介護と暴れる息子に無関心夫。このまま終わりたくない55歳女の夢は居酒屋おかみ

テレフォン人生相談 2022年12月28日 水曜日

「8時ぐらいにはもう帰って来ちゃう感じなんですが」

えらい閉まるのが早い居酒屋やな。
遅番に引き継いで早上がりするところまで考えてるのかしら。

 

パーソナリティ: 玉置妙憂
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女55歳 夫56歳 娘高3 息子高1 4人暮らし

玉置妙憂:
もしもしい?

相談者:
あ、こんにちは、お願いしますう。

玉置妙憂:
こんにちは、テレフォン人生相談です。
え、早速ですけれども、今日のご相談の内容をまずは簡単に教えていただいてよろしいですか?

相談者:
はい
別居してる両親の、介護を毎日、

玉置妙憂:
うん

相談者:
するために通っ、ている・・

玉置妙憂:
はい

相談者:
専業主婦なんですが。

玉置妙憂:
はい

相談者:
独身のときにやっていた居酒屋を・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
再開したいんです、があ。

玉置妙憂:
うん・・うん、ふん

相談者:
子どもがまだ、思春期で、

玉置妙憂:
うん

相談者:
何かとお、母親の手を・・必要とする時期なので、

玉置妙憂:
うん

相談者:
まだ、は、あの、自営業をするのは早いんじゃないかな?っていう・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
声がある中で。

玉置妙憂:
うん

相談者:
えーと、介護と子育てだけえ・・に、

玉置妙憂:
うん

相談者:
こう、毎日没頭しているう、だけの、

玉置妙憂:
うん

相談者:
生活がちょっと・・不満というか。

玉置妙憂:
うーん、ふん、ふん

相談者:
ストレスを感じているので、

玉置妙憂:
うん

相談者:
どうしてもやりたいっていう気持ちが強いんですが。

玉置妙憂:
うん

相談者:
ちょっと今迷ってる状態、

玉置妙憂:
迷ってる・・

相談者:
です。はい

玉置妙憂:
うん。分かりました。

相談者:
はい

玉置妙憂:
えーっと今おいくつですか?

相談者:
55です。

玉置妙憂:
55歳・・旦那さまは?

相談者:
56です。

玉置妙憂:
56歳

相談者:
はい

玉置妙憂:
で、その思春期で手が掛かるって言ってるお子さんは?

相談者:
高3の女の子と、

玉置妙憂:
高3の女の子と、はい

相談者:
高1の男の子です。

玉置妙憂:
高1の男の

相談者:
はい

玉置妙憂:
18歳に16歳って感じですかね?

相談者:
あー、そうですね、はい

玉置妙憂:
うーん
で、ご両親っていうのは実のご両親?

相談者:
はい、わたしの、

玉置妙憂:
はい

相談者:
はい

玉置妙憂:
が、お近くに住んでらして、通ってらっしゃる?

相談者:
はい、はい

玉置妙憂:
うん、介護のために通ってらっしゃって。

相談者:
はい・・はい

玉置妙憂:
で、えっと、ご主人さまのほうのご両親はまったく今関わんなくて大丈夫なんですか?

相談者:
えっと、月に1回ぐらいは、あの、通院の、

玉置妙憂:
うん

相談者:
あの

玉置妙憂:
お手伝い?

相談者:
介助は、わたしがしてます。

玉置妙憂:
じゃあ、そちらのほうの、あの、義理のお父さんとお母さんもお近くなのかしらね?

相談者:
そうですね。

玉置妙憂:
うん

相談者:
1時間半ぐらいのところ、

玉置妙憂:
1時間半ぐらい

相談者:
&#△%、はい

玉置妙憂:
うーん、そうですか。
えーと、それでじゃあ、実際に一緒に住んでらっしゃるのは4人?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん。それで、えーと、独身の頃にやってらっしゃった居酒屋っていうのは、

相談者:
はい

玉置妙憂:
えっと、今はもう閉めて、でも、そのまますぐ再開できるような状態にあるわけ?

