妻の兄弟に脅されたとはいえ離婚届不受理申出で抵抗するワケは無意味なこだわり

テレフォン人生相談 2021年2月25日 木曜日

最初と最後の丁寧な挨拶にサンドされた雑な相談。

 

離婚届不受理申出:

勝手に離婚されちゃうのを防ぐために役所に出しておく届け出。
あまり一般的じゃないのに、オッサンよく知ってたもんだ。

提出の有無を問い合わせたときに役所に教えてもらったのね。

離婚届は三文判でOK。
たとえ一方が勝手に作ったものであっても、簡単に提出が出来てしまう。

もちろん違法ではあるんだけど、受理されて一旦戸籍が更新されてしまうと、これを元に戻すのは結構大変。

不受理の申し出は簡単。
役所に行けば不受理申出書なんていう専用紙も用意されている。

ただし有効期間は6ヶ月。
延長は可能だけど、言い換えれば6ヶ月ごとに更新しないといけない。

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 男43歳 妻51歳 息子中3 犬7歳(娘)

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、お世話になりますう。

柴田理恵:
こんにちは、お世話になります、今日はどんなご相談ですか?

相談者:
妻と、離婚をする方向で話し合、ってるっ・・ていうかまあ、離婚するんです、したいんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、話し合いいぃぃ・・の場を持てないままあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
先週ですね、えー・・

柴田理恵:
うん

相談者:
妻が、自分自身の兄と弟2人、合計3人を・・家に呼んで来て、

柴田理恵:
うん

相談者:
でその3人・・の目の前で脅されながら離婚届を書かされたっていうのがありまして。

柴田理恵:
はあ、はあ、はあ

相談者:
ええ、ええ
で、まあ、僕としては当然、夫婦で話し合いを持ててないままで書かされたので納得はしてえ、ないんですよね。

柴田理恵:
あはい

相談者:
「お前が書かないと、今日は帰らん」って言われたので、夜遅くに来て。

柴田理恵:
あーあ、はい

相談者:
で、ま、次の日仕事もあったので。僕は、も、早く帰らせたかったので、止むを得ず書いたんですけども。

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、自分としては受け入れられないと。

柴田理恵:
ふん

相談者:
んでえ、ま・・で、妻がもう提出、翌日には提出するって言うので、えー、一応、ま、役所に、受理したかどうか確認したら・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ま「まだです」と。

柴田理恵:
ふん

相談者:
自分としては、ま、あの、所謂、なんですか、離婚届の不受理の・・制度を使って、ま、受けないようにっていうのを申請をしたんですよ。

柴田理恵:
はい

相談者:
ただ、ま、今後またあ、当然、どっかのタイミングで話し合いをして、

柴田理恵:
はい

相談者:
まあ、あの、1対1で話して納得して・・もう1回書き直して出したいんですけども、

柴田理恵:
あ、はい

相談者:
え、その、まあ、僕としはそのお、脅されたことに対して、ま、所謂、ま、大袈裟かもしれないですけど、その、被害届とか?

柴田理恵:
うん

相談者:
出すべきなのか?と。

柴田理恵:
うん

相談者:
警察とかにですね。

柴田理恵:
あーあ

相談者:
それを思ってます。
それと、

柴田理恵:
はい

相談者:
そのお、住宅、ま、戸建ての家が共有名義なんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
それをぉ、あの、納得するような感じで、やるべきなのかっていうことと、

柴田理恵:
はい

相談者:
渡す(?)って・・

柴田理恵:
あの・・あなた今おいくつですか?

相談者:
43です。

柴田理恵:
はい
奥さんは、おいくつですか?

相談者:
えー、51です。

柴田理恵:
はい
えっと、お子さんはいらっしゃるんですか?

相談者:
ええ
えー、中3になる息子1人と、まあ、あの・・我が家では娘と言ってるんですけど、7歳の犬が1匹います。

柴田理恵:
ああ!、はい(苦笑)犬ですね。

相談者:
ええ

柴田理恵:
はい
じゃ、えっと中3のお・・お子さんん、を、

相談者:
はい

柴田理恵:
どうするか?って問題もありますよね?

相談者:
いや、も、中3の息子はだから、ちょっと、も、妻のほうが引き取るんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、そのお、いろいろ原因があって、ま、僕があ、この2年間ちょっと・・県外のほうに単身赴任をしてたんですよ。

柴田理恵:
はい

相談者:
で、その間(かん)にやっぱりその、息子としては、そのお、まあ・・今中学3年生となるといろいろスマホとかパソコンとか・・同級生の話とかでこう、現地にこう、好きな人ができたんじゃないかとかですね、

柴田理恵:
うーん

相談者:
そんなことを勝手に想像したみたいで。

柴田理恵:
うん

相談者:
ほいで、まあ、そのお、一緒に住んでたときに、自分のスマホを息子が見たみたいで、

柴田理恵:
うん

相談者:
そんときにそのなんかこう、ん、メールとかでこう、なんていうんすか、卑猥なメールとか、こう誘導するようなメールが入って来るときがあるんですけども、それをこう、僕自身がこう削除しようと思って、その、それを開けたときにそういう画面が出て来たみたいで息子がそれをチラっと見て、

柴田理恵:
うん

相談者:
あ、「パパはたぶんそういうことしてるんだろうな、現地で」みたいなことを、思ったらしくて妻に言ったみたいなんですね。

柴田理恵:
はあ!・・え・・

相談者:
え・・で・・

柴田理恵:
息子さんが・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
離婚の原因を、作った、んですか?

