離婚調停前夜。妻に通用するか?ホテルの相手は風俗で浮気ではない


テレフォン人生相談 2020年2月13日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 関西なまりの男54歳自営 妻53歳 現在別居中 長女29歳家庭持ち 長男27歳妻と共に別居中 同居の父82歳 母75歳

今日の一言: 言っていることが問題なのではありません。なぜそのことを言っているのか?それが本質です。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
えー、54歳です。

加藤諦三:
54歳、結婚しています?

相談者:
はい

加藤諦三:
奥さん何歳ですか?

相談者:
・・53です。

加藤諦三:
53歳。お子さんは?

相談者:
えー二人。

加藤諦三:
はい

相談者:
長女が・・

加藤諦三:
はい

相談者:
20、9で嫁いでます。

加藤諦三:
はい

相談者:
去年。

加藤諦三:
はい

相談者:
長男が・・

加藤諦三:
はい

相談者:
27

加藤諦三:
はい
今一緒に暮らしてんの?長男は。

相談者:
暮らしてたんですけども・・

加藤諦三:
はい

相談者:
も、本題に入るんですけど(苦笑)ホホ・・1ヶ月前に・・

加藤諦三:
うん

相談者:
息子を連れてえ・・

加藤諦三:
あーあ、はい、はい

相談者:
実家の方へ、出て行ったんです。お、お、お・・

加藤諦三:
1ヶ月前に・・

相談者:
恐らく実家だと思うんですけど。

加藤諦三:
で、あなたはそうすると今一人で暮らしていると?

相談者:
あ、父と母が、同居してます。

加藤諦三:
お父さんとお母さん?

相談者:
はい

加藤諦三:
お父さんとお母さん何歳?

相談者:
82い、と・・

加藤諦三:
はい

相談者:
母親が75

加藤諦三:
うんそうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
あ、そうするとあなたは今・・仕事と、介護、その他、頑張ってるわけね?

相談者:
いや、自営業をしてまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
3人で・・自営業を営んでます。

加藤諦三:
そいで?

相談者:
今日の相談は・・

加藤諦三:
はい

相談者:
少し前、ちゅうんですか?

加藤諦三:
はい

相談者:
妻のお・・弁護士から・・

加藤諦三:
はい

相談者:
家庭裁判所への調停の?

加藤諦三:
ええ

相談者:
出廷ちゅうんですかね?

加藤諦三:
はい

相談者:
・・が、届きました。

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚調停え、です。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい
それで、わたしも・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと市町村の?

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、無料相談会に、行きまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、その折の、弁護士の、先生が・・

加藤諦三:
はい

相談者:
もしそうなった場合は?

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、「引き受けてもよろしい」って言われたもので、

加藤諦三:
はい

相談者:
明日?

加藤諦三:
はい

相談者:
お伺いすることに、なりました。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
それで・・あなたは離婚したいんですか?したくないんですか?

相談者:
ちょっとその・・

加藤諦三:
あな・・

相談者:
その辺が・・

加藤諦三:
分かんない?

相談者:
気持、気持ちが揺らいでるんです。

加藤諦三:
ん、あーあ

相談者:
あ、わたしとしては・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ま・・したくはないんですけどお。

加藤諦三:
うん

相談者:
ここお、1年か、もっと前か分からないんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
妻の行動?・・

加藤諦三:
うん

相談者:
を見ていますと・・

加藤諦三:
うん

相談者:
恐らく、もう・・こっちい、は・・

加藤諦三:
うん

相談者:
帰って来ないだろうちゅうのは、想像ですけどお、

加藤諦三:
ええ

相談者:
見当が、アハ、ハ(苦笑)、つ、ついます。

加藤諦三:
ついてる?

相談者:
はい

加藤諦三:
その、妻の行動を見ていると・・こっちに帰って来ないって、妻の行動っての具体的にはどういうこと?

相談者:
離婚をすると、いうことはあ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
したいっていうことは・・

加藤諦三:
うん

相談者:
一言も、聞いたことが、ありません。

加藤諦三:
はい

相談者:
ただ・・言い争いは、も、日常茶飯事で・・

加藤諦三:
はい

相談者:
耐え、きれなくなって・・

加藤諦三:
はい

相談者:
娘があ・・昨年結婚、したんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
その前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしの方から・・

加藤諦三:
はい

相談者:
「離婚届を、書いてくれ」ということで、

加藤諦三:
はい

相談者:
渡した時に、妻が、ま、破ったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
それでわたしは、まあ・・ホッとしたちゅうかですね・・

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚までは考えてないんやなあと思ったんです・・

加藤諦三:
はい

相談者:
その時点では。

加藤諦三:
はい

相談者:
ただ・・部屋を・・もうずうっと結婚してから一緒の部屋で・・

加藤諦三:
はい

相談者:
してたんですけど。部屋をわたしがもう飛び出しました。

加藤諦三:
はい

相談者:
毎日、かなわんわちゅうことで。

加藤諦三:
はい

相談者:
それとかあ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
恐らく探偵を付けてえ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしの写真を撮ってたんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
風俗、ていう・・

加藤諦三:
はい

相談者:
それをお、年末に母親にメールをしたんです。

加藤諦三:
あなたの母にね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
お、それも・・ちょっと納得が行かないっちゅうかあ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
なぜそんな行動をしたのかっちゅうのが・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ
ほいで、その出て行った日はあ・・あのお、自分らの部屋ですね?

