弟が事故って一人残された高齢父の面倒看が回ってきた娘52歳の3ヶ月後の愚痴

テレフォン人生相談 2020年9月17日 木曜日

弟と二人暮らしの父82歳。
3ヶ月前に弟が交通事故で重傷を負い、相談者が父親の面倒を看ることに。
最初の一ヶ月は同居して、散らかり放題の家を片付けるなど。
なにかと頑固で言うことを利かない父に困っている。
年金振り込み口座のキャッシュカードも届け出印も見当たらない。

 

まさか、キャッシュカードの紛失で途方に暮れてるのでもあるまい。

父の扱いにしたって、すでに支援機関にも頼ってるし、ここで妙案を期待しているのでもなさそう。

緊急事態(コロナではない)から3ヶ月、今もこれからも大変とはいえ、やることはほぼルーチン化し、やっと愚痴らしきものが言えるようになった。
ここなら罪がない。

とりあえず、孤軍奮闘お疲れさん。

マジレスすると、父親のキャッシュカードは弟の財布の中。
届け出印も弟が知ってるよ。
紛失手続きの前にリハビリ中を見舞うといい。

 

柴田さんに限らないんだが、私たちは結構安易に認知証の烙印を押しがち。

キッチンタイマーを失くしたと思ってたら冷蔵庫で冷やされていた。
脱水を終えた洗濯物が一日中取り出されず。
突然消える持ち物、空焚き、裏返し着用、賞味期限切れ摂取、2回目の歯磨き・・

これらはすべてうら若きアタシの日常だが、同じ振る舞いが年齢によっては素人診断によって認知症にされてしまう。

成年後見人の申請のために母を精神科に連れていったとき、アタシを戒めるかのように医者が言った。

「お母さんは認知症じゃないですよ」

実際、診断書に書かれた文言に認知症という言葉は見当たらず、
「加齢による物忘れや判断力の低下は見られるものの・・」

疾病としての認知症とは、脳に萎縮などが見られること。
これは画像検査で分かる。
母には際立ってそういうものがなかった。

考えてみれば、老眼になったり、耳が遠くなったり、体力が衰えたことを、なんちゃら症とは言わない。
脳の老化だけを特別視。

 

この先、入院はし方ないとしても、母を施設に入れるのはやめようと姉とアタシは決めている。
父の最期は施設で、一人で逝かせてしまった後悔がある。

他人は簡単に放っておけばなんて言うけど、過ぎた時間は戻ってこない。

悔いが残らない親子関係なんてあり得ないけど、自分に訊いてみるといい。
私を娘と認識できなくなったら。
明日、この頑固親父が死んだら。

だからってムリしていいことはないし、アタシと姉の気持ちだって状況が変わればどうなるやもしれん。

正解なんてどこにもないし。

駆けつけて泊まり込んでくれた娘。
嬉しくないわけないじゃない。

何年ぶりかの同じ釜のメシ。
久方ぶりの口喧嘩。

少し縁遠くなっていた父親とアンタを近づけた何かの力。

せめてどうか思い出すことが苦にならない親子の最後のステージを。

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女52歳 夫58歳 父82歳 父と同居の弟50歳は入院中

柴田理恵:
もしもし?・・

相談者:
もしもし

柴田理恵:
テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いいたします。

柴田理恵:
はい、こんにちはあ

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:
えっと、わたしい・・の、

柴田理恵:
はい

相談者:
弟が?

柴田理恵:
はい

相談者:
3ヶ月前に、交通事故に遭いまして、

柴田理恵:
はあ、はい

相談者:
意識不明の状態で、こう・・入院してですね、

柴田理恵:
はい

相談者:
今は、と1ヶ月ほど経ってから別の病院に転、院をして、

柴田理恵:
はい

相談者:
リハビリ中う、で、ずっと入院をしている状態なんです。

柴田理恵:
はい、はい、はい

相談者:
で、その弟と一緒に暮らしていたのが、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしの父で、一緒に暮らしてたんです。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
で、父がですね・・

柴田理恵:
はい

相談者:
と、82歳なんですが、ちょっと足が不自由で、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、杖歩行でないと、ちょっと、出歩けないような状態・・

柴田理恵:
はい

相談者:
で、外に出た、出たときは車椅子とかが用意して、ある場所であればわたしがその車椅子でこう・・

柴田理恵:
うん

相談者:
連れて歩いてるっていうような状態なんですけれども。

柴田理恵:
はい

相談者:
弟と、父が一緒に、その、暮らしてた、わけなんですよね。

柴田理恵:
はい

相談者:
だから、あのお・・そのまま放っと、お、おくわけにもいかないので、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしがこう、ずっと・・事故のあとは、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、1ヶ月ほど一緒に、暮らして、実家で。

柴田理恵:
弟さんが入院してらっしゃるからお父さんの面倒看てらしたってことですか。

相談者:
そお、そうです。

柴田理恵:
あの、あなた今、おいくつですか?

