これでいいんですね?アタシたち。夫が叱ると恐怖でお漏らしする3歳、レス‥

(回答者に交代)

野島梨恵:
はい、よろしくお願いします・・

相談者:
はい

野島梨恵:
初めましてえ。

相談者:
はい、お願い致します。

野島梨恵:
はい・・

相談者:
はい

野島梨恵:
ま、あのお、最初にその親子の関係で、お父さんが・・

相談者:
はい

野島梨恵:
怖い存在で、

相談者:
はい

野島梨恵:
ま、あの、怒り役でこのままでいいのかな?

相談者:
はい

野島梨恵:
っていう、

相談者:
はい

野島梨恵:
ご質問なんですけど、

相談者:
はい、はい

野島梨恵:
全然それで、いいと思いますよ。

相談者:
・・あ、いいですか?

野島梨恵:
うーん、あのお・・

相談者:
あー

野島梨恵:
そういうお父さんも・・

相談者:
はい

野島梨恵:
全然世の中たくさんいらっしゃるしい・・

相談者:
はい

野島梨恵:
そういうお父さんの、その厳しいね?背中を見て・・

相談者:
はい

野島梨恵:
育ったお子さんっていうのは、特に男の子ですからね?

相談者:
はい

野島梨恵:
お父さんと同じようにやっぱり、こ、責任感があってね?

相談者:
あー

野島梨恵:
仕事もちゃんと、はた、やって、頑張って行く・・

相談者:
はい、はい

野島梨恵:
そういう男の人にね?

相談者:
はい

野島梨恵:
育って行くんじゃないかな?という風に、わたしは、思いますね。うん

相談者:
あーそうですか。安心しました(苦笑)。

野島梨恵:
で・・

相談者:
そ、主人も、それ、なんか、うん「それは怒っていいんだ」って「自分はそういうので、怖い者が居ていいんだ」って言ってるんですけど、
・・なんか、態度お、わたしと居る時と主人と居る時で変えてるので・・それで、大丈夫かな?って自分の中では思ってしまったんですね。

野島梨恵:
うーん、この人にはこういうふに接したいし、この人の・・

相談者:
はい

野島梨恵:
前では、ちゃんとしてなきゃいけないんだ・・

相談者:
はい、はい

野島梨恵:
ていうそういう緊張感があるっていう事も・・

相談者:
はい、はい

野島梨恵:
いい事だと思いますしね。

相談者:
いい・・あ、いいんですか?ああー
で、おしっこ漏らすんですけどお、その場で?

野島梨恵:
うーん

相談者:
怒ってる時、強く怒ってて?

野島梨恵:
あは(笑)怖いんでしょうねえ、うーん

相談者:
はあい、それはどうなんでしょう?なんか心の、なんかすごい心の・・どこかに、お、おっきくなってても、それがなんか傷つけられたら・・傷で残ってるのかな?っていうの、を思ったりもしてるんですけど。

野島梨恵:
うん、でも、まだね?、あの、上の・・

相談者:
はい

野島梨恵:
男の子、3歳ですもんね?

