タトゥを黙認したら増えていた娘婿39歳。取り返しのつかないことを責めてもし方ない


テレフォン人生相談 2018年7月26日 木曜日

結婚当初から黙認していた娘婿のタトゥーが二の腕やふくらはぎに増えていた。
娘は肯定的。
婿に説教したところ、そのときは殊勝な態度だったが、娘には「もう行くな」と言ったらしい。
一応は謝っておくように娘に伝えはしたが、何も悪いことを言ったつもりはない。
工場勤務の婿は仕事は真面目な様子で、乱暴なところもない。

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女62歳 5年前に離婚 家庭持ちの長女37歳 夫39歳 2人の子ども(3歳と乳幼児?)がいる 次女27歳独身

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
・・はい、もしもしい?

柴田理恵:
はい・・

相談者:
よろしくお願いします。

柴田理恵:
今日はどんなご相談ですかあ?

相談者:
えーと、娘婿の事なんですけども、

柴田理恵:
娘婿さん、はい、あなたおいくつですか?

相談者:
62歳です。

柴田理恵:
62歳、はい。ご主人は?

相談者:
あ、ちょっと、いないんですね。

柴田理恵:
あ・・じゃ、ずっとお1人ですか?、離婚なさったとか。

相談者:
離、婚して、そうですね、あのお・・5、6年でしょうかね?

柴田理恵:
あー、そうですか、はい。えと、娘さんは、おいくつですか?

相談者:
えーと上があ、37で、

柴田理恵:
はい

相談者:
下が27です。

柴田理恵:
37歳と27歳の娘さんですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
で、お婿さんがいらっしゃる方(ほう)はどちらなんですか?

相談者:
上ですね。

柴田理恵:
あ、上の、はい。下の方はまだご結婚なさってないんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
あー、はい。じゃその娘、長女の方の?、お婿さんが、

相談者:
はい

柴田理恵:
どうなさったんでしょうか?

相談者:
あの、タトゥーを入れてるんですよね。

柴田理恵:
はあ、あ、はい

相談者:
前から入ってはいたんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
その時あんまり、大掛かりじゃなかったんで、

柴田理恵:
ええ

相談者:
ずーっと、ま、見て見ぬふりというか黙ってました。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
ただ入ってるなと思うぐらいで。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
ところが、最近ですね?

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、それが増えた事に・・気が付いてしまいま・・

柴田理恵:
はあ

相談者:
見てしまいまし、て。

柴田理恵:
あ、で、娘さんと結婚した時からもう・・タトゥーはあったんですね?

相談者:
えーとね、何年か同棲してて、

柴田理恵:
うん

相談者:
籍入れたのが6年、5、6年前なので、

柴田理恵:
うん

相談者:
多分その頃から、は・・入ってたと思うんですよね?

柴田理恵:
ああ、はあ、はあ、お仕事何さなってる方ですか?

相談者:
あ、普通のお・・なんか工場勤務みたいな感じで、

柴田理恵:
あー、はいはい

相談者:
あのお、ま、普通に勤めてはいるんですけどね。

柴田理恵:
うん、ふん、ふん、ふん

相談者:
はい

柴田理恵:
娘さんは?、お仕事は。

相談者:
娘は今、ちょっと今、育児の真っただ中で、

柴田理恵:
あー、お子さん、いらっしゃるんですね。

相談者:
はい

柴田理恵:
おいくつの?

相談者:
3歳と・・まだ産まれて間もない・・

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
はい

柴田理恵:
あー、そうですか、じゃ・・育児中で。

相談者:
はい

柴田理恵:
あ、じゃ、む、娘婿さん、お婿さんは・・そのお、お子さん2人・・を・・一生懸命育てて、頑張って、工場勤務なさってるんですね?

相談者:
そうですよね、はい

柴田理恵:
うーん、はい、はい。
どんなタトゥーなんですか?

相談者:
ファッション的なタトゥーっていうのは、ホント少しですよね。

柴田理恵:
ん、さ・・

相談者:
ところがですね。

柴田理恵:
うん、はい

相談者:
肘まで入ってまして、両肘。

柴田理恵:
肘?

相談者:
びっちり黒いのが(苦笑)

柴田理恵:
あーあ

相談者:
それで尚且つ、あとふくらはぎ。

柴田理恵:
はい

相談者:
要するに前より増えた・・っていうんですかね?、かなり。

柴田理恵:
あー、好、好きなんですねえ?

