交際1年。まだ見ぬ次を捨てきれない男にキープ女にさせじと彼女が迫る

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あなたあれですよね?
んな・・一口で言うとナルシスト。

相談者:
はあい・・そうかもしれない。

大原敬子:
(笑)「はい」って

加藤諦三:
ん、自意識過剰。

相談者:
はい

加藤諦三:
自己不在。

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに今あなたが求めてるのはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんの代わりの女性なんですよ。

大原敬子:
うん

相談者:
あーあ、なるほど。

加藤諦三:
具体的に言うとお、

相談者:
はい

加藤諦三:
無条件、無制限に褒めてくれる人。

大原敬子:
うん

相談者:
あーあ、なるほど。

加藤諦三:
うん
あなたは、要するに・・親から自立してないんです。

相談者:
あーあー

加藤諦三:
「可愛いところがあるからね」

相談者:
あはい

加藤諦三:
「いい子でい、いるね」っていうように、

相談者:
はい

加藤諦三:
褒められたの。
そういう親に従順に生きて来てるから、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたには自分の意思がないんです。

相談者:
うーん・・確かにそうですね。

加藤諦三:
だから・・

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚迫られているっていうと、困っちゃうんですよ。

相談者:
うーん

加藤諦三:
あなたが。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから人と・・付き合うのは苦手だね?

相談者:
あー、そう・・あー、なるほど・・うん

加藤諦三:
だから関係してくれる女性がいれば、どの女性だっていいんですよ。

相談者:
あーあー、なるほど。

加藤諦三:
で、結構その欲求は今、激しいと思うんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
なんでそんな激しいか?というと、欲求が。

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の今の人生に意味を感じてないからなんです。

相談者:
あーあ、なるほど。

加藤諦三:
意味を感じてれば、わたしはこの女性と、付き合いたい。

相談者:
はい

加藤諦三:
この女性と関係したい。
この女性は、ほかに代わりがない、というような、

相談者:
はい

加藤諦三:
固有の女性っていうのは出て来るんです。

相談者:
うん、ふん、ふん、

加藤諦三:
ところがそういうものがまったくなくて、
自分の人生に意味を、感じてないときというのは、

相談者:
うん

加藤諦三:
欲求が肥大化しますから、

相談者:
あー

加藤諦三:
女性となら・・許してくれれば誰でもいいわけですよ。

相談者:
うん、なるほど、はい

加藤諦三:
で、なぜ欲求が激しいか?っていうと、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた自身が肉体的に欲求が激しいんじゃないんです。

相談者:

加藤諦三:
性の欲求っていうのは肉体的な欲求ばかりじゃなくて、心も深く関係している欲求なんですよ。

相談者:
あーあ、なるほど。

加藤諦三:
Intense sexual desireと、激しい欲求でさえも・・

相談者:
はい

加藤諦三:
心が関わってるんです。

相談者:
あーあーあ

加藤諦三:
あなた心が空っぽだから。

相談者:
あーそっか

加藤諦三:
無意味感で苦しんでるから。

相談者:
なるほど。

加藤諦三:
欲求が激しいんです。

相談者:
あー、そういうことなんですか。

加藤諦三:
ですからね、今日の相談でいえばあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
この女性はどうでもいいんですよ。

相談者:
なるほど。

加藤諦三:
むしろあなたは自分が・・親との関係で自立してない、ていうことをまず自覚することなんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
自立への努力が一番必要なことで、
自分の意思ができてくれば・・

相談者:
はい

加藤諦三:
自然と、この恋愛の問題っていうのは答えが見えて来ます。

相談者:
あーあー、なるほど。

加藤諦三:
「いい声」・・て、

大原敬子:
(笑)

加藤諦三:
大原先生に褒められたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
いい声で人生勝負しちゃダメですよ。

大原敬子:
ハハハ(笑)

相談者:
あ、分かりました(笑)。

大原敬子:
(笑)

加藤諦三:
やっぱり人生の勝負は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
心で・・

相談者:
はい

加藤諦三:
自立しているか自立していないか?ですから。

相談者:
はい

加藤諦三:
いい声で勝負しない!

