「孫が一番心配」別れない息子夫婦が解せずイラつく女が否定されて相づち攻撃

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
どうもこんにちは

相談者:
こんにちは

マドモアゼル愛:
はい・・お母さんは、ま、どう思ってるかともかく・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
二人が上手く行ってるかどうかも、お母さんに話さないわけじゃない?

相談者:
・・そうなんですよ。

マドモアゼル愛:
話すと、嫌なんだよ。

相談者:
・・&#△%・・

マドモアゼル愛:
それが答えなんですよ。

相談者:
ああー

マドモアゼル愛:
お母さん入れたくないんだよ、この話に。

相談者:
あー、はい。分かりました。

マドモアゼル愛:
なんでそれがでも分かんないのかな?

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
だって・・

相談者:
ふうん

マドモアゼル愛:
感じられるに決まってるじゃない?普通に、子どもの・・態度を見てたら。

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
それから・・孫は、なんか・・孫を使って・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
て言っちゃ悪いけれども。

相談者:
うん、はい

マドモアゼル愛:
その、「孫が可哀想だから」って、じゃ・・離婚させたら孫が、幸福になんの?

相談者:
うん・・

マドモアゼル愛:
なんか変な話だよね?

相談者:
・・そうですね、はい

マドモアゼル愛:
うん。ピンと来ない、のよ。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
なんであれ。
だから何か気に入らないんだなと思うの、お母さんがきっと。
ま、確かに・・

相談者:
・・うーん

マドモアゼル愛:
逃げちゃってしまってたからね?確かにね、でも・・子ども連れて逃げたわけだから・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
そんなに無責任ってわけでも・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
なかったと思うのよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それで、帰って来た時、だ・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
夫である息子さんが・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「もう2度と、お前なんかと会いたくない」、あの「無責任なことやったんだったら帰れ」って言ったわけでもないわけなんだから。
これは、ふたり・・

相談者:
そうなんですよね、はい

マドモアゼル愛:
だ、「そうなんです」って・・お母さんがそこに入る必要ないんですよ。

相談者:
あー、分かりました、はい

マドモアゼル愛:
恐らく二人は考えてんじゃないかなっていうこと・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
その世界を、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
大事にしてあげたいっていう気持ちが・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なんかどこにも感じられないんですよ。

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
それを・・お二人はもっと感じてんじゃないかなって気、気がするんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
うん
でも・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
じゃ、お祖母ちゃんの、ことを嫌ってんのか?ではないと思いますよ・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
息子さんやっぱり、家に来てくれるわけだし。

相談者:
うん、はい

マドモアゼル愛:
そういう意味では。なので・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
お母さんも、ま、今の・・二人がこれからどうなるか分かんないけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
見守るところは見守ってもらって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その、しかるべき時が来たら自分だって・・決断するだろうし・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
今は、この中で、あの、お祖母ちゃんの家、っていうことで・・

相談者:
うん、はい

マドモアゼル愛:
うんん・・息子も、きっと、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お母さん・・孫に会いたいだろうと思って、連れて来る・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、わけじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そして・・露骨に・・お嫁さんがそれを嫌がったら、やっぱりそうは出来ないはずなんですよ、そういう状況ではね?

相談者:
・・はい

マドモアゼル愛:
その、表面だってって・・お祖母ちゃんと争って、その・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
どうのこうのっていう・・ことではない・・

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
の、分かるよね、だってね?

相談者:
はい、分かります。

マドモアゼル愛:
十分・・うん・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
十分、お祖母ちゃんのことを・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
お嫁さんも、息子さんも・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
立ててあげてんじゃないかなと僕思うんですよ。

相談者:
・・ああ

マドモアゼル愛:
すでに。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それをまず汲み取ってあげることが・・

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
大事で、そいで・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ん、でも、それでももちろん心配だっていうお祖母ちゃまの・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
気持ちはよく分かります、もちろん。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なので・・「何かあったらいつでも話しておくれ」っていう、態度で・・

相談者:
あっ、うん

マドモアゼル愛:
今はいるしかないような気がすんですよ。

相談者:
分かりました。

マドモアゼル愛:
うん、そいで・・

相談者:
わたしも、はい

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
自分の、うん、気持ちを晴らすために・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
なんか、なんとか、解決をという・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
気持ちに、なってたんですね。うん

マドモアゼル愛:
だ、そこでなんで、自分の気持ちを晴らすためにっていうのが、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
見守るっていうことが出来ないわけよね、だからね。

相談者:
そ、うん

マドモアゼル愛:
だから、何かお祖母ちゃまの中に・・

相談者:
うん、うん

マドモアゼル愛:
こ、何か不満とか・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
何かがあるからじゃないかなって気がすんですよ、逆にね?

