男の専売特許も今や昔。カラダと結婚を餌に同僚主婦に待たされ続けた5年

テレフォン人生相談 2020年7月17日 金曜日

独身男性。
当初から離婚して一緒になることが前提だった2人の子どもがいる同僚主婦とのおつき合い。
5年経った今も進展がない。

つき合いそのものは、少なくとも男の方は熱気を保ったまま。
いつでもヤレる来られるようにと部屋も借りる。

加藤諦三 「彼女と会ったとき、しないで別れるなんてことはできないよね?」
相談者 「考えたこともありません」

身も蓋もない加藤諦三の見立てに、中川弁護士が追い打ち。
これだけ相談者に選択肢を与えない回答も珍しい。
男の未練を断ち切るのに全力。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 男42歳独身 不倫相手41歳家庭持ちの同僚

今日の一言: 心の健康の条件の1つ。現実の世界に接して生きる。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちはあ、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
と42歳です。

加藤諦三:
42歳、結婚してます?

相談者:
独身です。

加藤諦三:
独身ですか。はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
はい
今、お付き合いしてる人がいるんですけれども、

加藤諦三:
あはい

相談者:
その方既婚者の方で、

加藤諦三:
はい

相談者:
5年ほど、お付き合いしてるんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・今の、旦那さんと別れて一緒になるっていう形で、お付き合いが始まったんですけれども、

加藤諦三:
あはい

相談者:
5年、も経っていまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
この先、発展するのかなあ?とかちょっと悩んでるんですが。

加藤諦三:
あー、なるほど。

相談者:
はい

加藤諦三:
今付き合ってる方は、何歳ですか?

相談者:
えっと41歳です。

加藤諦三:
41歳・・

相談者:
はい

加藤諦三:
で、お子さんもちろんいるわけですね?

相談者:
2人いますね。

加藤諦三:
2人います、そうすると、この女性は、ま、夫と子供を捨ててもあなたと一緒になりたいということですよね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
あはい
で、それはかなり、大変なことですよね?

相談者:
ええ、はい

加藤諦三:
ええ・・この女性にとっては今の状態が一番いいっていうことはないの?

相談者:
・・ああ・・

加藤諦三:
つまり・・

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の・・

相談者:
はい

加藤諦三:
男性との関係、欲求は満たされている。

相談者:
はい

加藤諦三:
家族もきちんと持っている。

相談者:
はい・・そう・・

加藤諦三:
だからこれを、壊すだけの意思が最初からきちんとあったのかどうか?ってこと。

相談者:
あの、言葉では、そのように、言われて来たので、この・・お付き合いしている5年間の間では。

加藤諦三:
あ、別れるということね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
うーん

相談者:
ええ

加藤諦三:
それで具体的にはなんか・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あるわけですか?、離婚話をしてるとか、どうか。

相談者:
旦那さんのほうには、何を言ってるかは分かりませんが、

加藤諦三:
ええ

相談者:
具体的なものとしては・・部屋は、あの、別に新しく借りたんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
いつでも・・来られるようには。

加藤諦三:
ええ

相談者:
何も進まないという形ですね。

加藤諦三:
だから・・あなたとの関係ではあなたを好きだということは、ほぼ間違いないと思っていいわけですね?

相談者:
はい、そうだと思います。

加藤諦三:
だからこの女性は、今言ったようにい、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたには「別れる」と言っている。

相談者:
はい

加藤諦三:
それも本音なんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
同時に・・夫と妻も、を捨てたいというふうには・・思っていないと。

相談者:
ええ・・でもその5年、ていう時期が、

加藤諦三:
うん

相談者:
短いか長いかはちょっと分かりませんが。

加藤諦三:
うん

相談者:
同じ、職場の、同僚の方で。

加藤諦三:
あーあーあ

相談者:
毎日面識があるので・・

加藤諦三:
うん

相談者:
意思の疎通は取れるんですが。

加藤諦三:
うん・・で、今日のあな・・たの・・

相談者:
はい

加藤諦三:
質問っていうか、知りたいことはあ・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
どういうことですか?

相談者:
5年間の・・待っている間に・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
一緒になれる方法っていうか・・考えてたんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
要するにわたしが待ってるだけなので、

加藤諦三:
うん

相談者:
このまま・・待ってても・・進むのかな?進まないのかな?というところなんですけれども。

加藤諦三:
・・ま、進まないでしょうね。

相談者:
・・進まないですかね?

