人妻を孕ませて2つの家庭を壊すクズ男の母。所々に入る息子擁護の関西弁がウザい


テレフォン人生相談 2019年5月8日 水曜日

息子が不倫相手の人妻を妊娠させて、そっちと暮らす意向。
嫁から相談され、相談者も離婚はさせたくないものの、息子は話を聞かない。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 関西なまりの女68歳 会社員の長男38歳 嫁37歳 出来婚 長女19歳 高校生の長男16歳 長男の不倫相手が40歳ぐらいの子持ちの人妻

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です

相談者:
お世話になりますう

ドリアン助川:
はい、よろしくお願いします

相談者:
どうも

ドリアン助川:
今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
はい、結婚してるう、長男のことなんですけれども

ドリアン助川:
はい

相談者:
その長男が、ま、う、ちょっと、浮気をするっていうか、そんな形で

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、外に女の人が出来て、自分は、それに子どもも、なんかもう、出来い、てるらしいんです。でも、

ドリアン助川:
あ、相手の女性に?

相談者:
そうです

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
んで、わたしは、あの、今のお嫁さんとはもう、別れ、させたくはないのでね?、離婚させたくないので、そういった場合、ちょっとどのような方法で持っていったら、別れないで、まあ、なんとか、治まる方向に、進められるかなあというのが、今、あの、相談なんですけれど。

ドリアン助川:
あー

相談者:
フフ

ドリアン助川:
ご本人のお気持ちの問題ですのでねえぇぇ

相談者:
そう、そうですねえ、はいはい

ドリアン助川:
もう少し詳しく教えてくださいね

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと、まず貴方様おいくつでしょう?

相談者:
はい、わたしい、は、60う、8です

ドリアン助川:
68歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
その、今の渦中の長男はおいくつですか?

相談者:
あ、38です

ドリアン助川:
38歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、奥さんがいらっしゃるわけですね?

相談者:
ええ、そうです、はい

ドリアン助川:
奥さんおいくつですか?

相談者:
37です

ドリアン助川:
37歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
そして、この奥さんとの間にお子さんいらっしゃるんですか?

相談者:
はい、2人おります

ドリアン助川:
2人?

相談者:
はい

ドリアン助川:
おいくつの?

相談者:
上、女の子の、上の子おが、10う、9う・・

ドリアン助川:
19歳?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、若、早くに、もうできちゃった婚みたいな形で(苦笑)

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
結婚してるのでね

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ちょっと、は、おっきいんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ほんで、下の子おが、えーと、高校ですから、10う、6ぐらいですかね

ドリアン助川:
15、6ということでね?

相談者:
はい、

ドリアン助川:
この子、男・・

相談者:
はい、それが男の子

ドリアン助川::
男の子?

相談者:
男の子、はい

ドリアン助川:
というお子さん2人に恵まれながらも

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、あのお

相談者:
そうなんです

ドリアン助川:
恋をしちゃったわけですね?
外で。

相談者:
(苦笑)そうなんです、はい

ドリアン助川:
その、相手の女性ってのはおいくつぐらいの方なんですか?

相談者:
えーと、40って聞いてます。

ドリアン助川:
ああ、ちょっと上なんですね?

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
で、この方は

相談者:
ええ

ドリアン助川:
独身の女性?

相談者:
いえいえ、結婚してまして、その人にも、あのお、子どもがあ、

ドリアン助川:
あらあ

相談者:
おるんです。はい
で、まだ別れてないんです。

ドリアン助川:
この方も結婚してると。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ふうん
えーと、ということは・・これ、どこで知り合ったんですかね?その人と。

相談者:
えーと、ちょっとそれえ、そこまでえ、ちょっとわたしも・・聞いてるんですけど、聞けてないんです。
はい

ドリアン助川:
ああ、その40歳の女性にも家族があると。

相談者:
はいはい

ドリアン助川:
そしてもうお子さんもいらっしゃると。

相談者:
はいはい

ドリアン助川:
でえ、言ってみれば(ゴクリ。何かを飲み込む)、ま、内緒の出来事ですよ。

相談者:
はいはい、や、そ

ドリアン助川:
それを今、お母さんがこれだけ知ってるということは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
息子さんから相談があったんですか?

相談者:
いえいえ、あのお、お嫁さんの方からです。
わたし、息子には、ま、言うんですけど、もう、「関係ない」って言うてしもうて、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
全然、あの、取り合ってくれないので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、お嫁さんの方から、わたしの方に、が、聞いてるんです。

ドリアン助川:
ま、お嫁さん・・

相談者:
ま、お嫁さんの方からは相談ありますのでね

ドリアン助川:
お嫁さんから泣きつかれたということですかねえ?

