娘のみならず孫まで。きっかけの喧嘩は渡りに船?没交渉3年半が教える嫌われ度

テレフォン人生相談 2021年4月27日 火曜日

お正月3,4回にコロナ禍‥
ボッチの母親のことを思い浮かべないハズはなく、筋金入りだわ。
嫌われてるっていうか復讐の香りすらしてくる。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰。作家・翻訳家)

相談者: 女65歳 30年前に離婚 娘42歳 孫娘18歳と16歳

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いしますう。

今井通子:
はい
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
娘え、がいるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
その娘との関係が・・ちょっ、滞ってて、修復するいい方法があったら、

今井通子:
はい

相談者:
あの、教えてもらおうかなあと思ったんですけど。

今井通子:
あ、分かりました。

相談者:
ええ

今井通子:
まずあなたおいくつ?

相談者:
65歳です。

今井通子:
65歳・・お嬢さんおいくつ?

相談者:
42です。

今井通子:
ご主人はいらっしゃいます?

相談者:
30年前にあたしは、あの、離婚しました。

今井通子:
はい
お嬢さんのほうは・・お1人?

相談者:
いや、旦那がいて、

今井通子:
はい

相談者:
そいであの、孫が2人・・

今井通子:
あ、そうなんですか。

相談者:
いて・・

今井通子:
で、お孫さんは男の子さん、女の子さん、おいくつ・・

相談者:
女の、子が2人です。

今井通子:
はい
で、おいくつとおいくつ?

相談者:
18と16?

今井通子:
はい
大体、背景が分かったので、

相談者:
ええ

今井通子:
で、お嬢さまとうまく行かない、その、どんなことで?

相談者:
・・3年半ぐらい前に、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、その、ときまでは普通に行き来はしてたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
あたしが、い、あの娘の家にいるときに、何かきっかけでちょっと、口喧嘩になって、

今井通子:
はい

相談者:
「『お祖母ちゃんのこと、嫌いだ』って言ってたよ」って、あたしに言ったんですよ、娘が。

今井通子:
それはお孫さんがっていうこと?

相談者:
そう

今井通子:
はい

相談者:
孫の、下の子が、

今井通子:
はい

相談者:
「そうふうに言ってたよ」っていう、こうふうに・・なんかこう、頭に来たついでに・・そういうふうに、言ったんですよね。
本来だったらその、孫がもしそういうふうに言ったとしても・・それは、どういうところが?とか、何かそういう、母親として・・

今井通子:
はい

相談者:
ま、たしなめるっていうか・・そぉれが本来の、あたしは母親の姿じゃないかな?と思って、

今井通子:
はい

相談者:
そんなことあたしに言うなんて、って、もう、あった、頭に来ちゃって。

今井通子:
はい

相談者:
それでもう「勝手にしろぉ」つうんで、そいで、家(うち)、出て来ちゃって、それ、から・・あたしが何回か、メールしたんだけども・・そういうのを修復できるかな?と思って・・
そしたら全然繋がんなくって・・アドレスを変えちゃったんですよね。

今井通子:
・・えーっと、あなたは、お嬢さまの家(うち)に遊びに行ったんじゃなくって・・

相談者:
うん。とにかく頻繁に行っていろいろ・・やっ・・

今井通子:
頻繁に、お世話に行ってたわけ?

相談者:
うん・・そうですね。

今井通子:
はい
その、あなたとしてはあ・・例えば・・メールをずっとされてた?

相談者:
え、何回かその・・喧嘩があった後にもメールしたんだけど、

今井通子:
はい

相談者:
んで、アドレスを変えちゃったってことが分かって、

今井通子:
はい

相談者:
・・一切だから、それ、から連絡、ができない・・状態なんですよね。

今井通子:
ふううーん

相談者:
なんで、あ、あたしは普段、いろいろこう・・ん、ま、面倒看てるっていうか、いろいろ助けてやってるのに、なんで娘、って、ああいう態度なんだろうな?っていう・・それ、そういう気持ちは常に持ち続けて、いたんですよ。

今井通子:
・・ふうーん

相談者:
で、なんか・・その・・

今井通子:
ていうことは、あの、言い換えちゃうと、

相談者:
うん・・うん

今井通子:
あなたとは・・お嬢さんとしてはですよ?

