収穫米は身内消費で儲けナシ。通い姉が母の通帳押さえて経費も生活費も俺持ち

(回答者に交代)

塩谷崇之:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちは

塩谷崇之:
はい
え、はじめに確認ですけどね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、最初、うん、「相続に伴う家のあり方、についてご相談したい」と、

相談者:
はい

塩谷崇之:
おっしゃったんだけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
亡くなったのはお父さんで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、お父さんの、相続については・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、すべて、お母さん名義にするということで、相続人全員が納得、しているわけですよね?

相談者:
あはい

塩谷崇之:
で、それは何かこう、遺産分割協議書みたいな物作ったんですか?

相談者:
いえ、なんも作ってないです。

塩谷崇之:
なんも作ってない?

相談者:
協議・・はい

塩谷崇之:
そうするとお、えっとお父さん名義の・・自宅の土地建物とか・・農地とか・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
ていうのはまだお父さんの名義のままになってるわけですか?

相談者:
・・いや、お袋にい・・名前を変えるっていうことで、

塩谷崇之:
うん

相談者:
兄が、あー、してくれたので・・確認はわたしはしてませんけど・・

塩谷崇之:
そうするとじゃ、お父さんの、相続の手続き自体は、も全部終わってるという、理解でいいんでしょうかね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、あなたよく分かんない部分があるかもしれないけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
要は相続の問題で揉めてるわけじゃないんですよね?

相談者:
あはい、その、あとですね。

塩谷崇之:
うん。えー、その上で・・お母さんからあ、えー、「あなたが後を継ぎなさい」というふうに、言われ・・たということでしたっけ?

相談者:
はい・・

塩谷崇之:
&#△%

相談者:
はいそうです。お・・

塩谷崇之:
お父さんじゃなくてお母さんから言われたんですね?

相談者:
両方、両方ですね。

塩谷崇之:
言われた?

相談者:
はい

塩谷崇之:
その「後を継ぐ」というのは・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
その、農業を継ぐという意味ですか?それともその、家、土地建物・・自宅を・・継ぐという・・

相談者:
あーあ・・あの、両方ですね。

塩谷崇之:
両方?

相談者:
あの、はい

塩谷崇之:
で、えっと、お母さんが・・あなたに対して「跡を継ぎなさい」と言ってるのは・・「お父さんの跡を継いで農業をやりなさい」ということ、なのか?

相談者:
はい

塩谷崇之:
お母さん、が亡くなったら、あなたが後継ぎなのよっていうことなのか?、どっちの意味なんですかね?

相談者:
あ・・その意味から言うたらお袋が亡くなってからですね。

塩谷崇之:
あーあ

相談者:
うん

塩谷崇之:
じゃ今は、お母さんが・・農業をやっていて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたはそれを手伝ってるというような・・

相談者:
そうです。

塩谷崇之:
そういう捉え方でいいんでしょうかね?

相談者:
あはい

塩谷崇之:
うん

相談者:
そういう、それで構いません。

塩谷崇之:
なるほど。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、農業をやって、農業から得られた・・収益というのは・・これは、誰がどう管理してるんですか?

相談者:
あの、収益っていうのは、も、あのお・・お米を作って、自分たちでえ・・消費してる・・きょうだいとか・・親戚に・・作ってるだけで、規模的にはもう・・自分とこ用ぐらい、ですかね。

塩谷崇之:
じゃ、特段、収入、うー

相談者:
はい

塩谷崇之:
金銭収入あるわけじゃないんですか?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ほうほう
で、その、じゃ、獲れたお米っていうのはあ、誰があ、消費してるん、ですかね?

相談者:
親戚、とか、あー、きょうだいですね。

塩谷崇之:
それはなんていうかな、お裾分けみたいな感じで分けてるっていう・・

相談者:
はい・・そ、そういうことです。

塩谷崇之:
で、あなたあ、は、まあ、じゃ、労力は出すけれども、そっから、何らかのこう、収入を得てるわけでもなんでもない?

相談者:
あはい、そういうことです。

塩谷崇之:
あなた自身の生活は、

相談者:

塩谷崇之:
なんで・・

相談者:
自分が働いてるんで、その、収入で・・やっています。

塩谷崇之:
働いてるというのは農業とは別にということね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
それで、えーと、お姉さんがあ・・通帳や印鑑を4、5年前に持って行ってしまった。

相談者:
はい

塩谷崇之:
この通帳や印鑑っていうのは、お母さんの通帳と印鑑ですね?

相談者:
そうです。

塩谷崇之:
ふうん
で、それはお姉さんは・・え、「お母さんから預かったんだ」というふうに言ってるけれども、
お母さんは「預けてない」というふうに言ってるわけですか?

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、えーと、お母さんはその通帳や印鑑は、お姉さんに「返してくれ」というようなことは言、ってないんですか?

