既婚職員を仕事に同行させて自宅に連れ込みキスして脱がして写真撮った独身上司


テレフォン人生相談 2019年9月10日 火曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女62歳 夫65歳 家庭持ちの長女36歳 セクハラに遭った既婚の次女31歳 長男30歳

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、お世話になりますう、よろしくお願いします。

今井通子:
はい、こちらこそよろしく。

相談者:
はい・・はい

今井通子:
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あ・・とですね、あの、次女お、わたくしの次女の・・ことでえ、ちょっとご相談したい・・と思ってお電話さしあげました。

今井通子:
はい
あなたはおいくつですか?

相談者:
えっとわたしは62歳です。

今井通子:
62歳

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
えっと主人は65歳です。

今井通子:
65歳

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さま、あの、次女っておっしゃったから、ご長女・・は、おいくつ?

相談者:
あ、長、はい、ちょ、長女は36歳

今井通子:
36歳

相談者:
はい

今井通子:
で、次女の方が?

相談者:
は(わ)31歳です。

今井通子:
31歳

相談者:
はい、でえ・・一番下が長男で、

今井通子:
はい

相談者:
30歳

今井通子:
30歳、で・・次女の方がどうなさいました?

相談者:
あ、えーとですね・・あの、次女が今現在、ある、そのお、個人のクリニックの、

今井通子:
はい

相談者:
えっとデイケアっていうところの職員で仕事をしておりまして、

今井通子:
はい

相談者:
でまあ、ちょっと、ま、ちょっとリーダー的な立場に、今なってるんですけれど、

今井通子:
はい

相談者:
そのデイケアのその上司?

今井通子:
はい

相談者:
のお、方、かあ・・あの・・えー、半月い、ぐらい前から・・

今井通子:
はい

相談者:
3回ぐらいに分け、んー、続いての、セクハラ、パワハラみたいな感じ・・&#△%

今井通子:
はい・・はい

相談者:
なんか仕事に、同行するみたいな感じで、

今井通子:
はい

相談者:
車に一緒に、出掛けて、

今井通子:
はい

相談者:
実際に仕事として行ったのは一箇所だけで、

今井通子:
はい

相談者:
あとはなんかこう、ま、その上司の自宅にい、連れて行かれて、

今井通子:
ええ

相談者:
も、キスされて?

今井通子:
はい

相談者:
それから、ま、服脱がされて?

今井通子:
ええ

相談者:
から、身体触られて?

今井通子:
ええ

相談者:
から、ま、写真まで、全裸の写真を撮られて、

今井通子:
ええ?!

相談者:
はい
それで、なんか、娘はなんか、こ・・「も、止めてください」って言うたみたいなんですけれど、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、やっぱし上司だから、

今井通子:
はい

相談者:
なんか、こう、やっぱりこ、強く、なんか・・断れなかった、てのがあって。

今井通子:
ええ

相談者:
でえ、ま、そういうのがこう、ま、3回ぐらい、続いたみたいなんです。

今井通子:
・・この上司の方っていくつぐらいの男性?

相談者:
えーっと50代ですね。

今井通子:
50代?

相談者:
はい

今井通子:
はい
でえ、自宅う、っていうことは・・

相談者:
はい

今井通子:
独り者?

相談者:
そうです。

今井通子:
はい

相談者:
はい、でその・・上司にはおんなじ職場で、その・・ま、あの、彼女っていうか付き合ってる人がいるんですけれど・・

今井通子:
・・ううーん

相談者:
うん・・でもそれを娘も知ってて、

今井通子:
ええ

相談者:
はい、あのまさか、の自宅にって、連れて行かれるとは思ってなかった、ま、ちょっと、こ、冷静な判断が出来なかったみたいで。

今井通子:
うん

相談者:
うん、で、ま、そのお、被害に、被害っていうかあったの、遭ったことを聞いたのが、わたしが2日ぐらい前に聞いたんです。

今井通子:
はい

相談者:
はい、でも・・あの、娘はあ、あの、ま、わたし、との話で・・もうそういうところはもう、辞めた方がいいっていうことになって、

今井通子:
ええ

相談者:
うん、ま、退職届を一応、出したんです。

今井通子:
はい

相談者:
で、警察にも相談したんです「こんなことがあったんです」・・

今井通子:
あ・・そうなんですか、はい

相談者:
はい
で、警察としてはやっぱし、あの・・本人が被害届を出さないと、

今井通子:
うんふん

相談者:
取り調べが出来ない・・

今井通子:
はい

相談者:
て、ま、もちろんそうなんですけれど。

今井通子:
はい

相談者:
娘本人がその被害届を出したくないって言ってるんです。

今井通子:
・・これはどうして?

