スポ少のいじられキャラはヒッキー抜け出すも何も続かず焼身図り医療保護入院

テレフォン人生相談 2020年6月23日 火曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女64歳 夫68歳 一人息子31歳現在入院中

今井通子:
もしもし?テレフォン人生相談でえす。

相談者:
あ、お世話になりまあす。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あのお、息子がですね・・社会に戻るにはどうしたらいいかということで、ご相談でしたいと思いまして。

今井通子:
・・はい・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたはおいくつですかあ?

相談者:
64歳です。

今井通子:
64歳。ご主人は?

相談者:
68歳です。

今井通子:
お子さんは息子さんお1人?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
え・・

相談者:
31歳です。

今井通子:
31歳・・え?、何がどうなさったんですか?息子さん。

相談者:
勤めえ、が長続きしなかったりとか、

今井通子:
うん

相談者:
しばらく、何年間か・・引きこもりのような状態になりまして、

今井通子:
はい

相談者:
でえ、ある・・自分の、地域よりも、離れたところ、の、若者支援、施設のようなところがありまして、

今井通子:
はい

相談者:
そこにまあ・・入りましたけど、

今井通子:
はい

相談者:
途中から、なんかあの・・やっぱり・・い、ちょっと居づらいようなこと言って、
「出たい」「出たい」て言ってたんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
1ヶ月ぐらい前にあのお、そこの寮を、飛び出しまして行方不明になりまして、
見つかって、帰っては来たんですけど、
一応その施設に、で、頑張るということで・・1週間、頑張りましたが、

今井通子:
はい

相談者:
1週間後にまた、今度は、自殺騒ぎみたいなことしまして、

今井通子:
あらら

相談者:
怪我は・・大したことはなかったんですけども、検査入院っていうことで、い、「1週間、いれます」う、っていうその、施設の方からお電話がありまして入ったんですけど、
「死にたいようなことを、本人が言うもんですから、同じ病院の精神科のほうに、一応保護という形で入院させました」っていうことで。
家(うち)に帰ってくればまた、引きこもり状態になるのは、もう、目に見えてますんで、
どうするのが、一番いい、いいのか?、ちょっと分からなくなりまして、

今井通子:
なるほど。

相談者:
お電話しました、はい

今井通子:
まずあのお・・お小さい頃からの話なんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
子供の頃の性格はどういう性格のお子さん?

相談者:
ま、誰とでも、一応、遊べる子で、
ま、途中からなんかあのお・・おんなじ・・少年団の子なんかに、こう弄(いじ)られるタイプ・・みたいで(含み笑い)、

今井通子:
うん

相談者:
それえ、が、だいぶ気になってたみたいで、もう・・中学校・・

今井通子:
ま、あ、まず、その少年団って何?

相談者:
スポーツやってまして、

今井通子:
はい

相談者:
そこの、スポーツ少年団でまあ・・よく、い、人にこう茶化す・・子っていますよね?

今井通子:
・・うん

相談者:
そういうタイプの子から・・ん、こう、弄られる、タイプだったんです。
20代の始めぐらいまでも、そのお、子のことを、もうずうっと・・言ってました。
「もう」あ、「あいつが」・・

今井通子:
この・・少年団のお、っていうのは、これ、

相談者:
はい

今井通子:
小学校の頃?

相談者:
小学校、だったんですけど、
ま、ほとんど、中学校もまあ・・地域は持ち上がりで、

今井通子:
はい

相談者:
おんなじような子が、やっぱりおんなじ、スポーツ、やっぱり入って、

今井通子:
&#

相談者:
環境的にはおんなじように弄られてたみたいです。中学校ぐらいまでは。
で・・高・・

今井通子:
で、高校は?

相談者:
高校は、もうその・・一番、い、弄る子は・・同じ学校には行かなかったんですけども、
(息を吸って)ま、自分の体で・・体毛が生えて来るのが早かったり、とか、
口の周りの髭が生えるとか、早くて、それも、なっ・・ちょっと気になってたらしくて、高校に入ったら、全然違う子が・・
「キミ濃いねえ」みたいなこと言って、ま・・それがきっかけかどうか分かんないですけど・・高校の1年の、9月頃からもう行かなくなりまして、

今井通子:
はい

相談者:
で、ま、「どうして行かな」・・「いの?」って聞いたら・・「そんなことまた、別な子に言われた」・・て、

今井通子:
うん

相談者:
言ってたんですけど。

今井通子:
じゃ、高校は、卒業されたの?

相談者:
いえ、1年生の、9月まででした。

今井通子:
辞めちゃったの?

相談者:
そうですね。
で・・その次の年には職業訓練校、ま・・「タイプ(?)仕事してみたい」とか言うもんですから、

今井通子:
はい

相談者:
そういう訓練校に入ったんです。

今井通子:
ふうーん

相談者:
そし、たら、そこでも、ま、半年後ぐらいに、同じ生・・徒と、トラブって・・それが元で、ま、退校(?)&#△%になったんですけど。

今井通子:
で、その次は?