相談者:
あ、言ったんですけど、

塩谷崇之:
うん

相談者:
あの、今、お袋、あの・・半分寝たきりになってるんで、

塩谷崇之:
うん

相談者:
あの「あなた管理できないでしょう」みたいな感じい、から入っていって、持って行ったみたい、な、ニュアンスです。

塩谷崇之:
うーんと、お母さんは、その元々の、ご実家に・・住んでるわけですよね?

相談者:
そうです。

塩谷崇之:
今でも住んでるわけですよね?

相談者:
あ、はい

塩谷崇之:
で、あなた、は、農業は手伝ってるけれども、一緒には住んでないわけですね?

相談者:
あ・・一緒には、あのお、住んでます。

塩谷崇之:
一緒に住んでる?

相談者:
あはい、あの、わたしだけ。

塩谷崇之:
あーあ

相談者:
うん

塩谷崇之:
お姉さんは?

相談者:
介護の、ために来てるっていうか・・

塩谷崇之:
あー、お母さんの介護をしてる?

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
ふうん
お母さんの介護っていうのはお姉さんがもっぱら・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
1人で担当してるわけ?

相談者:
はい

塩谷崇之:
あーあ

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、その、えー、介護だけじゃなくてえ、お母さんの、お、財産の管理も・・お姉さんが、「わたしがやるわよ」と言って・・引き取ってしまったと。

相談者:
いや、あの・・わたしにそういうふうに言ったんなら分かるけど、そうじゃなくて・・わたし、には、あの・・ん、
「通帳と印鑑は・・・「わたしが管理しとく」っていうような感じで、言ったから、なんの話?ってなったんですよ。

塩谷崇之:
うん

相談者:
「お袋が持っとるんじゃないか?」っていう話をしたんですけど・・

塩谷崇之:
うーん
そうするとね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、先ほどのあなたのご質問でね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたがお姉さんに「返せ」と言えるか?という・・ご質問でしたよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん、でそれについて言えば・・これお母さんの・・通帳や印鑑なので、

相談者:
はい

塩谷崇之:
それを「返せ」と言えるのは・・お母さん・・なんですよね。

相談者:
あー、は、は、は

塩谷崇之:
あなたあ、は、それを・・えーと、管理する理由っていうのは、特にないわけですよ。

相談者:
あー

塩谷崇之:
今一緒に住んでいて農業手伝ってるかもしれないけれども、

相談者:
あはい

塩谷崇之:
おー、あなたが、ま、言う立場にはなくて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
でもお母さんは、お姉さんに・・預けたんではなくて、

相談者:
ええ

塩谷崇之:
自分で管理をしたいと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
或いはその・・んー、自分じゃなくて、例えば、息子であるあなたに管理をさせたいと・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
いうふうな意思を、お母さんが持っているのであれば・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
お母さんが、それを、おー、お姉さんに・・

相談者:

塩谷崇之:
言うことはできますよね?

相談者:
はいはいはい

塩谷崇之:
で、そしたらお姉さんのほうは。それを拒む理由っていうのはないはずなんですよ。

相談者:
ああ、はあはあ

塩谷崇之:
うん、で・・もし、いー、それでもね?

相談者:
うん

塩谷崇之:
お姉さんが拒むんであれば・・ま、お母さんの名前でね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
お母さんのほうから・・あの、弁護士さんでも付けて、

相談者:
・・あー

塩谷崇之:
えー、これは自分、お母さんの自分の財産なんだから、戻しなさいと・・いうふうに、要求することはできると思うんですけれども、

相談者:
あーあ

塩谷崇之:
ただそれを強く、要求すると・・「だったらわたしは介護はしないわよ」というようなことで・・突き放されてしまう可能性もありますよね。

相談者:
あー、そうですね。

塩谷崇之:
うん
あと、或いは・・お母さんが・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
お姉さんではなくてあなたにね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう、うー、財産管理を委ねたいということであれば・・お母さんから、あなたがそういう委任を受けて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
財産管理を・・の委任を受けて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、あなたが預かるということもできますけれども、

相談者:
・・あー、はあ、はあ

塩谷崇之:
でも・・お姉さんからすればね?

