手を変え品を変え見せろ親の技。体たらくな娘に悩むも最後は社交辞令に相好崩す

テレフォン人生相談 2021年10月14日 木曜日

だからなんで中3の携帯料金がアタシの6倍なのか。

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女50歳 夫51歳 娘中3 息子中1

柴田理恵:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
はい
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
えっとお、中学校3年生の、

柴田理恵:
はい

相談者:
長女の、

柴田理恵:
はい

相談者:
携帯電話の使い方あ・・

柴田理恵:
はい

相談者:
に問題がある、という・・相談です。

柴田理恵:
あーあ、はい
あなたおいくつですか?

相談者:
50歳です。

柴田理恵:
はい
え、じゃあ、旦那さんは?

相談者:
51歳です。

柴田理恵:
はい
えっと、中3ん、の、長女さんっていうのは、

相談者:
はい

柴田理恵:
一番上のお子さんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
その下にはどなたかいらっしゃいますか?

相談者:
はい、弟が。

柴田理恵:
はい、何年生?

相談者:
中1です。

柴田理恵:
中1、はい。13歳ですかね?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい・・え?、使い方っていうのはどうことなんでしょうか?

相談者:
まあ、夜遅くまで?

柴田理恵:
うん

相談者:
通話しているのか?ゲームしてるのか?

柴田理恵:
ふん

相談者:
なんか動画を見ているのか?

柴田理恵:
うん

相談者:
とにかくずっ・・と、トイレに行ってもお風呂に・・入るときも・・手放さない・・

柴田理恵:
ふん、ふん

相談者:
ていう感じで。

柴田理恵:
はい

相談者:
で、ご飯も食べない。勉強もしない。

柴田理恵:
うん

相談者:
ずっと、ま・・依存してる、形なんですね。

柴田理恵:
あーあ、はい、はい、はい

相談者:
で、当然・・朝も起きられませんし、

柴田理恵:
うーん

相談者:
勉強もしませんし、

柴田理恵:
ふうん

相談者:
で、部活も遅刻になっちゃうし、

柴田理恵:
ふうん

相談者:
もう・・すべてこのお・・携帯・・の使い方あ・・がちょっと・・異常な・・くらい、こう、依存してるので、

柴田理恵:
うん

相談者:
全部が、生活のリズムが狂ってしまって、

柴田理恵:
ふん

相談者:
で、もう・・娘と・・わたしの、母親との、関係もギスギスしまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、「うるさい」とか、「関係ない」とか、そういう・・

柴田理恵:
うん

相談者:
会話じゃないんですよね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
もう、そういう・・口調で、の、コミュニケーションしか・・取れない感じで。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
・・困っています。

柴田理恵:
あのお、あれですか?、勉強お、も、しないっていうことは、

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、成績とか下がったりしてるんですか?

相談者:
下がってはいません、が、

柴田理恵:
うん

相談者:
受験、控えてますので、

柴田理恵:
うん

相談者:
みんなは、あのお・・頑張って勉強して行くので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、うちの娘は、その・・あの、今まで通り、スマホで、あのお、勉強しなくって、あのお、体たらくな生活を続けてると・・

柴田理恵:
うん

相談者:
やっぱり下がるっていう形になりますよね?

柴田理恵:
ふん、ふん、ふん、うん、うん、うん、うん

相談者:
周りが上がって行くので。

柴田理恵:
ほんとに勉強してないんですか?
成績下がってないって。

相談者:
授業はちゃんと聞いてるらしいんですね。

柴田理恵:
あー、じゃ、すごいですよお。

相談者:
うん、ただあ、まあ、「これからは、も、差がついて来ちゃうよ」っていうことは、

柴田理恵:
うーん

相談者:
担任の先生からも言われてるんですが。

柴田理恵:
あー、はい
あの・・お友達関係とかは、どうなんですか?

