近づく長男に寄り付かない次男。負けず嫌い女79歳の本音と6千万の使いみち

テレフォン人生相談 2019年9月20日 金曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女79歳 夫は6年前に他界 一人暮らし 長男56歳家庭持ち 次男51歳は国際結婚で4歳の子どもがいる

今井通子:
もしもし?

相談者:
はい

今井通子:
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、こんにちは

今井通子:
こんにちはあ

相談者:
はい

今井通子:
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
子ども達のことです。

今井通子:
まず、あなたはおいくつですか?

相談者:
79です。

今井通子:
79歳

相談者:
はい

今井通子:
ご主人いらっしゃいますか?

相談者:
おりませえん。

今井通子:
離婚されて?

相談者:
いえ亡くなりました。

今井通子:
何年前?

相談者:
うんと・・え、6年前です。

今井通子:
6年前?

相談者:
はい

今井通子:
お子さまは、何人いらっしゃるんですか?

相談者:
二人おります。

今井通子:
男の子、

相談者:
はい

今井通子:
女の子

相談者:
はい、男の子二人

今井通子:
男の子二人・・

相談者:
はあい

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
おいくつとおいくつですか?

相談者:
56と51です。

今井通子:
51歳

相談者:
はい

今井通子:
「子ども達のこと」っておっしゃったんですが、このお二人い、についてですか?

相談者:
はいそうです。

今井通子:
はい、あ、どんなことでしょう?

相談者:
主人が亡くなってるからほとんど会ってないんですよね、この二人はね。

今井通子:
・・はい、あ・・あなたは今、お一人でお住まい?

相談者:
はいそうです。

今井通子:
で、息子さん達は・・別々にもう、結婚されてますか?

相談者:
はい

今井通子:
はい・・で、別々にお住まいですね?

相談者:
はいそうですね。

今井通子:
はい・・で、じゃ6年前から・・

相談者:

今井通子:
息子さん同士が会ってないんですか?

相談者:
下の子ですう。

今井通子:
あ、あなたと、お会いになってない?

相談者:
家(うち)い、もあんまり来ないですね。

今井通子:
下のお子さんが・・えーお兄さんとも会ってない・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたとも会ってない、ていうことですか?

相談者:
そうですね。

今井通子:
はい

相談者:
うん

今井通子:
それで?

相談者:
わたしが、もしも亡くなった時に、二人・・仲良くして欲しい?、それにはあの、その、財産の分与?・・

今井通子:
はい

相談者:
は(わ)どのようにしたらいいか?、ちょっと聞きたいんです。

今井通子:
あーなるほど。

相談者:

今井通子:
あの、ということは、

相談者:
うん

今井通子:
えーご兄弟がお二人が仲良くない・・ですか?今。

相談者:
んー、喧嘩してるわけじゃないんだけれども、

今井通子:
はい

相談者:
うんー・・会、会ってませんね。

今井通子:
元々じゃ、ちょっとあんまりお互いに・・仲良くないところはおありなの?

相談者:
・・あのね・・

今井通子:
うん

相談者:
んー、長男がね・・

今井通子:
はい

相談者:
お家買う時に、わたし達一緒に住むわけで・・半分出したんですよ。

今井通子:
ええ

相談者:
それが・・耳に入って・・

今井通子:
ええ

相談者:
どうも、おかしいですね。

今井通子:
今、でも、あなたお一人でお住まい・・

相談者:
うんそうです。

今井通子:
家を買った時に、

相談者:
息子の家を買った時にね。

今井通子:
ええ

相談者:
うん

今井通子:
家を買った時に、

相談者:
うん

今井通子:
あなた達も一緒に住まれたんですか?

相談者:
住ま、全然だから住んではいません。出したけ・・

今井通子:
あ・・

相談者:
建てたけどね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
地方にね。

今井通子:
うん

相談者:
うん、うん

今井通子:
お金を半分出したけれども、

相談者:
うん

今井通子:
あなた方は別住まいで、

相談者:
うん

今井通子:
そのご長男の、

相談者:
うん

今井通子:
買った家?

相談者:
うん

今井通子:
には、え、住んだことはないと。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
行、行、行くことはあるけど一緒には住まないです。

今井通子:
はい

相談者:
あの、行ってもお友だちいないからね。

今井通子:
うん

相談者:
うん、今はね。うん

今井通子:
なるほど。

相談者:
うん、それえ、が、ま、お金出したのが、耳に入って面白くな、い?

今井通子:
うーん

相談者:
うん、感じですね。

今井通子:
大体どれぐらいですかね?お金の額は。

相談者:
1500万くらい。

今井通子:
1500万くらい?はあい

相談者:
うん、うん

今井通子:
で、これ、弟さんには・・まだ、何もしてない?

相談者:
あ、あー、主人が亡くなった時あげました。少しは。

今井通子:
・・ん

相談者:
うん

今井通子:
あ、そうするとこの、ご主人のお・・

相談者:
うん

今井通子:
遺産相続?

相談者:
うん

今井通子:
は(は)もう済んでんですね?

相談者:
(息を吸って)うんだから少ししかあげないから、まだ、まだ、少しはあるので、それをね?、どのようにしといたらいいか?っていう・・

今井通子:
・・あの・・

相談者:
ことですね。

今井通子:
あ・・

相談者:
揉めたら困るなと思ってるんです。

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
うん

今井通子:
お二人の・・

相談者:
うん

今井通子:
息子さんに・・

相談者:
うん

今井通子:
どういう分け方をするか?

