落ちこぼれ専業主夫トレーダーと教員妻。一致する価値観が不満の種という皮肉

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はいどうもこんにちは

相談者:
あ、&#△%よろしくお願いします。

マドモアゼル愛:
よろしくお願いいたしまあす。はい
確かに、ご夫婦、協力し合ってね?
2人で働いているケースも多いのでね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
負担の割合が、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
違って来る場合はこれはあると思うんですね。

相談者:
はい、はい、はい

マドモアゼル愛:
きっとね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でもそこが、今のあなたのケースはあ、奥さんにとっては、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
ちょっと、こう言っちゃ悪いけど、自分に好都合な、状態を、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
保持しようとしているっていうところがね?

相談者:
ええ・・ええ

マドモアゼル愛:
旦那さんから見ても・・なんだ?、っていう思いを、やっぱり抱いてしまうっていうことだと思うのね。

相談者:
ええ・・はい

マドモアゼル愛:
そいで・・2人の問題点は・・お互いに・・気持ちが・・理解し合っていないわけ、なんですよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから、はっきり正直に・・一度、旦那様の、思い、感情を、
「実は俺はこういうふうに感じてんだ」と今。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それが、伝わって、「あー、あなたそうだよね」って、言えば・・別にお金の問題じゃないような気もちょっとするんですよね、実はね。

相談者:
ええ、ええ

マドモアゼル愛:
ただ奥さんのほうに、夫に対するデリケートな思いを汲み取る力が、ある人なのか?ない、人なのか?っていう辺りがね?、ちょっと心許ないなっていう感じも・・

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
受けるんだよね?

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
だからやっぱ相当な、ショック療法に、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
一世一代の芝居ぐらい、やってもいいときなんじゃないの?こういうときって。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
要するに、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
ちょっと子どもになっちゃって・・
例えばですよ?
株式が下がって、ニュースかなんかに出たような日に(苦笑)例えばよ?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「やってしまったよ」、「全財産失った」ぐらい・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
の芝居があったって面白いじゃない?

相談者:
ちょっとはったりを利かせてもいいわけですか?(苦笑)

マドモアゼル愛:
構わないじゃない、だって、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
こちらは事実っていうよりも、分かってもらいたいんだもん、自分の気持ちが。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
ね?
だからそこで・・「俺が一文なしになったときに」

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
「お前がどういう、ふうに俺のことを見てくれんのか?」

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
「も、確かめな」い・・「くちゃいられないほど寂しかったんだ」ぐらいの(含み笑い)・・

相談者:
ああー

マドモアゼル愛:
思いじゃないかなと思うんだよね結局はね。

相談者:
ええ、ええ、一応彼女にはいくら運用してて、子どもの学費とかも、ま、2人大学行ってもどうにかなるぐらいのはあるので、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
生活は、「100歳まで生きても、破綻しないとは思う」とかっていうのは言っちゃってるところで。ええ

マドモアゼル愛:
そこでだからあなたも、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
こうやって、自分はお金を稼いで、それによって相手の気を引こうとしてた弱みがあるんだよ、やっぱり。

相談者:
はあ、それとわたしも、ほかにも弱みとしては、

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
4年前に実は・・サラリーマン辞めたんですね。

マドモアゼル愛:
ええ、ええ

相談者:
原因はうつ病なんです。

マドモアゼル愛:
はい、はい

相談者:
それなもんですから、ま、強気になれないっていうか・・
自分はどっかダメなところが・・あるん、んで、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ま、しょうがないからこうなってるのかなっていう、引け目っていうか・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
そういうのもあるんですね。

マドモアゼル愛:
でも、しょうがないからっていう一方で、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
「一生食べて行くお金はある」とか、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
カッコつけてんだよ?、結構。

相談者:
あーあ、ええ、ええ

マドモアゼル愛:
あなたという、お父さんの存在が、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
本当は、この家を支えているんだよね?

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
なのに、あなた自身が・・お金を出すから・・ここにいられるんだ、的なね?

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
間違った・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
自分像を・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
持って、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
自分自身で、勝手に自分を追い込んでいる面が・・

相談者:
ああー

マドモアゼル愛:
あるような気がするんですよ。

相談者:
ああー・・

マドモアゼル愛:
でもね?

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
2人の生活を、伺ってみると、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
僕はね?、お金の問題以外はそれなりにうまくやってると思いますよ。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
奥さんも。決して逃げてないもん、子どもから。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
だって、やっぱり小学校の教員、やっぱりほんとに僕ね、大変だと思います。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
今。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
本当に。

相談者:
&#△

マドモアゼル愛:
だ、それはやっぱり分かってあげたい・・

相談者:
あーはい

マドモアゼル愛:
だから、それが、お互いに助け合ってるね、っていう信頼感に、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
なっていないところが問題なのよ。

相談者:
あー、はい、はい

マドモアゼル愛:
うん
ね?それが、1つ、あなた自身の、自信のなさ。
自分は、お金も出すよ、
これもやるよ、
うつ病だから、仕事辞めちゃったから・・なにか・・そんなとこ捨てちゃって、
裸のお父さんで、いいと思うんですよ。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
俺は、社会的にもこうやってるから、価値があるんだ。
家にもいられるんだ。
夫として見ていられんだっていう・・ポーズを・・もう・・捨てちゃいましょうよ。とにかく。

相談者:
ああ、も、カッコつけすぎてるっていうこと&#

マドモアゼル愛:
あう、あると思う。

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
だから・・それが取れれば・・
「今月は」あ、「相場でスッたからお前払ってくれよ」と。
「今月は儲かったから、お前1円もいらないよ」とか。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
それのほうが伝わるんじゃないの?お互いに心が。

相談者:
・・うん

マドモアゼル愛:
どうせこういう生き方を選んだ以上は。

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
失敗しても成功しても・・夫である価値は変わらないんだという・・考えがね?

