3人の子を育てて余計に深まる薄情な母への疑問。褒めない美しい母の手抜き料理

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい、どうもこんにちは

相談者:
こんにちは

マドモアゼル愛:
はい
ちょっと整理したいんだけども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
まずお母さんが・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたがおっしゃるような形で・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたにひどく当たって来たっていうのはこれ事実だったと思うのよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・それは加藤先生おっしゃったように、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
母親のほうに問題があったわけじゃない?心に。

相談者:
はあ、はい

マドモアゼル愛:
それは、でも、子供のときは見抜けないよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それは仕方ないけれども。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり、でも、それは整理して、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ちゃんと理解しておく必要があると思うんですよ。

相談者:
はあ

マドモアゼル愛:
そいで、お母さんからしてみれば、あなたは、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お祖母ちゃんとこに行った子なのよ?

相談者:
はい
そうです

マドモアゼル愛:
ある意味じゃ、あなたも裏切ってるんだよ。形の上では。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
そのときは・・お母さんどう受け止めたわけ?

相談者:
いや、わたしが、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
その高校、3年間・・祖母の家で暮らしたときに、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
一度も(泣)・・わたしに会いに来てくれたことはないんです。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
それで・・

マドモアゼル愛:
裏切られたと思ってんじゃない?お母さんは。

相談者:
・・(息を吸って)わたしも裏切られたと思って・・

マドモアゼル愛:
そこなのよ問題は。

相談者:
はあぁ

マドモアゼル愛:
ね?僕は離れたことは良かったと思ってんですよ。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
ていうのは・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お母さんはその前からあなたに当たってたわけだから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
距離を空けることは大事なのよ。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
ね?
でも、あなたの、今、何も変わってないのは、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分の感情からしか物考えてないのよ。

相談者:
あ・・

マドモアゼル愛:
そしてその感情のベースが常に被害者なんだよ。

相談者:
はあぁ

マドモアゼル愛:
まずお母さんのホントの気持ちが理解されてないよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お母さん自体が病んでたんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そしてあなたも・・病んでんですよ、やっぱり。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
それが分かってないからね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで、病んでるのは何に来たかというと、自分に対する憎しみになってったわけよ、あなたの場合。

相談者:
はあぁ

マドモアゼル愛:
や、どう?

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
僕はそう思うんだけれども。

相談者:
よく言いますよね?あの・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「母の気持ちも」・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「あなたが母ぐらいの年齢になったら分かるんだよ」って、祖母に・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
言い聞かさせられたことがあったんですよ。

マドモアゼル愛:
はい、はい

相談者:
で、でも実際・・自分の子供が・・18歳、16歳・・

マドモアゼル愛:
うん、うん、うん

相談者:
となっていく、につれて・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
こんなに、可愛い子供を・・よくも・・(泣)、あー、そんな、放っとけれたなというような・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
全然気持ちが分からないという方向に、なってしまいまして・・

マドモアゼル愛:
この、15歳のときに、お、お祖母さんでしたっけ?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
のところに行ったのは誰が決めたことなの?

相談者:
わたしが、まず、母たちにはついて行きたくないっていうことで、祖母・・

マドモアゼル愛:
言えたわけだよね?

相談者:
はい、祖母に・・相談しに行きました。

マドモアゼル愛:
そうすると・・心理的には、お母さんと、このときは、決別はしたつもりだよね?でもそうなると。

相談者:
わたしが、あの・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
母に、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「一緒に行こうよ」って言ってもらいたかったのかもしれません。

マドモアゼル愛:
あ「行かないで」って?お母さんに?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あー、あー、なるほどね。

相談者:
その期待をしたのかもしれません(ため息)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
でも、なかった。

マドモアゼル愛:
だからあなたの人生って・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分が愛されてるっていうことを・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
関係してる人にとにかく・・認めてもらいたい、認めてもらいたい・・

相談者:
ああー

マドモアゼル愛:
それだけで生きてるよね?あなたってね?

