離婚1年の息子の彼女は元同僚子持ち。再婚反対に今井通子のズシンとくる一言

テレフォン人生相談 2021年8月10日 火曜日

福祉の仕事で家庭を持ち、不倫だってするし、離婚して親の義務を果たしつつ、職場は出会いの機会にあふれていて、ステップファミリーを築くこともできるという業界サイドのステマじゃないかしら。

 

ウツと不倫は両立するらしい。
ウツを支えたのが不倫相手。

フム

じゃねえよ。

片言の日本語ながら日本国籍を持つ女子テニスのトッププレイヤーが義務づけられている試合後の記者会見を拒否して賛否両論巻き起こる中、唐突にウツ病を告白した。

順序が違うのだが、否定的な意見を一気に沈静化させることに成功。

この日本人女子テニスプレイヤーの振る舞いからするとツイッターでの自己主張とウツ病は両立するらしい。

ウツ病と上手くつき合う、
改め、
ウツ病という病名と上手くつき合う。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 関西なまりの女62歳 夫66歳 1年前に離婚した長男36歳との3人暮らし 長男には元妻が引き取っている小4と小2の息子がいる 長女40歳と次女38歳は家庭持ち

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、すいません、よろしくお願いします。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えー、長男のことなんですけども。

今井通子:
はい

相談者:
36歳なんですが。
あのお、今・・

今井通子:
あ、ちょっと&#△、あなたが36歳?

相談者:
あ、じゃなくて、わたしは62歳です。

今井通子:
お若いお声ですねえ。

相談者:
あ、いえいえ(苦笑)

今井通子:
62歳で、

相談者:
はい

今井通子:
ご長男が、36歳?

相談者:
そうです。

今井通子:
はい

相談者:
あの、主人66歳です。

今井通子:
はい

相談者:
で、長女は40歳、次女が38歳・・で・・

今井通子:
3、あ・・

相談者:
あの、娘は2人共もう嫁いでおります。

今井通子:
はい

相談者:
で・・36歳の長男なんですが。
1年ぐらい、前に・・離婚をしたんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
と、最近になって、バツイチの・・子連れの方と・・お付き合いしてることが、分かったんです。

今井通子:
はい

相談者:
はい。で、あの・・結婚、するみたいなことを・・言ってるんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
親として、反対・・したんですけども、

今井通子:
・・

相談者:
むすむ、あのお、怒ってしまって、

今井通子:
うん

相談者:
話にならないんですね。

今井通子:
ちょっと待って!

相談者:
はい

今井通子:
まず、あなたの・・息子さんは、

相談者:
はい

今井通子:
1回結婚なさったわけよね?

相談者:
そうですう。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
それ何年前ですか?

相談者:
えーっと、10年ぐらい前ですね。

今井通子:
その、奥さまと、別れた?

相談者:
はい

今井通子:
で・・それは何年前ぐらいに別れられた?

相談者:
1年前

今井通子:
で、もう・・1年ん、の間に、もう次が見つかったわけね?(含み笑い)

相談者:
そうです、そうです。

今井通子:
はい
で、次に見つかったのは、何歳ぐらいの方?

相談者:
30歳ぐらい

今井通子:
30歳ぐらい?

相談者:
はい

今井通子:
お子さんは、何歳の、男女、どっち?

相談者:
連れ子の方は、女の子で5歳ぐらい、だと言ってましたね。

今井通子:
これ、きっかけはどういうきっかけで?

相談者:
(息を吸って)あっとね、あの、以前、職場が一緒やったと思うんです。

今井通子:
あーなるほど。

相談者:
はい

今井通子:
ま、結婚したいという、報告みたいなの、が、来たわけですか?

相談者:
ええ、はあ、うーん、結婚するとまでは言わなかったんですけども、

今井通子:
うん

相談者:
あっ、でも、ま、将来的にはていう感じでしたね。

今井通子:
うん・・で、それは何?・・息子さんが・・連れて来られたの?

相談者:
いえいえ、わたしにその話をして・・
で・・

今井通子:
お、話だ・・あ、話だけ?はい

相談者:
はい、話して・・も主人も・・当然反対、しましたので、

今井通子:
はい

相談者:
もう、息子がカッと来て、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと家を昨日、飛び出したんですね。

今井通子:
あ、それまではご実家にご一緒に住んでらしたの?

相談者:
あ、そうですう。3人が暮らしてたんです。

今井通子:
反対の理由はなんですか?

相談者:
まあ、あのお、自分の子どもは・・前の奥さんのところに、2人行ってるわけですよね?

今井通子:
えーと、お子さんが2人いらしたの?

相談者:
そうです。
えっと小学校4年生と2年生です。

今井通子:
で、女の子さん男の子さん?

相談者:
いえ、男2人です。

今井通子:
男の子さんお2人?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
で、あの、ひと月に一度は、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、うちのほうに、ま、パパに会いにっていうか、ま、わたし達に会いに・・来てはくれてるんです。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
そのお、離婚しちゃった理由はなんなの?

相談者:
あん・・でも、あの、聞いた話では、性格の不一致。

今井通子:
フフ(苦笑)・・ん、何かがあったとかいうことではない?

相談者:
うーん・・でも、まあ、あの、分からないんですけど、はい。

今井通子:
どちらから離婚言い出したの?

相談者:
息子・・あの、長男のほうか、分かりませんね。

今井通子:
息子さんのほうが、「離婚したい」って言い出したの?

相談者:
はい

今井通子:
・・ちょっと待ってよお♪

相談者:
はい

今井通子:
1年前でしょ?

相談者:
はい

今井通子:
離婚したのは。

相談者:
はい

今井通子:
元職場の方とっていうと・・これダブってはないですかね?