相談者:
わたしは52歳です。

柴田理恵:
52、弟さんおいくつですか?

相談者:
50です。

柴田理恵:
あの、あなたは結婚なさってるわけですよね?

相談者:
はい、してます。

柴田理恵:
はい。旦那さんはおいくつですかね?

相談者:
58です。

柴田理恵:
58、はい
じゃ、あの、お子さんとかもいらっしゃるんですか?

相談者:
あ、いません。

柴田理恵:
あ、じゃ、お2人、だけで。

相談者:
はい、2人で、はい

柴田理恵:
はい、はい
おー、じゃ、あの、旦那さん1人になっていただいて、

相談者:
はい

柴田理恵:
そのお父さんの面倒を看てらしたと?

相談者:
はい、そうなんです。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
で、それで、

柴田理恵:
はい

相談者:
父が、すごく・・気難しくて(含み笑い)、

柴田理恵:
はい

相談者:
かなり、世話に、こう、困ってるっていうのが、正直、本音でして(苦笑)。

柴田理恵:
あー、はい、はい

相談者:
で・・弟と・・

柴田理恵:
うん

相談者:
2人暮らしてたんですが、

柴田理恵:
ふん

相談者:
もう、家が、もう、ゴミの山で、こう、後片付けも一切してなくて、

柴田理恵:
うん

相談者:
掃除も何もしてなかった、状態でして。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
その中からこう、いろいろ、手続きを、したり、弟の手続きをしたり、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あと父の世話をしてるわけなんですが、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
・・結局う、父もこだわりが強くてですね、

柴田理恵:
うん

相談者:
自分のお金とかそういうことになると、こう・・

柴田理恵:
うん

相談者:
その自分の意見を、こう、正、が、正しいみたいな感じですごく言うんですけど、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
それだとこう、上手く、いかないんですよ、はっきり言って。

柴田理恵:
うん、例えばどういうことですか?うん

相談者:
例えば・・と言いますと例えば・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、Aの金融機関に、

柴田理恵:
うん

相談者:
お金を、年金を振り込んでる状態なんです。

柴田理恵:
はい、はい、はい、はい

相談者:
で、えー、まあ、生活費というか、それでやって行かなきゃいけないからということで、

柴田理恵:
うん・・うん

相談者:
「お金を下ろしに行こう」っていうふうに・・

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
行、行きますよね?

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
そしたらなぜか、キャッシュカードがないんですよ。

柴田理恵:
あら?!

相談者:
持ってないんです。あの、通帳だけなんです。

柴田理恵:
あ、キャッシュカードは元々作ってないってことですか?

相談者:
いや作ってないんじゃなくって、

柴田理恵:
うん

相談者:
どこかにやってしまってるんです。

柴田理恵:
はあー

相談者:
とにかく家の中がもうめちゃくちゃで。

柴田理恵:
ああー

相談者:
あの、散乱してて、

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、な、一切片付けもしないのを、こう、もう10年ぐらいは続けてるんじゃないんかな?っていう感じなあ・・

柴田理恵:
うん、ふん

相談者:
状態で。

柴田理恵:
うん

相談者:
で、いっくら探しても、あの、見つからない、ほんとに・・

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
もう、ホントにこの2ヶ月探しました、わたしは。

柴田理恵:
はい

相談者:
で、父は「ここにある」っていう、あ、あの「青い封筒にある」って、「中に入れてある」って言うんだけど、その「車の中のダッシュボードにある」っていうんだけど・・

柴田理恵:
うん

相談者:
行ってみたら何もないと。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
で「どこにあるの?」ってまた話をしたら、今度は茶色い封筒に変わったりするんです。

柴田理恵:
うん、ふん、ふん

相談者:
で、「全部分かるようになってるのは、黒い手帳に全部書いてあるけど、それが、なくなった」みたいな感じで。

柴田理恵:
ふうん。お父さん82歳ですよね?

相談者:
はい

柴田理恵:
ん、なんていうか、認知症とかそういうふうに、なってらっ・・しゃあ、りかけて、たり、なさるんですかね?

相談者:
それがですね・・

柴田理恵:
うん

相談者:
こう、昔のこととかは物凄くはっきり覚えていて。

柴田理恵:
あーあ、まあ、そうですよね。うん

相談者:
それで、時事問題とか、ああいうテレビとかも大好きなものですから、

柴田理恵:
うん

相談者:
物凄く詳しいんですよね、そういうことには。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
だから本人は、で、まったく、「自分はボケてない。大丈夫だ」っていう、感じで。

柴田理恵:
うーん、うーん・・うーん

相談者:
で、一切わたしの言うことは聞いてくれないんですよ。

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、

柴田理恵:
うーん

相談者:
印鑑とかも、その、出て来た探していたのを照合してもらったりとかしたんだけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
「違います」と。

柴田理恵:
はあーあ

相談者:
で、それをやったら、物凄く、激昂して怒るんですよ、わたしのことを。

柴田理恵:
どう、ど・・

相談者:
そう、それが、だから・・父が言うにはですよ?

