悩みはセフレ継続か友達に格下げかの2択。入社した先で68歳に根負け主婦49歳


テレフォン人生相談 2020年5月8日 金曜日

パーソナリティ:  今井通子
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女49歳 夫58歳会社員 2人暮らし 別に暮らす息子2人

今井通子:
もしもしい?

相談者:
はい!

今井通子:
テレフォン人生相談でえす。

相談者:
はい、こんにちは

今井通子:
こんにちは

相談者:
はい

今井通子:
今日は・・どういう、ご相談ですか?

相談者:
わたしの・・不貞行為のことで、

今井通子:
はい

相談者:
相談したいと思って、

今井通子:
はい

相談者:
電話しました。

今井通子:
はい。あなたはおいくつ?

相談者:
49です。

今井通子:
49歳?

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は、おいくつ?

相談者:
58です。

今井通子:
ご主人が58歳?

相談者:
はい

今井通子:
で、あなたが49歳?

相談者:
はい

今井通子:
はい
そうすると?・・不貞行為というのはどういうことなさった?

相談者:
ん、要は不倫・・

今井通子:
不倫ですか?

相談者:
はい

今井通子:
はい
不倫をされた?、どれぐらい前?

相談者:
半年ぐらい前ですね。

今井通子:
半年ほど前に、

相談者:
はい

今井通子:
不倫をされましたあ。

相談者:
はい

今井通子:
きっかけはどんな、きっかけで?

相談者:
わたしがあ・・

今井通子:
はい

相談者:
1年ぐらい前に、

今井通子:
はい

相談者:
入社した先で、

今井通子:
はい

相談者:
先輩として、

今井通子:
はい

相談者:
指導してくださってたあ・・

今井通子:
はい

相談者:
相手の方があ・・

今井通子:
はい

相談者:
と出会って、

今井通子:
はい

相談者:
交際を申し込まれて、

今井通子:
はい

相談者:
徐々に会うようになったことがきっかけかな?

今井通子:
この先輩っていうのはいくつぐらいの方?

相談者:
68歳の・・

今井通子:
あ、68歳の方?

相談者:
はい

今井通子:
はい、この方は何?奥さまいらっしゃんの?

相談者:
います。

今井通子:
あ、いらっしゃんのね?

相談者:
ちょっと、年は分からないんですけど・・

今井通子:
はい。妻子持ちの方なんですね?

相談者:
そうですね、あのお・・

今井通子:
で、あなたがあ、

相談者:
はい

今井通子:
家庭があるっていうことは、その方は知ってらっしゃんの?

相談者:
知ってます。

今井通子:
ほお・・どっちが誘ったんですか?

相談者:
最初はあ・・向こうから、

今井通子:
うん

相談者:
「好きだ」って言われたんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
向こうもお・・子供が2人、わたしも子供が2人いるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
それを知った上で、

今井通子:
はい

相談者:
「好きだ」って言われてえ、

今井通子:
はい

相談者:
最初お・・人妻なのを理由に、

今井通子:
はい

相談者:
お断りしてたんですよ。

今井通子:
ふうん

相談者:
万が一のことがあっても嫌だしというので・・

今井通子:
はい

相談者:
お断りしてたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
根負けした形で、

今井通子:
はい(苦笑)

相談者:
1回会ったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
外で。

今井通子:
はい

相談者:
そしたらやっぱり案の定・・深い関係になりまして(含み笑い)・・

今井通子:
あ、はい
それは今でも続いてんですか?

相談者:
です。

今井通子:
あ、続いてるの?

相談者:
はい

今井通子:
はい
あなたの、ご家庭を、の、状況をお聞きしたいんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
お子さんがお2人いらっしゃるって言ってたんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
男女と年齢を教えてください。

相談者:
息子2人です。

今井通子:
息子さん達もご一緒にお家で住ん、あの・・

相談者:
えっとお、息子2人はもう、近くのお・・市のほうに、住んでまして別居なんですよ。

今井通子:
別に、べ、別居されてんのね?

