ラブラブのボクの彼女はマルチの成功者。世間体の悪さに結婚を悩む31歳

テレフォン人生相談 2022年11月15日 火曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーニング上級指導士)

相談者: 男31歳 彼女28歳

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ・・あ、もしもし

今井通子:
はい

相談者:
よろしくお願いいたしますう。

今井通子:
はい
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
ちょっと結婚をわたし考えておりましてえ、

今井通子:
はい

相談者:
彼女が今いるんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
&#、大体あの今、9ヶ月ぐらい、付き合っておりまして、
ま、結婚を前提で、あの、付き合ってるんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
わたし31歳で、彼女は28歳なんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
わたしの、非常にタイプで、あの、好きな人である、あるんですけれども、
あの、ちょっと1点だけですね、引っかかる、ことがありまして。
それは、ま、彼女の、職業なんですけれども。
彼女の職業はですね、それはですね、あの、マルチ商法、て呼ばれる、うー、物なんです。
で、それはですね、まあ、世間一般的に、ちょっとま、悪いイメージを持たれていて、
それをやってる人はですね、大体100人に、対して5人ぐらいしか稼げないようなビジネスなんですよね。

今井通子:
・・ふうーん

相談者:
で、ま、非常に儲けるのが難しいビジネスで、

今井通子:
はい

相談者:
ま、友人とか知り合いを紹介したらあ、それに応じて・・えと、お金が入って来るみたいな、あの、スキームなんですけれども、

今井通子:
うん

相談者:
別に違法とかではないんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっとそのビジネス自体のですね、あの、イメージが悪いというのが、あの、世間、の、目なんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、わたしい、は、ま、あの、彼女ともちょっと結婚とかも考えているんですけども、
ま、今後結婚をしたあとにですね、ま、世間の目だとか、あの、友人、だとか、家族とかですね・・ちょっと目が、あの、気になりい、まして、

今井通子:
はい

相談者:
で、彼女は今・・大体、ま、年収、ま、1千万ぐらい、稼いでるんですよね。かなり、お金を稼いでいるんです。

今井通子:
あ、だから100人中の、5人のほうなのね?

相談者:
そうなんです、そうなんです。

今井通子:
はい

相談者:
それで稼げてるほうなので、

今井通子:
はい

相談者:
あの、ま、かなり、彼女も、そのやり甲斐をもってやってますので、

今井通子:
はい

相談者:
わたしの、まあ、相談としましてはですね、

今井通子:
はい

相談者:
このあとに、ま、彼女に仕事をつ、続けてもらって、結婚するっていう選択肢を選ぶのか?

今井通子:
うん

相談者:
或いは辞めてもらってですね、その、今まで1千万だった物を、&#△ゼロ、からもう1回スタートしていただくっていう選択肢、なのかあ?

今井通子:
はい

相談者:
それと、もう、別れちゃうっていう、ま、この、以上の3パターンぐらいですね。

今井通子:
・・うん

相談者:
でえ、ちょっとどうしようかな?、ていうのを、ここ、数ヶ月ぐらい、ちょっと悩んでいた、ていう感じで、今回、相談させていただきました。

今井通子:
なるほど。

相談者:
彼女28歳なんで、

今井通子:
うん

相談者:
あの、その30まで、には、その結婚したいってゆう、ゆ、ん言ってるんですよ。

今井通子:
うん

相談者:
だからわたしもその、ダラダラ付き合うと彼女に申し訳ないんで、

今井通子:
ああ

相談者:
すぐに判断してあげないと可哀想だなと思っています。

今井通子:
あー、もちろん

相談者:
はい

今井通子:
あ、そこまで考えられるのね。

相談者:
はい

今井通子:
はい。家庭環境的には、

相談者:
はい

今井通子:
彼女のほうも、あなたのほうも、例えば自分の意思をちゃんと言ったら平気な人たち?

