2人殺している母親という人間を私は殺してしまうかもしれない‥フフ


テレフォン人生相談 2020年3月6日 金曜日

今週は特集。
毒親。娘と母の物語。
スペシャルウィークという名の聴取率調査週間とは違うみたい。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女40歳派遣社員 独身一人っ子 母63歳 両親離婚後 父は17年前に他界

今井通子:
もしもしい?、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは、よろしくお願いします。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
はい。えーと、わたしの、

今井通子:
はい

相談者:
母親の、

今井通子:
はい

相談者:
えーと老後お、のことについて、相談したいんですけれども。

今井通子:
あー、はい

相談者:
はい、わたしは40歳、で・・

今井通子:
はい

相談者:
独身です。

今井通子:
はい

相談者:
で、母は、63?・・

今井通子:
はい

相談者:
で、この母には、えーと、わたしが小さいときから・・ひどい虐待を受けまして、

今井通子:
はい

相談者:
で、わたしが成長するにつれ、中・・小中高と成長するにつれ、どんどんこう、エスカレートしてたんですね。

今井通子:
あらあ

相談者:
虐待が。

今井通子:
はい

相談者:
それで・・えーと今から、6年前に、

今井通子:
はい

相談者:
縁を、わたしのほうから切りまして。

今井通子:
はい

相談者:
もう、6年間・・連絡も・・ないし、

今井通子:
はい

相談者:
こっちからも向こうからもないし、

今井通子:
はい

相談者:
お互いどこで何をしてるかも・・分からない状態なんですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
で、えーと・・今回相談したいのは、

今井通子:
はい

相談者:
この母親という人間はですね・・大きいことから言いますと、間接的にですが、2人、人を殺してるんですね。

今井通子:
うん

相談者:
で・・この先、その、老いてって・・誰かが面倒を看なきゃいけない場合に、自分一人っ子なので、

今井通子:
はい

相談者:
で、わたしは、父は、もういなくて。

今井通子:
お父さんは亡くなっちゃったの?

相談者:
はい。17年前に亡くなりました。

今井通子:
17年前?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
んで・・ま・・面倒を看なきゃいけない?
でそれを、わたしが・・「嫌だよ」って言ったら・・最悪刑務所に入ったりとか?、そういうのもある・・から、

今井通子:
うん

相談者:
わたしは看なきゃいけないのかな、一応そう思ったときに、わたしの・・あのお、心構え的な、あの・・やられたことをやり返してしまいそうで下手したら殺してしまうかもしれないっていう、のが、不安で・・

今井通子:
ふうーん

相談者:
ま、今から、心配してもしょうがないんですけど、でも・・んー、心構えを・・うんー、ま、プロの方に?

今井通子:
うん

相談者:
教えていただけたらなと思って、本日は相談しました。

今井通子:
なるほどね。
もっと・・お父様は亡くなっちゃったみたいなんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
その、お母様の、子供の頃の、虐待って言葉?それとも暴力?

相談者:
両方です。

今井通子:
あ、両方?

相談者:
はい、わたしが・・

今井通子:
所謂DV?

相談者:
よ・・あ、そうです。4歳とか5歳ぐらいのときに、

今井通子:
うん

相談者:
目隠しをされて、

今井通子:
うん

相談者:
下着1枚にされて。

今井通子:
うん

相談者:
で、針で刺されたんですね。

今井通子:
どこを?

相談者:
お尻を。

今井通子:
ふうん

相談者:
で、下着に血がついたんです。

今井通子:
はい

相談者:
で・・
「着替えなさい」と言われて、

今井通子:
はい

相談者:
下着を着替えたんですね。

今井通子:
はい

相談者:
血のついた下着を。

今井通子:
はい

相談者:
そしたら・・ま、大人になって分かったんですけど、証拠隠滅だったんですよね。そのときは父は、生きてましたから。

今井通子:
はい

相談者:
あのお、わたしが中学生まで、父、と一緒に暮らしてたんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、わたしが中学生のときに離婚をしたので。

今井通子:
あ、お父さんは離婚されちゃったのね?