加藤諦三:
だって5年間同じ状態が続いていれば・・

相談者:
はい

加藤諦三:
も、この状態に慣れてるもの。

相談者:
・・うーん

加藤諦三:
そいで、最初は恐らくね?、この女性はあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
何らかの、やましさがあったと思うんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
家族、夫と・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
子供と・・あなたとの関係の中でね?

相談者:
はい

加藤諦三:
良心の呵責があったんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
もう恐らく、2、3年目のときには・・それ以前からかな・・

相談者:
はい

加藤諦三:
良心の呵責は、ほ、ほとんどなくなってきて、

相談者:
はい

加藤諦三:
今5年経って・・彼女にとってこの状態が自然な状態が・・だから・・

相談者:
はい

加藤諦三:
壊す意思ってのはないんじゃないの?

相談者:
はあ

加藤諦三:
で、今日のあなた・・この状態を・・あの、なんか・・

相談者:
はい

加藤諦三:
法律的なことの中で、

相談者:
(咳払い)

加藤諦三:
解決する方法はないか?という・・そういう相談でもないの?

相談者:
ええ、どうしていいかも分からないんですけれども、慰謝料とか・・

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、そういうほうもちょっと詳しくないので、教えていただきたいなと思ったんですが。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はスタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「男の専売特許も今や昔。カラダと結婚を餌に同僚主婦に待たされ続けた5年」への6件のフィードバック

  1. 彼女と会った時にセックスなしで別れるなんてこと、「考えたこともありません」。
    それでいて、別れを勧められると涙ぐんでしまう。
    独身男42歳、若いなあ。実存的欲求不満だとしても、本人の意識としては、生きる拠り所が消えて無くなる怖さとかではなく、愛する人との関係を絶てと言われたことへの、感傷的な涙のような気がする。

    恋愛=セックスではなくて、虚しさや怒りやなんやを他人の身体で埋めることもあることを、42で不倫相手と会う度にセックスしてたらわかってんだろと思うけど、なんか、「考えたこともありません」と言い放ちながら涙ぐむところを見ると、彼女との相性、需要と供給はガッチリ合っているんだろうなあ。

    考えたこともないなら、一度彼女と部屋でお茶するだけで帰らせてみたら。この男性にとってはかなりハードルが高そう。女性がやすやすと超えてきそう。会ってもセックスしない、それができないなら、彼女に二人のこの先のことについても問い詰めることができないまま、行き着くとこまでいきそうな男性だなあ。こんな氷河期世代もいるんだなあ。

  2. 多情な女なら浮気相手も相談者の他にいるかもしれません。相談者はone of themだったりして。

  3. 私の周りは既婚者同士、セックスレスを補いあうのが目的ではないかと思われる不倫ばかりなので
    あまりのピュアぶりに唸ってしまいました。

    よくまあ5年も。
    良い人みつかりますよ。
    頑張ってしっかり別れてください。

  4. 相談者さん
    本人も言ってましたが孤独な方なんでしょうね。
    sexが好きというよりsexしてる間は孤独が解消されて満たされてる気になるのかも。
    寂しくて純粋な人だからこんな誠意の無い女性に5年も引っかかるんだよ。
    中川先生が仰るようにこの女とは別れて・・・。
    別れなきゃ出会いすらないのだから。
    まだ42歳出会いは沢山あるはず。
    たとえ出会えなくてもこの女と居るよりは一人の方がマシだよ。

  5. エルグレ子さんが仰る通り、別れて次の彼女探せればいいのだけど、今の彼女が良い女に見えちゃうんだよね。
    だから新しい彼女が出現しそうになっても、今の彼女にしがみつく。

    僕の場合、彼女が大人になってくれて、あなたの事考えて合わないでおこう、って厳しく規制しながらも友人として連絡取ってる状態が続き、やっと彼女を超えると思われる新しい彼女が出来ました。

    多分前の彼女と付合ったまま、今の彼女と出会ってたら、前の彼女をとっていたかもしれません。

    経験ない人には不合理な事かもしれませんが、それが事実。
    だから、先生らが仰る事は専門家レベルでお話しされてるんでしょうが、結果的には合致していると思います。

  6. しっかし、エロい女!!どなたかのおっしゃったワンオブゼム、常にではないでしょうがビンゴだと私は思います。この相談者がセックス依存に陥ってるのは、この人妻のテクニックによる側面もあるのでしょう。

    坂口安吾の『桜の森の満開の下』という小説を思い出しました。こわいけど名作だから読んでみてね。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。