相談者:
・・あーあ

マドモアゼル愛:
で、例えば、今の、ご夫婦の、関係ってのは、悪くはないわけでしょ?今、あなたの・・ご自身の。

相談者:
そうですね。はい

マドモアゼル愛:
ど、どういう、あれなわけ?お父さんはそういうことに関してなんて言ってるわけですか?・・お祖父ちゃまは。

相談者:
「任せなさい」「放っときなさい」って言ってるんだけど・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
わたしの方が、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
おろおろ、おろおろ・・してるっていう感じですね、いつも。

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
でえ、も、いつも、そう、「放っときなさい」って言うから・・それに関してわたしが、もう埒が明かないなあと思って、日によって、あの、すごく・・なんか気分が・・あの沈んで、わたしが沈んでしまうことがあるもんですから(含み笑い)・・

マドモアゼル愛:
うん、そうだよね。要するに・・

相談者:
それで今日はもう思い切って・・

マドモアゼル愛:
うーん、うーん、ね、それはね、ありがとうございます。

相談者:
あの、専門のせ、うん

マドモアゼル愛:
うん、ただ・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お祖母ちゃまの、お祖母ちゃまっていう、年齢じゃないんで、一応、おば、あの、立場上のお祖母ちゃまって意味で・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
言ってんですけども。

相談者:
分かります、はい

マドモアゼル愛:
お祖母ちゃまの、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
気、気分の問題なんだよね、だからね。

相談者:
そうなんですね、はい

マドモアゼル愛:
うん
それによって、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
このお二人の問題が大きく見える日もあれば・・

相談者:
うん、確かにそうですね。

マドモアゼル愛:
ま・・ね?そうじゃない日もあるっていうことで・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
ま、今・・大事なことは・・あのお、息子さんのこと、よりも、

相談者:
うん、うん

マドモアゼル愛:
お母さん自体のね?

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
なんか、手応えのない、生き甲斐のない・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
ような、状態がね?、なんとなく、感じられるん、のよ。

相談者:
あー、はい

マドモアゼル愛:
うん・・&#、いや、まあ、誤解かもしれないけれども。

相談者:
え、はい

マドモアゼル愛:
だから、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
まだ、今60ってさ、もう・・めちゃくちゃ若いんですよ。

相談者:
そうなんですよ。だ、はい(苦笑)

マドモアゼル愛:
ね?お声だって若いし。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
見た感じも恐らく、お綺麗で若いんじゃないかな?なんて感じ・・

相談者:
うん・・あー、そんなことはないですけど。

マドモアゼル愛:
うん、いやいや、そう思うんですよ。

相談者:
はい・・はい

マドモアゼル愛:
そうすっとだから・・ご自身を今、大切にするとは・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
何かな?・・という、あたりの・・

相談者:
うん、うん

マドモアゼル愛:
これから今後の生き方・・を・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
やっぱりちょっと、そこ、に、シフトして、行くのがいいかなと・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
今、何やってるの一番楽しいですか?

相談者:
・・今は、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
もう、あのお、孫が、7名もいまして。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
その孫が遊びに(含み笑い)来て、くれた時に、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
あれですね、やっぱり孫の世話をしたりとか、一緒に遊ぶことですね。

マドモアゼル愛:
うん。ということは、やっぱ自分の楽しみが、ないってことなんだよね。

相談者:
そうなんですよね、今は。

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
その、それ、そうですね、はい

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
&#、うん

マドモアゼル愛:
そこら辺を・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
エネルギーも十分あるし・・

相談者:
うん、うん

マドモアゼル愛:
あのお・・声も、元気だし・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱ、お祖母ちゃま自分を今度は、もう、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
ハッキリ言って、男3人、30、32、い、ふた、2年おきで、3人育てるの、ホント大変だったと思うんですよ、僕、実はね?