相談者:
好きというか、ま、わたしは理解出来ないんですけどね。

柴田理恵:
はい、はい、はい

相談者:
全くもって(苦笑)。

柴田理恵:
うん、はい。そ、そういう風にどんどん増えてっちゃってんですね?

相談者:
そうで、それがショックで。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
もう、わたしに、あ、ま、ま、わたし達の世代、っていうかま・・ちょっと考え方の違いかな?と思うんだけど、でも・・やっぱしい、普通じゃないかな?と思うんですよね、やっぱし、いい印象を与えないっていうか、見て・・

柴田理恵:
うん

相談者:
見たくないというのか。

柴田理恵:
うーん

相談者:
そういうのは多分、皆さんどなたもあると思うんですよね?

柴田理恵:
うん。分かります。

相談者:
はい

柴田理恵:
わたしも・・あんまりタトゥーは、

相談者:
もう・・(苦笑)

柴田理恵:
ちょっと怖い感じがして。

相談者:
普通一般的にはそうだと思うんですけども。

柴田理恵:
そう思います、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
でも、それが本人たちは、あんまり、娘は、気にしてないようで、

柴田理恵:
はい

相談者:
要するに、「誰にも迷惑は掛けてない」と。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
「税金もしっかり払ってる」と。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
「法には触れてない」って。

柴田理恵:
うん

相談者:
言い張ってます。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
うん

柴田理恵:
あのお・・よくう・・テレビで・・タトゥー・・入れちゃって・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
慌てて・・お子さんが出来た後に、プール行けないからって、慌てて一生懸命消す人もいるけど、

相談者:
はい

柴田理恵:
そういうお話とかなさいました?

相談者:
全然だからそういう話は・・全くもってしてなくって、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの普通一般的には子ども2人いて、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの学校の行、行事はもちろんありますね?・・あの・・

柴田理恵:
そ、運動会とかね?、これから・・

相談者:
ね、だって・・

柴田理恵:
え?、肘から下にあるわけ、肘から上にあるわけですか?

相談者:
肘から上にあるんです。

柴田理恵:
あ、上か。

相談者:
要するに、二の腕ぐらいまでだと思うんですよね。

柴田理恵:
あ、はあ、はあ、は、あの・・タトゥーはタトゥーでも、倶利伽羅紋紋(くりからもんもん)じゃないですよね?

相談者:
あ、そういう、そこまでは入ってないんですね。

柴田理恵:
あの・・和柄じゃなくて洋柄ですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
うーん、ふん

相談者:
うーんとね、わたしもなん・・よく分からないんだけどあれ、線状に・・で、真っ黒に近いってのかしら?

柴田理恵:
は、線状?、せ、線が入ってんの?

相談者:
線、あの要するに何ていうか模様、模様じゃなくって、

柴田理恵:
うん

相談者:
よくほら、シマウマみたいな、いますよね?、ちょっと#$%◆、あーいう模様ですかね?

柴田理恵:
シマウマ、アハハ(笑)

相談者:
あーいう・・

柴田理恵:
はい、はい、あります、あります。

相談者:
あれのもっと細かいやつ、要するにあのお、きめの細かいやつって言ったら(苦笑)・・

柴田理恵:
きめの細かいシマウマ。

相談者:
分かりやすいのかしら?(苦笑)

柴田理恵:
アハハハハ(笑)

相談者:
それでね?

柴田理恵:
うん

相談者:
ショックを受けてもう目が点になっちゃったんです。

柴田理恵:
はーい、はい

相談者:
で、その時はちょっと娘がいなくて、

柴田理恵:
うん

相談者:
それで・・家(うち)に、ある時・・あの、来る事がありまして、来たんですよね、1人でね。

柴田理恵:
あ、お婿さんが。

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
その時に、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしが、もう懇々と、

柴田理恵:
うん

相談者:
まあ冷静に、

柴田理恵:
うん

相談者:
尚且つ、あの、要するにあのお、そんなにあのお、何ていうのかしら?、棘のあるような言い方をしないようにして、

柴田理恵:
うん

相談者:
穏やかに、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・咎(とが)めたというか、せ、ま、説教したって事になるんでしょうね?

