番組に学ばないウザ姑。カーネーションの紐付き倍返し。嫁には重すぎるガラクタ

(再びパーソナリティ)

今井通子:
はい、あ、お分かりいただけましたか?

相談者:
はい

今井通子:
あはい

相談者:
あの、年甲斐もなく・・ンフフ(苦笑)意固地になってました。

今井通子:

三石由起子:
あ良かった!

今井通子:
アハハハ(笑)おわ・・

相談者:
はい

三石由起子:
良かった!

今井通子:
お分かりいただいたのね?

相談者:
はい、ありがとうございました。

今井通子:
あ、意固地っていうよりね?

相談者:
はい

今井通子:
一番最初にあなたさ、

相談者:
はい

今井通子:
何か物あげた時、

相談者:
ええ

今井通子:
見返り欲しがるじゃない?

相談者:
・・んー、言葉ですね。

今井通子:
うん、言葉。

相談者:
あはい

今井通子:
それがダメなのよ、まず(苦笑)。

相談者:
あーあー、そうですかね。

今井通子:
要するに・・何かこっちの思い込みで送った物は、相手が感謝する物だ。
で「嬉しい!」って言ってくれるって、信じてるでしょ?

相談者:
あはい

今井通子:
それって上辺だけよ。

相談者:
はい

今井通子:
喜んでほしいっていう気持ちで出すっていう・・

相談者:
ええ

今井通子:
なんていうの、下心が・・

相談者:
(苦笑)はい

今井通子:
邪魔しちゃったんですよ。

相談者:
(苦笑)分かりました。
はい

今井通子:
はい

相談者:
気をつけまあす。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
それじゃあ、失礼しまあす。

相談者:
ありがと・・ありがとうございました。
三石先生もありがとうございま・・

三石由起子:
忘れ、忘れないうちにすぐメールしてね。

相談者:
はあい、分かりましたあ。

三石由起子:
はい

今井通子:
で、今は・・

相談者:
ありがとうございます。

今井通子:
電話じゃなくてメールの時代だからね。

三石由起子:

相談者:
はあい
三石先生、だあい好きです(含み笑い)。

三石由起子:
ハハハハ(笑)

今井通子:
ハハハハ(笑)

相談者:
ありがとうござい・・

三石由起子:
あー良かった!

今井通子:
ハハハハ(笑)

相談者:
ハハハハ(笑)

今井通子:
じゃ、失礼しまあす。

三石由起子:
元気でね。

相談者:
ありがとうございました。
はい、失礼しまあす。

三石由起子:
はあい



「番組に学ばないウザ姑。カーネーションの紐付き倍返し。嫁には重すぎるガラクタ」への13件のフィードバック

  1. 表題が笑えました。ホントこの人はテレ人の何を聞いていたのだろう、ヘラヘラしないで真面目に耳を傾けろと思いながら聞いてました。こういう年寄りにはならないようにしたい、と思いましたが70過ぎた時自分はどうなってるのかな…とも思った次第。

  2. 三石先生の「ガラクタボックス」に爆笑しました。
    来年(今年?)の誕生日プレゼント、母の日の贈り物が
    貰える前提で悩んでいたところが何とも幼稚で
    ある意味憎めない人だと思ったけど
    それはあくまで部外者から見た話
    お嫁さんにしたら堪らん姑には間違いない。

  3. 今回はイマミツコンビ対応で正解。「がらくたボックス」に私もニヤリとした。
    息子嫁が直接抗議→息子が架け橋になっていない
    息子嫁「自信が無くなりました」→空気夫、善意押し付け暴走姑、不仲の小姑。離婚も頭に浮かんでいる?
    相談者夫「構うな」→相談者夫は分かっている
    ミッシングリンク推定するとこんな感じか。「電話でお礼催促姑」が煩わしいのは言うまでも無い。それにしても相談者はテレ人リスナーの模様。人間、「自身はこうならない」というバイアスが働くから、姑系の相談聴いても他人事になっちゃったのだろう。現実は、この相談者も他者を笑えない状態。イマミツコンビが反省を促したが、果たして相談者に伝わったかどうか。

  4. 人間70年もやっててこれか。

    老害 という、言葉はどなたが作ったか知らないが、まさに。

    江戸時代並みに早く死ねとは言わないが、
    控えめ堅実でも老人なんて社会には迷惑な存在だと個人的に思っているので、 害 を及ぼすヤツなんて反省しようが改心しようが褒めたくない。
    老害は1日でも長生きしませんように、唯一の願い。

    個人の感想です。

    1. 加藤諦三83歳、今井通子79歳、三石由起子67歳なわけで
      この番組を聴いてなお「控えめ堅実でも老人なんて社会には迷惑な存在」と言えちゃうのは
      ナンセンスすぎるというか、それはそれで番組から学んでないというか……
      個人的に”老害”を恨む理由もあるのかもしれませんが
      某ドラマの「自分で自分に呪いをかけているようなものよ。
      あなたが価値がないと思っているのはこの先自分が向かっていく未来よ。
      それって絶望しかないんじゃない?自分が馬鹿にしていたものに自分がなるのはつらいわよ。」
      「そんな恐ろしい呪いからはさっさと逃げてしまうことね」というセリフを思い出しました。

  5. ラジオで聴いてて大笑いしました。「私は世話好きなもんですから」まさに余計なお世話です。いらないものをもらうのは本当に苦痛でお礼を強要されたら拷問です

  6. 私も姑からの古臭いデザインの子供服やらのガラクタボックスにお手上げだったなーーー。一応お礼は言ったけどさ。

    そんな私も店頭で子供服を見ると、自分の好みでついつい孫に買ってしまいます。
    でもそれは自分が買いたいから買ってるだけで、お礼の言葉が欲しいからじゃない。

  7. 姑の気持ちわからんでは無い。私の長女もこんな感じ 塩対応で寂しい思いする。
    私には2人の娘がいるけど下の子はお礼もあるし
    それで遊んでいる孫の姿も動画で送ってくれる。
    誕生日クリスマスには娘2人の孫に平等にプレゼントを送るけどやっぱり反応がいい下の子の孫の方にあれやこれや送ってしまいます。
    それキッカケに話がしたいだけなんだけど
    それが鬱陶しいんでしょうね。
    相談者さんはもう嫁さんのこと構わなくてもいいと思う。
    頼まれた事だけすればいい。
    嫁さんも子供いるから
    自分が年取った時気持ちがわかるでしょ。

    母の日のプレゼントいらないからなんて
    喧嘩売る前に相談してよかったですよね。

  8. がらくたBOX。そのまんまで笑いました!
    時代を問わずウザ姑の熱い想いは空回り。
    父方の祖母からのがらくたBOXに私の母も思い悩みおかしくなったのを思い出しました。
    説教混じりのウザ長文の手紙付き。孫(私)宛のプレゼントも微妙。お礼の電話しないと怒ってた。同じだな。
    今井三石両先生の痛快回答が素晴らしかった。

  9. ガラクタボックスそっくりそのままバザーに出すと喜ばれますよ。
    うちの地域は中学生が文化祭前に集めにきます。
    品揃え見ると各家庭のガラクタボックスですがニーズが合えばお宝です。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。