一方的な養育費停止通告。笑えるくらい強気に前面に出る元夫の子持ちの彼女


テレフォン人生相談 2019年10月11日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女36歳 1年半前に離婚 長男6歳 次男5歳

今日の一言: 自分が折れることで解決した場合は問題を先延ばししただけです。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いしまあす。

加藤諦三:
はい。最初に年齢教えてください。

相談者:
36歳です。

加藤諦三:
36歳、結婚しています。

相談者:
離婚しています。

加藤諦三:
えーと、離婚してからどのぐらいですかあ?

相談者:
と、1年半ぐらいです。

加藤諦三:
1年半ぐらい、で、そうすっと今お一人で暮らしてんの?

相談者:
あ、いえ、あの、息子が二人います。

加藤諦三:
息子二人、何歳ですか?

相談者:
6歳と5歳です。

加藤諦三:
はい、分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
1年半、ぐらい前に離婚したんですが・・

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと、元・・夫から、

加藤諦三:
はい

相談者:
息子二人の、養育費は支払うということで、

加藤諦三:
はい

相談者:
支払いを、してくれてたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
半年い、ぐらい前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの・・それが、ストップしまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
その理由が、

加藤諦三:
はい

相談者:
電話が・・かかって来て、

加藤諦三:
はい

相談者:
「今彼女が出来て」・・

加藤諦三:
うん

相談者:
彼女に、連れ子が、二人・・いる、ということで、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、「養っていかないといけないから」・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あのこちらの「養育費は」・・「支払えない」ということで、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、支払い、されてないんですけど、

加藤諦三:
んうん、うん

相談者:
うん、こちらとしては・・一応、あの・・父親として?

加藤諦三:
ええ

相談者:
支払ってほしい、ところなんですが、

加藤諦三:
それはそうですよね。

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
「支払って」・・「ほしいところ」って、支払わなきゃいけないものですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
うん、はい

相談者:
ですが、あちら的には、

加藤諦三:
うん

相談者:
「自分たちの生活もあるから」ということで、

加藤諦三:
ええ

相談者:
も「支払いは、出来ない」って言われて・・そうですね、女性の方も・・「養育費は」・・「支払う義務は、ない」みたいな・・こと、言われて・・
なんか「一応知識が、あるんだよ」とか言われて・・

加藤諦三:
うん

相談者:
それで、電話が終わっちゃって・・

加藤諦三:
はいはい

相談者:
今、も、まったく音沙汰がないんですけど・・

加藤諦三:
こっちからは連絡は出来ないの?

相談者:
うん、その電話だけで、もう、それ以降は・・

加藤諦三:
う、そうすっと、その、電話番号は相手の電話番号は分かんないわけね?

相談者:
あ・・分かります、分かりますが、

加藤諦三:
はい

相談者:
相手の、電話に・・掛け直そうとすると・・拒否されるんですよね。

加藤諦三:
あー、なるほどね、はい、はい

相談者:
あの・・はい・・はい

加藤諦三:
こちらからあ、その、電話以外にメールとかなんか、連絡方法はそうすっとないわけですね?今。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、それで、その、彼女が出来て連れ子が二人いるということで・・あの、まだ結婚はしていないんで、すね?

相談者:
結婚は、してないみたいですね。

加藤諦三:
ということはあ・・昔の元の夫にね?

相談者:
はい

加藤諦三:
今・・二人子どもがいる人と結婚して、この人を養わ、わなければならないっていう・・法律の規定、な問題はない、とことですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで今日のあなたの・・

相談者:
はい

加藤諦三:
相談っていうのは、

相談者:
はい、この養育費を・・

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、請求出来るかどうかなんですけど。
わたしとしては払って欲しいので、あの・・

加藤諦三:
はい、当たり前ですよね。

相談者:
そうですね、「今まで」で・・「払ってたものよりも」、あの「減額してでもいいから」・・一応「義務として払って欲しい」と言ったんですが、

加藤諦三:
ええ

相談者:
相手の女性が、「そこまで支払う、義務は」・・あの、「ないんだよ」ということで、今、法律・・自分は・・

加藤諦三:
さっこん、さっきなんか言って&#△

相談者:
そうですね、「自分は法律分かってるから」みたいな、ことを言われて・・
それで、あの、また、この元夫も、「養育費を請求するぐらいだったら」・・わたしの、「息子二人を」・・「引き取る」という感じで、こ、上から脅し、脅すような感じで言って来たので・・

加藤諦三:
要するに・・あなたから、このお、6歳と・・5歳の息子さんを・・

相談者:
(鼻をすする)

加藤諦三:
一緒にいたいということを知っているから・・

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
「引き取るぞ」という脅しをしてるっていうことですか?

