演目:友だちからかってモンスター母さんに恨まれたうちの子


テレフォン人生相談 2019年10月5日 土曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰・作家・翻訳家)

相談者: 関西なまりの男50歳 妻50歳 長男18 次男15 三男11

今井通子:
もしもし?テレフォン人生相談でえす

相談者:
あ、よろしくおねがいします

今井通子:
はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えーと、子どもと、

今井通子:
はい

相談者:
子どもの同級生との親とのトラブルう、なんですけれども

今井通子:
ああ、はい
えーと、あなたはおいくつですか?

相談者:
えっと50歳です

今井通子:
50歳

相談者:
はい

今井通子:
奥様は?

相談者:
えーと、50歳・・

今井通子:
50歳

相談者:
はい

今井通子:
お子さんは一人?

相談者:
えーと3人で

今井通子:
はい

相談者:
えーと、18歳男

今井通子:
はい

相談者:
えー、15歳男

今井通子:
はい

相談者:
11歳男

今井通子:
はい

相談者:
の、その、三男のことなんですけれども

今井通子:
ああ、なるほど
分かりました
そうすると、11歳の坊っちゃんが

相談者:
はい

今井通子:
えー、坊っちゃんと・・ちょっと待って、坊っちゃんの同級生とって言うより、同級生のご両親の話?

相談者:
えーとね、母親なんです

今井通子:
・・うん
じゃ、ま、とりあえず、そのお、坊っちゃんの

相談者:
はい

今井通子:
同級生・・これはあの、仲いい同級生なんですか?それとも、

相談者:
えーと、以前はすごく仲良くさしていただいてたんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
そこの母親が、

今井通子:
はい

相談者:
ま、同級生で溜まってまして、

今井通子:
はい

相談者:
その、友だちのお、ことを、すごい、あの・・叱責というか・・ものすごい勢いで怒ったんで

今井通子:
はい

相談者:
気に入らないことがあったんで

今井通子:
・・

相談者:
で、

今井通子:
それ何?、親子ケンカってこと?

相談者:
あ、違います違います、あの、別の、よその子ですわ。

今井通子:
あ、また・・また別のお、坊っちゃんね?

相談者:
はい

今井通子:
坊っちゃん・・

相談者:
で、あの、ま、自分の友だちがあんなんされてるからっちゅうんで、

今井通子:
はい

相談者:
離れて、言ってたんです。
で、今はもう、全く遊ばない状態だったんです。

今井通子:
要するに

相談者:
はい

今井通子:
あなたのお子さんと

相談者:
はい

今井通子:
それからそのお、ま、親友までいかなくても、友だちがいますよね?

相談者:
はい

今井通子:
その友だちとは別にも、お友達がいるの?

相談者:
あ、そうなん・・あのお、要は

今井通子:
うん

相談者:
K君

今井通子:
うん

相談者:
としましょう。

今井通子:
はい

相談者:
そこの母親が・・

今井通子:
うん

相談者:
むちゃくちゃするんです

今井通子:
K君の母親が

相談者:
はい

今井通子:
あなたの坊っちゃんにではなく、また別の男の子?

相談者:
にもやってたんですね。

今井通子:
うん

相談者:
以前

今井通子:
で、K君にも・・

相談者:
K君にはどうか分からないです

今井通子:
あ、あ、分かんないの?

相談者:
はい

今井通子:
そうじゃなくて、あなたの坊っちゃんにも何か、叱責したりするの?

相談者:
それが、えーと、この間・・あ、叱責はなかったんですけど、その頃は気に入られてたんで

今井通子:
うん

相談者:
だけど、やっぱ、友だちがそんなんなったってなったら

今井通子:
うん

相談者:
やっぱり、その、フェードアウトしようかっていうふうに

今井通子:
ああ、それは、坊っちゃんがね?

相談者:
はい

今井通子:
うん

相談者:
で、もう今はもう全然、あのお、なんていうんですか

今井通子:
お付き合いしてないっていうか

相談者:
お付き合い、なかった

今井通子:
なかった、うん

相談者:
それが、

今井通子:
うん

相談者:
えーっとお・・3ヶ月ぐらい前に

今井通子:
はい

相談者:
学校で、

今井通子:
はい

相談者:
そのK君のことを

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、身体的特徴で、からかっ・・たらしいんですね。

今井通子:
誰が?