相談者:
いや、いや全然

玉置妙憂:
ああ

相談者:
あのお、

玉置妙憂:
新たに?

相談者:
新規で。はい

玉置妙憂:
うん、うん

相談者:
借り・・て、はい、新規で、はい

玉置妙憂:
やってみたいなと。

相談者:
はい

玉置妙憂:
ふうーん
えー、で、あもう、「まだ早いんじゃないか」とか、「今じゃないんじゃないか」っていう、

相談者:
うん

玉置妙憂:
いう、意見を言うのはどなた?

相談者:
えー、肉親だったり、

玉置妙憂:
うん

相談者:
友だちだったり。

玉置妙憂:
へえ

相談者:
はい

玉置妙憂:
ま、旦那さんは?

相談者:
は、もう、なんにも言わないです。

玉置妙憂:
なんにも言わない?

相談者:
はい、無関心なので。

玉置妙憂:
ああ

相談者:
無関心を装っている、とは思うんですが(苦笑)

玉置妙憂:
うーん。でも相談はしてみたんですか?

相談者:
しないです。

玉置妙憂:
あ、しないんだもんね、

相談者:
はい

玉置妙憂:
それは何も言わないね(苦笑)。

相談者:
はい

玉置妙憂:
あ、あの、お、旦那さんには、ま、そういう、

相談者:
はい

玉置妙憂:
関係性で来てるから、

相談者:
はい

玉置妙憂:
う、ご相談してない、

相談者:
はい

玉置妙憂:
てことですか?ふうん
その肉親っていうのはご自分のごきょうだいとか?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん、とか、お友だちとかが

相談者:
はい

玉置妙憂:
「まだ今じゃないんじゃない?」って、

相談者:
あ、はい

玉置妙憂:
えー、いうふうに言うってことですねえ。

相談者:
うん

玉置妙憂:
ふうーん

相談者:
そういう、「まだ早いんじゃない?」っていうの、と、

玉置妙憂:
うん

相談者:
同時に、

玉置妙憂:
うん

相談者:
「でも『やる』って言ってるからにはやるよね」、ていう感じ・・

玉置妙憂:
うん。そうなんですね。

相談者:
はい

玉置妙憂:
でも、ま、そんないろんな意見のある中で、ご自分自身も、迷ってるってことでしょう?

相談者:
まあ、やりたいのが・・

玉置妙憂:
うん、何割?

相談者:
んん・・6割(苦笑)

玉置妙憂:
6割

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん
諦め、ようかな、よが、4割?

相談者:
そうですねえ・・

玉置妙憂:
じゃ、実際の問題として資金とか、

相談者:
はい

玉置妙憂:
その・・

相談者:
資金とかあ、は、目処はついてるんですが。

玉置妙憂:
ふうん

相談者:
やはり、難しい年頃の子どこを抱えて・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
夕方というか、あの、帰って来たときに、あたしがいない、っていう・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
あの、その、し、深夜まで及ぶわけじゃないので、

玉置妙憂:
ええ、ええ

相談者:
8時ぐらいにはもう帰って来ちゃう・・感じなんですが。

玉置妙憂:
うーん・・うーん

相談者:
とっても、あのお、下の、子ども・・あの、長男の、あの、性格でちょっと・・悩んでた時、期もあったので。

玉置妙憂:
おおーお

相談者:
だけど、わたしが、あんまり、口を出しすぎてうるさがられる・・

玉置妙憂:
うん、うーん

相談者:
感じも、あるので。

玉置妙憂:
ええ、ええ、ええ

相談者:
付かず離れず、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
ちょっと距離をおいて、まあ

玉置妙憂:
うん

相談者:
8時ぐらいにはもう家に帰って来てるので。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
その、ほうが・・わたしにとっても、子ども達の、ためにも・・ちょっといいのかな?っていう・・

玉置妙憂:
いいのかなと・・思・・

相談者:
ふうにも思うんですけど。

玉置妙憂:
うん

相談者:
はい

玉置妙憂:
それはあの、

相談者:
はい

玉置妙憂:
え、じゃあ、そのお、なんていうんだろ?
「お母さん、そうやって居酒屋始めようかと思うんだよね」っていうことは、子どもさん達とは、お話してますの?

相談者:
・・いや、してないですけど。

玉置妙憂:
してないの?

相談者:
「やりたい」「やりたい」とはずっと言ってるんですけど。

玉置妙憂:
あ、やりたいっていう意思表示はしてるんだけど。

相談者:
も、ずっと言ってます。はい

玉置妙憂:
うん。に対して、「あなた達どう思う?」ていうのは訊いてない?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
訊いてないですね。

玉置妙憂:
うん

相談者:
はい

玉置妙憂:
そうですか。それ、まず、訊いたほうがいいような気がする。

相談者:
あーあ、あ

玉置妙憂:
あの、ご主人にも、子どもさん達にもね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
もう目の前にいるんだから。

相談者:
はい

玉置妙憂:
あの「どうよ?」と。

相談者:
あー、はい

玉置妙憂:
言っ、てみたらどうですかね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
で、その上でね?・・出て来る、これからっていうのもあるだろうけど。

相談者:
はい

玉置妙憂:
んでも、「難しい、難しい」って、難しいんですか?お2人のお子さん。

相談者:
ゲーム、オンラインゲームをやっているんですね?、長男が。

玉置妙憂:
はい

相談者:
高1の。

玉置妙憂:
はい

相談者:
負けたり?

玉置妙憂:
うん

相談者:
ちょっとわたし、ゲームのこと分からないんですが。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
イライラして、

玉置妙憂:
うん

相談者:
部屋から出て来て、

玉置妙憂:
うん

相談者:
ん、ペットの犬に当たってみたり、

玉置妙憂:
あ、うん

相談者:
なんか物を壊したり、

玉置妙憂:
あら

相談者:
すごいんですよね。

玉置妙憂:
あららら、あのそ、

相談者:
はい

玉置妙憂:
ペットの、ワンちゃん、え、蹴っ飛ばしたりしますの?

相談者:
いや、そこまではしないんですけど。

玉置妙憂:
うん・・うんうん、どんな、どんな・・

相談者:
脅かしたり、

玉置妙憂:
あ、脅かす?

相談者:
はあい

玉置妙憂:
ワンちゃんを脅かしたり。

相談者:
はい

玉置妙憂:
物を壊すっていうのは何を壊すんですか?

相談者:
もう、障子紙破いたり、

玉置妙憂:
あああ

相談者:
ボールを、投げつけたり。

玉置妙憂:
ボールをな、ああ(ため息)・・そう

相談者:
ま、それはそれで、勝手にやればって感じなんですけど、犬に対して、悪態をつくのは、ちょっと許せなくって。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
わたしが、居酒屋をやる場合は(含み笑い)犬を連れて行くつもりなんですけど。

玉置妙憂:
うん・・あそっち?

相談者:
心配で、置いて、おけないので。

玉置妙憂:
(苦笑)ああ、そ

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん。あの、ちなみに、あの犬をワッと脅かしたり、

相談者:
はい

玉置妙憂:
あの、うー、障子破ったりしたときに、

相談者:
はい

玉置妙憂:
なんか・・所謂、こう、「こら!」っていうのはないの?お母さんは。

相談者:
もう、諦めてます。

玉置妙憂:
諦めた?

相談者:
はい

玉置妙憂:
え、じゃあ、今までずっとそれをやって来たからってことですか?

相談者:
はい。あの・・

玉置妙憂:
で、何、何回か「こら!」って言ったけど聞かないからってことですか?

相談者:
もう、取っ組み合いをして来ました、ずっと。

玉置妙憂:
ふうーん

相談者:
でもう・・当然、敵わないですし。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
でもう、近所迷惑ですし。

玉置妙憂:
近所迷惑?

相談者:
はい、すごいです。

玉置妙憂:
そう、その・・

相談者:
あの、音も、声も。

玉置妙憂:
あーあー

相談者:
はい

玉置妙憂:
あ、ね、ご近所に迷惑になあるくらい叫ぶ?

相談者:
そうですねえ。

玉置妙憂:
ほ、ほお・・

相談者:
はい
親きょうだいからすると、

玉置妙憂:
うん

相談者:
「ダメな物はダメって怒らなくちゃダメだ」、て・・

玉置妙憂:
うん、うん、うん

相談者:
言われるんですよね?。

玉置妙憂:
うん

相談者:
でも、

玉置妙憂:
うん

相談者:
わたし自身・・あの、夫婦喧嘩の絶えない・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
虐待い、を、繰り返すような、親、に育った・・

玉置妙憂:
うんうんうん

相談者:
あの、経験を持っているので。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
そこら辺は・・あの、一般的な家庭よりは、

玉置妙憂:
うん

相談者:
・・対応が、変なところは、ある・・かとは思うんですが、

玉置妙憂:
うーん、うん・・うん
あのま、そうですか、それでね?、あなた様が、居酒屋やるかどうかについては、も、何も言わないご主人だったけれども。

相談者:
はい

玉置妙憂:
そのワンちゃんを脅かしたり、ご近所迷惑になるくらい騒いじゃう

相談者:
はい

玉置妙憂:
ご長男に関してはお父さんはどうなのかしら?

相談者:
なんにもしない。

玉置妙憂:
ん、なんにもしない?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
結構手が掛かる・・やんちゃ坊主だったんですが、

玉置妙憂:
うん

相談者:
何を相談しても・・ん、何も言わないっていう。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
心配はすごくしてると思うんです。

玉置妙憂:
うーん、うん

相談者:
それを、こう、態度に、出すことができないっていう・・

玉置妙憂:
うん・・うん・・うん

相談者:
人なんでしょうけど。

玉置妙憂:
はい、はい、はい、はい、はい

相談者:
それがもうずっと、なので。

玉置妙憂:
うん

相談者:
もう・・諦めてますけどね。

玉置妙憂:
うん

相談者:
はい

玉置妙憂:
そうですか。

相談者:
はい、はい

玉置妙憂:
ま、そういうようなね?、ご状況、でありながらも、

相談者:
はい

玉置妙憂:
居酒屋を、したいと。

相談者:
はい

玉置妙憂:
あの、の、その、動機?・・

相談者:
はい

玉置妙憂:
は何ですか?

相談者:
・・

玉置妙憂:
経済的なこととか、自分・・

相談者:
いやあ、そうじゃなく、て、

玉置妙憂:
の人生・・

相談者:
現実逃避なのか・・

玉置妙憂:
現じ、ああ

相談者:
まあ、あの、とにかくう、商売がしたいんですよねえ。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
あの・・毎日それしか考えてないというか(苦笑)

玉置妙憂:
うん、うん

相談者:
家庭内では笑うことってないんですけど。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
やっぱりそういう、ところに、立つと、

玉置妙憂:
うん

相談者:
・・笑えるというか。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
そういう実感があるので。

玉置妙憂:
うんうん

相談者:
やはり「やりたい」、ていう気持ちは抑えられないんですよねえ。

玉置妙憂:
うーん・・うん、そうですか。

相談者:
「優先、順位は・・どうなの?」って言われるんですけど。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
優先順位、て・・わたしの中になくって。

玉置妙憂:
うん

相談者:
同時進行して行かないと、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
わたしも・・精神共に健康でいられないっていう・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
ふうに思うので。

玉置妙憂:
うーん
ま、とおにかく

相談者:
はい

玉置妙憂:
そういう状況で。

相談者:
はい

玉置妙憂:
あの、どうしたらいいかなっていうことで、今日、ま、お電話いただいたってことですよね?

相談者:
はい・・はい・・はい

玉置妙憂:
うん、うん、えー、じゃあ、あの、先生のね、お考えを、あの、聞いてみようではありませんか。

相談者:
はい

玉置妙憂:
はい

相談者:
はい・・&#△

玉置妙憂:
えー、今日、お答えいただきますのは、

相談者:
はい

玉置妙憂:
三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。

相談者:
はい

玉置妙憂:
では先生よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)

「介護と暴れる息子に無関心夫。このまま終わりたくない55歳女の夢は居酒屋おかみ」への10件のフィードバック

  1. 高校生の子どもには、ご飯を用意しておいて温めて食べてもらえば良いんです。
    相談者さんは本来は接客向きの明るいタイプなんじゃないかな。
    介護と育児の息抜きの居酒屋経営、忙しくても充実した毎日になりますよ、きっと!

  2. 今回は回答者三石先生でベストマッチだった。三石先生の「やりなよ~」で相談者の声がパアッと明るくなったのが印象的。
    子供小さいから迷ってるかと思ったら…子供も成人間もなくではないか。逆コナンの子供、無愛想な旦那のことは気にしなくていいんじゃないか。赤の他人でしかない友人の余計なクソバイスは尚更。

    1. 何かに当たってしまっては困りますし、何か人の役に立つことに熱中出来ればなあと思います。犬に当たるの、動物愛護法違反に当たる罪ですし。

  3. この相談者さんならいい居酒屋を経営出来そう。
    楽しそうにしているお母さんを見て息子も手伝いはじめたりしてね。
    でもイヌは一緒に連れてってあげてほしい。怯えてると思うわ。かわいそうに。

  4. そこまでやりたいのなら、やらないと!
    死ぬとき後悔します。
    ゲーマーの息子にもバイトさせて
    商いのほうが面白いと思ってもらえたらしめたもの!
    (未成年の居酒屋バイトはNGなんだっけか?じゃりン子チエくらいか)
    居酒屋の料理って本当に美味しいし
    余りを家に持って帰って食べさせてあげるだけでも
    子供の興味をひくと思う!

  5. 年の瀬まで、ローカル局放送からの文字お越し、本当にお疲れ様です

    まあ三石御大ならこういう答えになるでしょう
    背中を押してもらって、意気揚々と開店準備に入れるだろう
    相談者も息が詰まる状況なのはわかるし、そんな中で店を出したいというバイタリティはすごいし、親の介護のいい気分転換にもなるだろう
    ただ、暴れる息子との関係だけはなんの解決にもならないだろうけど

    夫婦喧嘩を繰り返す両親に育てられた相談者には、家庭の安らぎなんて実感も理解も難しかろう
    そんな母親に育てられて心が乾ききってる息子が、思春期になって荒れて、ゲームに逃げて、物に当たり、犬に当たってるんだろうな
    これで犬を店に連れて行ったら、息子に「私はあんたより犬が大事」と宣言するに等しい
    そうなったら、今度こそ怒りの矛先が、物でも犬でもなく、本丸である相談者に向くのは目に見えてる

    半年前の「リストカットを繰り返す娘と警察沙汰の親子喧嘩をするけど、でも私は独立して女性起業家になりたい」って相談者を思い出した
    この相談者も、夫との仲も冷え切ってるし、息子が求めてるようなぬくもりや安心を与えることも難しかろう
    それならそれで、いい母になることは諦めて、居酒屋の女将として常連さんたちを喜ばせる方が、まだマシな結論かもしれない
    息子さんにとっては悲劇以外の何物でもないけど

  6. 居酒屋っていうか、定食屋をイメージしてるのかな
    だったら、ランチ営業もやるのかな

    身内の介護と無関心夫暴れる息子の世話で閉塞感、、、社会との隔離感、、、なんかわかる
    55歳、あなたの人生です
    息子は息子の人生を生きていってもらいましょう
    思春期だから、そのうち抜けるんじゃないか

  7. 借り入れして開業すると9割以上の確率で潰れます。
    自己資金が無いならやらない方が良いと思う。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。