二人に戻った夫婦。何がってワケでもなく浮気歴有りいの夫の冷めた様子を延々


テレフォン人生相談 2019年9月25日 水曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女54歳 夫54歳 県外で働く長男24歳 長女大学生

ドリアン助川:
もしもし?、テレフォン人生相談ですう。

相談者:
あ、こんにちは、よろしくお願いいたします。

ドリアン助川:
はいよろしくお願いします。
えー今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
えーと、夫との仲が・・こう・・あの、上手く行かなくて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
どうしたらいいんだろうな?と(含み笑い)・・

ドリアン助川:
ふーん

相談者:
悩んでおります。

ドリアン助川:
はい、はい
えーっと失礼ですけど、おいくつですか?あなた様は。

相談者:
54歳です。

ドリアン助川:
54歳。旦那さんは?

相談者:
54歳です。

ドリアン助川:
あ、同い年で。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい
お子さんいらっしゃるんですか?

相談者:
えっと、長男が24歳で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
えっと県外に就職しておりまして。

ドリアン助川:
はい

相談者:
長女が、

ドリアン助川:
はい

相談者:
県外の大学に行っております。

ドリアン助川:
はい。えー、お子さんお二人で。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ということは、ま、あのお、お子さん二人いらっしゃいますけども、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
みなさん、お家は出てらっしゃるということですね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
はい
そして結婚は何年ぐらいでしょう?

相談者:
・・と、28年です。

ドリアン助川:
28年?

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
はい
何が今起きてますか?

相談者:
あのお、7年前に・・女性関係のトラブルが主人にありまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、あのお、それ、あの、事実が分かったのは一度だけなんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで、それが発覚して(含み笑い)、あのお、大揉めに揉めたんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、その時ちょうど、子どもの受験の時期で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、二人の子どもの受験の時期と重なっておりまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
非常にあのお、共に苦しみまして(含み笑い)、家ん中も、揉、揉めたので。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
・・で、そこからなんとか・・あ、で、その時に・・一旦実家に帰ったりもしたんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その心身ともに、すごい疲労しながらも(含み笑い)、なんとか?、あのお、ずっと、家族としてやって来たんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、あの、子ども達も、受験を、終えまして。
あの、今、大学生と、あの、社会人としてやっているという感じで・・

ドリアン助川:
うんふんふんふん、はい

相談者:
で、はい
で、あのお・・そういうことがあって、あの、離婚とかいう話にはならなかったんですけれども、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
夫は・・夫とちゃんと話し合おうとすると、あのお・・そういうこと嫌がるんですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、正面から向き合うことを、嫌がりまして、
・・あの、何かこう・・「話し合うっていうことは、問い詰められてるような気がする」と、い、いう、いう感じで・・なんか・・

ドリアン助川:
はい、はい
それはその女性トラブルのことについて話をしようとされてんですか?

相談者:
家族のこととか、これからのこととかも含めてです。

ドリアン助川:
あ、あらゆること?

相談者:
はい。あらゆることというか、まあ・・

ドリアン助川:
え、あらゆることを、つまり話し合いたいと。

相談者:
・・そうですね、ま・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
はい
普通の連絡相談とかそういうことは出来てますので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
これから家族としてどうするのか・・な?みたいな、そんな感じですね。

ドリアン助川:
はい、はい、はい
で、ま、例えばですね?、旦那さん何時頃帰ってくんですか?

相談者:
トラブルがあってからは、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、比較的早く帰って来て、くれて、で・・

ドリアン助川:
7時とか?

相談者:
あ・・そうですね。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
それで、あの(含み笑い)、ただ、帰って来てはくれるんですけど要するに自分であの、反省して謹慎してくように、自分で、申しておりまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、早く帰って来てはくれるんですけれども、
あの、楽しそうではなくて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、ちょっと暗くてえ(苦笑)・・

ドリアン助川:
はい、で、しょ、夕、夕飯はどこで・・摂るられてんですか?

相談者:
夕飯は家です。

ドリアン助川:
あ、一緒に食べるんですか?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
で、その、ま、夕飯ん、一緒に、ま、向かい合ってですかね?
テーブル・・

相談者:
・・ま、直角になってますけど(含み笑い)。

ドリアン助川:
直角にな、なって?

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
はあ、へえ、はい、え、直角になって食べる時に・・ま、あなたが、話しかけるわけですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー・・ま、ご長男の話題でもなんでも結構ですけども、

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
話しかけると。

相談者:
はい

ドリアン助川:
すと旦那さんは・・その受け答えを、きちんとしてくれないんですか?

相談者:
・・あ、そういう、あの、話は・・してくれます。

ドリアン助川:
それ、うん

相談者:
あ、口数の多い方ではありませんけれども。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい。あの・・してくれます。

ドリアン助川:
はい
で、口をつぐんでしまうのはどういう話題の時ですか?