相談者:
次はあのお・・別で、違う資格う、を取るということで、1年半ぐらい、ま、行った、夜間の、専門学校に入りまして、今度は調理師なんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、そこは一応卒業はできたんですけど。一応就職になったんですけども、3ヶ月の、み、見習い期間のときに・・
「採用は」し、「すいません」、あの「お断りします」みたいに、言われて。

今井通子:
3ヶ月が過ぎたら・・お断りされちゃったわけね?

相談者:
そうなんです(苦笑)。

今井通子:
相手から断られたんですよね?

相談者:
この場合はそうです。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
誰かにいじめられたからとか・・

相談者:
はい

今井通子:
そういうのが嫌で、とか、人と会うのが嫌で・・

相談者:
あ・・

今井通子:
とかじゃなくって、

相談者:
いいえ・・自分からではなかったです。

今井通子:
うん、自分からじゃなかったのよね?

相談者:
はい

今井通子:
はい、分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
あとはもうアルバイトと・・

相談者:
アルバイトを3ヶ月、3ヶ月くらい、がもう、た、結構、いっぱいありまして、

今井通子:
ふん、うん

相談者:
で、転々として、まあ、辞めるとすぐ、も、やっぱり、就職できないので、
やっぱ半年とか1年とかずっとこう、ブラブラ状態になるわけですね。
ですから、ま、アルバイトして、辞めて1年ぐらいまた遊ぶみたいな・・

今井通子:
うん、ふん

相談者:
感じが、何年間も続いて30前ぐらいまで続きまして・・

今井通子:
はい。で、その後、結局う・・支援施設へ、行ったわけですよねえ?

相談者:
はい

今井通子:
うん

相談者:
その支援施設で・・1ヶ月ぐらい前、ちょっと、そういう・・

今井通子:
うん、んで、その、いなくなって、

相談者:
はい・・帰って来たら、また・・

今井通子:
で、帰って来たら・・

相談者:
自殺未遂騒ぎになって、

今井通子:
うん。で、その自殺未遂んとき、どうしようとした?

相談者:
なんか自分の着てた洋服に?

今井通子:
うん

相談者:
なんか火を点け、たそうです。

今井通子:
ん?、それってどこでやろうとしたの?

相談者:
・・公園らしいんです。

今井通子:
・・ふん、ふん
そうすると、それで・・今、現在があるわけですね?

相談者:
今そのお、自殺騒ぎ、なときに・・病院に・・入ったんです。

今井通子:
うん

相談者:
でもう、あの、死にたいようなことを、やっぱ口にしたらしくて・・同じその病院内に精神科が・・あって、そっちのほうに移して、ま、「保護してる状態になってます」って言われました。
で、今そこに・・実際はいます。

今井通子:
はい

相談者:
分からなくなってしまった&#△、本人、の意思が、どこなのか?っていうのは・・

今井通子:
うんふん
あ、本人の意思は分からない?

相談者:
はい・・&#△%

今井通子:
で、あなたとしては、ご相談としては、じゃあ

相談者:
はい

今井通子:
どういう、アドバイスがほしいの?

相談者:
何が一番・・いいのか?
その、施設に、いることが、いいことなのか?、実家に帰るほうがいいことなのか?

今井通子:
えーっと、分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、三石メソード主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「スポ少のいじられキャラはヒッキー抜け出すも何も続かず焼身図り医療保護入院」への4件のフィードバック

  1. 聴いてなくて読んだだけなんでニュアンスがわからないんだけど、「息子が焼身自殺未遂した。社会復帰の方法教えて」って、間の感情的なものを、すっ飛ばしすぎてシュールにさえ見えた
    手首を申し訳程度に傷つけて、自称自殺未遂をする困ったちゃん、みたいな息子さんなのかな
    ···にしても火を使うっていうのは親が震え上がるに十分な気がするけど

  2. 引きこもりから脱したと思ったら廃人になった息子。
    もう関わるのが嫌なんだろうな。

  3. 私の友人が焼身自殺したけど
    やっぱりやんでたのかな?
    ご家族のかたには気の毒だけど
    本人は絵の世界に没頭してて
    この世に未練なんてなかったんじゃないかと遠くから思う。

  4. 三石さん、「あなた(相談者)に、息子の事を考える力も能力も無い」と言うけど、それを聞きたくて相談してるんじゃないのかな、相談者は。

    また、三石さんは「プロに任せて」って言うけど、相談者は「若者支援施設に入って「出たい出たい」言いだして、脱走しまして」と言ってる。話聞いてるんだろうか。

    最後は「楽しくやろうよ」って。他人事。知らぬ存ぜぬ。普段から引きこもりを肯定する節もあり、真剣に相談者と向き合って回答しているとは思えない。三石さんは自分には合わない。

    息子さん、とりあえずは就労継続支援B型事業所でも色々行きながら、やりたい事や居場所を探してみてはどうだろうかと思う。幸せになって欲しい。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。