娘15放浪記。離婚⇒母宅⇒父宅⇒児相⇒父宅⇒祖母宅⇒? 素行不良に為す術なし

テレフォン人生相談 2020年8月11日 火曜日

7年前に離婚して妻が引き取った3人の子ども(当時長女10歳、次女8歳、長男6歳)のうち、次女が元妻とソリが合わずに中学から相談者と暮らすことになったのだが、家出、不登校。
高校も決まった春休みに祖母が預かるものの、夜のバイトを始めて、男を連れ込み、祖母の金を使い込む。

 

三石女史には珍しく後味残る回となった。

三 「キチンと叱って」
男 「キチンとって何?」

キチンと、とは前段のやり取りから愛情を伝えることに他ならないのだが、男は何していいのか分らない。

結局、接触時間の量的不足ということでチョン。

 

番組でよく聞く言い回し。
「居場所がない」
これほどしっくりくる回もまた珍しい。

娘の希望で相談者と暮らすわけだが、それは娘にとって究極の選択。
母を耐えられないなら、他に選択肢がない。
状況がそれを物語っている。

父親と暮らし始めてすぐに家出。
見つかったと思ったら児相に直送。
そのまま児相が預かって半年。

なにこれ?

実の親が引き取る意思を示す限り、虐待の疑いでもない限り児童相談所が引き離すことはない。

娘が帰りたくないと言い、
親もそれならそれでいいと言う。
知れば元妻もビックリだろう。

だが、不自由さは父宅以上。
またも究極の選択として親元に戻る。

コメントにも寄せられているけど、男が娘に届く言葉なんて持つわけがない。

たとえば
「晩ごはん何かなあ♪」
こんな楽しみすら与えられないんじゃないの?

三石女史ふうに言うと、
叱り方に悩む資格がない。

 

男 「小さい頃は私と一緒によく遊んで良い子でした。
離婚する前は毎週土日に一緒に遊び行ったりして。子ども3人とも遊びに連れてったりしてました」

15の娘にとって早くもここが幸せの頂点か・・

エロスが生涯最高値をつける女の10代。
少女が安売りに気づくのはもう少し先。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男61歳 バツイチどうしで再婚し7年前に離婚 2人の間の子どもが3人(長女17歳 高校生の次女15歳 長男13歳) 次女と同居中 他に初婚の際の子どもが2人いる

今井通子:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし、お願いします。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あの、一緒に生活してる次女の素行が悪くて、

今井通子:
はい

相談者:
どうしたらいいかって、あのお、悩んでるんですけど。

今井通子:
あなたはおいくつですか?

相談者:
61です。

今井通子:
61歳

相談者:
はい

今井通子:
奥さまは?

相談者:
7年前に離婚しました。

今井通子:
あー、なるほど。
ご結婚は何年ぐらいだった?

相談者:
10う、年ぐらいですね。

今井通子:
今そうすると、あなたとご一緒にいらっしゃる、のがお嬢さんなの?

相談者:
そうです。
えーとね、子ども3人いたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
最初3人一緒に、向こうで親権取って、向こうに行ったんですけど、次女の子だけが・・

今井通子:
はい、はい

相談者:
あのお、母親と一緒にいるのが嫌だっていうことで、わたくしんとこに、後から来たんです。

今井通子:
あー、なるほど、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
そうすると、まず、3人のお子さま、男女と、年齢をおっしゃっていただきたいんだけど。

相談者:
えっと上が女の子で、10う、7歳です。

今井通子:
はい

相談者:
真ん中の子が15歳で、

今井通子:
次女の方ね?

相談者:
はい。で、長男がいまして、

今井通子:
はい

相談者:
えーと、10う、3歳です。

今井通子:
で、15歳の、お嬢さんだけが、現在あなたのとこにいらっしゃると。

相談者:
そうです。

今井通子:
そうすると、離婚されてからあ、何年間ぐらい、みなさんが・・奥さまのほうにいらしたの?

相談者:
2年、ぐらいですかね?

今井通子:
あ、2年?

相談者:
はい

今井通子:
で、その、次女の方の問題ということなんですけど、どんな問題でしょう?

