身内は一人残らず連絡拒否で親の墓参も叶わず。空に語れ、寂しさも修行のうち

テレフォン人生相談 2022年10月11日 火曜日

死んで1年以上も携帯料金払い続けるかしら?

親父まだ生きてるよ。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 男59歳 16年前に離婚 元妻との間に息子32歳と娘30歳がいる 離婚していた両親は他界 姉がいる

今井通子:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、どうもお、よろしくお願いします。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
姉のお、ことなんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
自分の、両親が・・亡くなって、それを、全然、ご、教えてくれなくて。

今井通子:
はい

相談者:
自分と親父は、あの、一緒に仕事やってたんですよね?おんなじ職業で。

今井通子:
はい

相談者:
んで、あのお・・親父んとこに、携帯で電話したらあ、

今井通子:
はい

相談者:
あの、姉が出たんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
で「なんでお前が、親父の携帯持ってんの?」つったら・・
「お父さんもう、1年前にもう亡くなった」って言われて。

今井通子:
はい

相談者:
で、「お袋は何やってる?」っつったら、「お袋はもう3年前に、亡くなった」っていうことで。

今井通子:
はい

相談者:
そのこともお・・一言もお、自分に、電話くれなくて。
いちお、自分にとっては、まあ、親不孝した、息子ですけど。
親が死んだときぐらいはあ・・連絡1本入れてもらいたいなと思って。

今井通子:
はい

相談者:
そのあと、両親のお墓がどうなったのか?、とか、そういうの訊きたくて・・電話をしたんですけど、全然出ないで・・メールも送ってもお、返事が返って来ないんですよ。

今井通子:
・・はい

相談者:
だから、自分としては、墓参りも行きたいしい・・親を見つける、手段がないかなあ?と思ってご相談したんですけど。

今井通子:
・・はあ、はあ・・あなたおいくつですか?

相談者:
59です。

今井通子:
えっと、ご結婚されてますか?

相談者:
いや、もう、結婚したけど、別れました。

今井通子:
何年前ぐらいに?

相談者:
16年ぐらい前ですね。

今井通子:
で・・現在は、先ほどちらっと、お父さんと一緒のお仕事っておっしゃってたけど。

相談者:
あのお、自分が、あの18ぐらいんときに、高校卒業して・・

今井通子:
はい

相談者:
3年間ぐらいブランクがあったんで。

今井通子:
はい

相談者:
親父から電話があって、「お前いつまでも・・ブラブラしてないで・・一緒にやるか」っていうことで。

今井通子:
はい

相談者:
親父と2人で、10う・・2、3年一緒に仕事をしました。
親父が、経営者で、僕は、従業員ってことでやっていました。

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
あなた高校を・・出られて。その、

相談者:
はい

今井通子:
お家の、方とは、ずうっと一緒じゃないの?

相談者:
あ、一緒じゃないです。
お袋と親父が離婚して、

今井通子:
はあ

相談者:
17んときに自分ん、が、17のときに離婚して、

今井通子:
ええ

相談者:
そいで・・高校はなんとか、お袋もお金がなかったもんで、

今井通子:
はい

相談者:
あの、親父が自分で商売やってたもんで、

今井通子:
はい

相談者:
借金を抱えちゃったもんで、

今井通子:
はい

相談者:
お祖母ちゃん、祖母が・・自分の学費とか出して、一応高校だけは・・出たんです。

今井通子:
で、お母さんとは一緒に住んでたのね?

相談者:
あ、高校卒業するまで、お袋と住んでます。

今井通子:
で、その後はあ・・なんか3年間、余裕があったので、じゃないけど、その、3年間っていうのはなんだったんですか?高校卒業、後の。

相談者:
あのお・・ちょっと、不良の道に、そのまんま反社の世界に入っちゃって、

今井通子:
はい

相談者:
そこの、オヤジさんにい、食わしてもらいました。

今井通子:
ああ、なるほどね?

相談者:
はい

今井通子:
で、それが3年間?

相談者:
あ、そうですね。

今井通子:
その後お父さんが独立したので、

相談者:
はい

今井通子:
お父さんと一緒に、

相談者:
はい

今井通子:
仕事をしていた。

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
はい
で、そのお、あとは?

相談者:
自分の子どもが産まれてからあ・・

今井通子:
ご結婚されてじゃあ、お子さんは?、えー、男の子さん、女の子さん?

相談者:
男と女です。

今井通子:
あ・・で、と、今、このお2人は何歳ぐらい?

相談者:
長何が32で、

今井通子:
はい

相談者:
長女が、30です。

今井通子:
30

相談者:
はい

今井通子:
で、えー、両方共もう独立されてんの?

相談者:
はい、してます。

今井通子:
結婚してらっしゃんの?

相談者:
はい

今井通子:
はい・・分かりました。

相談者:
もう、もう、やっぱり、親子バラバラで。

今井通子:
はい

相談者:
もう、自分が・・電話しても、着信拒否みたいな形になっちゃって。

今井通子:
(吸って)・・そうか。

相談者:
はい

今井通子:
あなたそうすると・・あんまり誰とも連絡が取れにくい人ね。

相談者:
そうです。
自分の・・家族とは・・あの、姉さんとも、取れないし、

今井通子:
ええ

相談者:
息子、娘とも取れないんで。

今井通子:
ええ

相談者:
今はもう・・

今井通子:
当然、元の奥さんとも取れないんでしょ?

相談者:
ん、もちろんです、それは。

今井通子:
これ16年前に離婚したとき・・

相談者:
はい

今井通子:
えー、息子さんとか、お嬢さんは・・

相談者:
はい

今井通子:
えー、親権はどっちに行ったの?