相談者:
・・そ、お、ですね。一応・・母親も父親も、会わせまして、む、わたしも向こうの親にも会いました。

今井通子:
うん

相談者:
で、わたしの母には、ほんとの、ことを言っ、て、まして、

今井通子:
うん

相談者:
「どうしてもっていうならば、あなたの選択を・・認める」

今井通子:
うん

相談者:
「けどわたしは」・・ま、「心から」?、「賛成、できるとは言えない」、ていう感じです。

今井通子:
うん

相談者:
一方、向こうの両親はですね、

今井通子:
うん

相談者:
ま、特に、いー、子どもの、職業に関して、何も思って、ないような感じで、

今井通子:
はい

相談者:
まあ「ちょっと引っかかってる」とは言ってましたけどもお。
もう、言ってもきかないし、もう、なんか諦めてるみたいな感じ、です。

今井通子:
で、あなた自身としてはあ、選択肢3つあげられたっていうことは、

相談者:
はい

今井通子:
どっかに迷いがあるわけ?

相談者:
そうですね。迷いはやっぱりその世間体っていうところ?

今井通子:
うん

相談者:
あと、ま、子どもを持った際に子どもがなんか・・ちょっと大っきくなったりなんかして、いじめえ、に遭ったりとかしないかだとかあ・・
うーん、そう、その社会からの目・・が、どうなのかな?っていうところが一番引っかかっています。

今井通子:
(息を吸って)ま、でもお・・社会の目って言っても、法に触れない限り問題ないとは思うけどね。

相談者:
ん、若干ちょっと細かい話をすると、

今井通子:
うん

相談者:
あの、ねずみ講っていうのがあるんですね。

今井通子:
うん

相談者:
ねずみ講とマルチ商法っていうのはあ、

今井通子:
うん

相談者:
似てるんですけど違うんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
で、ねずみ講は何かっていうと、その商品がないんですね。

今井通子:
はい

相談者:
商品がなくて、お友だちとか、知り合いとかをいっぱい、その、組織に誘えば誘うほどお金が入って来るんだけど、

今井通子:
うん

相談者:
お友だちとかに、い、商品が渡ってなくて、お金だけが動いてるのをねずみ講っていう・・

今井通子:
そうですね。

相談者:
のに対して、商品が動いてるんですね。

今井通子:
はい

相談者:
化粧品だとか・・えー、ま、なんでもいいんですけど、商品が動いて、それに対してお金払ってるって感じで動いてるんで、

今井通子:
うん

相談者:
えー、合法ですと・・

今井通子:
はい

相談者:
いうような、違いがあって。
ま、その違いを知らない人が結構多くてですね。

今井通子:
うん・・要するに、自分として3つ選んでる、うちの、気になっている部分てのが、ん、というのは世間体の問題だけなのね?

相談者:
あとお、年収、ですかね。
彼女が今その1千万稼いでるわけじゃないですか。

今井通子:
うん

相談者:
で・・だからそれなりのお、生活スタンダードに今慣れちゃってるわけですよね。

今井通子:
ええ、ええ

相談者:
で、それで僕が「辞めてください」って言って辞めたらばあ、もちろん世間体のほうは、あの、良くなるんだけどもお、

今井通子:
ええ

相談者:
一方収入がもうガクっと下がっちゃうわけで。

今井通子:
ええ

相談者:
下がっても大丈夫なのか?っていうとこが懸念してるう、ところです。はい

今井通子:
彼女は結婚したら辞める気もあるわけ?

相談者:
・・うーん、どちらかというとなさそう。

今井通子:
ない

相談者:
今までの話&#△%

今井通子:
なさそうでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
はい
辞めてもらいたいも半分ぐらいあるわけ?

相談者:
・・あります。

今井通子:
うーん・・で、それを、の判断を・・が、今日のご相談なわけ?