加藤諦三:
うん

相談者:
元の。もう押入れから何から何まで・・大きい家具以外はもぬけの殻でした。

加藤諦三:
はい

相談者:
ほいで置き手紙?

加藤諦三:
はい

相談者:
も、「あとは弁護士さんに任せてあります」ちゅうことで、

加藤諦三:
はい

相談者:
出て行って。
今?、弁護士さんから・・家庭裁判所への出廷というんですかね?

加藤諦三:
うん

相談者:
離婚しゅっ・・が届いてます。

加藤諦三:
うん

相談者:
これから、ま・・あの、電話?

加藤諦三:
うん

相談者:
メールとかそんなんは・・

加藤諦三:
うん

相談者:
今日まで?・・「離婚はしたくない」、「連絡ください」ってえ、いうのは、ま・・送り続けました。

加藤諦三:
うん

相談者:
「ちょっとでも話がしたい」っていうことで。

加藤諦三:
うん

相談者:
返事があったんがあ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
「話し合いはしたくありません」って、一回あっただけです。

加藤諦三:
うん、でしょうね。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
で、今日のあなたの相談というのはですね?
ま・・奥さんがこういう形で・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、実家、らしいということですけど。

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、実家に、あの・・出て行ったと。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけどあなたとしては離婚したくないと?

相談者:
・・うん、どうもその辺が・・恐らく無理、やな、っていう方向で?

加藤諦三:
うん・・と・・

相談者:
慰謝料、財産分与お?

加藤諦三:
はい

相談者:
年金、分割、2分の1とか?

加藤諦三:
はい

相談者:
その中の封筒に。

加藤諦三:
はい

相談者:
それについてえ・・ま、どんな感じになるんかな?ちゅうのが・・ちょっと・・一番気になるちゅうたら・・離婚に向けて・・

加藤諦三:
そこら辺のところが、まあ、知りたいということね?

相談者:
はい
それと・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
もう一つ・・その、理由書があ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
女性関係って書いてあったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
思い当たるんはあ・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
趣味の・・サークルで・・

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、グループ交際をしてて、一人は趣味が合ったもんで・・

加藤諦三:
はい

相談者:
LINEのやりとりとか・・

加藤諦三:
ふん

相談者:
出かけたりとかは・・一回か二回はありました。
その子のことを、すごい気にはしてるんけど、妻は。

加藤諦三:
うん

相談者:
何回「友だちや」て言うても納得しないんです。

加藤諦三:
女性、関係というけれども、あなたの目から見ると・・

相談者:
ほう、でも、まったくの友だちい・・

加藤諦三:
友だちであって別に肉体関係があるとかそういうこと・・

相談者:
あ、全然、全然ないです。

加藤諦三:
まったくそういうことではないと。

相談者:
はい、はい・・そういうことです。

加藤諦三:
はい分かりました。今日はあのスタジオに弁護士の野島梨恵先生がいらしてんので・・

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「離婚調停前夜。妻に通用するか?ホテルの相手は風俗で浮気ではない」への5件のフィードバック

  1. 相談者のお金と女に対する、物凄い執着心を感じました。まぁ、お金が無ければ風俗の女とは付き合えないからなのでしょうがね。

  2. 「弁護士の野島です」って挨拶、もしかしてこのサイトのコメント欄で「法律家としては〜云々」の発言について悪口言われてるのをご覧になってました?
    少しドキッとしましたが、そんなわけないか(笑)。

  3. 今更、ではあるけれども、今初めて会話する他人様に対する言葉使いって充分氣をつけなきゃいけないよねと痛感させられます。ましてや自分の人生相談に乗ってくれる相手に対しては特に。
    語尾伸ばしもだけど、説明言葉に疑問符つけるような喋り方って、客観的に聞くと変な喋り方と思えます。

  4. 野島先生のしゃべり方 いつも鼻に付く。テレフォン人生相談に
    起用されたってことは、優秀な人材なんだろうけど。老若男女やっぱり相づちって「ふん」より「はい」が印象いいね。個人的にも気を付けよっと。

  5. 野島さんといい田中さんといい、回答者の先生たちってなり手がいないの?
    もうちょっと、ましな先生にお願いしたい。
    2人とも声聴いただけでストレスになるのは私だけですか?

コメントはお気軽にどうぞ