身内の不幸が続く喪失感。男46の女々しさが周りを不幸にする。今こそやせ我慢


テレフォン人生相談 2019年8月1日 木曜日

父親が4年前に亡くなり、
2年前に相談者自身が事故に遭って後遺症が残り、
その一年後に兄が自死。
母は認知症で入所。

不幸続きに、なんで自分だけが?という思いと、自身も家族を持ちながら、遺された兄家族に対する責任と、たて続けに身内を失った喪失感。

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男46歳 妻49歳 社会人の長男21歳 長女19歳 次男17歳 4年前に父は他界 母は施設に入所中 1年前に兄が他界(妻と高校生の息子が2人いる)

柴田理恵:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

柴田理恵:
えー、本日はどんな、ご相談ですか?

相談者:
・・ま、1年ほど前に、

柴田理恵:
はい

相談者:
えー、実の兄を、

柴田理恵:
はい

相談者:
えー、自殺、で亡くしまして、

柴田理恵:
ああ・・はい

相談者:
でえ、ま・・オヤジも・・4年ほど前に亡くなってまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、二人共、急に亡くな・・ってしまいまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
でえ、そこへ・・ま・・絡めてというか・・

柴田理恵:
はい

相談者:
じ、実の母も、

柴田理恵:
はい

相談者:
えー、ま、認知症がひどくなってしまって、

柴田理恵:
はい

相談者:
今、もう、施設の方にいるんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
自分ん、の、こう、家族が・・

柴田理恵:
うん

相談者:
こ、亡くな、ってしまったというか居場所がなくな、ってしまったというか・・

柴田理恵:
はい

相談者:
すごい喪失感・・から抜け出せなくなって・・しまって・・

柴田理恵:
あーあ、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
えっと、あなたは今おいくつですか?

相談者:
えー、46です。

柴田理恵:
46歳

相談者:
はい

柴田理恵:
ご結婚はなさってるんですか?

相談者:
はい、しております。

柴田理恵:
あー、そうですか、えっと・・

相談者:
はい

柴田理恵:
奥さまはおいくつですか?

相談者:
えっと49です、はい

柴田理恵:
お子さんはいらっしゃるんですか?

相談者:
はい、3人おります。

柴田理恵:
上からなん、何歳・・

相談者:
えっと、上から21

柴田理恵:
21歳

相談者:
はい、19歳

柴田理恵:
19歳

相談者:
え、10う・・7ですね。

柴田理恵:
17・・

相談者:
はい

柴田理恵:
みなさんは、じゃ・・男の子ですか?

相談者:
えと、上から男、女、男です。

柴田理恵:
ああ、じゃ、えっと、21歳の方も、今は、自立、してらっしゃるんですか?それとも、今学生さんですか?

相談者:
も、あの、社会人で、自立しております。

柴田理恵:
それで、でも、こんなにご家族元気でいらっしゃるのに・・喪失感っていうのは・・何かあるんですか?

相談者:
ま、自分ん、が、ちょうど、ま、その、兄が亡くなる・・ちょうど1年前ですね・・

柴田理恵:
はい

相談者:
にちょっと事故に遭いまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
はい、で、それでえ、まあ、ちょっと後遺症も残ったりするほどの事故だったんですけど、ま「ひょっとしたら」・・「命なかったんじゃないか」なんて言われるう・・

柴田理恵:
あー

相談者:
ような状態だったんですが、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま・・奇跡的に、ま、ちょこっとお、した怪我で、済ん、済んだので、

柴田理恵:
はい

相談者:
はい。今のところは、ま、若干の後遺症はありますけども・・

柴田理恵:
うん

相談者:
元気にはしておるんですが。

柴田理恵:
じゃ、お仕事もちゃんと・・元のお仕事、や、やれてらっしゃるんですか?

相談者:
そうですね、はい、仕事の方もきちんと出来てるんですけども。

柴田理恵:
あーはい、はい、はい

相談者:
はい
ま、そういう部分に関しては特にこれっていうことはないんですけども、

柴田理恵:
うん

相談者:
自分のその、家族ですね?

柴田理恵:
はい

相談者:
嫁さんとか子どもっていうんじゃなくて、実家の方の家族がなんかこう・・一気にこう(苦笑)・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
パタパタパタと、亡くなってしま・・ったっていう・・

柴田理恵:
はい

相談者:
部分がちょっと大きくてですね。

柴田理恵:
はい

相談者:
はい

柴田理恵:
うーーん

相談者:
なんかこう立ち直る場もなくこう、色んなことが起こり過ぎて。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ここ数年の間。

柴田理恵:
あー

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ、今あ、振り返られて・・ちょっとこう・・お寂しい気持ちになられてる、な、なってらっしゃるっていうか・・そういうことなんでしょうか?

