ウツと引き換えの勤続年数。感情を抑圧から解放すれば今度はボッチの不安

テレフォン人生相談 2022年6月6日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 関西なまりの女63歳バツイチ

今日の一言: 人間の心の問題は体を通して表現されて来ます。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。
最初に、

相談者:
はい

加藤諦三:
年齢教えてください。

相談者:
あ、63歳です。

加藤諦三:
63歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
以前・・3年ぐらい、結婚してましたけど、今は離婚して、1人です。

加藤諦三:
で・・どんな相談ですか?

相談者:
40年ぐらい前からですけど、

加藤諦三:
あはい

相談者:
就職してからなんですけどね。

加藤諦三:
はい

相談者:
心身症みたいになって、

加藤諦三:
はい

相談者:
仕事も、できなくなったときもあったりしたんですけど、

加藤諦三:
あはい

相談者:
ま、立ち直って仕事してたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
それから徐々にこう、イライラ感が募って来て、

加藤諦三:
はい

相談者:
仕事場で、揉め事を起こしたりとか、

加藤諦三:
はい

相談者:
自分で抑えが効かなくなって、

加藤諦三:
はい

相談者:
最初んときは25年勤めて辞めたんですけど。

加藤諦三:
でも25年っていうのは、

相談者:
ええ

加藤諦三:
辞めては次の職場へ行って、また辞めてはっていう・・

相談者:
うん

加藤諦三:
そういうタイプではないんですよね?

相談者:
そうです、はい。なんとか・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ほんとは・・早く辞めたかったんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしても父親が許さなかったんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
結局・・その間(かん)うつ病になって、

加藤諦三:
はい

相談者:
休んだりとか、1年休業したりとか、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんとか、ま、25年勤めたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そのあとは、ま、病気、いっぱいしたんで休んでたんですけど2、3年。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、その後また父親から、「仕事せないかん」言われて、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしは嫌やったけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ま、親の言うことも聞かんないかんと思て、

加藤諦三:
ええ

相談者:
病気もあったけど、

加藤諦三:
あい

相談者:
なんとか探し求めていったんですけど、

加藤諦三:
あい

相談者:
結局そこも1ヶ月で、

加藤諦三:
ええ

相談者:
上の人と喧嘩して、

加藤諦三:
はい

相談者:
辞めたんですけどね。

加藤諦三:
うーん
そして先ほど心身症っていうことちょっと言ったような気がするんですけども・・

相談者:
はい
当時、職場の上司も分かってなくって、全然。ほいで・・

加藤諦三:
心の問題が、肉体を通して現れるっていう・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
それはね、なかなか、理解されないですよ。

相談者:
あー

加藤諦三:
で、どうしたわけ?

相談者:
親のあれもあったし、ま、しょうがなく、まず近くの・・老人ホームなんですけどね、

加藤諦三:
はい

相談者:
そこでまあ、なんとか、6年ぐらいは・・働いてたんですけど・・

加藤諦三:
よくそこで6年間勤まりましたね。

相談者:
ええ、なんとか堪えて、ま、そこでもちょっと喧嘩はしたんですけどね。

加藤諦三:
うん

相談者:
結局辞めて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
また違うところへも行ったけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
そこも・・半年か、1年半・・

加藤諦三:
うん

相談者:
で、また喧嘩したりとかして。

加藤諦三:
うーん

相談者:
けん・・

加藤諦三:
だってえ、

相談者:
うん

加藤諦三:
そこの職場で喧嘩するっていうよりも、

相談者:
はい

加藤諦三:
心身症になった状態っていうのは、

相談者:
ええ

加藤諦三:
もう、その人自身が生きてるそのことがイライラしてますから。

相談者:
あー、そうですねえ、ええ
生き甲斐を見せてるときもあったけど、人間関係で疲れ果てて、やっぱりそういうことになる・・

加藤諦三:
疲れ果てるでしょうね。

相談者:
ええ

加藤諦三:
それであなた今、人間関係に疲れ果ててって言いましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
正確に言うと人間関係に疲れ果てたんじゃなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
も、生きることに疲れ果てたんですよね?

相談者:
ああ・・あー、そうかもしれませんね、今考えてみたら。

加藤諦三:
ええ

相談者:
ええ・・

加藤諦三:
そいであなた、今日の相談というのはどういうことですか?

相談者:
ああ、はい
この性格、すぐカッとなって・・怒ったりするもんで、なかな友達じゃないけど、そういう人がだんだん少なくなって来て・・

加藤諦三:
だんだん少なくなってくって、それほど友達いないでしょ?

相談者:
あー、そうですね(苦笑)2人だけですけど。

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、その、2人い、と・・どうやって今後うまくというかね?あれしてんと、また、仲が悪くなって、一切、交友がなくなったら、もうそれっきりで、わたし1人で・・

加藤諦三:
うん

相談者:
死ぬまでおらないかんと思って(苦笑)怖くて。

加藤諦三:
そうすっと、イライラして、

相談者:
うん

加藤諦三:
すぐカーッとなって友達がいなくて、今・・

相談者:
うん

加藤諦三:
わたくしはどうしたらいいでしょう?っていうようなこと?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
はい。今日は心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
お話を伺って、ください。

相談者:
あ、ありがとうございます。

(回答者に交代)

「ウツと引き換えの勤続年数。感情を抑圧から解放すれば今度はボッチの不安」への17件のフィードバック

  1. とりあえず精神科なり心療内科なり行って、しっかり症状を知る、病気と長く付き合う気持ちを持ちつつ、シニアの仕事に再就職して欲しいです。
    あと、65歳に近い年齢ですから、もしかしたら地域包括支援センターの調査が来る可能性もあるだけに、そのような福祉に相談もいいでしょう。

    1. 「シニアの仕事に再就職して欲しい」というコメントは不適切です。もう一度相談を読み返してなぜ不適切なのか調べましょう。

      1. 「シニアの仕事に再就職して欲しい」というコメントは適切です。もう一度相談を読み返してなぜ適切なのか調べましょう。

        1. あなたね、これに関しては茶化さずちゃんと受け止めるべきですよ?

          1. あなたね、これに関しては茶化さずちゃんと受け止めるべきですよ?

            1. 他人のコメントを丸写しするくらいならコメントしないでください。迷惑です。

              1. 他人のコメントを丸写しするくらいならコメントしないでください。迷惑です。

                1. 文章や人の話を正確に把握できない、空気を読めず自分の興味のある話ばかりしてしまうのはある程度は仕方ありませんよ。
                  でも迷惑だと言われているコピペ行為を続けるのは単純に「嫌がらせ行為」であり「荒らし」です。

                  1. 文章や人の話を正確に把握できる、空気を読んで自分の興味のある話ばかりしてしないのはある程度は仕方ありますよ。
                    でも迷惑じゃないと言われているコピペ行為を続けないのは単純に「嫌がらせ行為」であり「荒らし」ではありません。

    2. なんで、地域包括支援センターから調査が来る可能性があるんですか?意味がわかりません。

      1. なんで、地域包括支援センターから調査が来る可能性がないんですか?意味が分かりません。

  2. 愛先生、お若い時は精神的なトラブルを抱えていらっしゃったんですね。
    今日の回答が愛に溢れていらっしゃって、聞いている私も癒されました。
    有難う御座います。

  3. ウツなんて言ってる甘っちょろい奴らが多すぎ!働いて収入さえあれば生活に困らないんだから。ウクライナ見てつくづく思うわ!

    1. ウツなんて言ってない甘っちょろくない奴らが多すぎ!働かず収入さえなければ生活に困るんだから。ロシア見てつくづく思わないわ!

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。