ニート女の思い込み。父の暴言DVにノーと言えなくなりました。加藤諦三「実は‥」

テレフォン人生相談 2020年4月6日 月曜日

小さい頃から父親の暴言、暴力、学校ではいじめ。
現在、仕事には就いておらず、公務員の母の収入で生活しているものの、母の顔を見るとイラついて関係は良くない。
嫌なことを嫌と言えない自分を変えたいと言うのだが・・

大原、加藤の両氏が相談者の自己分析を否定する。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女25歳 独身無職 離婚した母53歳と2人暮らし 弟がいる

今日の一言: なし

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
・・あ、よ、今日はよろしくお願いします。

加藤諦三:
はい。最初に年齢教えてください。

相談者:
はい。25歳です。

加藤諦三:
25歳・・独身ですか?結婚してますか?

相談者:
独身です。

加藤諦三:
独身ですか。はい、と今あ、お父さんとお母さんと一緒に暮らしてんの?

相談者:
・・えっと、両親は離婚して、わたしは母と2人暮らしです。

加藤諦三:
あ、お母さんと2人?、はい、分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
・・えっと、わたしの、父親が、権威主義的で・・

加藤諦三:
権威主義的で、はい

相談者:
はい。すぐ怒鳴ったり、殴ったり・・して来るような人で。

加藤諦三:
はい

相談者:
ホントに、すぐ、キレるんです、なんでもないようなことに。

加藤諦三:
で、その暴力というのは、いつ頃から始まったんですか?

相談者:
わたしが、物心つく前から、わたし、が、壁に落書きとかをしたら殴ってたって母から聞いたので・・

加藤諦三:
・・あー、すると、あなたは、殴られたことを覚えているよりも、前からもう・・

相談者:
はい

加藤諦三:
殴られていたということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
そうするとあなたの、記憶は全部恐怖?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
もう・・この世の中は恐怖というか生きることが、怖い?

相談者:
・・うーん、そうですね、はい

加藤諦三:
それで小学校お、は、どうだったんですか?

相談者:
たまにずる休みはしてましたけど、卒業したんですけど、いじめられてました。

加藤諦三:
ん、あーん、中学校は?

相談者:
と、中学校も嫌がらせをされたりして・・

加藤諦三:
つまり、いじめですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
あーあー、大体いじめ、っていうのは、家庭から始まるっていうのが大原則なんですよね。

相談者:
はい

加藤諦三:
つまり家庭でいじめられてるからあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
その・・いじめられ慣れちゃってるんですよね。

相談者:
そうなんですね。

加藤諦三:
あの、戦わないんですよ、いじめる人と。

相談者:
はい

加藤諦三:
だってえ、家庭でいじめられる、っていうときには親からいじめられるわけですから。

相談者:
はい

加藤諦三:
圧倒的に強い・・相手ですよねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
だから、戦いようがないんですよね。

相談者:
はい

加藤諦三:
すと小学校行くと・・いじめた子、と戦えばいいんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
いじめられっぱなしでしょ?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・ですよね?

相談者:
あの、先生に相談しても・・
「あいつは『そんなこと言ってない』って言ってるぞ」とか言われて・・

加藤諦三:
だから、先生も、あなたは、信用できないわけね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・ん、ということは、そのお・・物心ついてから、わたしは誰からも守られたことはないということね?

相談者:
そうですね、母も「離婚するからね」、「離婚するからね」って言って、わたしが二十歳過ぎるまで離婚しませんでしたし・・

加藤諦三:
あーあ・・それで、そのお父さんとの関係だけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
先ほど、殴る蹴るっていう話は聞きましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
どの程度の暴力ですか?

相談者:
えっと、そうですね、ホントに、すぐ、キレるんです、なんでもないようなことに。

加藤諦三:
ええ・・言葉ではどういうことを言われていたの?

相談者:
「ブタ」とか・・

加藤諦三:
ブタとか?

相談者:
はい・・あと、なんか言葉にならない罵詈雑言っていうか、あの、たぶん、父親、人格障害とかだと思うんですけど・・

加藤諦三:
うん
と、あんまり、&#、覚えてはいないね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
お父さんの言ったことね?

相談者:
はい、あと、わたしは、包丁持って防御してたら、「それで俺を刺せ」とかでしたね。

加藤諦三:
あなたが包丁を持って?

