親も兄も訃報が来ない!?信憑性の確認だけで終わった40年後の相続相談

テレフォン人生相談 2021年11月6日 土曜日

相談者が異議を唱える前に理解しておいた方がいいこと。

  • 相談者は兄の相続人ではないこと。
  • 遺言書があれば協議なしに遺産の処分が可能なこと。
  • 父の遺産における相談者の遺留分の請求権は消滅していること。

てか何より理解すべきことは、心当たりもなく実父、実兄の訃報が届かないなんてあり得ないこと。
なんだけど、それが相談の主旨なんだねえ。

相談者 「ですから私もどうしてえ?って理由を知りたいと思います」
塩谷  「なるほど・・」

これだけ色んな意味を含んだ「なるほど」もあまりないw

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女69歳 夫は1年前に他界 娘30歳との二人暮らし 両親は40年前に他界 兄は15年前に他界 兄には妻と子どもがいる

今日の一言: 明日のトラブルを避けるためには、今日、今やるべきことをきちんとやる。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はあい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、お世話になります。

加藤諦三:
はい。最初に、

相談者:
はい

加藤諦三:
年齢教えてください。

相談者:
あはい、69歳です。

加藤諦三:
69歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます。

相談者:
はい、してましたがあ、ちょっと亡くなりましたあ。

加藤諦三:
あ、今はそうすっとお1人ですか?

相談者:
いえ、あのお、娘とお、2人ですう。

加藤諦三:
はい
お嬢さん何歳ですか?

相談者:
30歳です。

加藤諦三:
30歳

相談者:
はい

加藤諦三:
で、何年前ですか?、ご主人亡くなられたの。

相談者:
1年前ですう。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で・・で、どんな相談ですか?

相談者:
あ、はあい
あのお、わたくし、あの、ちょっと・・父母(ちちはは)を40年ぐらい前に亡くしまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのあとお、兄がいましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
土地、と、建物と・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
相続、したんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、兄もお・・10う・・5年ぐらい前に亡くなりましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
そしてえ・・お嫁さんが・・相続んなったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
そして、その際に、遺産相続というかあ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
そういうう、のがあったんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしは、そこの中に・・入れて、もらなくて、

加藤諦三:
・・ああ

相談者:
あのお

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしはあ、ちょっとお・・(苦笑)省かれちゃっ、て。

加藤諦三:
はい

相談者:
はあい
そして・・まあ、わたしも・・それ、知らなくてえ・・

加藤諦三:
あ、知らな・・あなたに・・なんの連、&#・・

相談者:
あ、いや、なんの連絡もなかったんです。

加藤諦三:
・・で、その相続の手続きは法的にきちんと・・進んで行って、もう・・

相談者:
ええ、わたしを省いて・・

加藤諦三:
それで決まっ・・

相談者:
成立しちゃったんです。

加藤諦三:
成立しちゃったわけです・・

相談者:
はあい、ですので・・

加藤諦三:
そいであなたは、その・・まったく知らないところで、

相談者:
はあい・・はい

加藤諦三:
相続が行われた・・ていうことを知ったのは何年前ぐらいですか?

相談者:
15年前に亡くなった、

加藤諦三:
うん

相談者:
兄が、ちょっと、あまり、容態が・・良くない、っていうことで、

加藤諦三:
うん

相談者:
病院のほうに、

加藤諦三:
うん

相談者:
行ったんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
そのときにい、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、15年前に知ったということですね?

相談者:
ええ、まあ、そのときも

加藤諦三:
はい

相談者:
分からなかったんです。

加藤諦三:
それで、あなたはその15年前に、

相談者:
はい

加藤諦三:
まったくあなたが、

相談者:
はい

加藤諦三:
知らないところでえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
手続きが行われていたということを分かってから、

相談者:
はい

加藤諦三:
何か、抗議みたいな、ことは、な、なさっ・・

相談者:
いいえ、分からなかったんでしてません。

加藤諦三:
あ、なんにもしなかった?