相談者:
例えば夫が、終始、あのお、なんていうかな?明るく、家で楽しそうにもしてくれらたら、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、わたしもそういう話題は出さないんですけれども、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、そんな感じじゃなくて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
暴言を、結構、暴言を言ったりとか、

ドリアン助川:
あーはいはい

相談者:
あの(ため息混じり)そういうことが、すごく多くて、

ドリアン助川:
はい。暴言というのは、どの程度の暴言なんでしょう?

相談者:
えっと、わたしを女性として・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
認めないっていうか、貶(おとし)めるような、そういう発言が、多かったです。

ドリアン助川:
うーん
ま、この7年間もすれ違いっていうよりは、もう、むしろその、なんかこう、妻を、妻として見てないというような・・

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
あーはい

相談者:
あの、まさにそんな感じで、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あのお、例えばね?
「お前は50代としてはマシな方だけど」ね・・「20代と比べたらどうかな?」とかあ(苦笑)。

ドリアン助川:
でも「50代としてはマシな方だ」とも言うんですね?

相談者:
・・そうですね。

ドリアン助川:
はい、ふうーん
あのお・・

相談者:
なんかおかしいですけど(苦笑)

ドリアン助川:
ええ、で、え、まあ・・常に不機嫌な旦那で?

相談者:
はい、そうです。

ドリアン助川:
だけど、毎晩早く帰って来ると。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい
えー、そこがちょっとだから信じられないんですけどね。

相談者:
わたしはだから・・え、そうすると本人は「もう決めたことだから」と言って、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
一旦そういう風にするって、もう決めたんだっていうことで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、わたしは、あの、なんていうの?、もしもそういう風に、悪かったと思ってくれるんだったら・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの・・優しく楽しそうにして欲しいって、お互いに話し合えるような感じの・・

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
て、言ってたんですけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんか(苦笑)、「自分は不器用だからそういうことは出来ない」ってひたすらもう早く帰って来る・・で、そこに座っ・・

ドリアン助川:
ひたすら、早く帰って来る・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
結局その、早く帰って来て・・何をしてるんですか?旦那さん。不機嫌なの?

相談者:
早く帰って来て、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
食事は、わたしの食事は美味しいというんで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんか、食事を、摂って、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、ビールを飲んだりとかお酒を飲んだりとか・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
晩酌しますよね?

ドリアン助川:
ええ

相談者:
そういうのは・・とても楽しいというか、くつろげるそうなので、すけども(苦笑)そのあとは・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんか、黙って、また、お酒を飲んだり・・なんか、テレビを見たり、本、本をよく読んでました。

ドリアン助川:
うーん・・そうなんですか。

相談者:
(苦笑)

ドリアン助川:
で、えー

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、どうされたいんですか?

相談者:
・・や、あのお・・それで、わたしも・・ずっ、と、我慢して来、て、だから、い、努力をすごく自分ではしたつもりで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、一緒に、こ、話し合おうと思って、向かい合おうと・・で、ずうっと、あの、パートとかにも行って、
あの、色々頑張、って来たんですけども。
疲れてしまって。えっと、半年ほど前に、また実家にちょっと戻ったんです、少し。

ドリアン助川:
ええ、はい

相談者:
あの、一週間ほど。

ドリアン助川:
はい

相談者:
でえ・・わたしがその時、あのお、ちょっと、勝手に帰るのなんですので、あの、会社に電話して・・あのお、ちょっと、ちょっと「実家にこの状態だと耐えられないんで少し戻ります」って、電話しましたら、

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんかこう(ため息混じり)電話口で「チッ」と舌打ちが聞こえまして。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、あのお・・「じゃ、駅まで送ってくから」って言って。急いで会社を引けて、わたしを、駅まで送りに来まして。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、そして・・あの、そこで?、あの、そのあとわたしの・・実家の方に電話あ、をしまして。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「今から」あの「妻が、そちらに帰りますのでよろしくお願いします」と(含み笑い)・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
いう風な電話を・・したんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、わたしも、そのあと実家に帰りまして、ま、「こんな感じだ」と、ま、話しまして。
でも実家もやはりもう、あの他の家族も住んでおりますので・・ま、長くはいられませんから今度、県外の娘の?・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、マンションというかアパートというか、そこに・・あの、ひと月ほどおりました。

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
で、そのうち、ひと月ほどしたら「都合が悪いからまた帰って来てくれ」と・・いうことで。
「一週間に、一遍でもいいし、そんなんでもいいから帰って来てくれ」(含み笑い)と・・言われまして。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そこで多少、ま、話し合って、で「わたし、もしあれだったら、娘の方にいて、仕事とかして暮らしましょうか?」と・・あの提案もしたんですけれども、

ドリアン助川:
もしもし?・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、それ、いくらでも出て来ると思うんですけどね?