相談者:
うん

塩谷崇之:
あなたが、「いや」、あ、あー、「俺がお袋から」・・「頼まれたんだよ」ってふうに言っても・・「はいそうですか」ってわけにはたぶん行かないと思うんですよね。

相談者:
あはい

塩谷崇之:
うん、だから、もしあなたが・・管理をすると。
で、しかもお母さんがそれを望んでるということであれば・・お母さん、からあなたに対するね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
正式な、なんか委任の書面をね?、あの、然るべきところでね?公証役場などで作ってもらって、

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、えー、「自分はこういうふうに正式に、管理を委ねられたから・・今までお姉さんに預けてたけれども、これをこっちに渡してください」というふうに・・そういう・・立場にあなたがなれば、あなたは、お母さんにそれを言うことができますけれども。

相談者:
あー、はあ、は・・分かりました。

塩谷崇之:
うん、ただそれにはやっぱりそれなりのね?きちんと・・お姉さん、に、対して・・え、あなたが代理人であると、お母さんの代理人であるということを、示すような・・あの、正式な書面を作んないとお姉さんは応じないと思います。

相談者:
あー、はあ

塩谷崇之:
うん。それともう1つはね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、お姉さんと、あなたと・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
両方でこうなんていうかな?綱引きをするような形になってしまうと・・なかなか埒が明かないということであれば・・お母さん、が・・自ら自分の代理人、としてね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
え、弁護士とか・・税理士とか・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう専門家に・・えー、おか、財産の管理を委ねて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
その人からお母さんに言ってもらうっていう方法も、ありますけれども。

相談者:
分かりました。

塩谷崇之:
うん・・という、ことでちょっと頭を・・が整理できましたかね?

相談者:
はい(笑)

塩谷崇之:
はい

相談者:
一生懸命、あの(笑)・・

塩谷崇之:
うん

相談者:
はい、ありがとうございます。

(再びパーソナリティ)

今井通子:
はい、お分かりいただけましたか?

相談者:
はあい(笑)

今井通子:
ンフ(笑)

相談者:
難しいですねえへへへ(笑)

今井通子:
うーん
あのお、あなたとしては先ほどおっしゃっていたように・・今まだ、ここの農地・・が、そして機械も含めてお母さまの名前になってるんだから、
あなたが農業を引き継いじゃったっていうふうには・・言えないわけですよね?

相談者:
あー、はい・・そうですね。

今井通子:
そうすると、うん、お母さんの土地の・・え、農業をやっているか、

相談者:
はい

今井通子:
農産物作りをやっている・・したがって、えー、「壊れちゃった機械の修理やなんかは、お母さんの貯金通帳から出したい」って・・

相談者:
あはい

今井通子:
一応は言ってみたほうがいいんじゃないですか?
弁護士さんに聞いてみたところとか。

相談者:
はーあ・・&#そうですね。

今井通子:
ですよね?

(もう一度回答者)

塩谷崇之:
そうですね。あの、機械も、まあ、そういう意味ではお母さんの機械なわけですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
だからそれのメンテナンス料は・・これお母さんの機械なんだし・・えー、別に、自分がね?えー、

相談者:
はい

塩谷崇之:
勝手に使ってるわけでもなく。
お母さんのためにやってる物なんだから・・えー、それは「お母さんの、預貯金から出してよ」と、いうことはお姉さんに・・言ってみたほうがいいと思いますね。

相談者:
あー、はあ、は

塩谷崇之:
農作物をね?全部あなたがね?、独り占めしちゃってるんだったらね?・・お姉さんも、全部あなたがそれは、払いなさいよってことになる、んだろうけれども、
別にあなたが独り占めしてるわけじゃなくてみんなで公平に分けてるわけでしょ?

相談者:
あはい

塩谷崇之:
でそれは・・みんな、等しくお母さんの子供だからっていうことで公平に分けてるわけですよね?

相談者:
あはい

塩谷崇之:
うん。であれば、やはりそれはお母さんの意思に基づいた農業をやってるわけですから、
そのメンテナンス費用、その掛かる費用も・・お母さんに、負担をしてもらうのが筋だと思いますんで。
そこを、ま、冷静に、お姉さんに、きちん、あの、伝えて、理解をしてもらうというところが、ま、スタートなんじゃないかと思いますね。

相談者:
・・分かりました。もっかい・・きょうだいで話して・・みるのやっぱり一番いいですかね?

(再びパーソナリティ)

今井通子:
そうですね。ま、お兄さんとか、ほかの方も含めたほうがいいかもしれない、それだったら。

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん

相談者:
分かりました。

今井通子:
はい

相談者:
はい。ありがとございます。

今井通子:
はい、どうも、失礼しまあす。

相談者:
どうも


「収穫米は身内消費で儲けナシ。通い姉が母の通帳押さえて経費も生活費も俺持ち」への8件のフィードバック

  1. 農業に掛かる必要経費は、普通にお母さんに伝えて、お姉さんに用意してもらえば良いこと。

    弟に通帳管理が任せられない、お姉さんの心配もあるのかも知れません。

        1. 享年71、当時相談者50歳
          21の時の子が5人兄弟の末子というのはおかしいですよね
          正直に言う必要もないだろうけど

  2. 存命の母親の年齢から考えても、
    ?ですね。
    相談者は、母親が20歳の時の子。
    それで5人目なのだから、
    母親が15歳から、みんな年子で出産してないと計算合わない…。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。