同棲から結納10日後に突然の婚約破棄。慰謝料の前に心配すべきは式場の違約金


テレフォン人生相談 2019年8月19日 月曜日

2年前から交際。
両親と暮らしていたが、結婚を前提に一年前に同棲を開始。
半年前に予想外に指輪を贈られプロポーズ。
一ヶ月後に入籍予定。
3ヶ月後に挙式予定。

20日前に結納。
10日前に「生活していく自信がない」「気持ちが薄れてきた」と言われ、マリッジブルーの類だと思い、声をかけ続けたものの、彼から「もう気持ちがない」と言われて諦めた。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女32歳 元婚約者29歳

今日の一言: なし

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
はい、32歳です。

加藤諦三:
32歳、結婚してます?

相談者:
いえ、してないです。

加藤諦三:
はい、独身ですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすっと今はお一人で暮らしてんの?それともご両親と?

相談者:
あ、結婚を予定・・して、えーと同棲を、してたんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、この度、入籍1ヶ月前、にも関わらず、

加藤諦三:
はい

相談者:
婚約破棄されました(涙声)。

加藤諦三:
・・えっと、そうすると同棲していた相手というのは何歳ですか?

相談者:
はい、えー、29歳です。

加藤諦三:
29歳、そいでえ・・婚約は、していた、って今、おっしゃいましたね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、破棄、されたというのはいつですか?

相談者:
破棄されたのは、えー、およそ10日前ぐらいに・・

加藤諦三:
10日前ぐらいですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、そいでその、同棲する前は、そうすっとあなたはどういう生活してたの?

相談者:
あ、え、同棲する前は、わたしは実家で、両親と、暮らしておりまして、

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、結婚を前提に、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、1年間・・同棲を、しております。ちょうど・・もう、1ヶ月後に入籍を・・予定、してえ、20日前ぐらいに結納も、したのにも関わらず、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、その直後に・・わたしと、「生活していく自信がなくなった」・・ですとか・・

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしに対する、「気持ちが薄れて来た」。

加藤諦三:
ええ

相談者:
と、一方的に言われて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
このようなことになりました。

加藤諦三:
ふうん。結婚式場も、決ま、っていた?

相談者:
はい
3ヶ月う、後・・に、挙式日の予定です。

加藤諦三:
だったの?

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、「気持ちが薄れた」と・・

相談者:
はい

加藤諦三:
いうような言葉っていうのはあなたの側から見るとどう受け取られるんですか?

相談者:
はい。えー・・お恥ずかしい話なんですけれども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
今までこう、喧嘩をしたことがなくて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
わたしはあの、約2年の交際期間なんですけれども(震えた声)、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、全く、こう、なんですかね?彼は、わたしに対して、こ、不満を持ってないという風に信じ切ってしまっていて、

加藤諦三:
・・はい

相談者:
仲良く、していたあ、はずう、なんですけれども、
相手は、ま、わたしに対して・・そういった・・こう、段々と、気持ちが、なくなって行、って、それをわたしも、ま、見抜けなかったというところ?・・が、あります。

加藤諦三:
うん、うん
働いてるのはどうですか?
働いてるの?働いてないの?

相談者:
あ、働いてます。

加藤諦三:
働いてるの?

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすっと職場では?・・人間関係で、

相談者:
はい

加藤諦三:
ドラブルになったり・・困ったなと思ったこともない?

相談者:
そう、そうですね・・

加藤諦三:
あの、32歳ということですけど、どのぐらい、働いてるんですか?

相談者:
あ、もう10年になります。

加藤諦三:
10年働いてる?

相談者:
はい

加藤諦三:
10年間、職場で、人間関係、のトラブルなし。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると、色んな人間関係上手く行ってるわけですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃ、なんか結婚しないで同棲していたっていう理由はなんかあるんですか?

相談者:
あ・・えー、えーっと、ま、結婚を前提に・・同棲するということに、なって、してたんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、ま、今から、ま、半年ぐらい前に、こ、プロポーズ・・が、あったので・・はい

加藤諦三:
半年前にプロポーズがあった?

相談者:
そうですね。
わたしは、その、全くう、その半年前にするという風に、予測してない時に・・ま、あの、婚約指輪を、作ってもらって・・
ま「結婚してください」、という旨の、話がありました。

加藤諦三:
・・で、そこら辺の同棲期間中にもうあなたの話だと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
いざこざはなかったんですね?