相談者:
はい、はい

野島梨恵:
これがね?・・

相談者:
はい

野島梨恵:
10歳になっても、おしっこ漏らしちゃうっていうんだったら・・

相談者:
はい、はい

野島梨恵:
それはちょっと・・ちょっとね?、なんか先生に相談しようかと思うかもしれないですけど(含み笑い)・・

相談者:
あー・・あ

野島梨恵:
まだ3歳は、おしっこ漏らしますよ。うん、大丈夫だと思います。

相談者:
あ、そうですか。ああ・・

野島梨恵:
うん

相談者:
安心しました。

野島梨恵:
うん、あのお・・

相談者:
あー、安心しました。

野島梨恵:
うーん

相談者:
はあい

野島梨恵:
特にやっぱりね、お父さん、普段居ないでえ、

相談者:
はい

野島梨恵:
土日も寝てて、ってね、これで・・

相談者:
はい

野島梨恵:
あの、怖い存在ばっかりでいいのかな?と・・

相談者:
はい、はい

野島梨恵:
思われると思いますけども、

相談者:
はい

野島梨恵:
お父さんがホント、海外赴任、とかで居ない家庭も、あるわけですし、

相談者:
あーはい

野島梨恵:
あのお・・ホントに、半年にいっぺんしか帰って来ないっていうところも・・

相談者:
はい、はい

野島梨恵:
ありますしね。

相談者:
はい

野島梨恵:
うん、じゃ、だからそういうところで家庭でお父さんの存在がないとか・・

相談者:
はい

野島梨恵:
お父さんとの存在が・・

相談者:
はい

野島梨恵:
ま、ちょっと・・他のね?、ずっと居る・・

相談者:
はい

野島梨恵:
家庭と違うっていうから・・

相談者:
はい

野島梨恵:
そ、

相談者:
はい

野島梨恵:
お子さんに影響が出るか?っていうと・・

相談者:
はい

野島梨恵:
そうでもないですし。

相談者:
ああ、良かったです、分かりました、安心しました。

野島梨恵:
うん

相談者:
はい

野島梨恵:
逆にお父さんとお母さん・・

相談者:
うん

野島梨恵:
いっつも家に居てね?、お父さん・・

相談者:
うんうん

野島梨恵:
ちゃんと夜帰って来る家庭だからといって・・

相談者:
うん

野島梨恵:
子どもが、じゃ・・

相談者:
うん

野島梨恵:
ね?、何の問題もなく育つか?っていったら・・

相談者:
はい

野島梨恵:
全くそんな事もないわけですから・・

相談者:
あー、はい

野島梨恵:
それはね?あの、お話聞いてて、全然問題ないのかな?という風には・・

相談者:
あ・・

野島梨恵:
思いましたね。

相談者:
はい

野島梨恵:
うーん

相談者:
ありがとうございます、分かりました。

野島梨恵:
そ、うーん・・

相談者:
はい

野島梨恵:
もう1つがその、あなたの、ご不安っていうところなんですけどね?

相談者:
はい

野島梨恵:
あの、夫婦関係のね?、その・・

相談者:
そうです。

野島梨恵:
寂しさとかね?、うん

相談者:
会話あ、と、そうですね、はあい

野島梨恵:
あの、あなたがさっき、その「夫は仕事もバリバリで働き者で」ね?

