不倫相手に選ぶとヤケドする女35歳。愛情を確認したくてぶつける病的な感情


テレフォン人生相談 2019年6月12日 水曜日

怒りの感情をどうコントロールすればいいか?
例として語り出したのは不倫相手に対する言動や振る舞い。

思わぬヨガつながり。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰・作家・翻訳家)

相談者: 女35歳 独身 一人暮らし

ドリアン助川:
もしもし?、テレフォン人生相談です

相談者:
あ、もしもしい

ドリアン助川:
はい、よろしくお願いしまあす

相談者:
よろしくおねがいしますう

ドリアン助川:
今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
えっと、自分の怒りの、あの、感情のコントロールう、が出来ないことについて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ちょっと悩んでおりまして

ドリアン助川:
はい

相談者:
お電話させていただきました

ドリアン助川:
怒りの感情をコントロールできない・・うーん

相談者:
そうですね、はい

ドリアン助川:
えっと、おいくつですか?

相談者:
あ、あたしは35歳です

ドリアン助川:
35歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと、ご結婚なさってるんですか?

相談者:
いえ、独身です

ドリアン助川:
独身?

相談者:
はい

ドリアン助川:
んん、何に対して、怒っちゃうんですか?

相談者:
感情ぶつけるう、相手として、身近な人に、結構あたってしまうことが多くて

ドリアン助川:
はい

相談者:
でえ、それが、あの、主に恋人に対してなんですけれども

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、些細なこと、ではあるんですけど、ちょっとそのお、怒りのコントロールができなくなるときがあっ・・てえ

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、あの、毎回、その恋人が、逃げ出しちゃうような、状況になるっていうのが、何回かあったので・・

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
うーん

ドリアン助川:
逃げ出しちゃう、状況ってのは、同じ人?
それとも、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、あなたが怒りまくることで、恋人がどんどん変わっていくわけ?

相談者:
そうですね、あの、だいたい皆んな、あのお、逃げてくんですけどお、そのお・・

ドリアン助川:
あ、皆んな逃げてくんだ?

相談者:
そお、2,3・・3人ぐらいは(笑)たぶん逃げてっ・・たと思うんですけど・・

ドリアン助川:
3人、逃亡したと。はい

相談者:
はい、そうですね

ドリアン助川:
えっと、あなた、は、お一人で暮らしてらっしゃるんですか?

相談者:
はい、一人暮らしです

ドリアン助川:
あのお、お父さん、お母さんはどうしてらっしゃるの?

相談者:
えーと、父、母は、えっとお、働いていて、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、別のところに・・

ドリアン助川:
別のところに

相談者:
あの、暮らしています、はい

ドリアン助川:
えっと、何歳まで、お父さんとお母さんのところにいらしたの?

相談者:
えーと、25ですね

ドリアン助川:
25歳まで?

相談者:
はい

ドリアン助川:
じゃ、えー、25歳というと、もう働いてますよね?

相談者:
あ、はい、あのお、新卒で働いているので、

ドリアン助川:
ええ、ええ、ええ

相談者:
あのお、社会に出てから、だいたい2,3年は実家に、いました。

ドリアン助川:
居ました?

相談者:
はい

ドリアン助川:
それでこの25歳まで、お父さん、お母さん、と一緒にいたころは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
怒りはどうだったんですか?

相談者:
いえ、えっと、家族に出すことはないんですね。
この怒りを。

ドリアン助川:
家族に出すことはない?
ほお・・

相談者:
ええ

ドリアン助川:
じゃ、それまで問題なく・・来たわけですね?

相談者:
付き合ってきた恋人に対しては出してましたね。
あの、相手を選んで、

ドリアン助川:
んん

相談者:
あの、この人だったら、あのお、受け止めてくれるっていう人を判断して、その相手に対、して、あの、より感情を出すっていう感じですね。
も、◆#$%

ドリアン助川:
じゃあ、これなんか特殊な甘えなのかなあ?

相談者:
うん、うん、はい

ドリアン助川:
えーと、じゃあ、最近の、

相談者:
うん

ドリアン助川:
すごかった怒りい

相談者:
はい

ドリアン助川:
一つ、2つ話してもらっていい?