相談者:
うちの子が。

今井通子:
ああ、はあ、はあ、はあ、はあ

相談者:
ただ、そのときにい、ま、A君、B君、と、うちの子がおって

今井通子:
はい

相談者:
A君がとりあえずからかいだして

今井通子:
え、はい

相談者:
(苦笑)それに乗っかってうちの子がからかって、

今井通子:
はい

相談者:
で、あのお、B君もからかっちゃったんですね

今井通子:
はい

相談者:
で、逃げて

今井通子:
(苦笑)はい

相談者:
終わってたみたいで

今井通子:
はい

相談者:
それで、そのお、学校終わって、

今井通子:
ふうん

相談者:
えーと、近所のグラウンドで、うちの息子と、

今井通子:
はい

相談者:
B君とが、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、遊んでたんですね。

今井通子:
はい

相談者:
そしたら、それを見つけたK君の母が

今井通子:
うん

相談者:
があーって来て
胸ぐら掴んで

今井通子:
うん

相談者:
ブンブン振り回されて
それはうちの息子なんですけど

今井通子:
はい

相談者:
ブ・・振り回されて、コンクリートの壁で頭打ったりとかで

今井通子:
はい

相談者:
で、うちの子と・・あ、あと、もう一個はあの・・えーと、右手で、手のひら・・あの、ほっぺた押さえられて

今井通子:
はい

相談者:
左手えで、グーで2発殴られた(苦笑)らしいんですよ。
ほっぺたを。

今井通子:
はい

相談者:
んで・・ま、それは後で聞いた話なんですけれども

今井通子:
はい

相談者:
そのお、うちの子と、えーと、一緒に遊んでたB君が、

今井通子:
はい

相談者:
ぎゃあぎゃあ泣いてたんで

今井通子:
はい

相談者:
たまたま、そこにあのお、同級生のお母さんがいてはったんです。

今井通子:
ああ、はい

相談者:
で、そのお母さんが、「どうしたんですか?」つって中へ入って止めようとしてくれはったんです。

今井通子:
うん

相談者:
ほんだら、「あんた誰?」って言われて

今井通子:
はい

相談者:
「いや、あの、同級生の母なんですけど」って言ったら
「関係ないやろ」「向こう行って」

今井通子:
はい

相談者:
言われて、もう、ビビってしまはって

今井通子:
はい

相談者:
でえ、その場を離れはったんですね

今井通子:
はい

相談者:
で、その同級生のお母さんっていうのは、うちの、電話番号とかは分かんな、い、ので

今井通子:
はい

相談者:
共通の友人を通して

今井通子:
はい

相談者:
うちに連絡が入ってきたんです

今井通子:
はい

相談者:
で、「今、こんなんこんなんで、Kの母にむちゃむちゃやられてる」と

今井通子:
はい

相談者:
でえ、「ちょっと助けに行ったって」って

三石由起子:
(咳)

今井通子:
はい

相談者:
で、「あ、そうか」言うて、「ありがとう!」つって、電話切って、出かける準備・・してたら、

今井通子:
はい

相談者:
また電話かかってきて、「えらいこっちゃ」って。

今井通子:
はい

相談者:
「家連れ込まれよった」って

今井通子:
はい

相談者:
え、あ、も、そのお、お母さんがずっと後、つけてくれてはったみたいで

今井通子:
ああ、はい

相談者:
で、連絡してもらって

今井通子:
はい

相談者:
い、「家連れ込まれた」って言われて

今井通子:
はい

相談者:
ほんで、うわあって、家知らんけど、どうたしよう?っていうんなっ・・たんですけど

今井通子:
はい

相談者:
ま、そのお、探しながら?

今井通子:
ええ

相談者:
行って
あの、ドアの前まで行ったんですね

今井通子:
はい

相談者:
ほな、もう、中から、すっごい・・怒声というか罵声というか、

今井通子:
うん

相談者:
「おまえら、こらあ!」とかいう

今井通子:
はい

相談者:
のが聞こえてまして

今井通子:
はい

相談者:
で、さあ、ピンポン押そうかなと思って・・指伸ばしかけたときに、ドアがバアッーンって開いて

今井通子:
はい(たぶん笑い顔)

相談者:
ふんでえ、うわあぁーって言うてるんです

今井通子:
ええ

相談者:
ほんで、わたしと目があって

今井通子:
ええ

相談者:
「アンタ誰?」って言われたもんで

今井通子:
はい

相談者:
「いやあのお」・・「今のそのお」三男の「父親なんです」っ・・て言ったら

今井通子:
はい

相談者:
「ああ・・」
って言われて

今井通子:
ええ

相談者:
「あのお、すいません、何をしてたん、でしょうか?」って言って訊いたら

今井通子:
ええ

相談者:
要はその、K君の、

今井通子:
はい

相談者:
身体的特徴をつかまえて、

今井通子:
はい

相談者:
からかわれて

今井通子:
はい

相談者:
泣いて帰ってきたと。

今井通子:
ええ

相談者:
「何考えとんねん」みたいな・・感じで言われて

今井通子:
はい

相談者:
ん、もお、「もうしわけございません」言うて謝って

今井通子:
ええ

相談者:
(つばを飲み込み)
ほんで、あ、これだけやったらあかんなと思って、K君本人も、「もしあのお、降りて・・あの・・出てきてもらえるなら、ちょっと、一言お、謝ろうと思いまして」っ・・ていうのを言うて、