相談者:
はい(苦笑)

ドリアン助川:
あの「旦那がこうだ」っていうのは。

相談者:
ええ、ええ

ドリアン助川:
結局、どうされたいんですか?、離婚をしたい、したいんですか?それとも・・二人で・・これからまだ・・なんとか仲が復活するというか、そういうことを目指してるんですかね?

相談者:
いや、なんていうか・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
わたしもすごく、その、半年前まで疲れてたんですけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その後・・も、これは、この人はこういう人なんだなと思って・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
わたしが悪いからこう、いう、というわけでもないんだなというふうに、なんとなく思っ・・理解、したと思いまして、

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
そっからわたしも元気は出て来たんです、なんかこう。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で・・元気が出て来、たので(含み笑い)・・で、でも・・なんていうの?、たまにその、すごくブチ切れたりとか・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
やっぱそういうことが・・あ、ったりとかするので、

ドリアン助川:
うん

相談者:
どうしたらいいんだろう?と(含み笑い)・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
いう感じ。

ドリアン助川:
だ、わたしはどうしたらいいでしょう?と。

相談者:
あ、わたしはどうしたらいいでしょうというか・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
こんなことって普通にあるん、あるのかな?という感じです。

ドリアン助川:
んー。なんか結構あるような気もしますけどね。
これ・・

相談者:
あ、所謂仮面夫婦というアレですか?

ドリアン助川:
いやいやいやいや、もうだって元々他人ですから。

相談者:
・・ええ

ドリアン助川:
これ一緒に生きてくっていうのは。しかもあの、子どもが独立してしまったあととか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
もう中々大変なことだと思うんですよ、みなさん。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
ま、でもね?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
えー、では何か、その、少し雰囲気が良くなる・・うー、ヒントなり・・えー、糸口なりがあるかどうか?・・人生の先輩に相談してみましょうか?

相談者:
・・(息を吸って)はい

ドリアン助川:
今日の回答者・・紹介いたします。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、弁護士の大迫恵美子先生です。よろしくお願いします。

相談者:
はい、お願いします。

(回答者に交代)


「二人に戻った夫婦。何がってワケでもなく浮気歴有りいの夫の冷めた様子を延々」への20件のフィードバック

  1. やはり、だれも反応しない
    つまり、そういう内容
    かぎりなくつまらない生活
    どうして自分がつまらないのか?
    そこに勇気をださなければ好転はすまい

  2. もう旦那の事はATMだと割り切って
    好きな事して楽しく暮らして下さい。
    離婚すると損だから卒婚。
    わずかばかりの慰謝料と財産分与
    するより卒婚して養われる同居人のが
    得だから。

  3. 大原先生なら
    あなたご主人大好きなんでしょ?!って言うだろうな。
    それを認めない相談者と
    バトルになるパターン。

  4. 夢みがち少女のお悩みかな。ウルベさんの正しい使いみちはこういう相談 と言うか、とにかく聞いてよ ひどいんだから~って愚痴なのではないかな。
    確かに大原さんなら大好き言いそう。
    三石さんならのろけって言いそう。
    私はこういう高校生みたいなおばさん大好き 天真爛漫なおばさん

  5. まず、旦那の浮気を「女性関係のトラブル」と表現するのが不自然。まるで旦那が悪い女に引っかかったかのように思いたいのか。
    KBC『〜でした』でも異口同音に言われていたが、この相談者さんは精神的に幼い上に、旦那のことが大好きなんだろうな。
    悪口を言ってるようで何だか嬉しそうなのは、やはりノロケ。
    妻の作る美味いメシを食いたくて、早く帰宅する旦那。楽しい雰囲気作りを要求するより、相談者がその横顔を見つめてニコニコして話しかけてあげれば?浮気を責める気なんて、もうとっくにないでしょ?

  6. まあ、容姿と条件のそこそこ良い男が、容姿の良い明るくてかわいい女と結婚したら、中身はただちやほやされてきただけのわがままで自分のことしか考えられないつまらない女だった、すると職場で働いてる他の女の方が魅力的に見えて、手を出してみたら自分のことを妻よりもよく理解してくれるし労ったり敬ったりしてくれるしってハマりすぎてバレちゃった。自分がなんでこんな目にあわなきゃいけないんだ!としか考えられない妻に責め立てられ、浮気相手も本気ではないから離れて行って、疲れて面倒くさくなって離婚もできずこのまま続けることを決めた。しかし、女からのウケはいいので、ちょいちょい遊びつつ、妻の相手も適当にしつつ年齢を揶揄して優越感に浸り、バランスとって適当に生きてる夫。それを明確に理解できないがなんとなく感じるから、なんかムカつく!なんで私だけを見て、女としてちやほやしないわけ!?って収まらない妻。