相談者:
はい

野島梨恵:
「男らしくて責任感もある」っていう風に・・

相談者:
はい

野島梨恵:
おっしゃってんの聞くと・・

相談者:
はい

野島梨恵:
やっぱ・・あなたご自身は旦那さんの事はとても、ま、ある意味誇りにも思っていてえ、

相談者:
はい

野島梨恵:
旦那さんの事が好きなんだなっていうのはすごく伝わって来るんですよね。

相談者:
・・そうですね。

野島梨恵:
うーん

相談者:
あの、家のために、子どものためにも、

野島梨恵:
うーん

相談者:
も、自分が、頑張らないとっていうの、すごいあるので・・感謝はしてます。

野島梨恵:
うーん

相談者:
はい、なんですけど・・それが、伝わってるのかな?・・

野島梨恵:
うーん

相談者:
ていうのがありますね。言ってはいるんですけど、

野島梨恵:
うん

相談者:
なんか誕生日の時とか・・

野島梨恵:
うん

相談者:
メールで・・うん・・うん

野島梨恵:
うん、あの、言ってるんだったらあ・・

相談者:
はい

野島梨恵:
きっと、ま、伝わってますよ。

相談者:
あー、そうですか。

野島梨恵:
うん、で、ご不安だったら、もっとね?例えば・・

相談者:
はい

野島梨恵:
「もう先に寝ちゃうけれども」

相談者:
はい

野島梨恵:
「今日は、も、仕事お疲れ様」って、こ、一筆机の上に置いておくとかね?、うん

相談者:
あーはい・・はい

野島梨恵:
それだけでも、伝わると思うので・・

相談者:
はい

野島梨恵:
なんかこう、もうちょっとさりげなくそういうのを伝えて行くっていうのを・・

相談者:
はい

野島梨恵:
増やした方がいいのかな?とは思うけれども、

相談者:
あーはい

野島梨恵:
あの十分・・多分、一緒に住んでるわけですからあ・・

相談者:
はい

野島梨恵:
結構すれ違いがあると、あなたがお感じになっていてもお・・

相談者:
はい

野島梨恵:
そういうところは旦那さん分かってくれてるんじゃないのかな?と思うし・・

相談者:
あーあー

野島梨恵:
うん

相談者:
・・そうですか。

野島梨恵:
逆に旦那さんの方も・・

相談者:
はい

野島梨恵:
あなたがね?会社員しながら、お子さん、年子のお子さん2人ね?

相談者:
はい

野島梨恵:
ご自分1人で育てて、大変だろうし、

相談者:
はい

野島梨恵:
感謝してるけども、それは伝わってるのかなあ?、俺中々家に居ないし、大丈夫かなあ?って、旦那さんの方ももしかしたら不安に思ってるかもしれないですよねえ、うーん

相談者:
うんー、旦那は、そ、「よくやってくれてる」とは・・

野島梨恵:
うーん

相談者:
言ってるんですけど、そしたらもうちょっと週末・・もうちょっと、こどもと一緒に居て欲しいなって思い・・

野島梨恵:
うーん、そ・・

相談者:
行動で、

野島梨恵:
うーん

相談者:
そうですねえ・・

野島梨恵:
そういうふに旦那さんに伝えてみた事はあります?

相談者:
うん、週末はお願いはするんですけど、

野島梨恵:
うーん

相談者:
急に、なんか、ちょっと出かけたりとかもして、

野島梨恵:
うーん

相談者:
あんまり、こ、えっと主人が2人を看るって事はないです。

野島梨恵:
うーん

相談者:
1人は看るんですけど、

野島梨恵:
うーん

相談者:
下の子は・・パパと1人は泣くので、一回出かけたら、

野島梨恵:
うーん

相談者:
ちょっと・・出かけた時に大泣きして・・

野島梨恵:
うん

相談者:
すぐ帰ってきたので。

野島梨恵:
うーん

相談者:
上の子とは、出か、2人で出かける事はあるんですけど、
えっと、パパと子ども、2人、で、3人で出かける事はないです。

野島梨恵:
うーん

相談者:
うん

野島梨恵:
・・ま、あのお、子育ての、不安とかあ・・

相談者:
うん

野島梨恵:
ま、あの、2人、子ども育てながら、お仕事もやりながらっていう疲れとかあ・・

相談者:
はい

野島梨恵:
それから、ま、あのお・・会話が無くなってしまって来てる不安とか・・

相談者:
はい

野島梨恵:
ま、寂しさっていうのがあって。このまま気持ちが離れて行くんじゃないのかなあ?っていう・・

相談者:
はい、はい

野島梨恵:
ね?

相談者:
はい、はい

野島梨恵:
あの、ご不満は、あのすごく伝わって来るのでえ、

相談者:
はい

野島梨恵:
ま、もしもそれをお、ね?

相談者:
はい

野島梨恵:
こ、そう思われてるんだったら・・

相談者:
はいはい

野島梨恵:
なるべく気持ちを伝えて行くように?

相談者:
ああー

野島梨恵:
あの、ホントちょ、ちょっとでも、こ・・なんかね?、あのお、

相談者:
はい

野島梨恵:
小さい紙に「お疲れ様」とか「ありがとう」って書いて・・

相談者:
はい

野島梨恵:
机の上に置いておくだけでも・・

相談者:
はい

野島梨恵:
またね?あの色々伝わって行くと思うので、

相談者:
はい

野島梨恵:
もっとこう、ご自分の気持ちを積極的に、こ、用が無ければコミュケーションしないっていうんじゃなくってね?