相談者:
うん

今井通子:
ということを・・

相談者:
ちょ、長男は、あまりあげたくないような感じね。

今井通子:
・・うん

相談者:
面倒看ないからね。

今井通子:
うん

相談者:
うん。わたしの面、面倒ていうか、ほら、病院入院した時に来て、色々やってくれたり・・って、結構入院してるのでね、&#、頭の手術やらなんかしてるのでね。

今井通子:
はい

相談者:
それを、ちょ、次男坊は全然看てくれないから、

今井通子:
うん

相談者:
それをお、言ってるんだと思うんですよね。

今井通子:
うん

相談者:
だか、まあ・・「下のには」・・「あまりやらなくてもいいんじゃないか」って言うんだけども・・

今井通子:
その言ってるのは、ご長男が?

相談者:
そうです。

今井通子:
あ・・ちなみにですね?

相談者:
うん

今井通子:
今あなたがお住まいになってらっしゃるところは、

相談者:
うん

今井通子:
あの、ご自宅う・・

相談者:
うんそうです。

今井通子:
あの、家、土地、両方ですか?

相談者:
うん、はいそうです。

今井通子:
他にい、何か・・資産っていうか・・

相談者:
は(わ)、ないです。あとは、あの・・株はみんな処分しちゃって、現金、あの、お金で持ってます。

今井通子:
あ、お金ですか。

相談者:
うん

今井通子:
そうすると遺産としてはおいくらぐらいだったんですか?

相談者:
・・今持ってるのですか?

今井通子:
うん

相談者:
うん、結構ありますう。

今井通子:
うふっ

相談者:
うん、ま、6千万から持ってます。

今井通子:
6千ぐらい、ありますと。はい

相談者:
はい、はい

今井通子:
で、今はお元気なんですよね?

相談者:
はい元気です。

今井通子:
なんか、「頭で入院」とか・・

相談者:
うん

今井通子:
おっしゃってたけど。

相談者:
あの、後遺症残らないでね。

今井通子:
うん

相談者:
あの手術して。

今井通子:
うん

相談者:
うん半分ん、麻、麻痺したんだけどそれも治って、今は・・ま、色々やってます。サークルね。

今井通子:
あ・・良かったですねえ。

相談者:
うん、はあい

今井通子:
で・・その入院した時の面倒看てくれたのは・・ご長男の方でしたと。

相談者:
そうですね。

今井通子:
はい

相談者:
うん

今井通子:
普段は、じゃ・・どちらもいらっしゃらない?

相談者:
たまあに来るけど、ま、あまり来ないですね。

今井通子:
でそれは・・

相談者:
ほとんど一人です。

今井通子:
ああ

相談者:
うん

今井通子:
それでその、ご長男が、

相談者:
うん

今井通子:
いらっしゃるのと、ご次男がいらっしゃるのとどっちが多いの?

相談者:
あ、長男・・次男はほとんど来ないです。

今井通子:
あー6年間ずっと来ない?

相談者:
(息を吸って)うーん、欲しい物ある時は来るけどね(苦笑)。

今井通子:
ンフフ(苦笑)欲しい物ってなんですか?

相談者:
ええ・・うん、お金です。

今井通子:
ンフフフ(苦笑)

相談者:
フフフ(苦笑)

今井通子:
あ、じゃ、ご次男にもお金はあげてるのね?

相談者:
あげてます。

今井通子:
はい

相談者:
うん

今井通子:
今までにどれぐらいあげられました?

相談者:
んあの子は、んー、色々あげて1千万くらいあげてんじゃないかなあ、なんだかんだでね、うん・・

今井通子:
あ、1千万ぐらいはあげてる?はい

相談者:
うん、あげてます、はい

今井通子:
じゃあね?、その、で、お兄さんにも時々あげてる?

相談者:
あげてません、今は。

今井通子:
あ、ご長男には。

相談者:
うん

今井通子:
うん

相談者:
なんか向こうから出してくれることはあるけど、こっちからは出しません。

今井通子:
あー、そうなんですか。

相談者:
はい

今井通子:
はい
さて、じゃあ、今日のご質問としてはそうすると遺言状が必要かどうかは別と・・

相談者:
そうですね。

今井通子:
あ、遺言状必要?

相談者:
うん、うん、はい

今井通子:
うん
で、どういう風に・・

相談者:
うん、作っといたらいいかね。

今井通子:
いいか?ですかね?・・

相談者:
うん

今井通子:
はい
あの、今日ですね・・

相談者:
うん

今井通子:
弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、

相談者:
うん

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「近づく長男に寄り付かない次男。負けず嫌い女79歳の本音と6千万の使いみち」への6件のフィードバック

  1. この相談者さん、何だかお高くとまってる風で感じ悪いな。相談内容についても自分から 真摯に説明しようとせず、今井さんは聞き取りにかなり労力を要しただろう。
    言葉がわからないからって言ってたけど、次男の嫁のこと気に入らないのかね?
    だとすると、それが次男が寄り付かない理由の一部なのかもしれない。
    ま、家と土地に加えて6千万もの現金があるなら、相談者の死後も次男は困りゃしない。
    遺産相続で長男が不満を感じないように考えておかないとね。

  2. 世間を知らない高齢者
    6000万で資産持ちって優越感持てるなんて
    ある意味で幸せ

  3. 大迫先生、好きだなぁ~
    相談者の本音を引き出しつつ、気持ちを解放していく感じ。シンプルで回答も分かりやすい。
    自分も参考になります。

    長い時間を経てきての悩みの原因は、一つや二つではないですしね。
    大金が有っても泣いて暮らす人も居れば、
    無くても笑って暮らしてる人も居るだろうし、ね。

    我が子が親に何を求めてるのか?
    親は良く考えないといけませんね。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。