相談者:
そう・・ですね、特に・・今まで過ごした中で・・相手からあ、こ、例えば・・も「やって」、「行けないです」とか、そういった話はなく、ここまで来ました。

加藤諦三:
・・そうすっとあなたから見ると今回の事件は全く理解出来ないということね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
・・全く理解出来ないわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・ほいで・・あなた、ふ・・この・・29歳の・・男性ともう一度、元の関係に戻りたいってこと?

相談者:
あ、いえ、もう、思っていません。
わたしは一時的な、あの、彼が、こ、気持ちの・・変化というか、こう、所謂マリッジブルー・・のようなものだ・・としか思ってなかったので・・まさか破談にするとは思ってなかったので・・こ、一緒に、今後も頑張って行こうっていうことで、前向き、なるように、声を掛け続けたんですけれども、
もう、あの、わたしへの、「思いがない」という風に、言われたので、

加藤諦三:
うん

相談者:
もう、あのお、もうこれ以上、説得しても、何も、前向きに、なることはない、ので、もう・・復縁をしよう、ですとか、思っていません。
なので、もう、精神的にも、もう、あの、苦痛う、になるので・・もう、あの、お金え、で・・もう、解決う、というか、もう終わりにしたいと思うので、何かしら、慰謝料ですとか、損害賠償?を求める、ことが出来るのかどうか?

加藤諦三:
と、はい
今日はスタジオに弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「同棲から結納10日後に突然の婚約破棄。慰謝料の前に心配すべきは式場の違約金」への14件のフィードバック

  1. 何があったのだろう?酷い話。
    式場のキャンセル料金は、男性が100%責任持って払って貰えるだけでもいいだなんて、これはこれで、当たり前だと思うけど。そして、きちんとそれなりの慰謝料はそれなりの金額を保障して貰える事が、なぜ難しいのか?腑に落ちない。
    相談者さん、本当に辛い事わかります。でもやっぱり忘れるしか道はないと思います。くよくよ考え過ぎて、心の病気になって、さらにご両親を心配させ、悲しませることになりかねません。難しいけど、納得行かないけど、とにかく一日も早く忘れるしかありません。
    きっと、乗り越えた暁には、もっともっと素敵な男性に出会える事でしょう!

  2. お互いアラサーでそろそろ結婚みたいな空気に飲まれちゃったのかな?
    彼氏の方は結婚式の日取りが近づくにつれ「俺やっぱり結婚の覚悟まだ出来てなかった。」と気づいて結婚取りやめたのかも?とおもいました。

  3. 結婚して出産の後に「最初から好きじゃなかった」とか「子どもが可愛くない」と言いかねない男ですよ。
    相談者さんにはお気の毒な出来事ですが、気持ち的にはすっきりされている様子で安心しました。
    別れて良かったと思える日が早く来て、幸せになれますように。

  4. 個人的な意見なんやけど
    彼は夢を見てたんでしょうねー
    結婚と言う現実が迫ってパンクしてしまったのかな?
     

    相談者様も今は辛いと思いますが
    こんな小童では一家の大黒柱
    重き務めを果たす事は無理だと思うので
    切り替えて行ったほうが得策かと…

    そして次の相手の時には
    末永い幸せを手にして欲しいです。

  5. よくわからない話しですが…
    相手の親は、どうしてるのかな?
    最初は、最低の男だ!ひどいすぎる!と思いましたが…
    でも別の角度から考えたら、
    同棲もしたのに、今まで喧嘩した事がないという事に疑問を持ちました。お互いに本気でぶつかり合ったり、自分をみせたりしてないのかなぁと思いました。相手の男性は、同棲してみても、相談者さんと本音でつきあえないと思ったのかなと思ったりもしました。
    男性の気持ちを聞いてないから何とも言えませんが、婚約破棄をするのは、余程のことがあったのかなと思いました。
    男性にやって行けない本当の理由を言って欲しい思いましたが、言うと相談者を傷つけるから言えない事もあるのかなと思ったりもしました。
    あと、最後に加藤先生が言われた事の意味がわからなかったのですが、お互いに関心を持てない人という事ですか?
    別れる相手とは、ご縁がなかったと思うのが一番です。