相談者:
そうですね、はい!

マドモアゼル愛:
それってさあ・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ホントはつまんないことなんだよね(含み笑い)。

相談者:
あーあ

マドモアゼル愛:
だって愛せる人しか愛せないのよ、人って。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
愛する能力ない人はいくら何やったって愛せないよ?、人を。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから・・ここが、ある意味で大人になんなくちゃいけないんだけども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱ傷ついてるから、それができないでいるわけよね?今ね?

相談者:
はあぁぁ

マドモアゼル愛:
だから、もう一回ちょっと冷静に考えて、あなたのお母さんは、感情の問題に掛かりっきりで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それを・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
隠すために・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
誰かを責める必要があったのが、あなたの対象に向かったってことじゃない?

相談者:
あーあ、はい

マドモアゼル愛:
これは理解できるよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・子供時代、だからあなたもそれは、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お母さんから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
愛されなかったっていう思いで、

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
悲しみを負った。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
これも事実だよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でも、今、僕が言ってんのは・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
愛する力のない人は、

相談者:

マドモアゼル愛:
例え親でも、子供を愛することはできない。これも・・

相談者:

マドモアゼル愛:
悲しいけど事実なんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
母親に愛情を求めること自体が・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
違うのよね?

相談者:
ああ(泣)

マドモアゼル愛:
お母さんを・・あんな人でも結構・・頑張ったのかもしれないな(含み笑い)とか・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
どっかに落とし所を・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり見つけなくちゃいけないと思うんですよ。

相談者:
ああ、はい

マドモアゼル愛:
そのとき・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分っていう感覚があるかないかが・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
鍵になんのよ。

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
あなたは人の言葉に常に、惑わされんのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
要するに自分は愛されてない存在として弱いと思ってんですよ、どっかで。

相談者:
は、はい

マドモアゼル愛:
だからつい、大したことない人の言葉でも騙されてフラフラしちゃうのよ。

相談者:
あー、そうですね・・はい

マドモアゼル愛:
うん、うん
だから、何かをどう解決すればいいのかっていう・・ことなんだけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
まずあなたがしっかりする以外ないんだよね。やっぱり最初は。

相談者:
あーあー・・あーそうですか。

マドモアゼル愛:
うん。そこしっかりしてくださいよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで問題解決なんかできないですよ。
だってお母さんに愛情がないんだもん。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
じゃ、本当にすべての愛情がないか?、そうじゃないよ。
それは多少あるんだよ、やっぱり。

相談者:
・・あぁぁ

マドモアゼル愛:
だから・・それで良しとしてあげなくちゃ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そしたらこっちが大人になるもん、お母さんより。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういうことでしか解決できないと思うんだよ、これは、僕は。

相談者:
あぁぁ

マドモアゼル愛:
ね?
自分のこと考えようよ、もう、ね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ちょっと加藤先生にもう一回聞いてみたいなと思います。はい

相談者:
あ、ありがとうございます。

マドモアゼル愛:
はい、うん

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あのね?・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんはあなたをいじめることで心を癒していたんですよ。

相談者:
はあい

加藤諦三:
で、そこまで分かってるわけよね?

相談者:
分かりたく、ないですけれども・・

加藤諦三:
分かりたくないけれども分かってる・・

相談者:
はあい

加藤諦三:
分かりたくないけれども、分かれば、これでもう、物事は解決すんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
ここであなたが本当の自信ができるんです。

相談者:
あーあー・・はい

加藤諦三:
つまりね?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
人間は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
認めたくない、

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
真実に直面、できたときに・・

相談者:
はい

加藤諦三:
成長するんです。

相談者:
あーあ、そうなんですね・・

加藤諦三:
だって今まではあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
Dependent hostility relationshipって言って、

相談者:
はい

加藤諦三:
依存的敵対関係なんですよ。

相談者:
はあーあ・・

加藤諦三:
敵対する者に、依存してたの。

相談者:
はい

加藤諦三:
きょうだいとお母さん・・どっか食事に行くとか、なんとか言ってますよね?