相談者:
えっと、一応、嫁のほうに行ったんですけど。

今井通子:
ですね

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
そいで息子は・・俺のほうに残るって・・言って、1年間ぐらいは、自分とこにいたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
それから家出をして・・

今井通子:
うん

相談者:
行方不明みたいなっちゃって、

今井通子:
ええ

相談者:
それから、全然・・10う、9ぐらいまで、音沙汰なくて。

今井通子:
ええ

相談者:
「子どもができた」っていうことで、初めて電話があって、

今井通子:
うーん

相談者:
で、会ったわけなんですよね。

今井通子:
なるほど。
その後、現在まで、お付き合いはあるんですか?

相談者:
いや、今、全然ないです。
息子も娘も、全然、連絡は、住んでるとこは分かんないんですけど、電話番号は分かんですよ。

今井通子:
うん

相談者:
だけど、あのお、電話しても、着信拒否してて。
ま、自分のことを憎んでるっていうのは分かるんですけど。

今井通子:
なんか憎まれるようなことしちゃったの?

相談者:
はい
自分がもう・・ギャンブルと、お酒に狂っちゃったもんで。

今井通子:
・・ああ、ギャンブルとお酒ですかあ、はい

相談者:
はい
ま、女房もお、そういう面で、嫌気が差して、出てったと思うんですけど。

今井通子:
・・はい

相談者:
だからあ、子どももどこへ住んでるか分かんないし、
姉さんも、分かんないし。

今井通子:
ただ、お姉さんはあれでしょ?電話したらあ、

相談者:
姉さんのあの、電話番号は分かんですけど、一切出ないんですよね。
留守番電話になっちゃって。
あの、「お袋の、墓参りとか親父の墓参り行きたいから・・連絡くれ」つっても一切くれないからあ。
んでえ、ちょっと困っちゃって。

今井通子:
はい、今日のご相談は、それですよね?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
お父さんとお母さんのお墓参りに行きたいと。

相談者:
はい

今井通子:
で、その、お墓の位置が知りたいってことでしょ?

相談者:
そうです。

今井通子:
うん、でも、そのときに・・お姉さんの電話は、出ないんだったら、

相談者:
はい

今井通子:
お姉さんとは、連絡は取れないわけですよね?

相談者:
取れないんです。うん

今井通子:
そうするとお・・ンッフ(苦笑)
連絡の取りようがないんじゃないかと思うんですが。

相談者:
そうなんですよね。だから、どういう方法を取っていいのかなあと思ってえ

今井通子:
(吸って)・・今日はですね、

相談者:
はい

今井通子:
弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、ありがとうございます。

(回答者に交代)

「身内は一人残らず連絡拒否で親の墓参も叶わず。空に語れ、寂しさも修行のうち」への12件のフィードバック

  1. いくら過去の事とはいえ、
    現在も周りが距離を置きたがるのは、相当迷惑被ったのか…。
    相談者さん、お墓は口実で何とかして、
    遺産もらう方向に持っていきたいのかと感じましたが。

  2. 相当やらかして生きてこられたんだなあ・・・
    今までの所業の数々の報いを淡々と受け止めて人生を全うしていただきたい・・・。

  3. えっ、ムリムリ、今更連絡なんて取りたくもないでしょう。
    きょうだいなんだから…と言うけど、絶縁で済んでるだけでも御の字だよ。
    どの口が…って、他人のわたしでも思うわ。

    二人のお子さんには「憎まれてる」で済まされるものではないのでは…、と思えて仕方ない。

  4. 遺産のことを口にしなかっただけ頭は回る人ですから。
    もしかしたら身内がこの番組を愛聴してると知ってのご挨拶かも、、、

  5. きょうだいなんだから…とか、お墓に行って話したいことが…とか、懇願することは繰り返し言うけど、自分がしてきたことはサラッと当たり障りない感じでしか言わない。

    まだ沢山隠してることが絶対あるはず。
    そして、今になってこんな情に訴えるようなことばかり並べて、絶対何か企んでる。

  6. 加藤先生だったら、もっとぐいぐいグリグリ痛いところをつっこんでくれたかな?

  7. 亡くなって1年も親の携帯って持ち続けるもの?
    ギャンブル依存症でアル中で傷害事件の前科もんの元反社な弟がいるなんて、お姉さん不幸すぎでしょー(⁠>⁠_⁠<⁠)

  8. こんな人がメディアに出てしまうと、「あー、やっぱり一度染まった人はだめなんだな」と思ってしまうでしょうね。
    相談者様、更生した方に失礼ですから、静かに生きていてください。
    そして、兄弟、家族という関係性をダシに使うことをまず止めましょう。
    今井先生のおっしゃるとおり、人生の修行が足りません。

  9. 相談者さんは、今生活は仕事はどうしてるのかしら?

    59才にしてはちょっと幼い気がした。話し方も内容も。

    私は最初、姉弟喧嘩が原因で不仲になり姉から連絡もらえなかった云々という相談かと思ってたら全然違っていた。

  10. 最初は単純にただお墓参りしたいっていう相談かと思って大迫先生冷たいなって思ったが、やっぱり
    ベテラン大迫弁護士の言う通りに
    感じてきた。
    59歳地道に何か働いて、毎日    お線香焚いてお水お供えして亡くなられたご両親に懺悔しながらご供養されていたら時間は係るけれど相談者さん自身何かが変わってくると思う。いつかお子さんたちと再会できるまで❗としかいえなくなってきた。厳しい現実。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。