自己執着的対人配慮 に関連する悩み相談

自己執着的対人配慮とは、人に気を配る行為の源泉が自分自身にあることを言う。

相手のことを慮(おもんばか)っているようで、実はその人のことを思って行っているのではないので、心理的に無理が生じる。

これが高じてくると、ノーと言えない、あるいは嫌いな人にまで擦り寄り、迎合してしまうようになる。

加藤諦三氏の言葉を借りれば、自分自身にウソをついているわけである。
自分を欺(あざむ)けば苦しくなるのは当然の帰結。

皆んなに好かれたい
人に嫌われたくない、
仲間外れにされたくない、
人から高評価を得たい、

こうした感情は誰にでもあるものなので、頭から否定する必要はないのですが、対人関係に行き詰まっているときには、それが足かせになっていないか?内省する必要がある。

人への気配り、時にそれは孤独と追放に対する恐怖である。

他人にウソをついても構いませんが、自分にウソをついてはいけません。(加藤諦三)

  • 18/01/12(金) 子持ちの姉にDINKsの妹。亀裂の原因は相談して来た母親自身に
  • 17/09/22(金) 役割に疲れきった夫婦。家事嫌いな妻が「あなたは大丈夫」と出て行ったら
  • 16/08/01(月) 親切にはお返し。近さが負担になる女46歳が親から受け取っていた強烈なメッセージ
  • 14/08/14(木) 自閉症の子を持つ母のイライラ。他人に気を使いすぎるワケ。自己執着的対人配慮
  •