相談者:
あ、そうです。

今井通子:
はい

相談者:
そのあとに亡くなったんですけど。

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
はい
それで・・わたしが小学・・

今井通子:
そのお父様が、

相談者:
はい、はい

今井通子:
離婚しちゃった理由は分かる?

相談者:
母が浮気したからです。

今井通子:
あー・・なるほど。

相談者:
で、えーと、小学生のときは、父がいたので、

今井通子:
ええ

相談者:
母は、父に隠れてわたしに、そういう・・

今井通子:
うーん

相談者:
あの、ことを、していて。
あとは、小学生のときは・・孫の手?

今井通子:
うん

相談者:
で・・あの・・何度も叩かれたり。

今井通子:
うん

相談者:
あの・・

今井通子:
え、叩かれた場所は?

相談者:
お尻ですね。

今井通子:
あー、お尻?はい

相談者:
子供のときはお尻でした。

今井通子:
うん

相談者:
それで・・あとは、蚊取り線香で焼かれたり。お灸を据えるって言葉あるじゃないですか?

今井通子:
はい

相談者:
あれをほんとにされたん、ですね。火傷しました。

今井通子:
うん

相談者:
ていうことがあって。
で、中学生に、わたしが中学生になったら・・やっぱりわたしは母親方、のほうに行ったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、母子家庭だったんですけど。
母は男の家に入り浸って、ほとんど家にいなかったんですね。

今井通子:
あーあ

相談者:
それでもお、その、わたしに、殴る蹴る、例えば頭、髪、掴んで、振り回したりとか。

今井通子:
うん、うん、うん

相談者:
顔殴ったりとか。
で、その男との・・そういった、あの、夜の行為を、わたしに聞かせて来たりとか。

今井通子:
うーん

相談者:
うーん(ため息)
で、わたしが・・高校生になったときに、母親は再婚したんですね。

今井通子:
はい
その、お母様、きょうだいは?

相談者:
弟が2人います。

今井通子:
うん、ふん、ふん・・と、あなたにとっては叔父さんですよね?

相談者:
あ、そうです。はい

今井通子:
その、所謂親戚付き合いみたいなのはあった?

相談者:
・・ありまし、たけど・・あの・・さっき、「間接的に2人殺した」って、お伝えしたじゃないですか?

今井通子:
はい

相談者:
そのうちの1人は・・あの、母の父親なんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、そのことがあって、
叔父・・は・・

今井通子:
この間接的っていう意味は・・

相談者:
はい

今井通子:
あ、お祖父さんは・・

相談者:
はい

今井通子:
自殺かなんか?

相談者:
いえ・・普通に老衰なんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
お祖父さんが、病院で、入院してて、ま、だいぶ、危篤状態で、もうすぐダメかもねえ、みたいなときに、

今井通子:
はい

相談者:
母親がお見舞いに行ったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、そのときに、その、わたしのお祖父ちゃんですね。

今井通子:
はい

相談者:
お祖父ちゃんが、あの、母親と、2人きりで
「あんときは楽しかったな」、「あんときの、酒は美味かったな」みたいなことを思い出話に・・したんだそうです。

今井通子:
はい

相談者:
そんときに、「ほーら、お酒だよ、飲みな」って言ってお酒を飲ましたんですよね。

今井通子:
うん

相談者:
・・うん、ま・・それが直接の原因ではない、んですけど、でもだいぶ、ダメージですよね。

今井通子:
・・うーん・・そこはちょっとよくはならないけど。

相談者:
ほんとに・・あのお・・

今井通子:
そ、そのすぐ、あとで亡くなっちゃったの?

相談者:
ええ、ええ、もちろん、です。もう、だって、危篤状態で、いつ逝ってもおかしくないっていうような状態だ、った・・

今井通子:
うん

相談者:
人間に、

今井通子:
うん

相談者:
お酒を・・飲ますだなんて・・ていうのがあって、わたしの叔父はカンカン・・なんですよ。
だからもう、縁を切りたいと思ってる、と思います。

今井通子:
うーん・・あ・・そっかあ・・でえ、結局その、6年前に、

相談者:
はい

今井通子:
え、要するに「縁を切った」って言われたのは・・

相談者:
はい

今井通子:
プライベートの間で縁切っただけで・・

相談者:
あ、そうです。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
戸籍抜きましたみたいな話じゃないんだね?

