感情は伝わる。叱って叩いて薬は拒否。父親のアルツハイマーを進行させる家族


テレフォン人生相談 2018年10月27日 土曜日

一年ほど前から父親が認知症を患っている。
分かっていながら、叱ったり、時に手を挙げてしまう。
医師からはアルハイマーという診断を受けていて、母親が投薬を断っているもよう。
さらにパーキンソン病と思われる症状があり、食事の際に手を振る。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 男37歳独身 父75歳 母60代 弟35歳 4人暮らし

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、もしもし

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

相談者:
はい、よろしくお願いいたします。

ドリアン助川:
えーと、今日はどんなご相談でしょうか?

相談者:
わたしの父親がですね・・まあの、75なんですけど、1年前ぐらいからちょっと認知症を患いまして、

ドリアン助川:
お父さまが?

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、なんとかあ、頑張ってるんですけど、も、ちょっとお、どう接して・・来たらいいのかな?って、悩んでるところでして。

ドリアン助川:
今後の事、どう接して行けばいいのか?

相談者:
そうですね、今後と、あとお、父親に対して、

ドリアン助川:
はい

相談者:
気を付けてはいるんですけど、やっぱり・・適切でない、対応を、してしまったりするのでえ・・

ドリアン助川:
ああー

相談者:
それでちょっとどうしたらいいのかなあ(苦笑)と・・ちょっとお、家族う・・全員で悩んでるところであるんですね。

ドリアン助川:
あ、はい。えーと、お父さま、も・・あの、先程年齢おっしゃいましたっけ?

相談者:
はい。今75です。

ドリアン助川:
75歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなた様は?

相談者:
わたしは今37です。

ドリアン助川:
37歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、ご結婚してらっしゃるんですか?

相談者:
え結婚はしてないです。ンフフ(苦笑)

ドリアン助川:
あ、してないんですね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
あ、あなたは、お一人で?、それで・・

相談者:
・・あ、実家で住んでます。はい

ドリアン助川:
あ、それで?、え、お父さんと一緒に・・同居されてるんですね?

相談者:
はい、そうです。

ドリアン助川:
お母さんは?

相談者:
大体、10個ぐらい年下ですね。

ドリアン助川:
じゃ、60代?、お母さんは。

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
はい。
それえ、で、あなた以外に兄弟・・はいらっしゃいますか?

相談者:
は(わ)・・はい今、2つ下の、えーと弟が居ます。

ドリアン助川:
やはり同居してらっしゃる?

相談者:
はい、そうですね4人、家族ですけどね。

ドリアン助川:
あ・・なるほど4人家族で・・それでお父さんがちょっとおかしいなーという事が始まったのどれぐらい前からですか?

相談者:
そうですね、ま大体1年か2年程前ですかね?

ドリアン助川:
1、2年前?

相談者:
はい

ドリアン助川:
具体的にはどういう事が起き始めました?

相談者:
大体いつも大人しいんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それが・・酷くなって来まして、人のちょっと話した事でも全然、こう・・返事をしなくなったりとか。

ドリアン助川:
はい

相談者:
でま、無視をする事が結構多くなりまして。

ドリアン助川:
無視をする?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま一応あの、面と向かって喋ってはいるんですけど、全然こう話もしてくれなくてですね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ただご飯とか食べる時は、普通に・・もう、ガツガツ食べる(苦笑)感じなんですけど。

ドリアン助川:
その、ガツガツ食べてる時は普通に会話も出来るんですか?

相談者:
いや・・会話も・・目に、目もくれず食べる感じですね。

ドリアン助川:
あの元々言葉数も少ない大人しいお父さんだったのが、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、更に輪を掛けたというか、こうなんか、一人、繭(まゆ)に入ってしまったかのような・・

相談者:
そうですねえー。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
だからちょっと「ちゃんと話(はなし)してよ」と、強くちょっと言うてしまったりする事もありまして。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと、お勤めえ、してらしたんですね?・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
かつては。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、定年退職なさって?

相談者:
あ、そうで・・定年っても、ま、5、6年程は、働いてはいたんですけども。

ドリアン助川:
嘱託で働かれていた?

相談者:
嘱託ですね、はい

ドリアン助川:
はい、はい。そうすると、お、お父さんお仕事お辞めになってから・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
まあ、10年近く?

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
はい、その間(かん)何をしてらっしゃいました?

相談者:
その間は、ま・・そうです・・所謂シルバー・・関係のお仕事に・・たまに出たりですとか。

ドリアン助川:
あーあー

相談者:
最近はもう・・散歩ですとか、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あとたまにボーリングとかも、し・・したり・・

ドリアン助川:
は、は、は

相談者:
してまして。ボーリングは結構、スコアが、なんか取れる感じなんで。

ドリアン助川:
あーあ

相談者:
はい、得意ではあるんですけど、はい

ドリアン助川:
昔ね?・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの昭和の頃にボーリング流行った頃・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
結構一生懸命やられたんだと思いますけども。

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
うーん、じゃそういう事に対しては、まだ意欲はあるわけですね?

相談者:
・・ま、そうですね、たまに行ってますんで。

ドリアン助川:
うんうん

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、1年前から、ま、自分の殻に閉じ籠ってしまうようになって。

相談者:
自覚はないかもしれないんでしょうけど・・

ドリアン助川:
うん、んで、そ、そういう時の表情ってのはどういう感じですか?