相談者:
あの、あんまりうまく行ってないような形ですね。
友達の話を家庭で今まですごいしてたんですが、

柴田理恵:
あーあ

相談者:
ピタっとしなくなったんですよね。
で、ちょっと・・あの、こっちも気になるので、

柴田理恵:
うん

相談者:
「なんとかちゃん、最近・・元気?」とか・・そういうふに、言うと・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「関係ないじゃない!」とかそんな感じで(苦笑)。

柴田理恵:
んー、フフ

相談者:
はい

柴田理恵:
反抗期ですねえ。

相談者:
反抗期なんですけどお・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
はあい

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
避けてるような感じですね。

柴田理恵:
うん

相談者:
会、そういう、友達、学校の会話を・・

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
ん・・はい、で・・

柴田理恵:
スマホで、じゃあ、何やってんですか?

相談者:
・・何やってるか?、分からないんですよ。
スマホ、自体の、

柴田理恵:
うん

相談者:
ロックを・・指紋認証、ていうので・・やってるもんですから、

柴田理恵:
あーあ

相談者:
勝手に見ることができないんですよね。

柴田理恵:
あ、はい、はい、はい

相談者:
はあい

柴田理恵:
あの、お金はだってお母さんが払ってるんでしょ?

相談者:
そうです。

柴田理恵:
それは、お金はどのぐらい掛かってます?

相談者:
・・6千円ぐらいですね、月。

柴田理恵:
何万とか、な、なんかほら・・

相談者:
は、ない・・

柴田理恵:
課金してどうのこうのっていうんじゃないですよね?

相談者:
あ、そうではないですね・・はい
ただ、あの、日常生活に支障が出てるって・・学校行かなくちゃなんない、部活に行かなくちゃなんないのにも関わらず、

柴田理恵:
うん

相談者:
起きられない。

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、起きられないから・・あの、行くのが・・面倒になって来る。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
そうすると、わたしととの関係、家族との関係も、悪くなって来て、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・何をやっても・・あ、ギクシャクしちゃうっていうか・・

柴田理恵:
うん
お父さんはなんておっしゃってんですか?

相談者:
一切ノータッチですね。

柴田理恵:
お父さんがノータッチ?

相談者:
はい

柴田理恵:
お父さんに、「ちょっとなんとか言ってよお」みたいには・・おっしゃっ、たりしないんですか?

相談者:
うんと、産まれたときからもう、一切、子どもには関わらない。

柴田理恵:
じゃあ、お父さんは割とこう、ゆったり見ててあげてるって感じですか?

相談者:
よく言えばそうですね。

柴田理恵:
よく言えば(苦笑)。

相談者:
よく言えばそうです。
悪く言えば、まあ、対岸の火事みたいに、またやってるよお・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
また・・ごちゃごちゃ、ごちゃごちゃ、喧嘩してるよお、みたいな感じですね。

柴田理恵:
うーん
じゃあ、ちょっとお母さんは

相談者:
はい

柴田理恵:
心配ですねえ。

相談者:
そうですねえ。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
でもう、顔がすごいんですよ、寝不足と、あと、ご飯をちゃんと食べてないので・・

柴田理恵:
ああ

相談者:
もう、吹き出物が、ニキビがすごいんですよ、顔。

柴田理恵:
あらあ、それはちょっと良くないですねえ。

相談者:
ダメ・・で、言ってるんですけど・・

柴田理恵:
うん

相談者:
全然、ちゃんと食事も摂らないし・・

柴田理恵:
あー、でもそれだけだと、ちょっと・・だんだん心配ですね。

相談者:
はい

柴田理恵:
もう、受験やなんかの、ほら、あの、中3ん、今中3・・

相談者:
はい

柴田理恵:
ですよね?

相談者:
はい

柴田理恵:
したらもう、どこ行くとか、もう、そういう話にもなってるんでしょ?
がっ・・

相談者:
なってるんです。はい・・

柴田理恵:
うん
じゃ先生も

相談者:
◆#

柴田理恵:
割とそんなに、こう・・
「んー、お宅のお子さんはちょっとお、最近おかしいな」っていう感じではないわけですか?