相談者:
・・あの、その前の職場は、退職したんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
あの・・長男が病気しましてね。

今井通子:
・・はあ

相談者:
そのときに、支えてもらったっていうことは言ってました。

今井通子:
前の職う、場での、ご病気は何?、ど、何か、事故かなんかで・・

相談者:
あ、精神的なものです。

今井通子:
あー、なるほど。あの、病名はなんだったですか?

相談者:
えーっと、鬱ですね。

今井通子:
あ、鬱、はい

相談者:
はい

今井通子:
これ・・えーとお、何年前ぐらいですか?

相談者:
去年ですね。

今井通子:
その後、あ、あの息子さんは、会社を退職?

相談者:
はい

今井通子:
これ、えーと、そうすると半年ぐらい前かな?、退職したのは。

相談者:
5ヶ月かそんなぐらい、前ですかね。

今井通子:
ふん、ふん、ふん

相談者:
はい

今井通子:
はい・・
で、今は、息子さんは、どうなってらっしゃいます?、次の・・

相談者:
あ、もうあの、勤めております。

今井通子:
別の会社に?

相談者:
はい

今井通子:
はい
あの、息子さんってどっちかっていうとあれですかね?、技術系なんですかね?

相談者:
あ、いえ、福祉系です。

今井通子:
あ、福祉ねえ。はい

相談者:
はい

今井通子:
・・で、あなた自身は、そういう、その自分の息子のことがあるのにという理由をおっしゃった。
ご主人のほうは、どうして反対されてんですか?

相談者:
だから、うーん、ま、あのお、そんな、まあ・・え、んん、その、結婚しなくてもいいとは思ってないんですけども、

今井通子:
うん

相談者:
わざわざそんな、茨の道言うたらおかしいんですけど(含み笑い)、
そういう、ほうに、行かなくてもいいんやないかと。

今井通子:
茨の道というのはやっぱり、そうすっと連れ子さんのことを思って?

相談者:
そう、そうです、そうです。

今井通子:
ふうーん

相談者:
うーん

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
・・ということで、今日のご相談はそうすっと何になります?

相談者:
だから、今、その・・カッと燃え上がってるう、

今井通子:
うん

相談者:
あの、感情を、なんとか冷静に?、うん、それが、まあ、でも、今はもう、感・・頭がカーッと来てるから、どういうふうに説得したらいいのか?っていうことなんです。

今井通子:
・・その説得っていうのは、結婚しないように?

相談者:
うーん、まあ、でも、ま、あの、もうこれでね?、ちょっとは覚悟はしてるんです。もうそれで、決裂したら、あのお、ま、家を出てくのかな?とは思ってるんですけども。

今井通子:
うーん

相談者:
うーん
もう、ちょっと、その、心の持ちようも、ついで・・一緒に、併せてお願いしたいんです。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「離婚1年の息子の彼女は元同僚子持ち。再婚反対に今井通子のズシンとくる一言」への15件のフィードバック

  1. 鬱病の時に優しく近づいてくる女には、そいつがどんなに気違いでも惚れてしまう。目を覚ませ!ましてや子持ち女なんて、輪をかけて最悪!と言いたいところだが、親がとやかく言えるものではない。息子さんが痛い目に遭ってバツが増えるまでほっとくしかないだろう

    1. うつ病になっても誰も寄ってこないよりはマシだと思うけど、福祉の仕事してるってお金持ちだとは思えないし

    2. 鬱の時期を狙って女性の方から近づいたのがまるで事実かのように書いてますけど、それあなたの想像ですよね…??
      子持ち女が最悪って言うのも単なる偏見だし。

      1. 相談者の話もどこまで事実かわからん。都合の悪いことは隠してるだろう。ならばこちらも自由に想像していいだろ

        1. 想像は自由ですが、回答者の言ってること聞いてました?って感じですし、
          特定の属性へのヘイトコメントは批判されて当然だと思いますよ。

  2. 息子さんは女性が出来て、前の奥さんと離婚した感じがします。
    自分の子供を捨てる人が、何で人の子供を大切にできるか?
    いくら親が反対した所で、こういう息子は言う事を聞かない。
    ほっとくしか無い、どうせ再婚しても上手くいかないです。

  3. 鬱だと性欲あるわけないんですけど。

    介護やってる人で鬱になる人多いです。
    まあ普通に考えたらあの仕事を楽しめるのは少数派だと思う。嫌になっちゃうよ。
    今、医者もバンバン診断書出すから。
    簡単に鬱の出来上がり。

    そうでない人もいるけど、そういう人もいる。

    本当の鬱の話是非読んでみてください。
    プロ将棋棋士のセンザキさんが書いた本です。
    何とお兄さんが精神科医という。
    オススメです。

    1. 昔と違って今は「ひていけいがたうつ病」という、うつ病がありますし、
      性欲のあるなしは恋愛には関係ありますか?
      私もこの登場人物全員に対してモヤモヤするけど、なんでも思い込みで語るのは控えてほしいです。

    1. 今井先生の解釈は無理があると、私も思った。下手すりゃ、息子前妻の敵かもしれんのに。恋愛の世界は被害者も加害者も無いのですな。良くも悪くも。相談者は直系孫と交流はあるのが幸い。早い話、長男は切るしかないね。財産があるなら、直系孫と養子縁組して相続させるとか。家族はキレイ事じゃ済まない。

  4. 「連れ子無しの相手なら賛成だけど」って、要するに血の繋がらない他人の子供を育てる事が嫌なんでしょう。
    気持ちは分かりますよ。
    なんで外に孫二人居て、他人の子を孫扱いしなきゃいけないのって。

    でもそれが息子の選択なんだから、しょうがない。
    息子には出て行って貰って干渉しない様に生活した方が、お互いの為ですよ。
    36歳の大人に「親として」なんて悩むのはやめましょう。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。