相談者:
分かりました

ドリアン助川:
はい

相談者:
手が出るとか、泣きながら怒鳴るっていう、くらいの強い感情を出すのは、

ドリアン助川:
はい

相談者:
恋人に対してなので、そのお話をすると、

ドリアン助川:
はい

相談者:
えっと、もう別れてしまったんですけど、も、8ヶ月くらい前につき合ってた方に対して

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、不満が募ったときに、

相談者:
うん

相談者:
あのお、「ほんとに大事にしてるんだったら、ちゃんと、養うとか」、えっと、「大事なら」、あの、「お金払え」だの、

相談者:
はい

相談者:
んとお、「旅行に連れていくとか」、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「ちゃんと結婚するとか」、っていう、こう、も、明らかに目に見えて、結婚とか、旅行とか、

ドリアン助川:
うん

相談者:
そういうフレーズを出して、確認しようとするんですね

ドリアン助川:
あなたがね?

相談者:
わたしが。はい

ドリアン助川:
あのお、「大事に思ってるんなら結婚してよ」と。

相談者:
そうですね、あのお

ドリアン助川:
「旅行に連れて行ってよ」と

相談者:
(苦笑)そうですね

ドリアン助川:
んで、その、でも、「お金払え」て、ちょっとアレだね。
ビックリしたんだけど、どういうつもり・・

相談者:
あ、そうです、あの、ちょっと事情・・

ドリアン助川:
そのままの言葉?

相談者:
このままの言葉を言うんですけど、その方がちょっと既婚者だったんですね。

ドリアン助川:
あららあ

相談者:
ただこういう感情は、今までの彼にも出してたことではあるんですけどお

ドリアン助川:
うん

相談者:
なので、より、そのお、確認したいっていう気持ちが・・ま、強く出てた部分はあるんですけどお

ドリアン助川:
うん

相談者:
「家族」、「を養っているんだから」、「わたしも同じくらい大事なら」、「ちゃんと養って」、とか

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
ま、その、「金額で示して」とか

ドリアン助川:
へえー

相談者:
「ほんとに大事なら、離婚して結婚するでしょ」、とか

ドリアン助川:
うん

相談者:
そういうことをもう、ズバズバ言って、そいで、もう、向こうが諭して、くるわけですよね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
わたしのこれは、もう、「ちょっと、病気だから、治しなさい」っていうふうに諭されると、わたしが逆上して、そのときは。
もう手がつけられないというか、「なんで『治せ』、『治せ』って、わたしにばっかり」っていう感じ、で、もう、あの、振り切れちゃう、んですよ。

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
掴みかかったり、あのお、

ドリアン助川:
うん

相談者:
彼が帰らないように、彼の持ち物を、抱きかかえて、帰らないようにしたり

ドリアン助川:
はい

相談者:
も、ホントに、なんかもう、「殺す」みたいな言葉、も、発したりい

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
ま、「旅行連れてってよ」って言ってるのも、

ドリアン助川:
はい

相談者:
実際その、行きたいわけではなくってえ、

ドリアン助川:
うん

相談者:
その、あ、愛情を、こうもう、自分が空いてないくせにその、も、目に見えて、安心したいんですよね。

ドリアン助川:
ふうん
じゃ、今日の

相談者:
はい

ドリアン助川:
ご相談の内容、ズバリ訊きますけども

相談者:
はい

ドリアン助川:
そういう自分じゃない自分になりたいってことですか?

相談者:
そおですね(苦笑)、やっぱりちょっとこの、性格で生きてくのは苦し過ぎるのでえ・・

ドリアン助川:
うん、うん、分かりました

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、それでは今日の回答者の先生紹介いたします。
三石メソード主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。
よろしくお願いしまあす。

相談者:
はい、よろしくお願いします

(回答者に交代)


「不倫相手に選ぶとヤケドする女35歳。愛情を確認したくてぶつける病的な感情」への12件のフィードバック

  1. 三石さんもダメだなあ。
    三石さんでも助川さんでもどっちでもいいけど、不倫なんて男に遊ばれてるだけだから、やめろよと言ってやれよ。
    相談者もそのことが少なくとも潜在意識では分かってるから怒りが湧くんだろ。
    不倫は、割り切らないと不幸になるだけだよ。