相談者:
で、2人の子供は、

今井通子:
うん

相談者:
「こういうふうな」あ、「人がいる」っていうのは、概要だけは、伝えてて、

今井通子:
ええ、ええ

相談者:
「そうなんだ」っていう軽い感じで、じ、は、知ってるんですけど・・

今井通子:
うん。そうするとあなたは、ご家族っていうのか、お家で住んでらっしゃるのはご主人とお2人でっていうこと?

相談者:
ですね。2人い、暮らしですね、今は。

今井通子:
あ・・で、ご主人は、自営ですか?それともどこかにお勤めですか?

相談者:
あ、会社員です。

今井通子:
会社員でいらっしゃる?

相談者:
はい。パートお、として働いてます。

今井通子:
あ、パートね?

相談者:
はい

今井通子:
結局そうすると・・浮気されてんのは昼間ってこと?

相談者:
おんなじ職場で働いてて、

今井通子:
はい

相談者:
空いた時間がおんなじだったりすると、

今井通子:
はい

相談者:
昼から、とか、会ったり・・

今井通子:
ふん

相談者:
いうことは続いてるんですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
これって、あの、今までに初めてのこと?

相談者:
わたしはそうですね。相手はどうか分からないですけど。

今井通子:
ほお。それで・・状況的には、ご主人とお、合わなくなっちゃったとかあ・・ご主人は、好きじゃなくなったとか・・
なんかそういう、ことじゃなさそうじゃないですか。

相談者:
ですね。あのお・・

今井通子:
うん

相談者:
そういう関係には、やっぱりい・・普通なりたくないじゃないですか。

今井通子:
うん。要するにだから・・ご主人が、嫌いだからとかっていう問題じゃなく、所謂う、セフレっていうか、セクシャルな部分だけでのお付き合い?

相談者:
うん、ですね。あのお、なんか、旦那にも不満がないっていうったら、嘘じゃないんですけど。

今井通子:
なるほど。

相談者:
20年以上暮らしてるので、

今井通子:
はい

相談者:
いろいろお、積もり積もったものは結構、どこでもあるのかなっていうのはあるんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
でもお、こういうことって全然違うじゃないですか。

今井通子:
だから違うんですね?

相談者:
うん

今井通子:
分かりました。

相談者:
なので、どうしたらいいんだろうっていうのがあって、すっごい悩んでるっていう(苦笑)、のがあって・・

今井通子:
ふうーん。で、「どうしたらいいんだろ?って悩んでいる」っていうのは、どうして悩んでんですか?

相談者:
いろいろ、こう、日によって、葛藤があって、

今井通子:
はい

相談者:
このまんま、こういう状況が続くんだったらあ・・

今井通子:
はい

相談者:
旦那にも当然バレるだろうしい・・

今井通子:
はい

相談者:
ま、「言わなければ」あ、「いいじゃないか」ってことに相手のほうは言ってるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
「要領良くやりゃあいいじゃねいか」っていうところを言われちゃったんですけど、

今井通子:
はい(含み笑い)

相談者:
バレちゃったりしちゃったらどうしようっていうのがあって・・

今井通子:
うん、うん
だ、要するに・・ご主人と、離婚しようなんてサラサラ思ってないってことですよね?

相談者:
いや、そういうことがあったので、

今井通子:
うん

相談者:
離婚したほうがいいのかな?なんて考えることもあるしい・・日によってえ。

今井通子:
ええ

相談者:
こういうふうな関係続いてるんだったらあ、

今井通子:
うん

相談者:
わたしも、不貞行為だし、

今井通子:
ええ

相談者:
離婚しちゃったほうがいいのかな?なんて思ったりぃ・・

今井通子:
ああ、はあ、は、は、なるほど。

相談者:
で、考えるようなこともあるんですよ。

今井通子:
うん

相談者:
わたし、そんなに友達も多くないのでえ、

今井通子:
うん

相談者:
誰に相談したらいいか分からなくてえ・・

今井通子:
お父さまお母さまは?

相談者:
わたし、もお、二親とも亡くなってていないんです。

今井通子:
あー、なるほど。
で、問題は、あなたは、要するに相手に言われて、付き合い始めちゃいました。

相談者:
はい

今井通子:
初めはね?、断ってたんだけど、

相談者:
うん

今井通子:
今の状況からは・・付き合いを、続けたいの?