柴田理恵:
うん

相談者:
「お前のせいで、お前が余計なことをしたから、口座が使えなくなった」と。

柴田理恵:
ん?

相談者:
ていう、言うんですよ、本人は、本人は。

柴田理恵:
うん、ふん、ふん・・うん

相談者:
で、「探せ」って言うんですよ。

柴田理恵:
あっ、「探せ」って言うんだ、ハハハハ(苦笑)。

相談者:
うん、で、で、は、「見つからないのはお前がなくしたせいだ」っていうふうに、そう、そんな感じで言うんです。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
「お前のせいだ」、「お前のせいだ」って。

柴田理恵:
ちょっと・・ボケちゃってるなあって(苦笑)。

相談者:
ええ、思うんですけどね、本人絶対・・

柴田理恵:
少しね・・うん、うん

相談者:
でも普通に話すと・・

柴田理恵:
うん

相談者:
普通なんですよ。

柴田理恵:
・・だから・・ご自分も不安なんでしょうね。

相談者:
ええ

柴田理恵:
不安だから・・怒りに変わってくんですかね?

相談者:
ええ、ええ、ええ

柴田理恵:
今差し迫ってえ、

相談者:
ええ

柴田理恵:
とても大きいお金が必要とかそういうことってありますか?

相談者:
いや、それはありません。

柴田理恵:
うん、ふん

相談者:
で、

柴田理恵:
じゃあ・・

相談者:
で、預かったお金で、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしがその、支払いとかありますよね?

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
町内会費の、集金とか(苦笑)。

柴田理恵:
ええ、ええ

相談者:
あと、ま、税金とか。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
そういうのをわたしがこう、代わりに・・あと、父、通販好き、通信販売の、あの・・

柴田理恵:
はい、ええ

相談者:
が好きだから、

柴田理恵:
あー

相談者:
そういうのの、分の支払いとかを・・ま、放っとくわけにはいかないので、

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
そういうのはやってあげてるし。
そういうお金に関しては、その、すごく、寛容というか、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
もちろん、いろいろ言うんですよ。「わたしが来たせいで電気代が、上がってしまった」とか。

柴田理恵:
うん

相談者:
やっぱりいろんなことは言われるんですけれども。

柴田理恵:
・・ふうーん・・困りましたねえ。

相談者:
ええ・・で・・市の、支援センターですか。

柴田理恵:
はい

相談者:
総括支援センターにも相談しておりますし、

柴田理恵:
はい

相談者:
市役所の方とも、連携はとって・・相談はしております。

柴田理恵:
はい、はい、はい

相談者:
で、民生、地域の民生委員の方にも、こうの状況を、お知らせして、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
連絡はとって、お、おりますけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
その、年金の口座だけを、を、どうにかしてあげて、ほしいっていうのが、一致した答えなんですけれど(苦笑)。

柴田理恵:
はあー

相談者:
それが、3ヶ月経っても、まったく上手く行ってなくてですね(苦笑)。

柴田理恵:
なるほど。
じゃあ、先生に聞いてみましょうか?

相談者:
はい

柴田理恵:
今日の、ご相談内容としては、

相談者:
はい

柴田理恵:
そのお・・頑固な、お父さん、

相談者:
はい

柴田理恵:
の、通帳の(含み笑い)・・

相談者:
はい

柴田理恵:
番号・・

相談者:
はい

柴田理恵:
探したりいろいろするっていうこと・・

相談者:
はい

柴田理恵:
どやったらいいだろうか?っていう・・

相談者:
はい

柴田理恵:
そ、お父さんの、心の解きほぐし方ですかね?

相談者:
はい、そうですね。

柴田理恵:
うん。は、どうしたらいいだろうか?っていうことでよろしいですか?

相談者:
はい、はい、そうですね、お願いいたします。

柴田理恵:
はい、では・・今日の回答者の先生に、代わります。

相談者:
はい

柴田理恵:
今日の回答者の先生は、三石メソード、主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
先生お願いします。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「弟が事故って一人残された高齢父の面倒看が回ってきた娘52歳の3ヶ月後の愚痴」への2件のフィードバック

  1. 認知症かと思う。扱い辛い男性高齢者の典型。施設に入っても馴染めそうもないし、
    話は誰とも噛み合わないでしょう。そういう人だと割りきって、慣れていくしかないかと思います。話をまともに聞いていると腹が立つので、耳栓でもして離れた場所でどんどん片付けていったらどうかな?

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。