相談者:
ええ(苦笑)そうです。

今井通子:
フフ(苦笑)分かりました。
今日はですね、シンクロの銅メダリストで・・

相談者:
はい

今井通子:
メンタルトレーニング上級指導士の、田中ウルヴェ京さんが・・いらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、ありがとうございます。

(回答者に交代)

「ラブラブのボクの彼女はマルチの成功者。世間体の悪さに結婚を悩む31歳」への22件のフィードバック

  1. 仮に結婚して、子供できて、ママ友なんか出来て、
    そういう関係の方々を誘ったり、
    旦那の会社関係の方、友人なんかも誘ったりして、
    気づいたら周りに人がいなくなって…。後ろ指さされてってなることまで計算しているんでしょうか。

  2. マルチがいいか悪いかは別の話で
    彼女がやり甲斐を感じていることを恥に思うのであれば結婚してはいけないと思う。

  3. ま、普通の考えを持っている人だったら、
    付き合っても結婚はしないわな。
    金に目が眩んじゃったのかな。

  4. なんだか相談者と回答者の波長が妙なところで合っちゃったみたいな、なんとも歯痒いやり取りだったと思う。
    彼女の仕事がそこまで負担であるならば正直に言わないと。結婚したいから辞めて欲しいと。
    やりがいを奪うだの年収がどうだの、ちゃんちゃらおかしいわ。それは彼女が決めることだ。
    「おっしゃるとおり」「おっしゃるとおりで」ってどっちが回答者かわからんぜよ。

  5. 結婚前に思ってた事が、結婚後に気にならなくなった!なんてありえない。ますます気になる。だってラブラブも消えるし。
    今気になってるんならやめたら?って言いたくなるけど、顔好みだと無理よね。やらない後悔は後に響くから。まあ一度結婚してみたら。子供しばらく作らなければ。って答えるかな。私なら。

    1. 彼女は、30才迄には結婚したいなんて、、、よくある事ですが、結婚に憧れているだけなんじゃないの?

      彼女にとって、(相談者には申し訳ないんだけど・・)すぐに別れるような案件じゃないかしら?

  6. 2人の出会いが何だったのか気になります。
    それと彼女の年収一千万って相談者はどこまで本当の事を知ってるのかな。

  7. マルチやってる人はそもそも一般人とは違う考えの持ち主。

    マルチやってる人と何人か話したこと(誘われたこと)あるけど、
    「自分ががんばれば将来孫の代まで毎月100万円入る」
    「芸能人に会える」
    「成功者はこんなすごい生活してる」などなど夢物語の中にいる。

    じゃあなんでそこまでお金が入るのか聞いても大した返事はない。

    マルチやっている人はよっぽどトップの人ではない限り普通の人は偏差値低い人ばかり。

    相談者もそこまで気付いてるのならさっさと離れればいいのに。
    相性いいんですかね。

  8. なんか聞いててイラついちゃって
    結婚して不幸になってほしいとか思っちゃった。

    俺と結婚したいならマルチ辞めろ!俺はそんなに稼いでやれないけれど。
    俺を取るかマルチを取るかって聞いてみて、俺を選ぶメリット彼女にあると思う?
    マルチで成功している人はまわりの人間関係、全部マルチ関係者だよ。
    やれハワイでパーティーややれ商品の鍋でお料理教室や楽しくやってるんだよ。
    それぜーんぶとっぱらって、たいして金もないモラハラ気味の俺っちとの生活を選ぶと思う?
    世間体とか子供の教育とか、常識ある俺、彼女から見たらつまんなそう。

  9. マルチやってる親を持つ子どもって、宗教二世みたいに苦しむんじゃないかな。
    周りにマルチやってる人がいないから、何とも言えないけど、もし子どもにそういう側面があるのなら、その彼女も、どこかのタイミングでマルチから離れた方がいいと思う。