相談者:
まあ、ま、ま、そうですね。

柴田理恵:
え?

相談者:
ま、言いたくないですけど。

柴田理恵:
それ以外に、離婚の・・原因っていうのは・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
考えられるんですか?

相談者:
まあ、ま、それプラス、だからそれは、ないことを息子はあるというふうに理解して、その、心が病んでしまってて登校拒否とか、心療内科に通ってるんですけども、

柴田理恵:
息子さんが?

相談者:
ええ、ええ、ええ、え

柴田理恵:
あ、つまり・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
お父さんが・・そういう変なことしてるん、て、

相談者:
そうです、そうです、そうです。

柴田理恵:
邪推をして、

相談者:
え、そうですそうです。

柴田理恵:
そのことが原因で・・

相談者:
そうです、そうです。

柴田理恵:
心療内科にまで通うようになってるんですか?

相談者:
え、そうです、そうです、そうです、そうです、そうです、そうです
&#△%

柴田理恵:
それは全部・・

相談者:
&#△

柴田理恵:
ほんとに・・なんにもないわけでしょ?

相談者:
まったく何もないですね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ていう・・こっちも忙しくて、なかなか帰れなくて・・
だから、

柴田理恵:
うん

相談者:
妻が・・「そういうこと言ってる」って言われて、急いで1回帰ったときがあるんですけども、

柴田理恵:
うん

相談者:
そんときも、ま、息子に「そういうことを、してるんじゃないの?」みたいなことを言われたときに、僕が、「いや、そんなことあり得ない」っていう、ことを・・ま、ちょっと強く言ってしまったんですよね。

柴田理恵:
うーんーん

相談者:
で、頭ごなしに言ったみたいで、僕はそういうつもりなかったんですけど、それで益々・・ま、息子としては塞ぎ込んでしまって・・

柴田理恵:
でも、

相談者:
ええ

柴田理恵:
その、母であるあなたの奥さんがね?、自分の子どもの、話を鵜呑みにして・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
それでお父さんを、責めるなんて、ちょっとおかしな話ですよね?

相談者:
えー、だけどお、結局う、その、それを受けて妻が、ま、近所に住む・・ま、自分の母親、父親?

柴田理恵:
うん

相談者:
で、きょうだいにも、そういう話をしたみたいなんですね。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
でえ、じゃそんなことやったら・・ま、だからそこで全然事実確認をせずに、「そんなことだったら」ちょっと・・「ちゃんと考えなあかんな」みたいな話になったみたいで、

柴田理恵:
うん、でも・・

相談者:
&#△%

柴田理恵:
奥さんも疑ってらっしゃったんですか?

相談者:
いやだからあ、ね?疑ったんでしょうね、だか・・
ま、それ・・

柴田理恵:
それはあ・・

相談者:
うん

柴田理恵:
なんかちょっと、変な感じがするなあと思うんですよね、聞いてて。

相談者:
そうですね、こっちも・・腑に落ちないんですよ。

柴田理恵:
・・

相談者:
んでえ、それと、もう1個ありまして、

柴田理恵:
・・

相談者:
ま、所謂その、住宅ローンを組んで家を建てたんですけども、

柴田理恵:
はい

相談者:
当初組んだあ・・住宅ローンの、プランで払って行くつもりがその、給料がやっぱ年々下がってますので、

柴田理恵:
はい

相談者:
なかなかそういうわけにも行かないんですよね。

柴田理恵:
はい

相談者:
で、住宅ローンを組んだんですけど、共同名義で、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしがあ、自分の分プラス、妻の分までずっと払ってたんですよ。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
で、そういう中でその、2人分も払うのはちょっとしんどいと。

柴田理恵:
うん

相談者:
いう中で、そのお、せめて自分の分だけは払ってくれないか?とかいう話をしても、やっぱりなかなか応じてくれなかったりして、

柴田理恵:
・・んー

相談者:
ま、住宅ローンが何回か、遅れたこともあるんですよね。

柴田理恵:
ふうーんーん

相談者:
そしたら、ま、やっぱそういうとこで、結構そういうお金に関する不安感もあったみたいで・・

柴田理恵:
奥さんもずっと働いてらっしゃるんですか?

相談者:
えーと、働いてますね、あの、実家のお・・商売を手伝ってるんですけども。

柴田理恵:
あ、は、は、は

相談者:
ええ
きょうだいと、親とやってるう、商売ですね。

柴田理恵:
あはい、はい

相談者:
ええ、ええ、ええ
だから僕もあんまり、理解できないまま、そういうふうに来て・・で、胸ぐら(苦笑)掴まれそうになったり、テーブルひっくり返されてそんなことになったので。

柴田理恵:
だから、す、そういう暴力的な態度に出る、のはどうしてなのか?がちょっと・・なぜなのかなあ?と思うんです、何かほかに原因があるんじゃないんですかね?