相談者:
日によってえ・・揺れるっていうか、葛藤してるっていうのはあるんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
このまんま続けてえ・・

今井通子:
うん

相談者:
セフレじゃないですけどお、

今井通子:
うん

相談者:
続けてもいいのかな?って思う日もあればあ、

今井通子:
うん、いやだから・・か、ん・・

相談者:
続けちゃうと、やっぱり、も・・

今井通子:
うーんとね?

相談者:
バレちゃったりするとアレだしい・・

今井通子:
いや、あの、そういう状況、バレちゃうとかそういうことが、も、まったく抜きにして、

相談者:
うん

今井通子:
要するに、セフレとして続けたいな、なんですね?そうすっと。

相談者:
相手のことは、ほら、最初、断ってたんですけどお。

今井通子:
うん

相談者:
お付き合いして行くうちにだんだん、相手のことは、好きなんですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
好きなのでえ・・

今井通子:
うん

相談者:
もし状況が許せばあ・・

今井通子:
うん

相談者:
このまま、お付き合い、っていうか、肉体関係がないような形に、お、納めて、

今井通子:
はい

相談者:
できたら・・友達ぐらいに、んー、なれないのかな?っていう、その・・もう・・

今井通子:
あ、むしろ肉体関係より人格っていうか・・その方と、友人としてでも付き合いたいということね?

相談者:
ですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
一方でえ・・

相談者:
うん

今井通子:
ご主人が、嫌いなわけじゃないんですよね?

相談者:
不満はたくさんあるんですけどお・・

今井通子:
うん

相談者:
特段、愛情もないかな?みたいな(苦笑)・・

今井通子:
あ、そうなんですか?

相談者:
ですね。意外に若い頃からあ、借金抱えてたり、働かなかったりっていうのがたくさんあって、不満はたくさんあるんですけど。

今井通子:
あー、なるほど。

相談者:
うん

今井通子:
働かなかったり(苦笑)って?

相談者:
ていうのがあったんですよ。旦那が。

今井通子:
だって、ご主人、会社員でしょ?

相談者:
会社員ですけど、ここ2、3年前ぐらいからやっと働き出して、

今井通子:
ええ

相談者:
その前は、もう、結婚当初は、わたし結婚20年以上、今年、銀婚式なんですが、

今井通子:
はい

相談者:
結婚当初、新婚当初は全然働かなくてえ・・

今井通子:
じゃ、髪結いの亭主?(*)

(*)髪結いの亭主: かみゆいのていしゅ。
女性の自立が難しかった時代の数少ない専門職が髪結い(今の理美容師)だったため、女房の稼ぎで余裕のある暮らしをする男を指すようになった。
江戸時代から使われていた言い回しとされるが、同様の意味でフランス映画のタイトルにもなっており、偶然にも日本だけの表現でもない。

相談者:
ていう時期もありました。

今井通子:
あ、そうなんですか・・

相談者:
で、もう結婚当初、行ったばっかりの頃は、

今井通子:
うん

相談者:
すごい借金があって、

今井通子:
うん

相談者:
それをほぼほぼわたしが払ってたっていう・・年もあったんですね。

今井通子:
はーあ、恋愛結婚?、それともお見合い結婚?

相談者:
恋愛・・

今井通子:
恋愛結婚?

相談者:
はい

今井通子:
じゃあ、結婚する前に、働かない人だっていうの気がつかなかった?

相談者:
結婚当初っていうか、ん、結婚してからあ・・知りましてえ、

今井通子:
はあ

相談者:
籍入れて、次の日に、

今井通子:
ええ

相談者:
「実は」あ、「250万の借金がある」って言われて、

今井通子:
ええ

相談者:
全然知らない土地に行ったのでえ、

今井通子:
はい

相談者:
地域を知るために、しばらく働かないで、

今井通子:
はい

相談者:
「専業主婦として暮らしたい」って言ったんですけど、

今井通子:
ええ

相談者:
許されなかったんですよ。

今井通子:
ふうーん

相談者:
で、「250万ほどの借金があるから」あ、

今井通子:
はい

相談者:
「近所付き合いはしなくていいから」あ、

今井通子:
はい

相談者:
「働いてくれ」って言われて、

今井通子:
はい

相談者:
今日までって言ったら大げさですけど、

今井通子:
ええ

相談者:
いろんなところで働いて来ました。

今井通子:
なるほどねえ。

相談者:
はい

今井通子:
そうすると、まあ・・ご主人には不満はあるのね?