相談者:
はあい

加藤諦三:
あーそうですか。それで・・なんにもしなくって、

相談者:
はい

加藤諦三:
で・・15年経ってえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
今・・これはおかしいというふう・・に思って、

相談者:
ええ、なんか・・

加藤諦三:
電話をくれたわけですけれども、

相談者:
ええ、いろいろお・・

加藤諦三:
そ、そ、その15年間の間の、

相談者:
はい

加藤諦三:
気持ちの変化っていうのはどういうことなんですか?
最初のうちは・・もう、!こんなものどうどでもいいな、いいやってっていうのから・・だんだんと、これはおかしな話だっていうふうに気持ちが変わって来たのか?

相談者:
ええ、あのお、

加藤諦三:
それとも、

相談者:
はい

加藤諦三:
最初っから、これはおかしいと思っていたのか?

相談者:
いいえ、いえ、いえ
最初は、ちょっと、全然そうい、おかしいっていうのは・・なくてえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
やはり・・15年、兄、亡くなってえ・・まあ、だんだんと・・なんかおかしいって(苦笑)いうような・・気持ちになりましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
一度・・はい・・ちょっと・・ええ・・異議唱える、ようかな?・・ていうか、はい

加藤諦三:
あー、なるほど

相談者:
意義唱えたいって・・

加藤諦三:
それで異議を唱えたい、なあ、と思い出したのは何年ぐらい前ですか?

相談者:
それねえ、あの・・5年ぐらい前です。

加藤諦三:
5年ぐらい前ですか。

相談者:
はあい

加藤諦三:
で、実際にはまだ行動は起こしていない?

相談者:
いいえ、法律事務所行きました。

加藤諦三:
あ・・事務所に行って訊いたわけですね?

相談者:
はあい

加藤諦三:
そしたら?

相談者:
やはり、異議唱え・・たほうがいいっていうことで(苦笑)・・

加藤諦三:

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:

加藤諦三:
で、そうすっと今日の相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
法律事務所に行って、

相談者:
はい

加藤諦三:
異議を唱えたほうがいいというアドバイスをいただいて、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
自分は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
どういうふうな、

相談者:
はい

加藤諦三:
行動を取ったらいいか?っていうことですか?

相談者:
そうです。はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はあの、スタジオに、

相談者:
はい

加藤諦三:
弁護士の、塩谷、崇之先生がいらしてるので、

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
教えていただきたいと思いますので、

相談者:
はい・・はい、はい

加藤諦三:
はい

相談者:
よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)

「親も兄も訃報が来ない!?信憑性の確認だけで終わった40年後の相続相談」への5件のフィードバック

  1. 親や兄弟が亡くなってもなんの連絡もなかったことも不思議だし、この相談者の行動起こすのが遅すぎるところも理解し難い。
    受け身でおとなしい性格の人なんでしょうか?
    兄の家族は、今更言われても迷惑すぎるでしょう。
    ちょっと呆れてしまいました。

  2. 相談者さん、お嫁さんに確認も行かなければ、法務局にもいかなさそうですね。手間のかかることは、しなさそうです。

  3. その場で解決した方がいいに決まってますが、現実は時間が経って問題になりがち。
    するべき手続きが多く、バタバタしてて忘れる手続き、必ずや出てくるのも世の常。
    トラブルになりそうな手続きは、終活相談で見つけて、目処をつけておきたいです。
    余談ですが、先週は弁護士ウィークに近い内容になったかなあという感じがします。

  4. 私も認知症の物盗られ妄想ではないかと感じました。ここまで無根拠に人を疑うのもなかなか普通は考えにくいですし、法律相談から5年何も行動を起こさなかったのも奇妙ではあります。
    「亡くなったのに連絡がなかった」も「相続せず兄が使い込んだ」も事実とは異なる可能性があるかも。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。