相談者:
あ、は(苦笑)

野島梨恵:
あの、そういうのもらって・・あの・・

相談者:
はい

野島梨恵:
「ありがとう」とか「愛してる」とか言われて・・

相談者:
はい

野島梨恵:
嫌な思いをする人はいないから、

相談者:
そうですね。

野島梨恵:
も、うん

相談者:
はい

野島梨恵:
それは、うるさいぐらい言ってもいいと思います。

相談者:
あー、分かりました。

野島梨恵:
はあい

相談者:
あ、分かりました。
なんで気がついてないんでしょう?

野島梨恵:
フフ

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、あのお・・それを、その手紙・・手紙・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
でも、

相談者:
はい

ドリアン助川:
言葉でも・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
いいんですけども。

相談者:
はい

ドリアン助川:
旦那さんに伝えるっていうのは・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
有りかもしれませんね。

相談者:
・・そうですね・・

ドリアン助川:

相談者:
伝えます。

ドリアン助川:
うん、それとあの・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
極端なこと言いますとね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたのお子さんも・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
どういう環境であれ・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
伸び伸びと生きて行く・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
そういう生命力持っていると思うんですよ。

相談者:
あーはい

ドリアン助川:
うん。だから・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
何もかもこう、心配してあなたが擦り切れて行く、必要はないと思うんですね。

相談者:
・・確か、

ドリアン助川:
うん

相談者:
なんか「起きてもない事心配してる」ては言われます、主人に。

ドリアン助川:
うん、そうそう

相談者:
は(苦笑)

ドリアン助川:
だから・・あの、ま、そこはご本人の気質もあるかとは思うんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
でも、も、もっともっとこう・・どっか気楽に・・

相談者:
うんうんうん

ドリアン助川:
構えて。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、の方が、

相談者:
はい

ドリアン助川:
いいのかな?という、気がしました。

相談者:
あ、分かりました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ありがとうございます。

ドリアン助川:
はいはい、じゃよろしいですか?

相談者:
はい・・はい、大丈夫です・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
ありがとうございます。

ドリアン助川:
はい、失礼しまあす。

相談者:
はい、はい失礼いたします。




「これでいいんですね?アタシたち。夫が叱ると恐怖でお漏らしする3歳、レス‥」への13件のフィードバック

  1. 夫婦の事もそうだけど何より子供のお漏らしの方が聞きたくて大原先生を求めて電話されたんではないかと想像してハラハラして読んでしまいました。納得するのか?ってちょっとびっくり。
    私なら弁護士の37歳野島先生に大丈夫って言われても心配は続ける。次の相談者を探します。
    こうやって相談者の当たりハズレがあって残念。

  2. 順子さんの意見に同感です。
    大迫先生ならまだしも、野島先生では若すぎる気がします。
    本当は大原先生か三石先生が良かったですよね。
    色々と踏み込んで、深いお言葉があったかも、、、と思います。
    それと、これは個人的な感覚なのですが、野島先生はちょっと冷たい感じがします。
    今日だけでなく。
    私の気のせいでしょうか、、、

  3. お二人のコメントに私も同じ気持ちです。
    野島先生、確かに冷たい感じがありますよね。
    一歩引いているというか客観的すぎて、寄り添いがあまりないですよね。
    今日のご相談者さんは、あまり納得していないきがします。野島先生のアドバイス、一般論であまり手応えないかんじでした。

  4. お父さんに怒られて恐怖で失禁してしまうなんて。その後のフォローをどうしてるのか大原先生ならば深く切り込んで聞いていたであろう事を野島先生は「全然それでいいと思いますよ」と言いましたね。
    相談者は投げたボールを大原先生に捕ってほしかった。なのに野島先生にキャッチされてしまった。投げ返されたその球もズバーンと懐に入るような気持ちいいものじゃなかった。そんな光景を見せられた気がしました。

  5. 不安で仕方ないから相談されているのだから、どの先生にされるか番組側もしっかり選ばないといけませんよね。
    父親は怖いものだと思わせるのも時には大切かもしれませんが、行き過ぎるとその後の人生に影響するかもしれませんね。
    塩梅が難しい。