相談者:
ありますね。たくさんあります。

今井通子:
うん
それとさっきはチラッと、愛情はもう、どっか行っちゃったみたいな・・

相談者:
愛情はほぼほぼないですね。

今井通子:
フフ(苦笑)
じゃ、一方で相手の方はあ、

相談者:
はい

今井通子:
奥さんもいらっしゃるし、お子さんもいらっしゃる。

相談者:
はい

今井通子:
同じような状況で、離婚してでも、結婚しようって話じゃあ、ないでしょ?

相談者:
そうですね、相手はあ、全然その、意思は、ほぼほぼなさそうですね。

今井通子:
ふうん

相談者:
うん

今井通子:
なるほど。
ということはあ、あなたが今日、ご相談されたいことは何になります?

相談者:
このまま続けていいのかあ?、それともお・・職場も一緒なんで、

今井通子:
うん

相談者:
少し、格下げじゃないですけどお・・お友達としてお付き合いしていけばいいのかあ?

今井通子:
うーん

相談者:
どうすればいいだろうと思って・・

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の中川潤先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします(含み笑い)。

相談者:
ごめんなさい(含み笑い)

(回答者に交代)


「悩みはセフレ継続か友達に格下げかの2択。入社した先で68歳に根負け主婦49歳」への13件のフィードバック

  1. いかにも頭の悪いような話し方で内容も呆れましたが、精神疾患があるのかなとも思いました。

    男に利用され、金・カラダを搾取されるだけの関係。
    聞いてて哀れですが、本人が気付かず、それを恋だと思っているなら、おめでたいとしか言えませんが…
    自分と同レベルの人と付き合うと言うので、相談者自身が変わらなければ、一生こんな感じなのでしょうね。
    ただ、人(旦那)の作った借金を働いてコツコツ返されたのは、立派だと思います。
    相談者は、経済的にひとりでも生きて行けそうだから、近づいて来るクズな男に引っかからないよう精神的に強くなって欲しいです。

  2. 相談者の話の中で「ほぼほぼ」の言い方?
    連呼が気になりました(笑)

    最初は相手の誘いを断ったがみたいな、自分に非が無いような言い訳から始まり・・・中原先生の「仕事を辞めなさい」も多分この相談者は辞めても相手からの誘いがあれば、ホイホイ付いていくだろう。
    はたして、男と縁を切るためでも仕事辞めるかどうか・・・
    オンナとして喜びが強そうだし。

    リピ相談待ってます。

  3. 不倫はとんでもなく楽しいらしいです。
    夫以外と肉体関係持った。持てた!と言う事実で心高揚して更年期吹っ飛ぶらしいです。(友人談)

    この相談者さんマジメです。
    私の周りには、同じ年代で、いわゆる不倫してる人3名ほどいます。みんなやめる気ないですね。
    みんな夫とレスです。
    私は何故だか話しやすいらしいです。色々話聞かせてくれます。
    私みたいな聞いてくれる友達いればまだ続けているんじゃないかな?
    私は聞くだけで止めません。岩井志麻子さんが本書いてましたが、オバハンだってしたいもんなんですって。

  4. 「ほぼほぼ」という言葉はテレビとかでタレントが言うのも最近聞かなくなったかな。いや、過去に没になった相談の回でしたね。まあこの相談者の軽さから言って出てくる言葉は、「めっちゃ」だの「ヤバい」だのかと思ってたけど無かった。というより、二人の息子にセフレの話しする母親って、、、、。

  5. 管理人さんのタイトルにもあるけど、「格下げ」というくだりでコーヒー吹きそうになりました。
    セフレ→良い友達 って、なるほど格下げなんだね。格下げかぁ~
    うまいこと言うね。
    今後、格下げという言葉に遭遇するたびにセフレ→友達を思い出しそう。

  6. 相談者の旦那や不倫相手の奥さんも、セフレがいたりして…
    結婚相手とレスの人は、セフレいてもいいんじゃないかとも思う。レスでも平気な女友達もいるけど、私はレスは、絶対に耐えられないけど、人それぞれ。
    相談者は、旦那な借金を返したり、頑張ってやって来たのだし、残りの人生は、自分の為に生きていいと思う!
    68歳のじじいを踏み台に女を磨いて、自信を付けて、もっとステキな男性と恋愛や性を楽しむのもいいんじゃないでしょうか。やましい気持ちを持ってしまうなら、離婚して自由になるのもいいと思う。
    相談者は、結婚を続ける意味は、何なのかな?