相談者:
そうですね・・はい

加藤諦三:
で、当然あなたはその・・手放すつもりはないわけね?

相談者:
はい

加藤諦三:
如何にして・・養育、費を払わせたらいいか?ということですね?

相談者:
はい・・はい、そうです。

加藤諦三:
はい、はい分かりました。
今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、お願いします。

(回答者に交代)


「一方的な養育費停止通告。笑えるくらい強気に前面に出る元夫の子持ちの彼女」への10件のフィードバック

  1. 坂井弁護士、嘲笑うかのように会話を楽しんでないで(そう聞こえる)、「どうやったら養育費を払わせられるか」という相談に早く回答をしてあげなさいよ。
    会話の過程で、もっと元夫や彼女に怒りみたいなものを示してあげたら、相談者に寄り添ってくれる善良な熱血弁護士という印象になるんだけどな〜。

  2. 大迫先生がよかったのになと思ったけど坂井先生もなかなかわかりやすく答えてくれた感じ。
    最後加藤先生も念押ししてたし。
    自己消滅型は自分だけの時はいいけど
    相談者はこれから子供を守らなきゃいけないのだからもうちょっと勉強していかないと。
    そんな訳の分からない女の言う事鵜呑みにしてどうすんだ。しっかり!

  3. 「自分が折れることで解決してきたひとは一生そのまま」
    耳が痛いです
    相談者は今は子供を守るという絶対正義がある、身勝手な元夫と図々しい彼女の言い分を叩き潰して、成功体験を積んで欲しいものです。

    1. 私も自己消滅型に当てはまります。
      そして自己拡張型の人に長年悩まされて来ました。時折、納得しないまま、自分が折れてしまったことが思い出されて苦しくなります。加藤先生の言葉がすごく胸に刺さりました。

  4. 戦え!!!
    すぐに調停へと行動すること!

    部外者の人間に怖気づいてどうすんの。
    子供を守ろうという母親の本気や気概を見せてやんなさい。

  5. 養育費払えないとかよく、言えるよ。
    明石市は養育費、回収してくれるとか。
    公正証書はちゃんと交わさなきゃだめだよ。

  6. 坂井弁護士、けっこう気分にムラあるし、それほど相談者思いじゃないよね。具体的にどう動いたら良いか、に入る前に終わっちゃう。あんまり人の立場に立てないの、伝わるよね。

    最初に加藤先生が、あなたは自己消滅型、外野の女に言われたからって鵜呑みにするな、母親としてもっとしっかり考えて動け!って言ってあげてから、坂井先生が詳しい確認と対処法を教えたらいいのに。

  7. この自己拡張型彼女はその女の元夫から養育費をもらっていないのだろうか?もらえなくなったからこのような自己拡張養育費払わない居直りクレームをしているのだろうか。
    まあ自己拡張女のことは置いといて粛々と調停手続きすることだな

  8. 相談者は離婚するときに誰にも相談しないで
    適当に二人で決めて離婚しちゃったのかな?
    ちょっとでも誰かに離婚の話すれば
    離婚した人やママ友の旦那が行政書士だったり公務員だったりして、どこかで助言してくれたかもしれなかったのに(´・ω・`)

  9. 管理人さんのツイートの通りに、元旦那のプロフや離婚のいきさつが気になった。それ次第では調停が通るかどうかも分からない。もっとも、仮に相談者に全く落ち度が無い場合でも気の弱さからして養育費問題も有耶無耶になりそうだが。養育費ブッチは案外簡単に出来るそうで、転職転居されてしまえばそれで有耶無耶になってしまうケースが多いそうだ。婚活パーティーに参加するバツイチ男の中には「子供がいるけど養育費支払っていないから大丈夫」とセールスポイントにしてくる者もいる。「面会権を行使されたくないし自分もそれなりに収入があるから」と養育費催促を求めないケースも。倫理的にはアレでも親世代がバーター取引に使ってくるのが現実。

コメントはお気軽にどうぞ