浮気夫が逆ギレ暴言を取り消して謝ったワケ。貴方は魅力のない便利な女

(回答者に交代)

加藤諦三:
あの今、塩谷先生がね?

相談者:
うん

加藤諦三:
ま、いろいろと、ご説明いただいて、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたも、破滅的な状態っていうことはよく分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
ちょっとキツいことを言うようですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたあ、はあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人は・・あなたに対して、魅力を失っているってことはないんですか?

相談者:
それもあるかもしれません、先生。

加藤諦三:
魅力を失うともう・・適当に、扱う、対象でしかなくなってくんですよね。

相談者:
とっ・・ても良く分かります。そういう感じでした。

加藤諦三:
ご主人がね?
「出て行けー!」とかね?

相談者:
うん

加藤諦三:
「誰のおかげで食べるんだ!」ってね?

相談者:
うん
本心ですもんね?

加藤諦三:
そうなんです。それ言おうとしたの。

相談者:
うん
絶対わたしもそう思いました。
そで、それを思って、じゃあ自分で食べて行けるか?って考えたときに、自信がない?

加藤諦三:
うーん

相談者:
そこのところをグルグル、グルグル、回ってるのかもしれない。

加藤諦三:
ん、グルグル、グルグル・・今の状態ね?

相談者:
うん

加藤諦三:
あなたいっくら、が、あの、悩んでたって、先進みません。

相談者:
そうですよね。

加藤諦三:
メリーゴーランド型で、グルグル、グルグル回ってるだけ。

相談者:
そうですよね。先生

加藤諦三:
つまり・・考えてるつもりでえ、

相談者:
うん

加藤諦三:
悩んでるだけなんです。

相談者:
んん・・

加藤諦三:
今までね?、もうちょっとキツくなんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた現実の夫を見ないで生きて来たんですよね。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
こうあって欲しいという夫を見て生きて、来たわけです。

相談者:
うん

加藤諦三:
で、現実のあなたはさっき・・大変失礼なこと言いましたけど。
ますます魅力を失ってんです。

相談者:
はい・・・・そうですねえ・・

加藤諦三:
で・・結構あなた小さい頃からね?

相談者:
はい

加藤諦三:
本当に信じられる物はななかったんで、すよ。

相談者:
うーん・・
じゃ自分に自分で嘘をついて生きて来たんですね、わたし。

加藤諦三:
そうです!

相談者:
そういうことですよね?

加藤諦三:
そうです。

相談者:
どこを見たら自分が、ホントの自分が見えるんですか?先生。

加藤諦三:
夫がこうあって欲しいというふうに見ないで。

相談者:
うん

加藤諦三:
現実の夫を見てください。

相談者:
うん

加藤諦三:
したら、「わたしが今やらなきゃなんないことは」・・「自分自身になることだ」

相談者:
うん、そうですね。

加藤諦三:
もう今まで、自分をよく見せること、

相談者:
うーん

加藤諦三:
そういう生き方しちゃってんですよ。

相談者:
ふうーん

加藤諦三:
でも現実は、ご主人は、あなたに対して魅力を失っている。

相談者:
ふうん
結局そこですよね。

加藤諦三:
そうです。
ですから、今・・あなたにあるのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
今の負担に耐えるのか?

相談者:
うん

加藤諦三:
負担とリスクを背負って、先へ進むのか?

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに不安と不満の選択を迫られてんです。

相談者:
・・あー、そですよね、不安、と不満。

加藤諦三:
で、不満を選択するっていうことは、

相談者:
うん

加藤諦三:
退行欲求です。
退いて行く。
負担とリスクを背負って先へ進もうっていうことは、

相談者:
うん

加藤諦三:
退行欲求じゃなくて成長欲求です。

相談者:
あ、そうなんですかあ。

加藤諦三:
先へ進むのは、

相談者:
うん

加藤諦三:
そんなに安易なことじゃないんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
先へ進むってことは負担とリスクを背負って先へ進んです。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
で、この負担とリスクを背負うのが嫌だから・・

相談者:
うん

加藤諦三:
不満に耐えて・・夫の浮気に耐えて、

相談者:
はい

加藤諦三:
文句を言ってメエリーゴーランド型なんですよ。

相談者:
うーん

加藤諦三:
だってあなた、自分の母親の介護させて、

相談者:
はい

加藤諦三:
都合いいんです、あなた。

相談者:
便利な人間だと思います。

加藤諦三:
便利なんです。

相談者:
うんそうです。

加藤諦三:
で、便利な人間であることを、今までは・・

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
認められているというふうに錯覚してきたんです。

相談者:
んそうですね。そうです、そうです。

加藤諦三:
そこでみんな間違えるんです。

相談者:
うん

加藤諦三:
都合いいから、褒めてんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
だって・・ご主人に、「出てけ」、「誰のために食べさせてもらえるんだ」って言ったあとですね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あ、こりゃまずいなと。86歳の・・現実に・・母の介護やってもらってんだから。

相談者:
うん・・うん

加藤諦三:
あ、反省しているっていうわけ。

相談者:
そうかあ・・そういうことで出た言葉だったんですね。

加藤諦三:
僕はあなたは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
負担とリスクを背負って先へ進める人だと思います。

相談者:
・・(涙声)ありがとうございます。
(涙声)進めますかね?

加藤諦三:
進めます。

相談者:
・・(泣)なんか・・ちょっと・・ごちゃごちゃしてた部分が・・自分の中で、

加藤諦三:
うん

相談者:
もう一度・・まとめて、きちっと、

加藤諦三:
そう

相談者:
じゃあ、わたしはどうして行ったらいいんだっていうことを、

加藤諦三:
うん

相談者:
きちっと組み立てて・・今後を見えるように・・下準備しなくちゃいけませんね。

加藤諦三:
いけないです。

相談者:
そうですね・・

加藤諦三:
よろしいでしょうか?

相談者:
はい
魅力的な人間になりたいと思います。
ありがとうございました。

加藤諦三:
はい、魅力的な女性になります。

相談者:
(涙声)ありがとうございます。

加藤諦三:
はい、どうも、失礼します。

相談者:
(涙声)ありがとうございました。

加藤諦三:
最愛の人に対する最大の憎しみ。成長するか、退行するかです。



コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。