  6. 年子ができるくらい、元気な御仁が、2年って、大丈夫ですかね。週末、急に出かけるって、夫一人で、ってこと?
    こういうの、ゲスの勘ぐりというのでしょうが、大丈夫ではないと思います…
    3才の子が、怒られて、もらすって、我が子達も、周りの子も、聞いたことないけど。きっと相当怖いよね…

    第一、相談者が夫のことを尊敬してる言葉に、なんか距離感を感じます。
    見た目仲良さそうな夫婦って、ほんとは、そうでないことが多いよ。ちょこちょこ、小競り合いして、適度にガス抜きしあってる夫婦の方が、長持ちする気がしますが。
    なんか無理してませんか?

  7. せっかく相談してきているのだから
    おもらしするほど怒るのはのは、しつけではない、それはおかしいと言ってあげてほしかった。

  8. 3歳の男の子が怒られてお漏らし。
    私だったらそんな怒り方はやめてほしいと言うかな、大声も暴力に感じるから。

    あと性格にもよりますよね。兄弟で同じ怒られ方してもケロッと忘れちゃう子もいれば大人になっても忘れずトラウマだって人もいるので。

    どちらにしても、母親としてその怒り方に違和感を覚えたならその感覚を大事にしてほしいです。

  9. 何で弁護士が回答?
    しかも新人の野島さん?
    弁護士しか回答者が居ないならせめて大迫先生とか・・・。
    時たま変な方向に走るけど子育て相談なら三石先生や大原先生、愛先生にしてあげてよー。
    完全に人選ミスじゃないのさ。

  10. 共稼ぎで、妻が正社員でこんなに幼い子が2人もいたら、毎日ヘトヘトでしょ。
    夫もそんな妻をみて、誘う気にならないと思うわ。眠そうにしてるんだと思うし。
    朝、夫が出かけるときは手を止めて、玄関で見送る。
    休みの日だけでも化粧する。
    子どものことばかり話さない。
    休日は一食でも夫の好きなものを手作りする。
    ささいなことでも気にかけてあげた方がいいです。
    でないと妻が忙しいことを理由に浮気するから。
    職場に独身30代半ばの女性がいたら要注意ですよ。
    万一に備えて、自分名義の貯金も夫に内緒でやっとくべきです。

  11. 相談内容を、子供のおもらし一本に絞っておけば
    大原先生に回してもらえたかも。
    あれもこれもになると今回の様な人選になってしまうのかな
    と思いました。

  12. 36歳の二児の母にしては精神的に幼いのかな、と思って聴いてましたが、どうも育児疲れと、ご主人との関係で精神的に参ってる部分を割り引いてあげるべきなのでしょうね。
    ご主人も仕事に追われて精神的余裕がなく、叱りかたがきつ過ぎるのでは?子どもに、「父親は怒るだけのひと」と思われないよう、コミュニケーションを十分にとってほしいです。
    「命に関わるような危ないこと」では、母親もきつく叱るべきでしょう。あくまでも感情的にならずに「叱る」。

  13. お子さんが恐怖や不安から漏らすというのは、心はかなりのダメージを受けていると思います。
    ご長男にはフォローが必要かと。
    怖い存在も 程度を越えすぎているような。

    野島先生の言う “まだ3歳だから 10歳だったら”のくだりも、ただのお漏らしとは訳が違うのだから 何を言ってるんだろうと思ってしまいました。
    状況 分かってらっしゃるのかな…。

    上の方も書いていらっしゃいましたが、冷たい印象を受けますし、言葉が軽い。
    問題に対して真摯には 向き合ってくださってない気がしてしまいました。
    掘り下げて 状況を踏まえて発言されるでもなく、思ったままに言葉を発しているような感じ。
    ラジオで聞いたら また違うのでしょうか。

    仕事しながら1人で頑張ってらっしゃるお母さんに、労いの言葉の一つでも掛けて欲しかったなと 個人的には思ったりもしました。
    全体的に、寄り添う感じがあまりない解答だったので。

    こちらのご相談は他の先生に聞いて頂きたかったなと思いました。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。