    1. 恋愛は止めろって言われて
      止めれるもんじゃないんだよ
      特に不倫は恋愛感情プラス
      嫉妬や独占欲、執着が混ざり合ってるからね。
      カットされてる部分で少しは言ったかもしれないけどね。

      1. >恋愛は止めろって言われて止めれるもんじゃないんだよ
        そんなことは百も承知だ。
        一回セックスするとずるずる行っちゃうから、最初のセックスを拒否できるかどうかが問題。
        割り切れる人間なら別にやめなくてもいい。
        割り切ってできない女は、最初にシールドを張るしかないんだよ。

  2. 子供に邪気が移るから
    関わらない方がいいって人は実際居ると思う。肉親なら仕方がないが。
    私の祖母が善人だが
    それは激しい性格で
    物心つかぬ私を本人は可愛がったつもりだろうが
    私は
    まさに邪気を吸い込んでしまい
    私の人格形成に大きく作用したように思われてならない。

  3. 怒りと憎しみを持ち不倫するベビーシッターさんかー、

    今日こそ、加藤先生と大原先生の出番だったろうに。両先生のコンビネーション連射砲で滅多打ちだったろうに、惜しいわー。

  4. あー。
    先に書いてるかた居るけど、相談者女性は潜在的に、相手が自分を軽んじてるのを分かってるんだよ。だから怒鳴り散らすのは愛情欲求じゃなくて、プライドを傷つけられてる怒り。プライドを傷つけられて激怒するのは男に限らない。
    で、自分を軽んじてる相手に怒鳴り散らしたところで、喉笛に一撃叩きこまれて(比喩ね)何も言えなくなるか、あるいは怒鳴らなければ飲み込んだ自分の言葉で喉が詰まるか頚がしまるかでおしまい。
    夫婦とか、しばりとか保障のある関係でも無い限り、怒鳴りたくなった時点でさっさと身を引くのが最適。それで相手がすがってこなければそれまでだから。邪推すれば、相手は別れたくて相談者を雑に扱っていたのかもしれないしね。
    そう考えると、近しい相手にほど怒りが爆発するのも説明できる。どうでもいい相手はスルーできるから。
    つまり邪気が噴き出すか否かは相手との関係性による。だから相談者が保育士として子供相手に邪気を噴くことはないと思う。
    相談者、まずストレスたまる不倫相手をさっさと捨てなよ。
    35歳、子供が欲しいなら粗末にされてる暇はない。どんなに不倫相手に誠意を以て接しようと怒鳴ろうと、相手はまず動かないよ。動いてもメリットないから。

  5. この相談者に限った話ではないけど、相談にのってくれてる相手に「うんうん」とか「ふーん」とかいう返事は失礼だと思う。
    あと、「そうなんですねー」という相づちはいつ頃から会話に使われるようになったんですかね。この10年ぐらいでしょうか。
    なんだか鼻について仕方ない。(笑)

    怒りについては、相手を主に恋人に限ってるとすると、すでにある種のコントロールはできている。
    甘えから感情を噴出させると、相手が逃げていくことは学んだのだから、もう解決できるんじゃない?
    もしもまた既婚者を相手にするなら、もう割りきってね。

  6. 不倫している人って多いんだね。武さんもとうとう奥さんと正式に別れて不倫相手を選んだし。相談者の相手の男性は全て既婚者だったんだなあ おそらく と思うと、本当にやりきれない。おそらく男好きの見た目が良い人なんだろうね。先生方が、不倫はダメってはっきり言えないのはどうして?今日の相談者はこれからも不倫をし続けていくような危ない感じが伝わってくる。話し方とか激しい性格からみて。怖い。本当に怖くなってきた。まともな相談者がいない。なんだかこの人生相談の番組、マイナスを引き付けてしまいそう。人生勉強のつもりで録音を聞いているけど、参考になる相談内容でないもの。

  7. 感情の起伏が激しい人っぽいですね。
    自ら不幸に寄っていくんだと思う。
    不倫なんかしてたら、そりゃ怒りやらマイナスの感情にとらわれますよ。
    不倫を止めること。
    退屈しないように、必死に取り組める仕事に就くこと。
    健康で時間もあるから不倫しちゃうんでしょ。

コメントはお気軽にどうぞ