相談者:
あ、ないですね。

柴田理恵:
あーあ

相談者:
まだ。

柴田理恵:
じゃお母さんだけ?心配してるのは。

相談者:
・・

柴田理恵:
・・

相談者:
そお、なんでしょうか?

柴田理恵:
うーん

相談者:
ただ

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、朝、10回、起こしに行ったぐらいじゃ起きないんですね。

柴田理恵:
うーん、うん、うん、うん

相談者:
何回も。

柴田理恵:
うん

相談者:
で、そのうち、「うるせえ」とか・・「あっち行け」とか。

柴田理恵:
フフ(苦笑)

相談者:
ドアを蹴り、閉められたりとかっていうことも・・毎日なので。

柴田理恵:
うーん、ううーん

相談者:
電気はつけっぱなし、お風呂は入んない、歯磨きはしない、ご飯は食べない。

柴田理恵:
うん・・そうか、それはダメだね。

相談者:
はあい

柴田理恵:
歯磨きしない、ご飯・・

相談者:
そう、なん、ですよ・・

柴田理恵:
歯磨きしないご飯食べないって、肌が、ニキビだらけってことは

相談者:
そう(苦笑)

柴田理恵:
彼氏はいないですね?

相談者:
いないですねえ。

柴田理恵:
ね。好きな人いたら

相談者:
はい

柴田理恵:
そんなことないもんね?

相談者:
そうですねえ。

柴田理恵:
うーん・・分かりました。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ・・今日の、ご相談は、

相談者:
はい

柴田理恵:
携帯を

相談者:
はい

柴田理恵:
ばっかり見てる、

相談者:
はい

柴田理恵:
中3の、お姉さんの、

相談者:
はい

柴田理恵:
とのこう、付き合い方というか、育て方を

相談者:
はい

柴田理恵:
どうしたらいいでしょうか?っていうご相談で

相談者:
はい

柴田理恵:
よろしいですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい・・分かりました。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ回答者の先生を、

相談者:
はい

柴田理恵:
ご紹介します。

相談者:
はい

柴田理恵:
今日の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
先生お願いします。

(回答者に交代)


「手を変え品を変え見せろ親の技。体たらくな娘に悩むも最後は社交辞令に相好崩す」への7件のフィードバック

  1. 回答者にスマホの中毒性を分かってる人はいるのだろうか?野島先生か大迫先生の案件だな

    1. 精神科医として高橋先生にも期待したいが。
      三石先生の回答はいただけないなー

  2. スマホを使う時間を制限する、みたいなありきたりな回答ではない三石先生。さすがです。

  3. 携帯しかり、タブレットしかり、どうしてもITがらみの授業が出てきているのが気になるのが現状。心の大国、一体どこへ行ってしまったのか?
    昨日ドコモ携帯が通信障害を起こして、まだ後遺症に悩まされているようだが、それだけITが生活に定着してしまったということなのだろうか?
    もし加藤さんがパーソナリティーだったら、「ご主人、親子、兄弟との関係は?」という話になって、大原さんか愛さんがご相談相手だったかも。
    反抗期という多感な時期がちゃんと出ていたとはいえ、携帯の使い過ぎは気になる。校則で禁止する学校もあるだけに、考えなきゃならないかも。

  4. 三石先生、さすがです。
    私も参考になりました。
    手を変え品を変え、、がんばります

  5. お父さんが昔からノータッチ、我関せず的態度。
    この辺なんじゃないかな。
    娘に対して無関心。

    お父さんの話に及ばなかったのがおかしいなと思った。

  6. 家にパソコンが1台もないと、光回線もプロバイダー契約もないため、結果家庭内にwi-fi環境がないってことはままあるようです
    小中高のタブレット授業導入にあたって、家庭のネット環境の差が現場ではかなり悩みの種と聞きます
    家にwi-fi環境がなければ、スマホの利用料は全部通信契約がかりになるので、当然料金は割高になるでしょうね
    先週の「親子で計3万円」の家庭も同じ状況でしょう

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。