柴田理恵:
うん、うん、うん、うん、うん

相談者:
そうしましたら、その時は、

柴田理恵:
うん

相談者:
「何かわたしの言ってる事、間違ってる?」って聞いたら・・
「いやいやごもっともです」って言って帰ってったんですね。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
ところがそれ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
それが後日娘に、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・「こうふに言われた」って言われて。

柴田理恵:
うん

相談者:
・・あの、全然要するに反省、わたしからしてみたら反省どころか、

柴田理恵:
うん

相談者:
逆に、何ていうか・・開き直ってるってかしら、あの、要するに・・

柴田理恵:
うん

相談者:
オーバーに言ってしまえば・・

柴田理恵:
うん

相談者:
なんていうのかな?

柴田理恵:
逆ギレみたいな事ですか?

相談者:
そうですね、そうですね。

柴田理恵:
あーあ

相談者:
それですね・・

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、あの、要するに、わたし、わたし・・要するに「実家とは付き合いたくない」と。

柴田理恵:
あーあ

相談者:
「わたしとは付き合いたくない」と。

柴田理恵:
あー、はあ、はあ、はあ

相談者:
で、娘にも「行くな」と。

柴田理恵:
あーん・・うん、うん、うん、うん、ん

相談者:
そう言・・ってるんだそうです。んで、わたしがね?、自分は悪くないと思うんだけど、とりあえず、

柴田理恵:
うん

相談者:
娘に、

柴田理恵:
うん

相談者:
「じゃ、ちょっとお」・・「お母さんが悪かったかなと思うんで」とりざ「とりあえず謝っといて」つったんです。ホントはま、謝る事じゃないと思ってたんですよね。

柴田理恵:
うんうーん・・うん

相談者:
わたし間違ってないと思ってたんで。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
だけど娘は、あの、「『ダメだ』って言ってる」って言うから。

柴田理恵:
うん

相談者:
あ、あん「分かった」つって・・ま、そっちがダメならしょうがないなって。

柴田理恵:
うーん・・そうですね。

相談者:
はい

柴田理恵:
うん。長女、娘さんは何とも思ってないんでしょ?

相談者:
あんまり気にしてない・・うん、あんまり気にしてないみたいです。

柴田理恵:
うん

相談者:
あの「入れたいんだからしょうがないじゃない?」って。

柴田理恵:
うーん

相談者:
そういうような・・言いっぷりでした。

柴田理恵:
・・お婿さんは、そのどんな、性格の方ですか?

相談者:
性格はまあ・・仕事は一生懸命してますし、

柴田理恵:
うん

相談者:
まーあの、決められた中でやってるんで、

柴田理恵:
うん

相談者:
あのま、我慢して、ま、ストレスも溜まると思う、溜まってるとは思うんだけど・・

柴田理恵:
うん

相談者:
でも、ストレスは皆さんありますからね?・・#$%◆

柴田理恵:
うん。お婿さんいくつでしたっけ?

相談者:
39です。

柴田理恵:
39?

相談者:
うん

柴田理恵:
あーあ・・

相談者:
うん、もう若くはないと思うんですけどね(苦笑)

柴田理恵:
うーん、乱暴な人・・ですか?

相談者:
乱暴な人じゃないです。

柴田理恵:
ないですよね?

相談者:
結構、神経質な、も、方かもしれないけど、

柴田理恵:
おー

相談者:
でもわたしからすれば・・子どもの事考えてたら・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
「そんな事入れてる場合じゃないじゃないか」って。

柴田理恵:
あー

相談者:
そういうような言い方をしました。

柴田理恵:
うん、ふん、ふん、ふん・・じゃこれから、そのお、ま、娘さんとも、娘婿さんとも、上手くやってえ、行きたいんだけれどもどうしたらいいですかね?っていう・・

相談者:
まあ、行けた・・

柴田理恵:
ご相談でよろしいですかね?

相談者:
行けたら、行けたらですね?、上手くね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
はい。そんな感じです。

柴田理恵:
そうですよね?、お孫さんとも、会いたいですもんね?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ、先生に聞いてみましょうかね?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい。今日の回答者の先生は、三石メソード主宰の、え、作家で翻訳家の、え三石・・由起子先生です。先生お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「タトゥを黙認したら増えていた娘婿39歳。取り返しのつかないことを責めてもし方ない」への1件のフィードバック

  1. 覚悟もなく喧嘩売っちゃった
    もう孫は抱けないんじゃないか?
    うるさい義母へのサービス停止くらいされるわな
    注意しただけ。と言った言葉も
    おなじように取り返しのつかない事だと
    言っちゃう前になぜ気づかん・・
    阿呆な義理息子だと、同情はします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。