  10. 仕事って、生活するための糧。好きな事でそれが叶えば素敵な事。大抵は、辛抱しながら、時にやりがいも見出だせる事もあり。だけど、マルチって誰かに犠牲を強いてる事実があり、そんなお金って、。憎しみさえ買いそう。
    お金で、自分を着飾りなんだかわからないステイタスを築いて。価値観がそこにあるなら空しい。
    相談者も、外見や見える形で行為を持ってるとしたら同じような人と思われても仕方ない。
    世間体を気にしての判断も、、
    ホントに無一文でも一緒に生活を築ける人であるかどうか❓ここ参考に。彼女の精神誠意をみないと。後は彼女の心を取り戻せるか。それこそ並大抵の覚悟がなければ重い荷物に違いないような気がする。

  11. マルチについては、既に数名の方のコメントに共感します。

    そして、やっぱり今井先生の意見に完全同意です。
    彼女が札付きだろうが、ヤク中だろうが、半グレだろうが、二重人格だろうが、こいつの防波堤になってやろうという男気を見せられるなら結婚しても良いけど、世間体が…とか言ってるようなら早晩離婚でしょう。
    奥様は一時マルチから離れても、ほとぼりが冷めたら、また始めますよ。

    苦労の先に幸せがあるのですから、結婚しても良いかどうか=その苦労を覚悟できるかどうか、じゃないですかね。

    中島みゆきの夜会「2/2」おすすめです。俺は主人公のカレシ役のように生きていけるかな?と考えながら観ると良いでしょう。

  12. 時事ネタ的に実にタイムリーな相談ですね
    管理人さんのタイトル画像も実にわかっておられるw

    そして、22:46の匿名さんのおっしゃるとおりだと思います
    今井先生の〆の言葉がすべてでしょう
    何より、集金システムの上澄みの恩恵に与ってる人が、生半可な泣き落としで既得権を手放すとは思わないことだし、そのことに後ろめたさを感じるならご自分のためにも離れた方がいい
    マルチとねずみ講は違うなんて熱弁振るわれてたけど、なんとかして自分自身を納得させようとしてるんだな、としか思えなかった

    そして、世間体がどうとか言ってるうちは、誰が相手だってろくな結婚生活にはなりませんって

  13. 彼女はタイプって仰ってましたね。
    女性は美容整形したり、定期的なメンテナンス、ボディーメイク、流行りのファッション等、可愛く美しく憧れる存在になる為にはお金が必要なんですよ。
    マルチ商法と言いましても、今はInstagramやTikTok等で集客して稼いでいる方沢山いますから、案外後ろ指刺される事もないですよ。

    それでも嫌なら、彼女の収入が減った分ご相談者さんが稼いで支えてあげるべきですね。

    結婚したら節約だなんて言ったら、きっとご相談者さんが好きな美しい彼女ではなくなってしまいますよ。

    迷われているなら、結婚してみて子どもは産まず様子見してみてはどうでしょう。
    周りの意見に耐えきれなくなったら別れればいい。
    離婚歴ある方、最近では多いですから。

  14. 他の人に話せないってマルチを見下してるだけなのに、その価値観を正直に言わない、言えない相談者が問題の回
    直球で指摘しても否定するだけだから結婚する意味として考えさせようとしたけれどこの相談者では無理でしょうね

  15. 彼女は、自分の仕事を披露宴で言えないって思ってるのかな?
    1000万円も稼いでいる人なら、自分の仕事に誇りを持っていそう
    相談者が人に言えない商売だから辞めてくれ、と伝えたとたんにお別れになったりして

    あと、田中ウルヴェが結婚のとき仕事辞めたのとは訳が違うぞ、と思いました

  16. ごめんなさい。
    世間の目が気になる…っていうのは大切な事だと思います。
    何故、世間がそういう目でみるのか。考えてみましょう。
    そして、彼女の親が「言っても聞かない」という。
    それが、彼女の性質を物語って居るのでは無いのでしょうか?

    男女間の熱がなくなった時、その時が本当の絆だと思います。

  17. 相談者とその他多数(マルチ商法の客)、この女の外見にメロメロなんだろう。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。