相談者:
はい

今井通子:
あなたとは関わりを持ちたくないっていう態度?

相談者:
・・なんか、だから・・今更、まだ・・その、離婚したっつうことになんか・・娘として?、理解する気持ちがないのかなあ?って、そこに、い、いるんだけどお。
あたしは、まあ・・

今井通子:
あな、あな、あな・・

相談者:
自分のためもあるけど、娘のために、子どものためにも離婚、しかなかったから、離婚したんだけど。

今井通子:
まずう、あなたは何?何歳のときに結婚された?

相談者:
結婚は21です。

今井通子:
21歳で、はい
で、何年間ご一緒でした?

相談者:
14年間

今井通子:
はい
で、30年前に別れられた?

相談者:
はい

今井通子:
すと、別れた、れ、原因はなんだったんですか?

相談者:
とにかくう、旦那が給料入れない。

今井通子:
はい

相談者:
で、やっぱり、子どもに対しても、

今井通子:
うん

相談者:
ま、暴力的、ていうのかな?、そういう、父親の態度を見て、あ、この人はもう、子どもに愛情ないなあと思って。

今井通子:
はい

相談者:
それが決定的になったんですよね。
で、子どもの前でも、やっぱり暴力、するし、

今井通子:
その暴力は、あなたに対してだけ?、それとも、お子さん・・

相談者:
そうですね。子どもには・・

今井通子:
ふん

相談者:
なかったですね。

今井通子:
なるほど。
で、それが元で離婚されたのね?

相談者:
はい

今井通子:
で、その離婚をしたときに、お嬢さん達はなんか、言ってましたか?

相談者:
子どもは一切そういうこと・・に関係したことは・・あたしに発したことはないです。

今井通子:
・・うん、じゃあ、さっきチラっと、ほら・・あなたが離婚したことを・・

相談者:
うん

今井通子:
云々してるんじゃないかって・・

相談者:
そう・・そ、思い当たるのは・・そのことを、なあんか根に持ってるんかなあ?っていう、それぐらいで・・

今井通子:
だからその(苦笑)・・根に持ってる、かなあ?と思う理由は何?そうすると。
何も言ってなかったんでしょ?離婚したときとか。

相談者:
・・それぐらいしか、ちょっと、まえ、思い当たらないんですよね。

今井通子:
うん・・あのね?・・今までお話伺って、

相談者:
うん

今井通子:
ちょっと1つだけ思ったことは(含み笑い)、

相談者:
うん

今井通子:
今、あなたとしては、お嬢さんとうまく行ってない、メールも、アドレス変えられちゃって通じない、

相談者:
うん

今井通子:
うん
故に、本来ならばお嬢さんとの・・えー、関係を修、修復したいと、いう・・ことでの・・ご質問ですよね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
でも・・その割に・・お嬢さんが・・何を、あなたに対して思ってる、かもしれないとかっていうところの・・

相談者:
うん

今井通子:
実際に起こった話っていうの、まったく覚えてないわけね?

相談者:
・・そのときの最後の喧嘩の・・きっかけっつうのはもう、ちょっともう興奮状態、ん、なったんですよね。覚えてないんですよね。

今井通子:
・・うん、でもその・・あなたがご主人に別れたことを・・お嬢さんが根に持っているっていうのも・・お嬢さんが何か言ったからっていう話じゃないわけじゃないですか。

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん・・だからそうすると原因は・・あなた自身が、覚えていないっていう・・状況なのね?

相談者:
その喧嘩、の、きっかけは、覚えてないです。

今井通子:
・・うん

相談者:
だからその、喧嘩したとき・・あの、孫の、上の子は携帯持ってたんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
そいで・・孫からも一度も電話、来ないなんて、それはなんか・・さらになんか悲しくて、

今井通子:
ふうーん

相談者:
だから娘が、「掛けるな」って言ってるんかなあと思って。

今井通子:
ふん・・なるほど。

相談者:
そこまでするかなあと思って。

今井通子:
・・で、えー、ご質問としてはあ・・その、お嬢さんとの関係の修復が・・をどうしたらいいか?っていうことですよね?