今井通子:
うん

相談者:
で、ま、K君も降り、あのお、出てきてくれて

今井通子:
はい

相談者:
「あ、ごめんなさいね」って言って
謝罪したんです

今井通子:
はい

相談者:
ほんで、もうええっていうことになって

今井通子:
はい

相談者:
三男と、友だちのB君と

今井通子:
ええ

相談者:
さあ、自転車取りに、そのグランドへ行こうと思ったら

今井通子:
はい

三石由起子:
(咳)

相談者:
なぜかその(苦笑)、お母さんがきはって

今井通子:
うん

相談者:
で、その道々で、「わたしは暴力ふるってないですからね」とかね。

今井通子:
うん

相談者:
そういうこと言うてたんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
ふんでえ、なんか、「この子らに裏切られたのが悔しかった」とかね・・なんか、んん、よお分からんこと言わはるんです。

今井通子:
はい

相談者:
ふんでまあ、ええわと思って、
「あ、すいません、すいません」言うて謝りながら、あのお、そのグランドの前で別れたんです

今井通子:
はい

相談者:
で、その、別れたときに(鼻すする)、ま、子どもたちに「どうやったん?」って言うて、事情を訊いてみたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
まだやっぱりそのお・・
恐怖かなんかで・・
もう泣きじゃくってて

今井通子:
ええ

相談者:
でええ、ま、家帰ってきて、ほんで、ま、子どもに話訊いてみたら、

今井通子:
ええ

相談者:
ま、さっきのあのお、ほっぺた押さえられてとかいう話やったんです

今井通子:
うん、はい

相談者:
で、学校へ、電話、しました。

今井通子:
はい

相談者:
そしたら、担任の先生が、

今井通子:
はい

相談者:
「K君の担任も連れて」

今井通子:
はい

相談者:
「夕方ちょっと家行きます」言うて

今井通子:
はい

相談者:
で、ま、来はりました

今井通子:
はい

相談者:
で、そんときにい、あのお、こうこうこうだったんです、っていうのは、担任の先生と、K君のお、あのお、担任の先生には伝えました。

今井通子:
はい

相談者:
で、次の日、K君の母親が、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、もう一人いてた、A君はなんも、謝罪もなんもしてないから、

今井通子:
ええ

相談者:
A君めがけて・・乱入してきてたんです。

今井通子:
ああ、はい

相談者:
ふんで、まあ、あのお、話によると、その先生も、その止めに入った、最初に止めに入った先生も、

今井通子:
はい

相談者:
なんか、振り払われてっていうか、もお、ん、叩かれてみたいな

今井通子:
はい

相談者:
感じになってて、女の子とか泣いてる子もおるし

今井通子:
はい

相談者:
大ごとになったんです

今井通子:
はい

相談者:
で、ま、先生、5人かなんかで連れて・・行って・・その日の授業みんな潰れたらしいんですけど

今井通子:
はい

相談者:
でえー・・あのお、ま、その日の夕方ですわね、あの、「今日、こんなこともあってんけど、どう・・なってるんですか?」みたいな感じで電話したんですけど

今井通子:
はい

相談者:
学校はなんとも言うてくれへんし

今井通子:
ええ

相談者:
(息吸って)もうしゃあないから、教育委員会訊いたろうかと思って

今井通子:
ええ

相談者:
教育委員会に電話したんです

今井通子:
はい

相談者:
ふんだら、「あ、そんなことあったんですかあ」みたいな話で

今井通子:
ええ

相談者:
で、まずあのお、調べて?

今井通子:
ええ

相談者:
あのお、わたしんとこへ、回答が来るっていう話やったんです

今井通子:
はい

相談者:
で、ま、教育委員会、からも、あん、その事実は聞きましたっていう話を、次の日、電話かかってきたんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、えー、それからあ、はあ、月日が過ぎて、平和な日々が・・続いてたんですけれども

今井通子:
はい

相談者:
先週ですね

今井通子:
はい

相談者:
あの、うちの子が廊下歩いてたんです

今井通子:
はい

相談者:
ほんなら、そのK君が、

今井通子:
はい

相談者:
出したほうきを、引っ掛けちゃったらしいんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
で、あのお、「何やってんねん?」みたいになって、掴まれて