相談者:
いや・・いやあ、僕は全然ないんですよ。だから、む、向こうが言うには・・その「子どもが病んでしまってるやないか」と。
「うちの姓を名のらして、もっと楽にさせるから、はよ書いてくれ」みたいなこと言われて。

柴田理恵:
うーん
もし今離婚なさったら、ローンも払わなきゃいけない・・

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
子どもの養育費も、掛かる。

相談者:
そうですね。別居するう、となると、自分のお、や、また、家賃も発生しますよね。

柴田理恵:
く、大変ですね、経済的に。

相談者:
そうです、だからその話し合いを持ちたいのに妻が全然・・その向き合ってくれなくて・・

柴田理恵:
・・えっと・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あなたは・・

相談者:
はい

柴田理恵:
離婚はしたいんですよね?

相談者:
あー、もう息子のためを思うなら、したいですね。

柴田理恵:
「息子のためを思うなら」ってどういうことですか?

相談者:
いや、息子の、だから体調が改善するんであれば。

柴田理恵:
ふん・・

相談者:
で、それもありますし、そういうう、親族とは付き合いたくないので(苦笑)。

柴田理恵:
・・うん・・じゃ、今日のご相談はですね。

相談者:
はい

柴田理恵:
まず奥さんと・・離婚をしたい。

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
ただその、離婚を、するにあたって、いろんなお金が生じて来ますから、

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
その、条件を・・ちゃんと整えたい。

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
それで、あとはその、無理矢理離婚届を書かされたのの・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
納得してないのに、被害届も出したい。

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
うん

相談者:
ええ

柴田理恵:
そういう、ご相談でよろしいんでしょうか?

相談者:
まあまああ、そうですね。はいはい、そうです。

柴田理恵:
ふん、ふん、ふん、ふん
離婚はなさりたいんですものね?

相談者:
もう、離婚は、僕は、も、や、仕方ないかなとは、思ってます。

柴田理恵:
ふーん、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃあ、えー、先生に聞いてみましょう。

相談者:
お願いします。

柴田理恵:
はい
今日の回答者の先生は、弁護士の塩谷崇之先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
先生お願いします。

(回答者に交代)


「妻の兄弟に脅されたとはいえ離婚届不受理申出で抵抗するワケは無意味なこだわり」への10件のフィードバック

  1. いろいろ腑に落ちない相談でした。
    相談者も妻も離婚するつもりなのに、なぜ妻の兄弟が相談者のところにおしかけて離婚届を無理やり書かせたのか。
    相談者は何か隠していることがありそう。
    子供が相談者のメールを見ただけで心療内科に通うほどになってるなんて、普段からすごく夫婦仲が悪くて、子供の心がものすごく不安定になっているんだろうな。
    「そうです」を続けて6回も言うその心理が知りたい。

  2. ホント、腑に落ちない相談。
    息子に見られて疑われたメールを妻に見せたら、妻を納得させられると思いますが…
    何か、嘘くさい。実は、本当にやましい事してたんじゃないかと思えてきます。
    元々、妻と信頼関係を築けていなかったんだね。
    あと、経済的にどういう夫婦なのかわからないけど、家が共同名義で妻が払えなかったら、払えとか…びっくり、セコい!自分の事しか考えていない感じがして、違和感を感じました。
    相談者の居場所は、ないように思いました。居場所を作らなかったのか、他に居場所を作ったのか…

    1. ラジオ聴いてて、犬の話出た時から
      相談者の態度?受け答えに違和感感じてました・・・

  3. 相談者が妻子の生活費と学費を十分に払っているか否か、編集で省略されたのだろうか。
    嫁さんが足りない生活費を補っている上で、相談者がローン支払いを焦げ付かせているなら、親族から「離婚して負債を精算しろ」と迫られてもおかしくない。
    相談者の言い様だと嫁さんの実家が息子を引き取るようだから、結構事態は深刻では無かろうか。
    息子のための離婚と言いつつ、養育費の設定はしないのか?
    無理矢理書かされた離婚届、役所に提出されていないのに「被害届を出す」って、被害出ていない被害をどう説明する? 聞かされる警察も困ると思うのだか。

  4. 相談者、色々、事実を隠して、自分の本音にも隠して、都合の良いように解釈しているようにしか思えませんでした。

  5. 子供のせいにする時点でお察し。
    話し方からして信用出来ない感じ。
    お子さんが心に平静を取り戻しますように。

  6. 犬を人間と並べて言うなよ、が第一印象。
    相談内容も全体的に意味不明だが、自分のシナリオじゃない流れに乗せられて書いたモノを出したくない、コレはプライドの高さ故?

    弁護士目線だと結論が同じなのでどんな書類でも出せよ、だけど、そういう正論が通じない世界にいそうな相談者、底が見えなくて怖い。

    あとメンタルよわよわの息子は矯正してから世に送り出せよな、迷惑だから。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。