相談者:
あ・・はい

加藤諦三:
あれ・・あなたを仲間外れにして、みんなしてよろこんでるんですよ?

相談者:
はあぁー◆#$%

加藤諦三:
仲間外れにすることでみんなが、心癒してんだから。

相談者:
あーあー

加藤諦三:
ということは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんにとって最も重要な人は誰だと思う?

相談者:
えぇ?・・分かりません。

加藤諦三:
あなたです。

相談者:
はあぁぁぁ・・そうなんですか・・はあぁ

加藤諦三:
重要でなければなんであなたをいじめるの?

相談者:
(泣)・・それが分からなかったんです。

加藤諦三:
だから、お母さんにとっても・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたに依存して、あなたに敵対してるの。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの気持ちとおんなじです。

相談者:
はあい

加藤諦三:
あなたは、お母さんに依存しながらお母さんを、敵対してる。

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんも・・あなたを・・

相談者:
はい

加藤諦三:
批判、いじめ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
敵意・・

相談者:
はい

加藤諦三:
憎しみを持ちながら、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたに依存してるんです。

相談者:
はあぁー

加藤諦三:
これでね?

相談者:
はい

加藤諦三:
さっき言ったようにあなたが・・

相談者:
はい

加藤諦三:
母親は・・あなたをいじめることで心を癒していた。

相談者:
はい

加藤諦三:
母親にとって一番重要なのは自分だったって。

相談者:
はい

加藤諦三:
これを認めたことで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたに本当の成長と、生きるエネルギーが出ます。

相談者:
あー、はい

加藤諦三:
頑張って!

相談者:
はい。頑張ります。

加藤諦三:
本当の・・素晴らしい人生を、

相談者:
はい

加藤諦三:
生きてください。

相談者:
はい

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
ありがとうございました。

加藤諦三:
認めたくない真実に直面したとき、人が本当に成長するときです。




「3人の子を育てて余計に深まる薄情な母への疑問。褒めない美しい母の手抜き料理」への13件のフィードバック

  1. 人生相談の数十分で解決できる問題じゃないです。少しの気付きや、束の間の慰めにはなるかもしれませんが。
    本気で良くなりたいと思うなら、専門のカウンセリング受けた方がいいと思う。
    お金払って….

  2. 「過去に虐められ、今も心が苦しい」という相談に「虐める人は病んでいたので、貴方が大人になりなさい」という回答のように聞こえてしまう。
    この程度の回答で解決するのだろうか?

  3. 毒親を持った人にしか分からない、同感です!
    先生方の話はもっともだし、ご本人も分かっているみたいだったけど、それでも「親に愛されたい」って気持ちをあきらめるのは、難しいことですよね。
    「あなたが大事だから、いじめていた」と言われても、何にも救われないような…
    相談者さんの子供時代、今に続く辛さ、聞いていて苦しかったです。
    それでも、いつか相談者さんが、お母さんへの期待を少しでもあきらめられて、心穏やかになれるといいな、と思いました。

    そして「妹弟も一緒になって仲間外れに」という予想は、個人的には聞きたくなかったです。せめて、妹達はそんなことないと思いたい。

  4. この回答は相談者にとって辛かったんじゃないかと思いました。
    毒親を持つ人にしかわからない。本当にその通りだと思います。相談者と同じように苦しんでいる人はいるので、一人じゃないということが伝われば。。

  5. 今日のマド愛の回答、
    全く同意できなかった。
    なんで、毒親の子が、否定されて、責められなくちゃいけないの。
    「ある意味、裏切ってるよね。」
    「お母さんだって、結構頑張ったのかもしれない」
    「お母さんは病んでたのよ」
    「相談者が理解してあげるしかない」とか。