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
思いが、今のあなたに僕は必要だと思いますよ。

相談者:
ああー

マドモアゼル愛:
だから要するに、もうちょっと裸になって・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
奥さんと・・向い合うと・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
いうことが今一番大事だと思う。

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
その上で、「そういうふうに捉えてて寂しいんだ」っていうぐらいの・・思いを・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
出すことが大事なんじゃないかなって気がすんだよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね。ちょっと、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
加藤先生にもっと、あのお、専門的なお話を伺ってみましょうね。

相談者:
はい

(再びパーソナリティ)


「落ちこぼれ専業主夫トレーダーと教員妻。一致する価値観が不満の種という皮肉」への12件のフィードバック

  1. うーん。
    相談者がやってる家事育児を、フルタイムで仕事をしながら、こなしている女性は、世の中にたくさんいる。

    家の中の役割が一般的な家庭と性別が逆なだけで、相談者が、生活費を7~8割出すのが不満なら、奥さんに出してもらえばいいんじゃない。
    なんか、「家族を養ってやってる」って言いたいし、その立場は維持したい、でも正直、家事育児をほぼ全部やるのは不満、って自分勝手だなと思ってしまう。

    「家事育児は自分がやってて、奥さんに養ってもらってるんですよー」ってなればいいだけ。なんか、表面的にだけ、世間体だけ良く見せたい変な男のプライド持ってて、器が小さいと思った。

     専業主婦で、家事育児をしている女性は、家事育児の対価を夫から払われない。無報酬なのだよ。ある意味相談者は、貴重な経験をしていると言えるし、そういう家庭の中の役割などについて、柔軟な考え方や家族のあり方を考えるチャンス。

     なんか、変なプライドは捨ててほしい。

     

  2. 最後は、お互いに相手に対してどれくらい愛情が残っているか、じゃないかな。

  3. 夫婦ともども金の動きをオープンにすればどうかな。
    そうすれば、夫のお金・妻のお金という意識や自分だけが生活費出してるという感覚も無くなるし、離婚のときも共有財産は折半だし。

    それと、株やってるなら、そういう所帯じみたこというのは人間が小さく見える。
    奥さんに働いてもらって生活の安定を作り、自分は博打(人によって意見違うかもしれないが)やってるんでしょ。
    そういう生活やらしてもらってるなら、文句言わず家事ぐらいやれば。
    そして、資産が大きくなったら、お手伝いさん雇ってやるわ!ぐらいな気持ちで。
    チマチマと稼ぐだけなら、普通に働けば。

  4. シンプルに家庭に入れるお金の割合だけはちょっと不公平かなと感じました。
    うつ病は回復後もバリバリ元通り働くのは難しい場合も多いそうですし、怠けや遊びとはまた話がちょっと違う感じ。

    専業/兼業、主婦/主夫を問わず、家事育児の側から家庭を「支える」労働の重要性がもっと評価されていくといいなとも思いました。
    夫婦間の話し合いがうまくいくことを祈ります。

  5. 「修羅場を避けていい人生を送ろうと思ったら大間違いですよ」
    ホントその通り!! 経験済み!

  6. まず30万は丸々使える金額じゃないよね
    生活費と言っても家賃光熱費学費学習費含まれてるのかも微妙だし
    見栄張りたいのがバレバレで逆に弱味になってるの付き合い辛いタイプだな

  7. 相談者さんのダメな感じはよくわかるけど「変なプライドは捨てよう」プライド持たないと今の生活に耐えられないと思う。奥さんがもうちょっと寄り添ってあげたら良いのに。息子と一緒に聴いてて、息子は「旦那可哀想やな」と言ってた

    1. そうですね。
      うつ病で退職して、その引け目もあるけど、でも一家の主でありたい、というのは根底にあるでしょうね。
      奥さんがそれだけ、仕事に打ち込めるのは、実際相談者が家事育児をしてくれているからであって、そこは相談者は誇りに思っていいし、生活費も出してるってとこで、奥さんから労いや感謝の言葉があったり、そういう気持ちが伝わってくれば、相談者の気持ちも違ってくるのかな。
      ほぼ、相談者が生活費出してて、奥さんの収入は家族にとってどういうものなのだろう。
      相談者が生活費をほぼ負担している代わり、奥さんの収入は、こどもの教育資金として貯めておく、夫婦の老後の資金として貯めておく、そのあたりの認識が夫婦で共有できてないから、相談者はモヤモヤしてるんだろう。世帯収入として考えて、生活費をどちらが、どのくらいの割合で出す、貯金はこのくらいしていこう、と話し合えばいいんだと思う。

    1. それは無いと思います。
      良くなっているか、離婚しかないです。
      修羅場をくぐるというのはそういうことなので。

  8. 年齢柄、体力が子供に追い付かない。嫁に助けて欲しいけど、家事を引き受けた立場上それも頼みにくい。
    ‥この辺かもね。相談者の核心とは。高齢出産夫婦だし、不惑過ぎて自分のプライドで鞘当てする辺りも「高齢出産夫婦あるある」だし。
    一般的ジェンダー役割交換夫婦と高齢出産夫婦のハイブリッド。全うすれば出版でもユーチューバーデビューで活躍の幅が広がりそう。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。