相談者:
分かりました(笑)、いい声で勝負しません。

大原敬子:
(笑)

加藤諦三:
はい、どうも、失礼します。

相談者:
はい、ありがとうございましたあ。

加藤諦三:
実存的欲求不満で人の欲望は肥大化します。



「交際1年。まだ見ぬ次を捨てきれない男にキープ女にさせじと彼女が迫る」への13件のフィードバック

  1. いつもアップしてくださりありがとうございます。

    結婚する前に相談出来て良かったと思います。相談者さんにも彼女さんにも。
    家庭を持って子供が出来ても妻子が煩わしくなるのが本音だと思います。
    実存的欲求不満を自覚するところからスタートしたとして、どう解消していけばいいんでしょうね?
    昔ビートたけしさんは関係を持った女性の数が三桁みたいな話をされてましたけど、普通に生きていてそんな事してたら悪評がたって会社を解雇なんて事になりそう。ビートたけしさんのようにタレントとして才能があるような人だけの特権のような物ですよね。
    何もかも許す女神みたいな人が現れたら別なんでしょうか。
    そんな人おるんかなぁと色々考えてしまいました。

  2. 相談者が彼女の何に不満なのかによるな。一般的に見れば29歳だからもっといい人見つかるかもね、まだ焦らなくていいじゃん、それで彼女が去っていくならしょうがないでしょ、てなもんだけど。「つべこべ言わずお前はこの人と結婚しとけよ」みたいに思ってしまうカップルもいるからこの相談者がどうかはわからない。
    結果論としてはこの相談者には今みたいなぐだぐだキープじゃなくて、もっと戦略的なキープをしなきゃいけなかったんじゃないか?この彼女が彼女でいてくれるうちに、浮気なんかしてないで本気で違う相手を見つけようとしてればよかった。策を弄すにはタイムオーバー、彼女から別れをちらつかされぐらついてる時点でどちらを選んでも負け。ここで結婚しなくても結婚してもこの相談者はどの道将来後悔してそう。なら冒頭の一般論に戻って別れてもいい人見つかるよってアドバイスになるかなあ。

  3. なんか軽くて笑えた。
    彼女サンにもこの相談と解答を聞かせてあげたい。このおバカさんを上手く操縦してやって行く覚悟がないとね😉

  4. なるほどなるほどうるさいな。
    職場では陰で「なるほどさん」と呼ばれてるんじゃないですか?
    なるほどが口癖の人はプライドというか
    自己評価がとても高い人が多い気がする。

    彼女さんには早く新しい、いい男性に巡り合われることをお祈りします。

  5. 実物見る前に声だけ聞いてメロメロになるというのはあると思います。
    声優さんなんてその典型じゃないかな?
    恋愛市場ではいい武器だなあ。うらやましいこって。
    お互い独身だし二股三股はしょうがない部分もあるし、彼女の「結婚出来なきゃ次へ行く」というセリフ正直でよろしいと思うけど相談者さんは「結婚できれば誰でもいいんじゃないか?」「本当に僕を愛してるのか?」
    判断を迷ってるのかもしれませんね。
    一度さよならしたら二人の本当の気持ちが分かるのかもしれませんね。
    クリスマスキャロルが流れる頃はもうすぐだし。

  6. 恋愛と結婚は違うということを結婚相談所Koko の社長、工藤さんについ先日YouTubeで教えてもらいました。
    確かにそうです。私は27歳でそれを感じて恋愛感情はあまり抱けなかったけど結婚にふさわしい相手と
    一緒になりました。色々ありますが、約20年経って今これで良かったとしみじみ思ってます。27歳だった私にはよくやったと言ってあげたくなります。

    こんな相談者にかかずらわってる30歳女性がかわいそうです。婚活は30過ぎるとドンドン条件が悪くなってくるらしい。
    やめて次行ったほうがいいよ!と言ってあげたくなりました。