相談者:
はい・・中学1年のときにわたしんとこ来てすぐ家出しまして、でえ、児童相談所のほうに半年ぐらいお世話になったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
で、そこを出てからあ、ま、わたしんとこ来て、夜遊びしたり、夜抜け出して男と会ったり・・

今井通子:
はい

相談者:
学校に行かないで、◆#$%&#△%ずっと続いてたんですけど。
最近しばらく直ったと思ったんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
えーと、中学を、今年卒業して、高校も決まって、あの、春休みになって、

今井通子:
はい

相談者:
あの、わたしのお、あの、母親のとこ、ま、彼女にするとお祖母ちゃんですけど。

今井通子:
あー、はい

相談者:
春休みをずっと泊まりに行ってたんですけど、
ま、わたしあの、仕事は、昼間と夜と両方やってるもんで、
7時頃、仕事へ出掛けますと、

今井通子:
はい

相談者:
あの、お祖母ちゃんの話だと、夜遊びに出て、どこで何してるか分からない、「何してるの?」って聞いたら、あの「飲み屋でアルバイトしてる」と。

今井通子:
はい

相談者:
ていうふうに、あの、お祖母ちゃんに話したそうなんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
でえ・・よく、夜、3回ぐらい、よ、男を連れて、そのお祖母ちゃんの家(うち)に、黙って入って・・男を連れ込むって形ですか?そういう形をしてるみたいなんです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
で、あと、困ってることは、お祖母ちゃんの財布から金、盗んだり、キャッシュカード盗んで、引き落としをしたみたいなんです。

今井通子:
はい

相談者:
・・それを、この間お祖母ちゃんから、話聞いたもんで。
どう対処したらいいか・・

今井通子:
ふうん

相談者:
・・

今井通子:
まずその・・離婚をされたのはどうして?

相談者:
相手が男作って・・

今井通子:
あー、はあ、は

相談者:
はい

今井通子:
・・奥さまとあなたは、元々は初婚?

相談者:
両方共再婚です。

今井通子:
両者とも・・

相談者:
はい

今井通子:
お子さんはいなかったわけね?

相談者:
いや、わたしは前のお・・妻に2人います。
あちらも、前のお、旦那さん、に1人、います。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
ただし、この3人のお子さんは、お2人のお子さんと。いうことですね?

相談者:
そうです。はい

今井通子:
はい
で、そのお・・今のね?

相談者:
はい

今井通子:
話題のお嬢さんなんだけど、

相談者:
はい、はい

今井通子:
子どもの頃はどんなお子さんだった?

相談者:
んーと、小さい頃お、わたしと一緒によく遊んでえ、いい子でしたけどね。
離婚する前は、毎週土日わたしと一緒に遊び行ったりして。子ども3人共、わたし、遊び連れてったりしてましたけどね。

今井通子:
で、小学校んときは、普通のお子さん?

相談者:
ん、そうですね、はい

今井通子:
中学校は?

相談者:
だから中学校入って、1年なる◆#$もうすぐ家出しちゃったんで。そのLINEの友だちかなんかに影響されたあ、みたいなんですね。その家出した理由は。

今井通子:
・・

相談者:
そいで、まあ、探し、捜しましてそのまま児童相談所へ連れて行くっていう形になったんですけど。
で、児童相談所に半年ぐらいいて、

今井通子:
ええ
でも、

相談者:
で、わたしぃ、とこ・・

今井通子:
うん

相談者:
うん、わたしんとこ戻って来たっていう形、ですけどね。

今井通子:
えー、中学を卒業した途端にい、飲み屋に勤めに行ったわけ?、むしろ真面目に働いてるってことになるんだけど・・

相談者:
いや、だって、まだ高校生でしょ?・・飲み屋さんでバイトしてる、こと自体が、ちょっとおかしいと思う・・

今井通子:
なるほど。

相談者:
ええ

今井通子:
そして?、次に・・お祖母ちゃんのお金を盗むっていう(笑いながら)・・

相談者:
はい・・はい

今井通子:
カ、カードもなんか・・持ってって引き出しちゃう・・

相談者:
だからカード、金、母親のお財布に金がな、ないと、

今井通子:
ふん

相談者:
カードを盗んで、そっから引き落とししたみたいなんです。

今井通子:
はい
それについてお祖母ちゃんはどう思ってらっしゃんの(含み笑い)?

相談者:
自分で、落とした、引き落とした、以外の金が、あの、下ろされてるんで。
えー、で、確認したら、あの、次女が、来たっていう、は、あ、話なんで。

今井通子:
なるほど。

相談者:
そういうことされちゃあ、もう、あの、一緒に、あえ・・「来てもらっちゃ困る」と。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
あと、男を連れ込むっていうのは?