  7. 甲斐性のない旦那を見下し用としてキープしつつ、他の男とのセックスライフを楽しんでいる。と見える。

  8. 相談者の夫もそこそころくでもない人そうなので、まずは夫と離婚してから恋愛だの不倫だのすればよい。ただ相手は、かなりの年配者ではなく、この際、もっと若い人にしたらどうか?
    もし仮に回答者が瀬戸内寂聴さんだったら、全く別の回答、「恋をしなさい」と言うアドバイスかも。

  9. 私はまず、68才の男性に惹かれて肉体関係になること自体驚きました!
    私も相談者の年齢に近いけれど、相手58じゃなく、68歳だよ!!自分もたいがいおばさんだと思ってるけど、相手はおじいさん、にしか思えない。よっぽどダンディーなんだろうか?
     私の意見としては、不倫を解消したほうが後々めんどくさくないと思うな。相手からしても、声かけたら、まんまと肉体関係までいってラッキー、ってだけだと思う。
     完全に縁切りたかったら、職場もやめればいいけど、49才で、また新しい職場探すのも難しいかもしれない。
     んー、でも、結婚して子どもいるの知ってて、誘ってくるなんて、相談者もスキがあるんだろうな。誘われる自分に、女性として魅力があるんだ、と自分に酔ってそう。
    あと、自分の子に、不倫してること話す神経は信じられない。隠す気ないじゃん。子どもに気を遣わせてどうするの。 
     まぁ、不倫ってさ、やめたほうがいいに決まってるの、わかってるじゃん?分かっててしてるんだから、相談してくるのも、なんで??っていつも思うんだけどね。
    バレれば、修羅場になるし、離婚になったり、慰謝料請求されたり、職場不倫なら仕事失ったりするかもしれないんだから、それ知ってて、不倫してるんでしょ。
     だから、どうぞご自由に。

    1. 私も、ろ、68歳⁈
      と、びっくりしました
      ご長寿社会だからまだまだ働いて恋愛も現役なんですね

  10. 皆さん、なかなか寛容ですな。
    私もほぼほぼ(笑)同意見。中川先生の言うことが、もっともなんだけどやはり人間ですからねぇ、失敗も脱線も人生のアクセントと捉えれば不倫だって自由にすればって思います。
    相談者さんはちょっと緩い?(失礼!)っていうか、人に頼まれると断れない性格なんでしょうね。悪い人ではなさそうです。

  11. いつも相談にピッタリな写真(今回は、イラスト)で、笑えたり、ドキッとしたり、選ぶセンスに感心します!今回も、なるほどーって笑えました。

    20歳も年上の68歳の老人と付き合ってて、びっくりしましたが、相談者さんに相応しいのでしょうねー。
    若けりゃいいとは思いませんが、正直私は、老人は、ムリです。若い頃は、年上男性が良かったですが、この歳になると年上は、老人になるから、自然と年下になります。深みのある老人は人間としてステキですが、男性としては私は見られないです。好みは、人それぞれでしょうが。
    不倫と聞いていい気はしませんが、人肌が恋しいとか、性欲とかあると思います。
    私は、バツイチで恋人がいますが、既婚の女友達には、いい歳してよくやるねーと嫌味を言われます。気にしませんが…
    どこかの国のように婚外恋愛が認められてもいいんじゃないかと思います。
    日本の中年女性は、アイドルなどの追っかけをして、性欲を発散させているとも言われていますが、何か気の毒なような、平和なような…人それぞれですが。私の妹も最近、アイドルの追っかけをし始めたので…でも姉としては、波風立たない方がいいと思います。

コメントはお気軽にどうぞ