相談者:
戸籍を抜いたところでえ、その、面倒を看る?老後の、介護の面倒を看るとか、そういうのとはまた別なんですよね。

今井通子:
ま、でも・・お互いに、どこにいる、どこにいるかは分かってんのかもしれないけど(含み笑い)、何してるか、分かんないんでしょ?今。

相談者:
はい、はい、はい

今井通子:
どこにいるかは分かってんの?

相談者:
えー、なんとなくは、はい。そ、そう遠くはないみたいなんですけど。

今井通子:
ふうん
で、お母様も、そうすると今はお1人?

相談者:
はい。あー、分かんないです、それも(苦笑)。

今井通子:
ふん、ですよね。

相談者:
はい(苦笑)・・うん

今井通子:
うん

相談者:
と思いますが分からないです。

今井通子:
うん
じゃあの、お祖父さんは、あの、分かったんだけど、お祖母さんはどうなすったの?

相談者:
かなり前に、わたしが・・10歳の頃に、病気で亡くなりました。

今井通子:
これ、お母さんのほうの?

相談者:
あはい、はいそうです、そうです。

今井通子:
はい
じゃ、お父様のほうの・・お父さんお母さん・・てどうなってる・・

相談者:
えーと、もう亡くなってます。

今井通子:
あ、亡くなってんのね?

相談者:
はい

今井通子:
(息を吸って)そうか、そうすると、あなたとしてはあ・・ま・・まだ40だからね。

相談者:
はい

今井通子:
自分の心配はまだしてないのかもしれないけど(含み笑い)。

相談者:
ハハハハ(苦笑)、はい

今井通子:
お母様の心配もあるかもしれないけど・・あなた自身も・・老後は、天涯孤独になっちゃうのかな?

相談者:
・・うん、わたしは幸せです。へへへへ(笑)

今井通子:
フフフ(笑)、なるほど。

相談者:
と思いたい・・けど・・

今井通子:
うん

相談者:
ま、自分の相談とも迷ったんですが、

今井通子:
うん

相談者:
あ、ま、ん・・そんなに・・

今井通子:
あなたは幸せで。今は何?・・お仕事は、会社勤めとか?それとも、自営とか?

相談者:
派遣、派遣です。

今井通子:
あ、派遣の仕事されてんのね?

相談者:
はい、はい

今井通子:
はい
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
そうするとお、今日のご質問をまとめて言ってみてください。

相談者:
えーと、ま、えーと、わたしをひどい目に遭わせた母親、に対して、母親が万が一動けなくなったときに、母親に、介護を・・しなきゃいけないときに、わたしの心構え・・

今井通子:
心構えね?

相談者:
というとこでしょうか?はい
わたし自身も、その、闇に飲み込まれると言いますか。

今井通子:
はい

相談者:
そうしたくないけど、とてもじゃないけど、優しくなんて・・考えられない・・んですね。

今井通子:
なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね・・

相談者:
はい

今井通子:
三石メソード主宰で、

相談者:
あ!、はい

今井通子:
作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。先生よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「2人殺している母親という人間を私は殺してしまうかもしれない‥フフ」への16件のフィードバック

  1. 何かを直視してない人って、過激なこと言って人をびっくりさせようとするよね。40歳って、他人から若者のようには興味もって貰えなくなるから、寂しくなって急にお母さんのこと、思い出したんじゃない?過去のこと、めっちゃツラいかもしれないけど、他人のリアクション求めるんじゃなくて、ちゃんと向き合ったほうがいいと思う。ひとりで。

  2. 間接的に2人、人を殺してるって言うところが印象に残りました。でも、末期の時にドラマのように最後に思い出話なんかできるのか?と思います。身内に病人がいてみとったひとなら???です。そしてそんな状況ではもう何も食べられなかっただろうし、嚥下状態もよくなくて、お酒を飲むなんて、ありえない気がします。独り身で、派遣で働いてるというが、あまり淋しさも感じず強い人だと思いました。