相談者:
うーん

今井通子:
(息を吸って)分かりました。今日はですねえ・・

相談者:
ええ

今井通子:
三石メソード主宰で作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

相談者:
お願いしますう。

(回答者に交代)


「娘のみならず孫まで。きっかけの喧嘩は渡りに船?没交渉3年半が教える嫌われ度」への18件のフィードバック

  1. 娘に絶縁されたの1人で強く生きなさい
    してあげてる手伝ってあげてるは余計なお世話

  2. 先日の「がらくたBOX」並みの三石砲が炸裂!
    がらくた〜の相談者と心なしか声も似ていたような?
    しかし困った独りよがりお婆ちゃんだ。
    こんな状態なのは孫にも良くない、とは笑わせてもらいました。
    〜してやった、離婚したのは子供の為でもあったなど恩着せがましさも相当。
    娘さんはこんな母親が哀れだから精一杯我慢して孫の面倒を見させてあげてたんだろうに。
    感謝出来ないんだね。
    まだまだ若いのだからアドバイス通り自分の楽しみ見つけて娘からの愛情を求めるのは金輪際やめてあげて頂きたい。

  3. 65歳でこれか。
    恩着せがましいし、我が強すぎる。
    友達いるんだろうか。
    来るべくして来たこのお悩みで、自分を省みて成長されてください。

  4. 我が家では三石先生登場の時に
    遠山の金さん登場くらい盛り上がりました。

  5. 人間は【自分】という個人として、精神が独立した一人の人間として、誰でもない自分自身の人間として楽しみを見つけるなり作り出すなりして生を全うするのが、、本筋。

    基本的に誰が相手でも自立しろ・楽しめ・頑張れ・を指示し、【安心感】を大盤振る舞いして相談者を送り出す三石先生。ホント大好きやわ。

    【人の心の整体師】とでも呼んであげたいわ。

  6. 今回の話は長年のテレ人ファンなら三石先生の言いたいことは過去の話と補完しながらわかるんだろうけど、相談者やそんなに聞いてない視聴者には言いたいことが伝わらないんじゃないかな。
    ①嫌われていることを自覚すること
    ②相手は会わなくても平気だというのを知ること
    ③自分が寂しいから会いたいんだということを認めること
    ④会えなくても平気なように自分で楽しく暮らせるようにすること
    ⑤もし相手から会いたいと思わせたいなら自分が楽しく魅力のある人物にならないとダメ
    これが三石先生がずっと言ってるテーマ

  7. 私の母??と思うほど、似てました。
    ブロックしてないから、違うけど。

    特に、何に対して娘が怒ってたのか、身に覚えがないあたりがそっくり。
    人の話を聞かない、興味がない。
    相手がどう思うか、ワンクッション置いて考えることができない。

    全てがYou Messageで、I Messageができないところも同じ。
    そういう人は、恩着せがましくなるのです。

    この相談聞いて、ブロックするという手があったか…!!と天のひらめきを得ました。

    LI◯Eブロックは、父が倒れた場合など、連絡できないと困るだろうから、最後の手段として、少なくとも、電話に出ないという手法を身につけようと思いました。

    ありがとう、相談者さまの娘さん。お互い強く生きましょう。

  8. 人生相談リスナー歴、10年以上です。
    人間の心理心情が勉強になり、ちょっと中毒ぎみですw
    皆さんのコメントも凄く参考になって、ラジオ聴いた後の楽しみになってます!

    三石先生、大好きです!今日もスッキリしました!!