相談者:
あの、お祖母ちゃんの話だと、「夜来て」・・

今井通子:
はい

相談者:
「普段見たことがない」、あの「茶色い靴がよくあった」と。
で「1人」い、「の子は、顔は見た」という話なんです。

今井通子:
・・はあ。え?、じゃあ、何人も、来てるってこと?

相談者:
何人も来てるみたいな・・

今井通子:
そうすると、あなたとしてはお祖母ちゃんの話でえ・・

相談者:
はい

今井通子:
実際に、あなたと一緒に、いたとき・・

相談者:
はい・・はい

今井通子:
この3年間?

相談者:
はい

今井通子:
その次女の方の、印象はどうなんですか?

相談者:
はい・・素行が物凄い悪くて、学校に行かない。
・・中学・・

今井通子:
中学校のときも、学校に行かない?

相談者:
中学んときは学校は行、あ、行かないです。
児童相談所、終わってからもうほとんど朝も起きないで行かないとか。

今井通子:
あー、そう

相談者:
先生からしょっちゅう電話来ますし。
男と一緒に車で出掛けたりなんかもしてましたね、1回男を見つけましたけどね。車で、送ってもらったとこちょうどお、わたしが、帰って来たんで。

今井通子:
はい

相談者:
で、その男には注意しましたけど。

今井通子:
なんて?

相談者:
「中学生を連れて歩く自体はあなた犯罪ですよ」と。

今井通子:
あ、大人の男の人と一緒にいた?

相談者:
二十歳の子でしたね。

今井通子:
あー、そう

相談者:
はい。免許証お、見て、確認しましたけど。

今井通子:
はい。ま、でも、寝泊りは、あなたの家(うち)にしてんでしょ?

相談者:
そうですね。

今井通子:
・・で、そうすると今日のご相談はなんなんですか?

相談者:
だからその素行の悪い娘をどういうふうに対応したらいいか。

今井通子:
・・が、ご質問ね?

相談者:
はい

今井通子:
はい。今日は三石メソード主宰で、

相談者:
はい

今井通子:
作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので、

相談者:
はい、はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いします。

(回答者に交代)


「娘15放浪記。離婚⇒母宅⇒父宅⇒児相⇒父宅⇒祖母宅⇒? 素行不良に為す術なし」への10件のフィードバック

      1. 娘さんが気の毒
        これは完全に
        両親が原因だと思う。こんな落ち着かない家庭に居たらこうなるやろ?
        三石先生は愛情を示せって言うけど
        父親は愛情示す前に娘に先ず懺悔、謝罪だろ。
        ダメダメな親に愛情示されても白けるしキモいしウンザリすると思うよ。
        まして説教なんてあり得ないし。
        娘さんだけじゃなく他の兄弟も気の毒。
        愛先生にキレ気味に怒って貰えば良いのに。

  1. 残念ながら、回答者の先生方のおっしゃるような方法論では、もう解決しないと思います。
    こどもは(特に思春期のこどもは)、親の言語化しない感情を敏感に察知するから、相談者さんの愛情が本物かどうかを娘さんはつねに見極めてきた。そして、今、失望している。

    だから、できることは、もうあまりないです。娘さんの好きな食べ物や季節のおいしい果物を買ってきてあげたりして、「おかえり。今日も無事か?〇〇が冷蔵庫にあるから、お食べ。」というメモとともに置き続けてあげてください。
    娘さんがいつ帰ってきても、毎日、父親のメモとおいしい物が用意されていたら、何かが少しずつ変わっていくかもしれません。でも、何も期待しないでください。見返りを求めた途端、娘さんはまた失望します。
    今日も元気に食べてくれた、ということのみに毎日感謝してください。

    長文失礼しました。

  2. misakiさん
    優しいコメントありがとうございます
    優しいコメント本当にありがとう一字一句同感です

  3. もうすぐ
    娘は男のところに行っちゃいます。出ていきますよ~
    男も色々代わるだろうし・・・
    ご懐妊も数年後(孫の誕生)・・・そう遠くない日に来ます。
    まぁ~産む決断をとればの話だけど。

  4. 実母のところから逃れてきた経緯もあるし、父親にもまだ望みはある。
    娘さんは、寂しいと思います。
    まずは、自身の至らなかったこと、離婚や仕事で十分に養育・教育など親としてやってあげられなかったことを詫びる。
    心を開いてくれることを祈っています。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。