  3. 分籍にどれだけのメリットがあるのか良く分からんが、相談者さんは三石さんの回答でずいぶん気持ちが晴れたようだな。
    最後はまるで二十歳そこそこの女性のような若く明るい声だった。

    1. 分籍メリットあると思いますよ~。
      父親と同じ戸籍にある以上、父親のしたい放題ですよ。今は法律が変わってるかもしれませんが、かつて私が知らない間に父親が愛人を住まわせるための新築のマンションの筆頭住人に私がなっていて、書類を取るとき大迷惑を被りました。
      私は捨て駒と思い知りました。

  4. 間接的殺人・・って・・
    おじいちゃん、最期に好きなお酒を飲めて良かったんじゃない?
    危篤だったんでしょう?

    身分の不安定な派遣独身40歳。
    お金貯めますぅ・・じゃなくて、個人年金、生命保険、生涯補償付き入院保険、etc   思いつく限りの手立てをして老後に備えとかないと。
    相談者は親の面倒を看ることのできる器ではないので、縁を切るのは正解だと思いました。
    せめて ご自分のことは今から備えを!

  5. 相談者さん、かまってちゃん?見て見てちゃん?
    「ころす」だのと相手がえっ!?と思うような言葉を巧みにまぁ使いたがる。
    しかも「間接的に」とかぼかして、もっと詳しく聞かせて、と相手に言わせたいんですよね。
    振り向いてほしい。
    注目してほしい。

    相談者さん笑ってる?
    笑ってますよね?これ。

    そして、盛ってます?話。
    どこまでが現実でどこからがフェイクかわかりませんが、妄想と現実の区別、ついてますかー

    共感とか励ましたいとか応援したいとかそういう気持ち、今日は全く…。

    つい先日の自称23歳のインパクトが霞むほど。

    先生方お疲れさまでした。

    1. 来世ではあなたのわからないゾーンの人の気持ちがわかるようにうまれかわれるように祈ります。

    2. すみません。
      言葉が足りませんでした。
      苦しむ人の実体験をその体に感じながら
      真理を追求してください

    3. 確かに、自分に興味をもってほしい、注目されたいのだと思います。
      でも、お母さんに対する気持ちは本当だし、高齢になって頼られたらという恐怖があるのも本当だと思います。
      今、幸せだと言うのに無理があって、一人でも幸せだと思わなければいられないのではないでしょうか。
      お母さんのことは、分籍によって脳内から切り捨てる事が出来れば、変われるのかも知れないと思います。

  6. 母親から連絡が来ないのは母親が今ハッピーに過ごしているから。ハッピーなまま死んでくれれば娘はもっとハッピーだろう。
    絶縁したい相手が満足な生活を送ってくれることが絶縁を継続できる条件だなんて、なんか変な感じだが一つの現実なんだろうね。

    1. そうなんですよね。元気に幸せに、迷惑かけないで死んでほしいです。
      そして、元気でいてくれるからこそ、こちらも恨めるんですよね。

  7. あなたが母からやられてきたことは置いといて、いつ死んでもおかしくない親に最後くらい好きな酒を、と思ったことはそこまで変かな?自分の親なら同じことしてしまうかもしれない。
    なんか俺の母親が危篤で心配停止になってお医者さんから電気ショックするか聞かれた時に父親が、もう充分です、しなくていいですって悲しい顔で言ってたの思い出した。今回とは違って俺の家族は誰も父親を責めたりしなかったけど。
    賛否両論あると思いますが長文すいません。

  8. 危篤の時、最後に大好きな酒を、危篤なら飲める訳もなく口に含んだくらいなら、、身内に危篤の方がいたら最後に大好きなものをは自然だったと私は考えますが、することなすこと全ていや、かな

  9. わたしの母親も最後亡くなる前、祖父にお酒を飲ましてましたよ、お酒好きなおじいちゃんだったから、喜んでくれたかな、と思いました。そしてこの相談者と同じく、母親とわたしは不仲ですが、最近どうでもよくなってきました、虐待とかは無いですが、性格が真逆で嫉妬深いので近寄りたくはない。三石先生のおっしゃる通り、見知らぬ人見たくなりつつあります!

コメントはお気軽にどうぞ