相談者:
もう・・ずっとお・・こう・・なんでしょうね・・黙ったままで、で、逆にですね、あー・・多分喋ったとしても・・あ、ハッキリ喋れてる感じでなくてですね、

ドリアン助川:
えーえー

相談者:
多分呂律(ろれつ)が回らないような(苦笑)・・

ドリアン助川:
あーあ

相談者:
最近は、も、そんな感じなので、だからそれでちょっと喋りたくても・・喋れないのかな?と思っちゃいまして。

ドリアン助川:
呂律が回らない?

相談者:
はい

ドリアン助川:
それで、その、あなたが喋ってる時に、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、ま「話を聞いてない」って・・つまりあなたを見てないって事ですね?

相談者:
・・見てたり見てなかったりって感じも・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あるんですけど。はい

ドリアン助川:
あー今、あの、「うちの息子が自分に向かって喋ってるんだ」って事が、時々もう分かってない感じ?

相談者:
ちょっと言われたら・・ハって気付く感じですかね?

ドリアン助川:
はい。病院にね?・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、お父さんお連れして診てもらったりという事は・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
これまであったんでしょうか?

相談者:
ま、最近、病院にちょっと・・連れて行きまして、ま、母親・・が主に、行かせてるんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、診断はしてもらうんですけど、くす、お薬を出してもらうというところまででなくて・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、ま、あくまでも様子を見る感じで。

ドリアン助川:
あ、ははあ

相談者:
はい

ドリアン助川:
じゃ先生からどんなアドバイスが来てるんです?

相談者:
・・まやっぱりい・・「強く言い過ぎないように」(苦笑)・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
ま、ちょっとあのお・・ま、優しくサポートすると言いますか・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
それは言われてんですけど、中々ちょっと・・あ、しなきゃいけないのは分かってんですが、やっぱり本人が、そういう態度を取ってしまうと、ちょっとカッとなってしまうところがありまして(苦笑)。

ドリアン助川:
うーん。あなたが、強い言葉、乱暴な言葉、浴びせてしまうって事ですか?

相談者:
そうですねえ。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
はい

ドリアン助川:
例えばどんな事言っちゃうんですか?お父さんに。

相談者:
あの・・あの「もっと」し・・「しっかり」・・「しっかり話してくれよ」とかあ・・

ドリアン助川:
うーん・・えーそういう時はお父さんはどんな顔なさってるんですか?

相談者:
や、多分分かってないんでえ(苦笑)

ドリアン助川:
分かってない?

相談者:
はい、何とも・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ない、ちょっとショ、ショックもなんもない感じですかね?、はい

ドリアン助川:
うーん・・うん、ま、それもまた悲しいですねえ。

相談者:
そうですねえー・・

ドリアン助川:
ねえ・・

相談者:
まあ・・

ドリアン助川:
そこで喧嘩にならあ、ともかく・・そ、そ、そ・・

相談者:
はい、あ、でも・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
ま・・あまり、良くない事言われて、分かってないときは、ちょっと手を・・出したり、ま、軽くちょっと頭を叩いてしまったりする事もあるんですね。

ドリアン助川:
あなたが?

相談者:
そうなんですよ、はい

ドリアン助川:
あらららあー

相談者:
ただ、そうなるとお・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、まあ、わたしも、あまり強く、叩かないようにはしてるんですが、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あの場合によっては、結構、「わあー!」って声を荒げて・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
結構掴み掛かったりして来る事もありますので・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
だからそうなると、ちょっとやっぱり・・うーん、不味い事したなと思うんですが・・

ドリアン助川:
でも、「不味い事したな」っていう意識はあなたにあるんですよねえ?

相談者:
そうです、あります、はい

ドリアン助川:
ねえ、じゃ・・ま、今日のご相談は半分はあなたがどうするか?っていう事でもありますね?

相談者:
そうですね・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
わたしも・・#$%◆ます。

ドリアン助川:
うん

相談者:
あとはですね、食事中に・・あの、手を振ったりとかしまして、

ドリアン助川:
食事中に手を振る?

相談者:
あの要は、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、スプーンとかお箸を持ってる手で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
カチャンカチャンとか手を・・振る・・振らなくてもいい・・こう、おかずでも、手を振って・・

ドリアン助川:
ああー

相談者:
するんです。多分それパーキンソン病か、そんな、あれ、ん、あれかなと思うんですけど・・

ドリアン助川:
これ・・ま、この後先生に代わりますけどもお、

相談者:
はい

ドリアン助川:
単なる認知症かどうか?っていう部分も含めてですねえ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
なんか話聞いてると・・わたしは全く素人ですけども・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
何かもっと違う、し、症状が進行してるような気もしますし、

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
ええ、ま、ただ、あのお、お話伺ってる上では、

相談者:
はい

ドリアン助川:
お父さんの今後、の問題であると同時に、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたの意し、意識改革というか・・

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
そこがまず問題ですよねえ?

相談者:
はい、そうです。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
はい

ドリアン助川:
ただそれは、あなた自身は方向性が見えてるんですもんね?

相談者:
・・そうですね・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
だから、いかにこう手をあげないで、

ドリアン助川:
うん

相談者:
そういうところ、治さないといけないなと、分か、ま・・やり方がちょっと分からなくてですね(苦笑)、

ドリアン助川:
はいー

相談者:
はい

ドリアン助川:
じゃ、その辺りも含めて・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー今日の先生紹介いたします。

相談者:
はい

ドリアン助川:
精神科医の、高橋龍太郎先生です。よろしくお願いします。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。