相談者:
はい。殴られないように防御してました(苦笑)。

加藤諦三:
あ、自分を守ろうと思って包丁を持ったの?

相談者:
はい

加藤諦三:
そしたら?

相談者:
「俺を刺せ」って・・

加藤諦三:
「俺を」・・

相談者:
めちゃくちゃ怒鳴られました。

加藤諦三:
「刺せ」って、めちゃくちゃ怒鳴られた。

相談者:
はい

加藤諦三:
ふうーん

相談者:
お父さんが、「いただきます」を言わずに、ご飯食べ、たときに、
「『いただきます』言わないの?」って言ったらめちゃくちゃ・・キレられたりとかは(含み笑い)、ありました。

加藤諦三:
・・うーん

相談者:
あの、あとから聞いたんですけど、母方の親戚から。

加藤諦三:
うーん

相談者:
わたしが産まれてから10年間、父は母に生活費を払ったことがなかったそうです。
両親公務員なので、

加藤諦三:
うん

相談者:
母の、稼ぎから、わたしと、弟の、保育園代とか、小学校のお金とか出してもらってたんだそうです。

加藤諦三:
うーん。それで今、あなたは独身って言ったけど、は、会社、かなんか働いてんの?

相談者:
いいえ、辞めました。

加藤諦三:
働いてないで家に1人でいるの?

相談者:
母と2人で暮らしています。

加藤諦三:
お母さんと2人で暮らしている、お母さんは何歳?

相談者:
母は53歳です。

加藤諦三:
53歳。経済的には?

相談者:
・・えっと・・母の・・収入で・・

加藤諦三:
暮らしてるわけ?

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんとはどうなんですか?

相談者:
上手く、行ってないですね(含み笑い)、はい。

加藤諦三:
上手く行ってないというのは、具体的に言うと?

相談者:
えっと、母の顔とか、話し方とか、で、すぐわたしがイライラしてしまうんです。

加藤諦三:
お母さんの顔見るとイライラする?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、今日のあなたの相談は・・

相談者:
はい。わたしの相談したかったことは、

加藤諦三:
はい

相談者:
嫌だと思ってるのに、断れない自分が嫌だということです。

加藤諦三:
「嫌だ」と言いたいのに、言えない。こんな自分を・・を変えたいと?・・

相談者:
はい

加藤諦三:
いうことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はあのスタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので・・伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「ニート女の思い込み。父の暴言DVにノーと言えなくなりました。加藤諦三「実は‥」」への10件のフィードバック

  1. 相談者は若干の知的障害がある子なのでは?
    コメ欄にもある様に 話し方がとても25歳に思えません…

    思うにお父さんが突然にキレたりするのは相談者に原因があるんじゃないですかね。(だからと言って相談者が全て悪い訳では無いと思いました)

  2. たまに自閉症ぽい相談者が見受けられるのだが、回答者は彼らの特性に合わせて回答されているのだろうか。
    少し疑問に思います。

  3. 今日毎月購読している月刊誌が届きました。なんと、このテレフォン人生相談の新しいパーソナリティーに就任された《玉置妙憂》さんのエッセイがこの月刊誌5月号から始まったようです。最近後味悪い内容が多いこのテレ人に新しいパーソナリティー玉置先生が就任された事、大いに期待しています!この番組に助けを求めてきた相談者さんが、皆、幸せになって行けますようにって。

  4. やっとラジオで放送されたんですね。
    私は滑舌が悪いからお蔵入りになったのかと思ってました。
    コメントされてる方たちの推察通り、私は20歳の時に軽度の自閉症と診断されています。
    今は嘱託で働いてます。

  5. あとどなたかが仰ったように
    精神障害手帳2級持ってますw
    鬱病だとか統合失調症だとか双極性障害だとか発達障害からの二次障害だとか適応障害とかいろんな診断をされましたが自分でもどれかわかりません…
    父親から怒鳴られて殴られたのは事実なのに思い込みだと言われたのは心外でしたがそれ以外は勉強になりました。
    それでは失礼しました。

  6. ネットで勝手なことばかり書いて申し訳ない。
    追記を読むと諦観されてるね。
    ご自身のことを俯瞰できて、その点で深みのある方だとわかるよ。
    周りの助力を得て、自分のできる範囲で頑張ってらっしゃる。
    ここに書き込むこと自体、勇気が必要だったよね。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。