  6. 相手の変心から10日ほどで腹を決めた相談者さんが案外ドライだな、とか変心の理由は何だろうとか色々と想像を掻き立てるし、式場のキャンセルなど後始末が大変だろうとかいうことも察するに余りある。
    だけど大迫先生、せめて婚約不履行の慰謝料の相場をはっきり教えてくれないかな。そのせいで回答全体がどうもすっきりしない感じがする。
    「一概には言えないんですよ」とかあの声で言われそうだけどさ、相場ってもんがあるじゃん?
    式場のキャンセル料なんて、ほぼ言い値に従うしかないだろうし、婚約者が負担すべきなのは明らかだし。

  7. 婚約破棄から数日で、すぐテレ人に電話しようと思ったのは賢い人だ。
    「自分のここが悪かったのかも、改めれば帰ってくるかも」と空想に逃げて時間を無駄にせず、現実をみて取りうる手段はないかと動いた、31歳たのもしい。
    婚約破棄を、契約破棄という不法行為ととるか、
    相手の時間とお金を無駄にさせた損害行為ととるかで時効が違ったはず、
    大迫さんがなぜそれ言わないか分からん。
    裁判になったらドロドロに傷つけあうわりに、お金は微々たるものだからかね。
    だけどどっちが破棄を言い出したのか、何かの形ではっきりしといた方がいい気もします。

  8. 結納までして、入籍予定日まで決めていて、挙式も予約していたのに、不履行って、相談者さんが本当に気の毒だと思いました。
    男性側のマリッジブルー?とかいろいろと考えられますが、ここまでの破談って、女性関係のような気がしました。
    元々二股だったのか、直前に新しい女性と知り合って、そっちに惹かれてしまったのか…。
    事実は相手にしか分からないが…。

    婚約不履行の慰謝料は、具体的には回答者は言わなかったけれど、聞いていて想像したのは20~30万?くらいなのかな、と感じました。どうなんだろ。
    回答者の言う通り、挙式会場のキャンセル料と、同棲を解消するにあたり、引っ越し代金は、しっかり請求してほしいです。

    精神的ダメージは、受けただろうけど、お金のことはしっかり精算して、気持ちを切り替えてほしいです。

    こんなひどい男と結婚しなくて済んで、よかったんだ、とおもってほしい。

    今度は、いい人と出逢って、幸せになってくれることを願ってます。

  9. 還暦に近い男ですが、昔、結納の手前の、こちらの地方では扇子を収める、っていう儀式まで2回行ってどちらも断った経験があります。
    当時の気持ちは、まだ25歳ぐらいだったから、まだ遊びたいし、他の女の人とも付き合ってみたいし、しかし、周りの親たち親戚連中の話はどんどん進んでいくし、お相手の女の人も二人とも断る理由のない人だし。
    はっきりとここが気に食わないという理由がなかったけれど、なんとなく雪隠詰めされたような閉塞感。
    当時の自分としては「この人と結婚したい」という、はっきり自覚できるような気持ちで結婚したかったんじゃないかな。(女性から見ると腹立たしいかもしれませんが)

  10. 女の立場や娘の親の立場から言うと、自分と結婚したいと思わないくらいなら、結婚しなくて結構ですが、「金は、ちゃんと払えや!!」と思います。
    結婚を破談にされた女性は、周りの目もあるし、惨めでとても傷付くと思います。
    結婚を破談にするような優柔不断で不誠実な男は、誰と結婚しても幸せになれません。
    いずれバチが当たります。
    そんな男と結婚せずに済んだのは、不幸中の幸いです!

  11. 結婚を破棄されたのに、慰謝料は今どきとても少ない金額ということに驚きました。結納も済ませ、結婚式も決まっているのに突然取りやめになって、女性の方のダメージは、計り知れませんね。周りはみんな結婚することを知っているのに、中止を言わなくてはならないなんて、仕事にも行きづらいです。しばらく辛い日が続くと思いますが、もっと良い方と巡り合って、この経験をさらっと振り返れるような日が来ることを願うばかりです。

  12. 相談者さんは、まわりに婚約を報告済みだとしても、彼に結納後にすごい借金があると分かったのでこちらから破棄したって言えばいいですよ。
    でも、結婚相談所のブログで読んだことあるけど、女性は32歳超えると厳しいって。
    だとしたら、28歳時点で付き合ってる男性が運命を分けると思う。
    お年頃の女性は意識すべき。

  13. 匿名様の仰る通り、罰が当たったのか、その後結婚した人とは子供を儲けたものの、離婚。現在独身。
    仕事運、金運、はあるものの、結婚運は無いのかなあ。

    因みに、二人の婚約者はどちらも旧家でとてもお金持ちだったため、金をくれとは言われませんでした。

コメントはお気軽にどうぞ