  9. 一番ひどいときは1日に100回以上電話をかけてきたうちの母親が、
    そうなる数か月前までこんな感じでしたね。

    こじらせてくと
    「嫌わないで」「本当に嫌ってない?」「本当に許してくれてる?」

    この辺のエンドレスリピートです。
    着信拒否の意味を理解しながらも、ずっとずっとかけてきました。

    そうならないよう、三石先生のアドバイスを
    理解できているといいのですが。

  10. 絶縁された理由を30年前に求める時点でダメかなと思った。でないと、その時点で生まれていない孫が「婆ちゃん嫌い」とか言うかね。
    「娘と口論した内容を覚えていない」。本当の理由はここにあるのではないか。記憶が飛ぶくらいに激昂するところ。あと、30年も前に別れた旦那に原因を求めたり、「孫に良くない」とか、とにかく責任転嫁するところ。
    皆さんのコメントも鋭いね。そう、「がらくたボックス媼」は、テレ人リスナーにとって伝説と化している。
    人間、老いに愕然とし、老いの先にある「死」に恐怖する。「死の恐怖」に抗う行為に人間性が現れる。

  11. 三石先生の回答が予想される相談内容、私も同世代で娘がいます。トラブルと反省しきりです。自分を省みる事、最もです。

  12. 寂しい人なんですね。
    必死で頑張ってたつもりが、周りの大切な人を振り回してたんでしょうね。反省してズレてた事に気がつくと、どうして行くべきか見えてくると思います。自分がいいと思ってやって来たことが迷惑な事だったとか、怒らせてたとか。恥ずかしいと感じたなら、距離を置いていけばどうでしょう。穏やかに静かに暮らせたら、いつか連絡来ますよ。

  13. 年とって自分の老後が心配になったから娘召喚パターンですね。
    自分の事しか考えてない。
    娘さんも恐らく子供の時から母親中心の生活を強いられたんでしょうね。三石先生の言うとおり、婆さんの事なんか誰も心配してない。
    なぜなら自分がしてきた自己中な人生をそのままそっくりしっぺ返しをくらっているから。
    60歳位までは楽して幸せに暮らしていたんでしょうね。
    今回の教訓としては自分だけではなく、家族や友人の幸せを考えながら生きていきたいと思いました。
    私の母親も相談者さんの様に自分の事ばかりな可哀想な人でした。
    3年前に亡くなった時は悲しさよりも開放された嬉しさでいっぱいでした。本当に死んでくれて良かった。
    毋の死で、人生長いと凝り固まった価値観や思想は余程の努力が無いと絶対に変わらない事を知りました。
    お嬢さん、お孫さんもこんな老害は無視して今後の人生を幸せにいきて欲しいと願っています。

  14. 三石センセーが一見キツイこと言ってるようだけど、
    今井センセーの
    「ご主人とも失敗してるし、お嬢さんとも失敗してるよね?」
    の言葉の方がキツイ気がする。
    今井センセーって結構締めでキツイこと言うわー。
    でも三石&今井コンビ最高です、この手の相談には必須コンビだわ!

  15. ほとんどの親がある程度そういう因子は持ってると思う。
    私の親も家に良く来て2時間くらい話して戻っていくけど、心の中ではある程度迷惑だとも思ってる。

    ただ、育ててもらった恩義があるから、無下にはしない。
    自分の子供のように「しょうがないなあ」程度に思ってる。

    実際は私ではなく、嫁さんが対応してるんだけどね。
    嫁さんも、今日も何時まで話して帰ったわよ、ママ楽しい人ね、と言ってくれてる事に感謝している。
    そして、家では使わないようなテレビショッピングで母親が買って持ってきた物をゴミ箱に時々捨てている。

    1. 対応している嫁の立場です。
      とても迷惑でストレス溜まり、いつか爆発します。
      実子である夫からしっかりと断って欲しいです。

  16. Kさんが仰るように、この相談者のような予備軍はたくさんいると思う。
    私も子供に依存しないように、イキイキと自立したお婆さんを目指したい。
    相談者さんも何か楽しみを見つけられたらいいですね。

  17. 私の毒親の母も全く同じです。
    アスペルガーかASDかADHDなんでしょうね。
    自分が悪いとは全く思ってない人間で意味の分からない理由で私のせいにされます。

    同じく3年会ってないのですが、この3年が人生の中でも1番楽しいです!もちろんこれからも会うつもりは一切ありません。
    連絡手段、全てブロックしましたが他の身内とは繋がっているので亡くなった知らせはそこから来るのかと思います。

    自分はみんなから好かれていると勘違いしている人間に優しくして自分が潰れるなんて本末転倒です。
    嫌いな人間との思い出が増えない人生はすごく楽です。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。