相談者:
うん、そうですね、はいはい、はい

ドリアン助川:
これまで、問題なく、やってこられたんですか?

相談者:
そおなんですよ、だから、余計に、フフフ(苦笑)
どうなってんのか?、ちょっと、わたし、は、訳がわからない状態なんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
うん

ドリアン助川:
それで、えーと、会社員でいらっしゃる?

相談者:
そう、あ、会社員です、はい

ドリアン助川:
はい
んん・・
娘さん・・あ、ちが、あの、お嫁さんが、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、ご長男の奥さんが

相談者:
はい

ドリアン助川:
浮気してこういう状況なのよ、と。

相談者:
はい

ドリアン助川:
言って来たということは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
奥さん、どうしてこれ分かったんでしょう?

相談者:
いや、もう、本人が、あの、出るっていうようなこと言ってるのでね、家を。今2人・・あ、一緒に住んでる家を出る・・出て、自分は今の人と結婚するっていうこと言うてるのでね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい、ほんで、お嫁さんの方は知った、んです。

ドリアン助川:
なるほど

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、ご長男が

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、このお、今のこの恋愛は、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、あきらめずに

相談者:
はい

ドリアン助川:
子どもも出来てるし

相談者:
はい

ドリアン助川:
出来てるということは、ま、妊娠中ということですね?

相談者:
そうです、はい

ドリアン助川:
ふうん・・何ヶ月ぐらいなんでしょうね?

相談者:
まだあ、2ヶ月とか言うてました

ドリアン助川:
2ヶ月・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
んん・・
こっちで人生やり直すと。

相談者:
うん

ドリアン助川:
んで、離婚してくれと。

相談者:
いえ、離婚・・まあ、まあ、そら本人はそう思うてると思いますけど、そこまでは口には出してないんですけどね。

ドリアン助川:
ん、でもお、

相談者:
うん

ドリアン助川:
あのお、そのお、今の、相手の女性とやってくと言ってるわけですよね?

相談者:
そうですね、はい◆#$%

ドリアン助川:
ていうことはこれ離婚ですよね?

相談者:
そうですね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ま、本人はそう思うてるでしょうね。はい

ドリアン助川:
ふうん
で、ん、お母さん、どうしたもんでしょうか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
元に戻りませんか?ということを、お嫁さんが言って来たんですか?
それとも、もう、元に戻る気は・・

相談者:
いえいえ
たぶんね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
お、そのままあ・・出るのは出るでしょうけども、出ても、たぶん、生活が出来ないからね、行く所がなかったらまた帰って来るんじゃないか?(苦笑)ぐらいの、それぐらいの気持ですけど。

ドリアン助川:
ふうん・・
しかし、

相談者:
うん

ドリアン助川:
これ逆に出てったことで

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、旦那さんがその、家に給料入れなくなるってことありますね?

相談者:
そうなんですよ。
それが、一番、今のとこ、心配なんです。

ドリアン助川:
ああ

相談者:
こっちにはやっぱり、お嫁さんと、子ども2人おりますのでね。

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
で、その子の、所の、今は給料が振り込まれてますけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その給料が、ま、例えば口座を変えられてしまって、あの、違う所入れられたら、お嫁さんの方が、全然収入がなくなりますのでね、

ドリアン助川:
うん・・

相談者:
生活がやっていけないので、それをちょっと止めるような方法っていうのがあるのかどうか?と思いまして

ドリアン助川:
で、まあ、状況はだいたい分かったんですけども

相談者:
はい

ドリアン助川:
じゃ・・あの、お母さんは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
息子さんとこの問題について話し合われてんですか?

相談者:
いや、あのお、何回かは言うたんですけども、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
もう、しまいには、怒ってしまって、「も、関係ない」「もうウルサイ」っていう(苦笑)それだけです。

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
なんにも、あの、話し合えない状態なんです、そんで・・

ドリアン助川:
取り付く島がないという状況

相談者:
うん、そうです

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
そんでわたしも、もう、それ以上言っても、おし、ダメだろうと思って、今はちょっと抑えてますけどね。

ドリアン助川:
ふうん
あのお、仮にですね、

相談者:
はい

ドリアン助川:
相手の女性と暮らすということになると、

相談者:
はい

ドリアン助川:
2つの家庭が壊れるわけですね

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
んで、これまあ裁判となった場合は、

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
当然そのお・・大変なことになるわけですよね?

相談者:
そうですわね、はい

ドリアン助川:
その覚悟があって、ご長男は・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
こっちの方向に進もうとされてるんでしょうかね?