今井通子:
はい

相談者:
なあん、度か、殴ろうとしてたんですけど、うちの子が、こう、よけてよけて、してて、最終、横っ腹かなんか、殴られたんか、蹴られたんか分からんけど、え、なんか、叩かれたみたいな・・

今井通子:
うん

相談者:
ふんで、ま、それえ・・そういうことがあって

今井通子:
はい

相談者:
ま、その日は終わったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
でえ、次の日、担任の先生が、

今井通子:
はい

相談者:
K君のお母さんは

今井通子:
はい

相談者:
うちの息子?
「大丈夫かなあ?」って言ってはりましたって

今井通子:
はい

相談者:
で、詫びの一言もないんかい?みたいに思ってたんですよ

今井通子:
ええ

相談者:
そしたら、ま、「こんな電話あってえん」って、三男に訊いたんです。

今井通子:
ええ

相談者:
ほんなら、三男が、「お父さん、絶対学校に言わんといてくれる」って言うから

今井通子:
うん

相談者:
「どうしたん?」って言ったら
「いや、K君・・のその共通の友だち」?

今井通子:
ええ

相談者:
「から聞いた話やねんけど」って。

今井通子:
はい

相談者:
「Kのオカンが」、

今井通子:
うん

相談者:
あのお、うちのお、三男を、(「ボクを」)

今井通子:
はい

相談者:
「ボッコボッコにしたら」、

今井通子:
ええ

相談者:
「『2万円やる』って言ってたって」。
「って言うのを聞いた」って言って

今井通子:
ええ

相談者:
で、も、こうなったら、どうしたらいいのか?と思いまして

今井通子:
ああ、はあ、はあ、はあ
なるほど

相談者:
はあい・・

今井通子:
今日のご質問はこれですね?

相談者:
そおなんです

今井通子:
なるほど
今日はですね

相談者:
はい

今井通子:
えー、三石メソード主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくおねがいいたします

(回答者に交代)


「演目:友だちからかってモンスター母さんに恨まれたうちの子」への7件のフィードバック

  1. 警察に相談すべきなのは明白だと思いますが、三石さんがまず父親を褒めたのが意外。いきさつを説明する様が無駄に微に入り細に入り。
    モンスター母の家に連れて行かれた時点で通報する手もあった。母親としての怒りは解るが、やり方が異常。
    三石さん、怪我はしてないんだからとか言うけど、頬を拳骨で殴られ、コンクリート塀で頭を打った?立派な暴行罪ですから。目撃者もいるし。
    Kくんも、ホウキ事件で暴力振るうあたり、弱っちいばかりではなさそう。
    こちらの非は認めつつも、暴力に関しては強気に出たらいかがか。子ども相手にボコボコにしたら二万円、ってマトモじゃない。

  2. 君子危うきに近寄らず。
    間接護身、という言葉もあるらしい。

    とにかく、友達づきあいは慎重にする。
    余計なことは言わない。
    自慢もしない。
    ましてや、悪ふざけでからかわない。
    それができれば、自分の身は守れるのだけど、男の子には難しいかあ。
    でも、今回のことで、三男は学べたんじゃないかな、と思いました。

    ところで、三男本人はK君に謝ったのかな?親が代わりに謝る人いるけど、それは最悪。
    相手が根に持ちやすいです。
    本人に謝らせないと、本人も他人事みたいにすり替えてしまうし。相談の中で、そこをはっきりしてほしかったな、と思いました。

  3. 近所の奥さんの井戸端会議的な話にしか聞こえない。
    民度の低いとこに住んでると大変だね。

  4. 大変だな〰️と思って読みました。
    問題の本質を見極めないと、中学生になったら大変なことになるでしょう。
    基本的に「やられたらやり返せ」という地域なのですかね。
    まだ、親のほうが体力がある年齢だけど、2年もしたら腕力では押さえられない。
    三石先生、お父さんにはっきり伝えて欲しかったな。きっかけは、言葉の暴力だったこと。

  5. 三石先生のお褒めの言葉は皮肉じゃないかな。ごちゃごちゃごちゃごちゃ細かい説明、頭悪そう。
    自分の息子のやった失礼も友達に乗っかって、って悪いには変わりないのに言い訳して。
    周りはどうでもいいからKくんの所に息子と誠心誠意お詫びに行けばよかったんじゃないの。お詫びとこの母親の異常性は切り離して考えないと。

    警察の人もこの長話聞かされるのかと思うと仕事とは言え気の毒だわ。

  6. 子供は嘘をつく
    我が子でも
    我が子こそ
    嘘をつく
    んなことよりも
    神経質な相談者
    すげー値切りそう
    この喋り方こそ
    クレーマーのそれ

匿子 にコメントする コメントをキャンセル