加藤諦三ロングインタビュー。大竹まことゴールデンラジオ

大竹まこと:
どんどん、どんどん・・あそこでフラれたこと、
あそこで失敗したこと。

加藤諦三:
そう。みんなそれを、言い訳しちゃって。
その場その場を、来ちゃってますから。
借金がどんどん、どんどん増えてんです。

大竹まこと:
向き合わないで逃げる?

加藤諦三:
逃げる。で、借金が増えてる。
で、会社でいえば・・粉飾決算で倒産したみたいなもんですよ。

大竹まこと:
そうなりますね。

加藤諦三:
だから高齢者の鬱なんていうのは、そういうことです。
ずうっと偽って偽って偽って来て、最後に行き着いちゃったのがもう、どうにもこうにもできないっていうこと。

大竹まこと:
もうちょっと簡単に言うと、ダメな自分に早く気付けってことですか?(苦笑)

加藤諦三:
ダメな自分に気付いたらこれは物凄いことです。

大竹まこと:
ああ、そう(苦笑)

加藤諦三:
もうダメな自分に気がついて、それを認めたらもう・・空が・・パーッと

大竹まこと:
ハハハ(笑)

加藤諦三:
晴れて、明るい人生が始まったんです。

大竹まこと:
ああ、そう・・いつまであれができないとか、これができないと、「クソ!」とか思ってないで、
「俺は小石、この・・足(たる)を知った男だ」と。
「このくらいのことしか俺にはできないな」
「そんな男ですけども、どうでしょう?」と。そういうことですか?

加藤諦三:
ええ。
要するに、だってキリンは「わたし首が長いわ」って悩んでないんでしょう?
もぐらは空飛べないで悩んでないないでしょう?

大竹まこと:
はい(含み笑い)

加藤諦三:
人間だけなんですよ。自分ができないことを・・

大竹まこと:
悩むのは。

加藤諦三:
悩むの。
亀は・・亀は遅くたって・・

大竹まこと:
悩んでない。

加藤諦三:
悩んでないですよ。亀は遅いんだから。

大竹まこと:
ハハハ(笑)

加藤諦三:
「もしもし亀よ、亀さんよ」って、ああいうことを言うウサギ。
あのウサギが欲求不満の、あの、最悪の最低の・・

大竹まこと:
あれが人間の化身なんだ。

加藤諦三:
そうなの。だって、なんで亀に向かって「なんでそんなに遅いのか?」って言うんですか。

大竹まこと:
遅いもんね?、だって亀は。ハハ(笑)

加藤諦三:
意地悪なん・・意地悪です。

大竹まこと:
意地悪です。

加藤諦三:
つまり、「もしもし亀よ、亀さんよ」と、「世界のうちでお前ほど、歩みの鈍い者はない。どうしてそんなに遅いのか」というウサギは、仲間のウサギと上手くやってない。怒りの人。
ホントに仲間のウサギと上手くやってれば、亀にちょっかいを出さないですよ。

大竹まこと:
食えもしないしね?別に。

加藤諦三:
いじめがそれです。

はるな愛:
あ、いじめ・・先生に聞きたかったのよ、今職場でもね・・

大竹まこと:
だからね?、お話を伺うと、
今のこう、あおり運転なんかも、あるけども、まあ、そこに、怒りを、相手にぶつけるけど、そんなところじゃないんだね?たぶん。
その人の心の中は、上司のこととか、その、置き換えてると。

加藤諦三:
置き換えてる。

大竹まこと:
あおり運転に。
自分の正義だと思って・・

加藤諦三:
「正義は怖い」っていうの、そこですよ。

大竹まこと:
正義は怖い?

加藤諦三:
正義を盾にして自分の欲求不満を晴らしてんです。

大竹まこと:
愚かですね、人は。

加藤諦三:
愚かです。

大竹まこと:
ハハハハ(笑)

はるな愛:
いやあ、すごい、いろんなホント・・

大竹まこと:
いやいや、でもねえ・・

はるな愛:
言葉、刺さりますねえ・・ホントに。

大竹まこと:
いろんなこと分かったね、今日。

はるな愛:
いやすごい、言葉、もう、ちょっと、目から鱗。

大竹まこと:
やあっぱり、81年も生きてると(笑)

加藤諦三:
ハハハハ(笑)

はるな愛:
ちょっと最後に改めて・・
加藤諦三さんの本のお知らせです。
自分の欠点を認めたくないが故に・・平気で自分より弱い者を傷つける人たちの・・心の弱さについて書いた本。
平気で他人を攻撃する人たち』が大和書房から好評販売中です。
ぜひ、お手に取ってお読みください。

 

大竹まこと:
「自分の弱さを知らずに人を攻撃する人たち』、これができないと、今度、攻撃の矢は、また自分に向くんですよね?

加藤諦三:
そうです

大竹まこと:
で、自分を攻撃、自分を攻撃して・・これ、自分が嫌いになって

加藤諦三:
そう

大竹まこと:
どんどん、自分・・が、自分の中で乖離してっちゃう。

加藤諦三:
うつ病で自殺がそれです。

大竹まこと:
はあ、今日はもうホントに、なんかね。

はるな愛:
ホントに。

大竹まこと:
もう生きる芯みたいな話だったねえ?

はるな愛:
ありがとうございました。大竹メインディッシュ、本日のゲストは・・

加藤諦三:
ありがとうございました。

大竹まこと:
ありがとうございます。

はるな愛:
加藤諦三さんでした。ありがとうございます。

大竹まこと:
またぜひお越しください。

加藤諦三:
お願いします。



コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。

ニッポン放送ラジオの最長寿番組「テレフォン人生相談」のファンサイト。文字起こし&コメントブログ。 あらゆるお悩み、身の上相談に専門家がズバリ回答。

↓