相談者:
やっぱし、あのお、なんていうかな?、ま、事を、荒立てたくない。

今井通子:
はい

相談者:
他の、スタッフの人たちに迷惑を掛けてしまう。

今井通子:
・・ん?

相談者:
他の、ま、他の、ま、職員もいるんです、スタッフがいるんですけれど、

今井通子:
あはい

相談者:
その人たちにも、その上司が、ま、た・・まあ、逮捕とかそうふになってしまったら・・

今井通子:
うん

相談者:
デイケアももう・・うん、機能しなくなってしまって、

今井通子:
ふうん

相談者:
あの、他のスタッフの人たちにも、迷惑、なっ・・掛けてしまうから、自分のせいでっていうような感じで・・

今井通子:
ふうーん、ま・・正当な言い方をするとそれはそうじゃないんだけどね?あなたの、あの、お嬢さんのせいじゃないんだけどね?

相談者:
うん・・

今井通子:
うん

相談者:
でも、すごく自分を責めてますね、あの時、自分が、も、毅然として?

今井通子:
うん

相談者:
拒絶してたら・・

今井通子:
うん

相談者:
でも、そ、その時に、なんか・・こ、やっぱしちょっと、こ、脅され、脅し、みたいな、こ、も・・「ここで断ったら」なんかこ、おた、「お互いの立場が」なんか・・みたいな感・・「不味くなるからね」みたいな感じで言われたらしいんです。

今井通子:
うーん

相談者:
で・・うん

今井通子:
これはでも、酷いな・・はい

相談者:
そうです・・でも娘はもうね?なんかこう・・もう「辞めれるだけでもわたしはいいんだ」、もう「他の人たちに迷惑掛けたくないし」・・「わたしのせいで」なんか「こんなことになってしまった」ってみたいな感じで言うんですけど。

今井通子:
このあの個人クリニックってえ・・

相談者:
うん

今井通子:
所謂クリニックってなってるけど・・デイケアの、あの、サービスなんかがあるぐらいだから・・

相談者:
うん

今井通子:
結構、組織的にやっている、病院?

相談者:
家族ぐるみでやってるみたいなんです。
院長がいて、お、院長の、お、奥さんも何か、事務か何かしてて、

今井通子:
はい

相談者:
それで、直接娘に、手を出した、男性は、その、奥さんのお・・弟かなんかの関係で・・

今井通子:
あーなるほど。

相談者:
はい

今井通子:
うん

相談者:
はい、で、あとは、まあ、看護師さんとか、ま、あの、ちょっと何人か・・

今井通子:
はい

相談者:
あの、病院関係のスタッフの方がやって、

今井通子:
はい

相談者:
被害届をね?出すのすごく躊躇してるんですけれど、

今井通子:
うーん

相談者:
なんかこのまま、なんかこう、泣き寝入りするっていうのも、ずっ・・他、またあの、そのお、人は、す・・なんかまた、やると思うんですよ、このままこう&#△・・

今井通子:
ま、そうですね。

相談者:
はい

今井通子:
うん

相談者:
で、それまでも被害に遭った、方も、おられるかもしれないですし。

今井通子:
そうですね。

相談者:
うんだから、わたしはここで勇気出して、娘に・・

今井通子:
そうすると・・今日のご相談は・・

相談者:
はい

今井通子:
警察に届けさせるにはどうしたらいいかっていうこと?

相談者:
あ、そうですね・・はい

今井通子:
お嬢さんを、説得したいっていうことですか?