    この妻にだれか浮気相手でもできたら落ち着くんじゃないか、とも思うけど、相当迂闊な男じゃないと、このかわいいだけのわがまま中年女に手は出さないであろう…。話してると年相応の思慮の無さに頭痛がしてきそう…。

    まあ、こんな想像をした。若いイケメンと、かわいい女の子同士が能天気な結婚した後のパターンとして。

  7. 友人として話してるだけでもイライラしそうな相談者
    思考の薄さしか伝わってこない
    良いご夫婦なんじゃないの
    大迫先生はもったいない
    新しい回答者の練習台くらいで良いじゃないの

  8. 旦那にしがみついてるだけでしょ。かまってちゃん女房に勘違い旦那こんな糞みたいな相談聞いててイライラした。職場不倫で今なお同じ職場って気持ち悪すぎる。こんな相談されても困るわ、自分で決める事じゃないの?

  9. 大迫センセーを無駄遣いしすぎだってぱ!
    個人的には三石パンチを期待したかったなぁ。

  10. 女という事だけを武器にそのままイケると思ったら大好きな旦那がまさかの浮気!
    苦しかった7年は自分の老いと向き合わざるを得なかった大切な時間だったのにどうも有効に使えなかったみたいね。
    大迫先生の「自分で決めるしかないんじゃないですか」は通じただろうか。

  11. 私も基本的に皆さんと同意見ですが、この奥さんは単にラジオメディアを活用して愚痴を聞いて欲しいだけだったと思いますね。
    旦那さんの浮気に終始文句を言っていましたが、ドリアンさんと大迫先生に説得をされて終盤はかなり落ち着かれていましたね。
    この奥さんがもう少し大人の精神性の持ち主ならば、浮気の原因は私に有ったのかもと言うだけの心理的余裕が有った筈。
    この点が、この奥さんの弱点だったのかなと思いました。
    とにもかくにも、救いはこの奥さんの明朗快活で素直な性格ですのね。
    大丈夫です、この奥さんなら離婚を回避出来ますよ。旦那さんもそんなに悪い人では無いですから、大丈夫です。

  12. 家帰っても、身の回りやテレビの話しか出来ない、しかも構って女じゃ、夫は嫌になりますって。
    3人を扶養して、子供を自宅外から大学に行かせるだけの経済力がある男だったら、こんな女性はもの足りないに決まってますよ。
    大迫先生が、この夫には女性がいるって思ったのは、相談者の話ぶりからでしょ。
    あぁ、これじゃ浮気されても仕方ないなって。

  13. 嫌だとか仕方ないとか、よく言えますねぇ。
    普通に考えたら遊んで浮気する方が悪いと思いますがね。子どももいるのに。相談者の人格の問題ではないでしょう。ほんとここのコメする方々は相談者叩き大好きですねー。

  14. 叩かれる覚悟がなければ、相談もできない世の中なんですよ。
    安易にメディアへ相談なんかしちゃダメ。
    それでも相談せずにはいられない切迫した人の相談には、叩く側も覚悟がいると思います。

  15. 切迫した相談を叩く事ははばかられますね。
    今回の相談は普通の主婦の付き合いの中でもありがちで
    相談される方も最初は聞き役に徹していても
    これが繰り返されると口には出さなくても心では思っちゃいますし
    本人がいないとこでは言われてます。
    それがわかっていながら愚痴言って後悔することもおおいです。
    友人に話すよりは知り合いでもなく専門家に回答いただけるのは
    ありがたい。と思う人が多いでしょうね。
    経済的に困ってなく 健康な人の愚痴は世間ではこんな受け取られ方だと思います

  16. この夫、家族のために労力も時間も、能力も捧げてるじゃないですか。偉いですよ。
    でも、浮気をバレるようにして、尚且つ妻にひけらかすようなところがゲスで、格が低いです。
    そういう意味でお似合い、同レベルの釣り合った夫婦では?

  17. 本当に悩んでるんですか?って感じですね。
    大迫先生のアドバイスを最後まできちんと聞ける大人の女性であれば家庭の不協和音ももう少しうまく収められたんじゃないかなあ。話しを遮って自分のことばかり話す相談者に嫌悪感です。

  18. 自意識過剰の浮気夫最低!
    奥さん、旦那さんとは離婚しないで、
    だってお金大事ですもの。今さ離婚したって大変です。旦那さんなんかほっといて、奥さんもご友人らと、どんどん海外旅行とかカルチャーセンターで好きな趣味を見つけて、ご自分の人生を楽しんでくださいませ。そのうち、旦那さんも浮気相手の女に飽きられ棄てられたら、そばにいる明るくイキイキされている奥さんの良さに気づいて奥さんを大事に思ってくれるのではないでしょうか?後妻業ポイ変な女に旦那さんを取られないように、気をつけて❗

コメントはお気軽にどうぞ