    虐待やいじめられてる人が
    「相手は病んでるんだから、理解してあげよう」とか「相手にとってあなたが大事だからいじめるんだ」と言われて、それで納得して、それで済むのか。

    今日の相談者は、こんな回答で
    もっと自分を傷つけてしまわないか心配。

    相談者は全く悪くない!
    昔から現在まで「母親に愛されたかった」その気持ちは痛いほど分かる。でも毒親は毒親。絶対に相手は変わらない。親とも妹弟とも、気持ちの中で縁をきればいい。
    相談者には、大切な夫や子どもがいる。自分の家族を愛して、幸せになってほしい。

  6. 夫婦ともに44才。長女22才、次女18才まで私とまったく同じ。私は長男10才、次男7才。母の愛を感じられなかった境遇もまったく一緒。相談者にものすごくシンパシーを感じる。でもここまで泣けるのがピュアだなーって。私、もう諦めてるから。まったく泣けない。自分の子らが可愛すぎて、なんでウチの母はこんなに愛おしい存在を愛せなかったんだ?と思うことも相談者と一致。コメント欄が相談者擁護なのがすごい救われます相談者に代わって「ありがとうございます」。読むさんのコメント見るとうざがってらっしゃるみたいだけど(笑)。マド愛さんは、相談者を責めてるわけではないんです。相談者の彼女がもう母親を越えてることを踏まえて、現実的なアドバイスをしてるんです。私も10代から30代まで母親を憎んで責めて、結局愛情が薄い人だったから解決しなかった。心理学の根源と同じなの。『過去と他人は変えられないが、自分は変われる』。44才の良き母親には「あなたが変わりなさい」以外のアドバイスはないんです。

    相談者がこれを機にハツラツと生きて欲しいな。お母様が美しいとのことだけど、この相談者もきっと美しい方なんだと思う。私も頑張ります。

    1. そうなんですね。
      責めてるわけじゃないんですね。
      マド愛先生の回答より、八百富さんのコメントを読んだほうが、すごく納得できました!!!スッキリ!!(笑)
      ありがとうございます!

  7. このような毒(母)親に虐げられて育った娘(相談者)というケースの相談が、結構頻繁にあり、大抵強い憤りを感じる一方で、このような相談者は総じて、自分の配偶者や子供には恵まれ、自らの家庭生活は良好で、救われる思いがする。
    世の中、誠実に生きていれば、どこかでちゃんとバランスを取ってくれる力が働くのかも知れない。

  8. ねむこさん、お礼の言葉、恐縮です。
    こちらこそありがとうございます。
    テレ人ファンさんのコメントに
    胸が温かくなりました。
    ありがとうございます。

    1. いえいえとんでもないです。
      八百富さんのコメントも、まさに「言い得て妙、的を射る(得る)」コメントだと拝見していました。
      こちらこそありがとうございました。

  9. 事実や真実を認めること、受け入れる
    妥協して向き合うまでは、相談者は出来て良かった。
    人格形成のプロセスで承認欲求が満たされ無かったんだね
    当然だよ~その母親だったら
    愛されたい、甘えたい、関心もって、認めて、褒めて、とか様々な欲求があるから
    幼少期~青年期までね…
    そりゃ~依存心も過剰になるよね
    つまり…無意識化で頼る、甘えたい…動機が
    行動に繋がって関係をもつ…
    加藤さんの言う通り…認めるしかないね
    ゆっくりコツコツ人生長いからね
    自分の人生は自分で責任!って姿勢でね

  10. 自分以外の弟妹とは仲良くやってるということは、
    誰も愛せない親ではないってわけだ。
    母親になぜ自分だけ違う態度で接したのか聞くか、母親をもう愛することをやめるしか、根本的には解決しないだろ。

    親の愛に執着するのは男性より女性のほうが多い。
    男は愛より得を好むし、女性は親は子を愛して当然という前提にたってることが多いしな。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。