相談者:
そうですね。はい・・もう・・

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので・・

相談者:
あ・・

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いします。

(回答者に交代)


「既婚職員を仕事に同行させて自宅に連れ込みキスして脱がして写真撮った独身上司」への7件のフィードバック

  1. 相談者は心配でしょう、お気の毒です。
    が、娘さんは相談者に事実を伝えているのだろうか。どうも信じがたいのだけど。
    半月に3回もの性的暴行がありながら、仕事中とはいえ同行を繰り返すのは不自然では?
    また、訴えたくない第一の理由が、「旦那にバレるのが嫌だ」なら、まだわからないでもないけれど、職場崩壊を避けたいとは・・・。
    無理やり全裸の写真を撮られた女性が、そこまで及び腰になるものだろうか。
    大事にしたくないのは別の理由があるのでは?

  2. この上司、女性だらけのコミュニティだったら、ヤバイ奴として共有されてそうだけど。
    それに36歳という年齢でしかも既婚なら、もうちょっとリスク管理できてもよさそうなのに。
    相談者の娘さんは相当おとなしい人なんでしょうね。
    いまどきデジカメって、鬼畜変態上司は相当マニアだと思う。

  3. 毅然として断れないにも程があると思うが、全裸にされる前とか、写真を撮られる前とか、どっかで逃げ出すきっかけくらいあっただろうが…、それは私が拒否できる性格だからそう思うのかな。

    地方だとセクハラが常態化してて女性社員も見て見ぬ振りしてるような職場はいくらでもあると思うけど、こういうことにまでなっちゃうなんて、恐ろしい。AVみたいな男の妄想を現実に実行してるわけで。

    泣き寝入りしたら写真を理由に脅され続ける可能性が高いし、旦那に知られず訴えるとか、無理なんじゃないか。もしかしたら、旦那にバレたら一家離散になるか、ずっと、お前も悪いと責められ続けるのが目に見えているからなのか。

    最初に毅然としてした態度で逃げなかったの、本当に悔やまれるね。3回も写真撮られたら、誰にも言い逃れ出来なくなる。旦那に言うしかないけど、しんどいね。いざという時にまで、気が弱い、控えめ、社畜根性が抜けないって、損でしかない。

  4. 1度でもこういうことがあれば 大概警戒すると思うのですが、3度もって…娘さんもどこか気が緩いですね。
    大抵の方なら、仕事とはいえ怖くてもう会いたくないし、1度目の時点でどうにかしようとするはず。
    相談者に言えていない 何かの事情が、他にあるような気がしてなりません。

    私の妹もこれに近いような出来事に遭い、下着の写真を撮られ強姦未遂の中 着のみ着のまま家に逃げ帰ってきました。
    身内のことながら それを思い出してしまいました。

    その職場も家族経営の会社でしたが、泣き寝入りどころか そんな人間を野放しに出来ないと言って、母がその日のうちに社長(写真を撮り強姦未遂を起こした男の 義父にあたる方)に連絡を入れ 事情を説明して妹は辞めさせると電話口で断言。
    その夜には、社長ご夫妻直々に自宅に謝罪に来られました。
    当人ではなかったですが。

    社長がおっしゃるには、若い女性が入っても これまで1ヶ月もしないで次々に辞めていっていた。
    今の若い人はどうしてこうも続かないのかくらいにしか思っていなかったとのことで、妹の告発によって これは余罪があるのではないかと思われたようでした。
    これまで辞めた方にも話を聞いて、男を徹底的に凝らしめると言われていましたが その後どうなったについてはよく分かりません。
    ただ、それくらい大きな出来事だということ。

    こちらの娘さんは写真まで撮られているのに、辞めるだけで本当にいいのか。
    私が心配になります。
    職場に迷惑を掛けるからは建前で、本音は旦那さまが怖いのかな。
    なににしても、この上司を放置だけはしないで頂きたいです。
    ここで断ち切らないと!!

  5. 実は悩んで切羽詰まってどうしてよいか解らなくなった末の本人が電話してきてたのでは。

  6. 肉体関係は、あったでしょうね。
    最初の始まりは相談内容の通り自宅に連れていかれて・・・
    その後ズルズル断れないまま関係続いて・・・
    相手は同意があったって言い張るでしょうね~

  7. こういう、荒だてたくないとかぬるいこと言う人がいるからだめなんだよな…きちんと、声を上げないとさ…。
    いいトシして、自分で拒否しろ、被害届即刻だせ、自分で探して代理人たてよ、と伝えたい。ちゃんと生きなさいよ、と思う。

コメントはお気軽にどうぞ