうにか・・もう一遍やり直・・したいなと思っているんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
んで、こう、ちょっと頑(かたく)なあ(苦笑)な、状態で、こ、どう・・どうして行けばいいのかな?っていうーう?、こう、調停で。

今井通子:
・・あ、調停での作戦?

相談者:
#$%◆・・作戦っていうかあ、ま、自分もやった事ないんで分からないんですけれども・・ま、どういうお話をして行けば・・いいのかな?っていう・・相談っていうんですかね?

今井通子:
い、要するに離婚をしないための、アドバイス?

相談者:
そうですね・・はい

今井通子:
調停・・調停の時のね?

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の、中川潤先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「子ども連れて出て行き高額な別居費を請求する妻を愛する男に回答陣の冷たい宣告」への4件のフィードバック

  1. 同棲してたとか、刺青男を選ぶような娘に育てた相談者が悪いと思う。
    婿を非難しても、時すでに遅しでしょう。
    次女はまともな人間に育っているのかな?

  2. 中川さんの言う通り
    女が無理って言ったらもう最後なんです
    話し合ったり赦したりできる段階はもうとっくに過ぎ去ってて、我慢の器が溢れた状態
    きっと、男性にはそれが解らないんですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。