  7. 相談者と結婚する女は不幸になると思う。
    白馬の王子様ならぬ聖母マリアを求めているんだから。

  8. 「はあ~。」
    「はあ~。」
    「なるほど。」
    「なるほど。」

    こやつ、加藤先生が5分以上説明していた問題点も、大原先生が堪え切れずに笑い出した理由も、終始解っていない様子であったような。

  9. 「結婚するかしないか、あなたに決めて欲しい」って言う彼女も情けないけど、それを決められない相談者もなんなのー?
    彼女がいるのに浮気と言うか、他にも手を出している時点で、それを許してる彼女も変だし、他にもっといい女が現れるんじゃ無いかと期待してる相談者も変だわ
    そう思ってる時点で彼女の事は大した思ってないって事でしょ?大好きでいつでも一緒にいたいわけじゃ無いなら、別れるべきでしょ!結婚相手として良いかどうかは、浮気を許してくれる人では無いよ!
    こんな男と結婚したいと思ってる彼女が情けないわ。とっとと別れるべきでしょ!
    まだ、30歳、きっと良い出会いがあるはず!無ければそれまでだけどね。
    それでもこんな相談者と結婚するくらいならしない方がマシだと思うわ。

  10. 大原先生の
    「声に弱い」
    って聞いたらいつも厳しい事言う先生も可愛い所あるんだなあって思いました…(*^^*)
    これはさておき…(*^^*)
    この相談者はナルシストと加藤先生に言われていたみたいだけど…(–;)
    正にそうだなあって思う…(–;)
    話を聞いていても
    「あーそうですか?」
    「なるほどー」
    と聞いているか聞いていないかの感じで浮気を繰り返していているのはねー…(–;)
    この彼女さん…(–;)
    本当に結婚したいのは年齢が30歳だから焦りがあるのかなあ⁉(-_-;)
    相談者さんみたいなタイプは結婚しても浮気されるしスピード離婚もあるかもしれないなあ…(–;)
    彼女さんはよく考えてほしいし焦らないでほしいなあ…(–;)

  11. 相談者は先生たちのアドバイスに納得してるようなポーズをとってるけど、結局考え方は変わらなそう。
    今の彼女と結婚してもしなくても後悔するんだと思う。
    後悔したとしても、あの時自分は覚悟をもってそう決断した、だからこれでいいんだ、と思える気概もなさそうだし。
    自分の考え方が好きって、どういう考え方をするから好きなんだろうか。

  12. ぐにゃぐにゃした頼りない男やな。こういうのがロミオメール出すようになるか、ネットで女叩きに走るんじゃないか。心根がぐにゃぐにゃしてるから強い意見に流され易いから。共感力も無いから自分の意見が何時でもいつまでも通ると思っている。なので、フラれたら相手の迷惑考えずにロミオメールで付きまとうか、思考停止してネットで女叩きにハマるか、どっちかになる。そもそも、いつまでも自分に選択権があると思ってるとか、何様という話。
    彼女が自分より上になって欲しく無いんだろう。「放置していた玩具が別の人に大切に使われると取り返したくなる」心理と同じで。
    あるいは、第二の母親として見ているのだろう。家事育児介護稼ぎ全て彼女に丸投げして、自分は外で恋愛三昧。そんな甘いプランすら見え隠れする。

  13. 今日の相談は「付き合っている彼女から結婚を迫られて迷ってる」との事ですね
    加藤先生から優柔不断との指摘がありました
    優柔不断になる原因は何故でしょうか?
    親に対して発達心理の中で「従順」に育った環境なのかな~相談者は…
    つまり「なんでも親の言いなり、極端に言うとロボット人間」これじぁー
    意思やら自我も欠如して当然ですね
    麻痺状態…決断力もゼロに等しいかな😣
    もう1点はナルシストを加藤先生が見抜い
    のが…相談者が「気持ちの上で凄い特別なって言う事は無いです」って言う言動の裏に
    ある心理…
    一般的なナルシストとの認識と…また別にいろんな特徴があるんだよね
    つまり彼女の気持ちや結婚を迫る思いとか
    全く気づかないんだよ
    「自分の事だけ」ナルシストの特徴だね
    自己中心的と言うか…
    大原先生はその視点から相談者にアドバイスしてたのではと思います
    相談者の彼女は勇気ある告白されてね~
    覚悟がある意味だよ「結婚か?別れるか?」ある意味立派な女性ですよ!
    従順に幼少期から青年期過程で育つと
    当然、親から愛もナシだから女性だと誰でもいいだよ
    つまり自分のナルシスト性を満たしたいからね
    自立性も育た無くなって当然だよな🤔
    相談者は加藤先生の指摘を自覚して下さい
    決断力や意見や意思も出来る様になるよ
    ナルシストは劣等感との関連性あるんだよな~違ったかな🤔

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。