相談者:
うん、はい

マドモアゼル愛:
もう、開放されたんだから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、ちょ、違った人生を・・やっぱり・・ちょっと考えて行こうと。

相談者:

マドモアゼル愛:
これまで出来なかったこと、なんかやって行こうと・・いうことで自分の人生について・・前半章は終わったので・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
これから長い、長いまだ・・も、30年もあるような人生がまだ続くわけだから。

相談者:
はい・・はい

マドモアゼル愛:
そこをちょっと楽しく・・前向きに考えることで今回の問題は・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なんか、乗り越えて行った方がいいような気がすんですよ。

相談者:
あ・・

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
分かりました。

マドモアゼル愛:
そのために「お前たち、ちょっと、色々手伝っておくれよ」ぐらいの・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
ことは・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
堂々言える立場なんだよ。

相談者:
そうですね。今は・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
そうですね、今はどっちかっていうと逆に、逆の立場になってますからね、分かりました。

マドモアゼル愛:
うん、な、子どもだと思って、うん、息子たちに助けてもらうぐらいの立場で、

相談者:
うーん、はい

マドモアゼル愛:
あの、ご自身の人生考えたらどうかって、柴田先生にもう一回伺ってみたいなと思います。

相談者:
はい。どうもありがとうございます。はい

マドモアゼル愛:
はい、&#△%

(再びパーソナリティ)

柴田理恵:
うん。わたしは・・愛先生のおっしゃったの、と、おんなじ意見なんですけれども。

相談者:
はい

柴田理恵:
その、次男さんの、

相談者:
うん

柴田理恵:
ご夫婦はご夫婦で・・ちゃんとやってくんだと思うんですよ。ちゃんと。

相談者:
あ・・はい

柴田理恵:
だ、そこに・・介入する必要はなくって。

相談者:
はい

柴田理恵:
で、おんなじですよ?
そうやって、子どもに嫁にまで・・目え、向くっていうのは暇なんですよ。

相談者:
・・そうですね、はい

柴田理恵:
そうです。

相談者:
はい

柴田理恵:
60でしょ?わたしと同い年ですよ?

相談者:
そうなんですね。フフ(苦笑)

柴田理恵:
同級生ですよ。

相談者:
はあ、分かりました。

柴田理恵:
もっともっと自分のこと、に・・

相談者:
うん

柴田理恵:
もおっと、もっと・・

相談者:
うん、はい

柴田理恵:
あの、行かなきゃダメですよ。

相談者:
はい

柴田理恵:
お嫁さんの立場も分かってあげて・・

相談者:
うん、そうですね。

柴田理恵:
知らん顔してあげないと、わたしは可哀想だと思う。

相談者:
・・ ・・
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
ああー、もう、ありがとうございました。

柴田理恵:
分かりました?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
もう、なんか、うん・・先が見えて来ました。

柴田理恵:
はい

相談者:
はい

柴田理恵:
頑張ってください。

相談者:
はい・・ありがとうございましたあ。

柴田理恵:
はい、失礼しまあす。

相談者:
はい




「「孫が一番心配」別れない息子夫婦が解せずイラつく女が否定されて相づち攻撃」への2件のフィードバック

  1. マドモアゼル先生 感情的になると オッサン
    大原先生 感情的になると ヒステリー

    相談者の心得違いを指摘するのなら、もう少し言い方があると思う。

  2. 相談者さんが、お孫さんに愛情を注いでいれば大丈夫です。私の両親も、不仲で会話は全くありませんでした。幼い頃、両親が一緒にいる時は、緊張感に満ち、居心地悪い雰囲気でしたが、私自身が成長するに従って、趣味や友人やクラブなど、自分の世界に没頭し、両親の不仲はどうでもよくなりました。心のキズなんて克服し、たくましく育ち、今は幸せな家庭を築いてます。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。