相談者:
そうですね、やはり、色んな方からも、色んなこう、ま・・兄のお、嫁さん、と子どももおりますので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま「お前がしていってやらな、いかんのやぞ」って、こ、親戚からも色々プレッシャーを掛けられるんですけども(含み笑い)。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、それを言われても、わたしもこちらで家族というか・・

柴田理恵:
うん

相談者:
こっちにありますもので・・

柴田理恵:
お兄さんとは・・仲良しだったんですか?

相談者:
そうですね、一度、一時(いっとき)い、疎遠になることもあったんですけども、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、それを除けば、ほぼほぼ、ま、同じようなこと、ずっとして来ましたので、

柴田理恵:
うん

相談者:
趣味とかも、一緒で、あの、非常に仲あ、のいい兄弟でしたね。

柴田理恵:
あーそうですかあ。

相談者:
はい

柴田理恵:
それはホントに、お寂しいことですねえ?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
うん、今でもじゃその・・あの、お兄さんのお嫁さんとか・・

相談者:
はい

柴田理恵:
お子さあん・・とはこう、色々、行き来なさってるんですか?

相談者:
・・そうですね、まだ色んなあの、法、法要とかがありましたので、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしもあの、出向いてえ、行くことが多いんですけども、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、そういう中では色んな話をこう・・お互いにして、して、あのお、ま・・色んなことを一緒に・・やって行こうっていうことで、

柴田理恵:
うん

相談者:
色々な話は、今、進めてますね。

柴田理恵:
うん、向こうも・・

相談者:
で、やらなければいけないことがたくさんあり過ぎて、

柴田理恵:
ああー、今はね。

相談者:
はい

柴田理恵:
向こうのお子さんはおいくつなんですか?

相談者:
上の子が確か高校生だっ、あ、二人共高校生だと思います。

柴田理恵:
あー高校生。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ、ご自分のお子さんと大体おんなじぐらいですね。

相談者:
はい、変わらない子ども達なので、

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
はい、やはり、そういうことも色々思うと・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの、非常にこう・・さ、悲しさというか・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
そういうものがこう・・余計に深いというか・・

柴田理恵:
そうですね。

相談者:
辛い気持ちが多いですね。

柴田理恵:
そうですね・・

相談者:
はい

柴田理恵:
ま、向こうのお子さんも向こうのお嫁さんも・・ね?、あの、お兄さんの奥さんも・・やっぱりその、お兄さんの亡くなられ方のこと考えると・・お辛いですよね?

相談者:
そうですね・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
はい

柴田理恵:
そこもこうちょっと、フォローしてあげなきゃと思うとお、余計に・・あの、あなたも大変ですねえ?

相談者:
そうですね、なんかこう、自分じゃなくなってってしまってるような感じがあって、

柴田理恵:
うーん

相談者:
な、なぜ自分だけが?とか。

柴田理恵:
うん

相談者:
あと、すべて、なんで今いなくなるんだろう?っていう、そこの部分がやはり強くて、

柴田理恵:
うん、うん
じゃ、こういう喪失感って一体どうしたらいいんでしょうかね?

相談者:
そうなんです。

柴田理恵:
うーん

相談者:
それえ、をちょっと相談したいなと思いまして、

柴田理恵:
ああ

相談者:
はあい

柴田理恵:
分かりました。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃちょっと先生に聞いてみましょう。

相談者:
はい

柴田理恵:
今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。
先生よろしくお願いします。

(回答者に交代)


「身内の不幸が続く喪失感。男46の女々しさが周りを不幸にする。今こそやせ我慢」への2件のフィードバック

  1. その親戚こそ、なんかしてやれよと思う。
    相談者にプレッシャーだけやって。
    経済的な支援だとか、やれることはいっぱいあるだろうに。
    管理人さんが言うように、そんな親戚の言うことはスルーでいいよ。
    身近な人が亡くなると、これまでしてこなかった親戚づきあいをしなくてはならなくて、
    ただでさえ気疲れするのに、老人は余計なこと言いがちで、こころに余裕がないときはイラッとするわ。

  2. あと、なんで自分だけって思うらしいけど、そんなの、みんな経験してること。
    道行くあの人も、電車で座ってるあの人も。
    語ればいっぱいあるのよ。
    もう40代でしょ。そりゃ色々大変なことおきるよ。
    そういう人生の自分にとっての不都合を通過して、なんとか暮らしてるうちに、人の器って大きくなるんだと思う。
    他人にも優しくなれるしね。
    甥っ子くんたちの方が心配。
    辛いでしょうに。
    時間薬で次第に癒されて、楽しい時間がまた過ごせるようになることを祈ります。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル