向上心あふれる改善厨のやっぱりとショック。有期雇用を抜け出す障害枠就労

テレフォン人生相談 2023年5月16日 火曜日

自覚してんなら意識で行動は抑制できるんだけどな。

相談者 「まず1番はその・・仕事に行くのが怖い」

かつて男も似たセリフを吐いた。
「自分が怖くなるんです、時々」
無礼な客に余計な一言。喋らない仕事がしたいボッチのタクシー運転手61歳

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女51歳 夫53歳 長女13歳 三人暮らし

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい。どうぞ、よろしくお願いいたします。

今井通子:
はい。こちらこそお。
今日は、どういったご相談ですか?

相談者:
私いいいい、が、人間関係が、上手くいかなくて。

今井通子:
はい

相談者:
転職を繰り返したり、

今井通子:
はい

相談者:
周りの方々と、上手くいかなかったりとか。

今井通子:
はい

相談者:
悩むことが多くて、生きづらいので、

今井通子:
うん

相談者:
(吸って)第三者、から見ていただきたくて、

今井通子:
はい

相談者:
ご相談を、いたしました。

今井通子:
なるほど。・・あなたは、まず、おいくつ?

相談者:
51歳です。

今井通子:
51歳。

相談者:
はい

今井通子:
結婚してらっしゃいますか?

相談者:
あ、はい。

今井通子:
う、じゃあ、ご主人、はおいくつ?

相談者:
53歳いい、

今井通子:
53歳。

相談者:
です。はい。

今井通子:
お子さんいらっしゃいます?

相談者:
あ、はい。娘が、13歳で、一人・・だけ、おります。

今井通子:
はい。
「人間関係が、上手くいかない」って、仰ってるけど。

相談者:
っはい

今井通子:
ご家庭は、円満?

相談者:
はい。あの・・楽しく、は、していますが、

今井通子:
はい

相談者:
離婚歴のある、主人と、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、繊細・・すぎる、娘。が、おりまして。
ちょっと、綱渡り的なところが(苦笑)、

今井通子:
ッフッフッハ(苦笑)

相談者:
ございます(苦笑)アハハ

今井通子:
ハハ(苦笑)なるほど。

相談者:
ハハ(苦笑)はい。

今井通子:
その、(含み笑い)繊、細、すぎるっていうの、どういうんだろう?

相談者:
年齢よりもお、とても、大人というか・・思慮深い?

今井通子:
はい

相談者:
あと、物事を、よく見ていると言う事で、

今井通子:
はい

相談者:
学校おおお、に、馴染めず、というか、ま、いじめを受けて、不登校になったりとかあ。

今井通子:
はい

相談者:
(吸って)なかなか、友達関係を築けなかったりとかあ。

今井通子:
はい

相談者:
そんな感じです。(苦笑)

今井通子:
あああ。そうするとおお、あなた自身が、そのおお、「人間関係が、上手く行かない」っていうのは、どういうところから、そお思ってらっしゃるの?

相談者:
学生の頃からは、そうだったんですけど。まあ、よく、「変わってる」って、言われてきてえ。(苦笑)

今井通子:
はああ、なるほどお。

相談者:
はあい。確かに、変わってるなあ、とは、思うんですがあ。

今井通子:
何が?

相談者:
ええと、ですねえ。
自分が、「こう」、と思ったことを、やろうとする・・。それがあ、世間、一般的いい、な、女の子達のやり方と、違う・・と言うか。無鉄砲、と言うか。・・アハハ(苦笑)

今井通子:
あ?

相談者:
何ていう・・

今井通子:
そっちの方なのね?

相談者:
・・とかあ。(吸って)結構、感情的と言うか、感の強い子供だった、事は、あります。

今井通子:
なるほど。いわゆる、・・喋るのも、上手く行かないとかあ。

相談者:
はい

今井通子:
それから、人と・・接触すると、

相談者:
はい

今井通子:
「トラブったらやだな。」とか、色々、考えちゃうから、・・人間関係が上手く行かないって言う。
(苦笑)それこそ、一般的な考え方とは、

相談者:
ウッフフフ(笑)

今井通子:
違う、話ね?

相談者:
そうですねえ。「ここは、もっと、こうしたらいいんじゃないか?」とかあ、

今井通子:
うん

相談者:
「いや、もっと、楽しくやろうよ」とか、何ていうんですかね。
なんか、こう・・暗黙の了解が解らない・・ていう、

今井通子:
はい

相談者:
感じなのかも、しれません。
「ここなら、みんな、だまってるよ」とか、「ここなら、みんな、合わせるよ」とか・・

今井通子:
なるほど。

相談者:
なので、一度、あの、自分でも・・発達の方、自分でも疑ってえ、

今井通子:
あー、はい。

相談者:
病院に、受診したことがあったんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
(吸って)も、そんときは、なんか、「全然番うよ」って、言われて、(苦笑)

今井通子:
ヌ、フフフ(苦笑)

相談者:
「じゃあ、私はどうなんだ?」っていう事でえ、それから、ズルズル・・やってきた・・感じです。

今井通子:
そうすると、現在ね?

相談者:
はい

今井通子:
人間関係で、上手く行かない事で、困ってることが、あるんですか?

相談者:
あ、はい。
まず1番は、その・・仕事に行くのが、怖い。

今井通子:
ああ。

相談者:
また、嫌われて、また退職に、追い込まれてえ、・・て、いうの、と。・・後は、人が、周りにいないので、孤独。・・ていうの、があります。

今井通子:
お仕事は、ずっと続けてらしたの?

相談者:
短期のお仕事が、多かったんです。あの、有期雇用・・

今井通子:
うん、うん。

相談者:
が、多かったので。・・辞めて、次、辞めて、次。・・っていう事で。

今井通子:
そうするとおおお、ご結婚される前?

相談者:
はい

今井通子:
どっかに、最初は、・・正式に、勤めたとかっていう、事は、あるんですか?

相談者:
あ、はい。でも、長く続いて、2年半、とかで(苦笑)

今井通子:
そうすっと、2年半はあ、

相談者:
はい

今井通子:
ひ、どっかの、会社に、勤めたわけね?

相談者:
(吸って)そうですね。あの、サービス業の方で、勤めててえ。

今井通子:
はい

相談者:
そこを、2つくらい、変わっ・・てえ。

今井通子:
はい

相談者:
そこから、やっぱり、転職歴が、あるということで、なかなか、就職活動が、上手くいかなくてえ。

今井通子:
はい

相談者:
有期雇用で、派遣社員とかあ、非常勤務職員とかあ、そういうのを、ずっと、繰り返して。

今井通子:
うん

相談者:
やってきたあ、感じです。

今井通子:
そもそも、そのおお、仕事、で、長続きしない・・。理由は、なんだかわかります?

相談者:
(吸って)自分のお、・・我を張りすぎる?

今井通子:
ううんんん。

相談者:
仕事は、とても好きでえ。提案、とかも、よく・・する方で。

今井通子:
ううううーん。

相談者:
けれども、それって、やっぱり・・古株の方々には、不快で。エッ(苦笑)弾かれる・・っていう、感じだと思います。(苦笑)

今井通子:
ああ、そっちがわね?

相談者:
多分。

今井通子:
新しい会社にっていうか、どっか、そういうとこに、就職したら、・・「3ヶ月は黙ってろ」っていうの、知ってます?

相談者:
知らなかったんです。(苦笑)もおおお、ほんとに。

今井通子:
ッフッフッフッフッフ(苦笑)

相談者:
で、変な風な、向上心があって・・

今井通子:
いや、っていうか・・

相談者:
はあい

今井通子:
外から、入ると、その会社の、粗って、見えるもんですよね?

相談者:
はあい。見えます。

今井通子:
そうすと、「あれ?、こううしときゃ、いいのに、」みたいな、いっぱいあるんだけど。

相談者:
そうですねえ。・・

今井通子:
その会社は、その会社の中で、「こうやっています」が、慣れててえ。

相談者:
そう、そうです。

今井通子:
みんな、慣れているとお、それ以外のこと、

相談者:
はい

今井通子:
変えたりなんか、すると、面倒くさいし。

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん。そういう風に考えるからあ、

相談者:
はい

今井通子:
新入社員っていうのはあ、入ってきたら、3ヶ月は、だまあああって、・・周りでやってるところを、見、な、が、らあ、

相談者:
はい

今井通子:
それに慣れて行く。みたいな?

相談者:
はい

今井通子:
そういう教えが、あるんですよ。

相談者:
はい

今井通子:
ウッフッフッフッフ(笑)

相談者:
そういうのを・・知らなかったし。親からもお、

今井通子:
うん

相談者:
おそえてもらってない・・っていうのもあるし。

今井通子:
うん。

相談者:
経験不足だと・・(苦笑)

今井通子:
だから、・・わかった。

相談者:
(苦笑)はい

今井通子:
やり過ぎのおおお、あれ、なんですね?

相談者:
多分、・・。

今井通子:
で、人間関係が、上手く行かない。

相談者:
で、だんだん・・上手く行かない自分が嫌になって、卑屈になってきてえ、・・っていう・・感じです。

今井通子:
(吸って)わかりました。
そうするとお、今日の、ご相談は、なんですか?

相談者:
私の性格ううう、があ、今の状況を、作り出している。・・、と、思っていて。

今井通子:
はい

相談者:
で、それが・・いくら、自分で勉強したりしてもお、なかなか、改善出来ないのでえ、「どうしたらいいのか・・」

今井通子:
アッハッハッハ(笑)

相談者:
アッハッハ(笑)こん・・

今井通子:
それで、「どうしたらいいでしょう?」なんですね?

相談者:
(ため息)暗黙ですう。あ、も、なんか、

今井通子:
ウッフッ、ウッフッ(苦笑)

相談者:
すいません、なんか、とても、(苦笑)

今井通子:
いやいや。・・わかりました。
今日はですね、精神科医の、高橋龍太郎先生が、いらしてますので、伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)

「向上心あふれる改善厨のやっぱりとショック。有期雇用を抜け出す障害枠就労」への19件のフィードバック

  1. これによく出てきがちな、コドモちゃん50代(グスグス泣く)みたいなのでなくて良かったw

  2. こういう方は起業して一人でやっていく方が面白いと思う。
    声がかかったら出張するような、一人で出来る仕事。
    工夫したことを誰に相談せずに即試せるんだもの。
    きっとやりがいを感じるはず。

  3. 急に照れ笑いのようなごまかし笑いのようなのをするけど、時と場合を選ばずにこれやるとそこにいる人達は違和感を持つだろうしイラかせそう。
    緊張すると出るのかな?
    悪気ないのはわかるんだけどね。
    だから本人はきっと生きづらい。

  4. 今井先生「新人は、3ヶ月は黙っていろっていうの知ってます?」

    相談者「知らなかった。親からも教えてもらってない」

    …いやいやいや、わたしだってそういうこと親から教わってないけど、そこはやっぱり新参者、思うところあっても、理不尽でも、郷に入れば郷に従えという言葉もあるもの、様子見は必須と思ってきたけど…。

    それでも我慢できず、短期間で辞めた職場もあったけど、その中でそのやり方でやっている人たちを否定することは、なかなか言えないよ。

    向上心というより、謙虚さを持てなかったゆえ、というのもあったんでは?
    と感じた。

  5. これから職場や対人関係の軋轢が起きたら、発達障害を言い訳にしそう

  6. 今井先生とのやり取り聞いていると、すごく感じのいい人としか思えなかったけれど、話を聞くうちに、そりゃぁ煙たがられるかもね…、と。

    自分でもアイデアに溢れてると認識していて、やる気きも満ちてる人が、
    「多分発達かと…」と言われたら、すごくショックだろうとお察しします。

    でも、30過ぎの時点で、検査もすることなく「発達はないでしょう」と言われたことを、今に至るまで疑問に思うことはなかったの?

    手帳の取得、グレーゾーンだと難しいのでは?と個人的には思うのだけど、ショックとは別に、取得できたら使うも使わないも自由だから、何かあったときの武器として持てたらいいね。

  7. 3か月我慢と聞いて、社長と部下の違いはあれど、テレビドラマ『ムチャブリ!』じゃないが、新入社員はプライベートも含めて我慢でしょうか。
    コロナ禍からウィズコロナ→アフターコロナに入りましたが、リモート研修から対面研修に変える会社も増えるだけに、新入社員も勝負どころか?

  8. 「向上心あふれる改善厨」故に社会人としての生き方を学ぶ機会を失った末路、という感じがした。「入社して早々にでしゃばる→周囲から煙たがられる→必要な情報が回らず孤立→転職して一からやり直し(以下ループ」みたいな。発達なら、この電話自体が噛み合わないやり取りになっていたはず。就活ノウハウ本を鵜呑みにした若手がそのまま年取った感じ。
    あと、家族との微妙な関係を話していたけど、家族も相談者に気を使ってる。「繊細な旦那」とのことであるが、転職歴多い妻相手じゃ神経使うし、距離無し相談者に「繊細」とか旦那も言われたくないだろう。

    1. 繊細なのは、娘ちゃんのことではないかな?

      旦那さんのことは、離婚歴のある…とは言ってたけど、繊細とは言ってないと思うー。

    2. 発達でもグレーに近いからできることできないことがまだらなんでしょ。相談の電話自体は成立するけど微妙なニュアンスを把握できない、ってやりとりがあったし。

  9. 周りに似たような方がいます。
    この方は会社にいい案言ってると思ってるけど、大半が現実的な案ではない気がする。

    こちら側は「〇〇のためにこのようにしている」と説明しても、そのことは無視して「絶対こっちのがいいのに」と一方的。

  10. 相談者の立場からすれば、綱渡りで必死な感じはする「世界にひとつだけの花」との自覚を胸に開花してほしい。

  11. PTAで役員をした時、似たような女性がいました。
    恒例行事は代々受け継がれたマニュアルやテンプレートに沿って粛々と進行すれば問題なく終わるのに
    案内状にオリジナリティを出したがったり、新たなイベントを加えようとしたり…。
    「変えたいなら上に了承を取って。書式はこれこれ、やり方はこうこう」と各方面への根回しを丸投げしてみたら会議に来なくなりました。
    暗黙の了解がわからない、口先だけのアイデアマンはいりません。

  12. 放送聞いてて「あの人やん!」と思わず言ってしまった。自分の職場に50代で早期退職した人が最近入った。
    業務体系やらにちょいちょい口出しするけどいまいち的外れだったり今さらそこに突っ込む?てな内容だったり。
    そのくせ注意力とか観察力とか甘かったり場の空気が読めない。
    「ふぁあああぁ~~」て平気で声出してあくび連発したり、お客さんからサインもらった伝票を本社に上げなかったてのが2回もあったり(さすがにこの時は割とキツメに指摘した)、自身の売上の表を書かせてたんだが商品の仕入れ値が変わった時「なんでこんなに粗利がかわるんですかね!?」とか言ってきたり(商売の基本やろ…)。前職が別分野だったとはいえ50代でこんなに勝手が分からんもんなのか。
    若造ならいちいちガミガミ言ってやるトコだが年上なので言いづらい。
    「3ヶ月我慢」。この教訓この人が入る前に知りたかった。
    長々失礼しました

  13. アイディアを具現化するのが難しい最たる職種の一つが農業。
    今井先生、簡単におっしゃいましたね。さじ投げたから?

    1. ひとりで黙々と作業できるイメージだからでは?
      アイデアが当たれば、儲けも大きいし。
      実際は作物ごとの部会(勉強会)があったり、女性なら婦人会の研修があったり、JAとのお付き合いがあったり、
      自称・発達さんには厳しい環境だと思う。

  14. 「ハッキリNOと言えない人」は、言えるようになれ!!!!

    以上。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。