相談者:
うん、だから、わたしい、は、その辺のこと、例えば旦那さん 方から慰謝料の請求があったり、ま、例えばこっち側からも慰謝料の請求をするとか

ドリアン助川:
はい

相談者:
あ、養育費が出るとか、慰謝料が、なんやらとかいう、色々なこと、ま、言うてるんですけど、その辺はたぶん、聞こえてないと思いますし、聞いてないと思います。

ドリアン助川:
うーん、これえ

相談者:
だから、覚悟というても、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
そんな覚悟はなんにも出来てないのでね。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
余計に、あの、ちょっと心配なんです。

ドリアン助川:
うーん・・

相談者:
うん

ドリアン助川:
ま、そのお、恋愛、で火がついてる状況、プラス、

相談者:
はい

ドリアン助川:
相手の方が、妊娠してしまったっていうことで・・

相談者:
あ、そうですね、はい

ドリアン助川:
うーん・・
あの、基本的なこと訊くの忘れたんですけども、

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
お母さんと、この、息子さんのご家族、

相談者:
はい

ドリアン助川:
は、別の場所に住んでらっしゃるんですね?

相談者:
ええ、そうです、はい

ドリアン助川:
別の場所ですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ふんふんふん
気軽に話に行ける距離ではあるんですか?

相談者:
え、そうですね、まあまあ近くにおりますので

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
ま、今のところは、嫁さんの方からわたしの方へ来てくれてはいますけどね。

ドリアン助川:
ああ

相談者:
はい

ドリアン助川:
あ、お嫁さんとはこれまで良好な関係だったんですね?

相談者:
そうです、はい

ドリアン助川:
ふうん・・
ま、こっから先はあ、ねえ?
あの、人間としてどうだ?っていう話、ではもう、なくなっちゃってる、ところ、ですよねえ・・

相談者:
そうですね、もう人間としてはダメだと思いますけど(苦笑)

ドリアン助川:
うん・・いやまあ、こういう失敗っていうのはある、かとは思うんですけども、

相談者:
はいはい

ドリアン助川:
にしても、その、えー、こっから先、何か、

相談者:
うん・・

ドリアン助川:
出来るか?と・・

相談者:
うん・・

ドリアン助川:
うん・・
分かりました。

相談者:

ドリアン助川:
えー、それでは今日の回答者の先生紹介します。

相談者:
はい、すいません、はい

ドリアン助川:
はい、弁護士の大迫恵美子先生です。

相談者:
あ、はい

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

相談者:
はい、すいません

(回答者に交代)


「人妻を孕ませて2つの家庭を壊すクズ男の母。所々に入る息子擁護の関西弁がウザい」への5件のフィードバック

  1. この人、お金が心配なだけじゃないですか!
    孫や嫁に対する人としての情ってものが無くて酷い。
    そんな冷たい母親がいる家庭で育てられたから、息子もロクな人間にならなかったんだわ。本当にムカつく!

  2. 不倫、略奪婚の末、今度は、自分が夫に浮気されて、今にも略奪婚されそうな知人がいる。だって、平気で”私”と不倫する人だもんね。心配よね。

    この二人の結婚も、何年かすれば、互いに疑心暗鬼の関係になりそうですね。
    こんな男、うまく慰謝料と養育費をもらって、逃げた方がいい。こども達が、大きいから、外で働きやすいし、こども達はもちろん、お母さんの味方。

    長い目で見て、バカをみるのは、浮気夫。

  3. このお母さん、お金のことばかり気にしている様子でしたね。
    本当に心配してるのかな。

    お子さんもあと少しで成人だし、奥さんもまだ若いし、離婚して
    新たな人生を歩んだほうがよいのかと。

    こんなに大きなお子さんがいて、この息子汚らわしい。
    こんな人間とかかわりたくない。

  4. 妊娠したっていうけど、本当かなぁ?
    本当に相談者の息子の子なの?
    2ヶ月でしょ。
    妊娠したのって、計画的なんでは?
    やばい女に捕まったよね。
    離婚したほうがいい。
    相談者は、金のことしか心配してないみたいだから、バカ息子の不始末を一緒にするといい。

  5. もし本当に妊娠していたら大事じゃん
    彼女に引っ張られてるとか言ってる場合じゃないし。
    大迫先生も具体的な法的なアドバイス言ってないし
    こう言うのは三石先生にガツンと言って貰えば良いんだよ。
    もし妊娠が本当なら生まれてくる子は可哀そうだ。

コメントはお気軽にどうぞ