姪を中2まで育て両親看取った実家の独女に死別太りの姉が恩知らずの一言

テレフォン人生相談 2020年8月7日 金曜日

コメント欄に、釣りか?と思える書き込み。
でもマジだったら教えてあげないといけないし、ここはあえて釣られよう。

加藤諦三の今日の一言。
賄賂というのは、もちろん比喩表現。
何を比喩しているかと言えば、不正な授与、不正な報酬。
(受け手が公務員であれば送り手も含めて双方が犯罪)
あってはいけないこと、やってはいけない行為。

渡す方は見返りを期待して渡し、貰った方はお返しとして良きに計らう。
これが依存関係であって、愛情とは程遠いわけだが、愛情と勘違いするから関係はややこしいことになる。

ちなみにアスペルガーの人の特徴に、比喩表現、皮肉、お世辞、社交辞令が伝わらないというのがあります。
字ヅラをそのまま受取ってしまうからです。

 

さて、
役割を失った独女が人生の意味を考えあぐねている。

結局、姪たちを預かったのはいくつの時からいくつまでかしら。

相談者 「中学校2年生ぐらいまで育てました、どちらも」

どちらもって・・6つ違い。
引き離したとでも?

 

姉の一言に傷ついたようだけど、もっと聞きたくないことを姉は思ってる。

たとえ母親失格だとしても、一家に次世代をもたらしたのは姉。
これでもって姉自身が気持ちの上で相当のマウント。

感謝してるかなあ・・
ま、してるだろうけど、それは両親との合わせ技。
どうかしたら孫との楽しい暮らしをさせてあげたぐらいに思ってても不思議じゃない。

親の看護だって同じ。
感謝してたとして、それは姉の中では実家暮らしと相殺してる。
犠牲を払った妹とは思ってない。

だからこその姉のセリフ。
これ以上、姉の生活に口挟めば、上で示した腹の中を言葉にしてぶつけられよう。

4つ違いの姉って修学も重ならないし、もう圧倒的な、ザ・姉。
そして性格が反対ときてる。

親の手に余る長女に
手のかからない次女。

両親にとって心配の種は長女

だったの、ずっと、若い時は。
だけど、どっかで逆転。
晩年の両親にとって心配の種は次女。
姉もそう思ってる。

そして、

加藤諦三 「相談は寂しさを受け入れてどう生きて行くか?ということですか?」
相談者 「そうです‥」

心配は杞憂ではなかった。

さて、
お姉ちゃんにお盆はどうしようかメールでもしてみようかしら。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女56歳独身 両親は他界 姉60歳 姉の娘36歳と30歳

今日の一言: 見返りをもって愛情を与えるとき、その愛は賄賂である。カレンホルナイ(*)

(*)Karen Horney: 精神科医 独 1952年 67歳没

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
すみま、せん。

加藤諦三:
初めまして、最初に年齢教えてください。

相談者:
56歳です。

加藤諦三:
56歳、結婚してます?

相談者:
いえ、あの、独身です。

加藤諦三:
独身ですか?、離婚して、今1人?それともずうっと独身?

相談者:
ずっと独身です。

加藤諦三:
ずっと独身ですか。そうすっと今・・一人暮らしなさってるんですね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
姉の子ども預かってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
育てたんですけどお。&#△

加藤諦三:
はい、お姉さんは今何歳の方ですか?

相談者:
姉は60歳です。

加藤諦三:
で、お子さんは、何歳?

相談者:
36歳とお・・30歳です。

加藤諦三:
で、男の子女の子は・・

相談者:
女の子で、

加藤諦三:
両方とも?、36歳も30歳も?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
あ、そうすっと3人で・・

相談者:
はい

加藤諦三:
暮らしてるわけですね?

相談者:
じゃなくてえ、子どものときに預かってえ、

加藤諦三:
ああ、はい、はい

相談者:
中学校2年生ぐらいまで育てました。どちらも。

加藤諦三:
はい
お母さんが、いらっしゃるのに、あなたのところに、

相談者:
はい

加藤諦三:
「来たい」と言ったのはなんか事情があるんですか?

相談者:
姉のところの、経済的な事情があってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしの実家でえ、この当時は両親もいたんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
預かることになってえ・・

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
育てることになったんですけどう・・

加藤諦三:
はい

相談者:
その間(かん)に、父が病に倒れてえ、7年ほど、介護をすることになって、
父の介護をしながらあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
2人の、子どもを育ててえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
父が亡くなってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
今度また母があ、病に倒れてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、母も、5年ほど・・体が弱かったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
入退院を繰り返してえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
高齢で亡くなったんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
その間(かん)に、あの、中学校ぐらいになって、もう実家に帰りたいっていうことで、

加藤諦三:
うん

相談者:
子ども達は、その、帰って行ったんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
姉え、は、なんかその間(かん)に、夫が亡くなりい、

加藤諦三:
はい

相談者:
またすぐに、あの、内縁の夫、ができて、

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
姪たちは帰って行ったんだけど、なかなか居心地のいい家ではなかったのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、わたしい、がなんか、その、相談相手になったりい・・ま、親しく付き合ってはいたんですけど、
その最後に母が亡くなって、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたし、が、なんかその1人になってしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
葬儀のときに、36歳の姪があ、「寂しいだろうし、一緒に、暮らしてあげてもいいよ」っていうような・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
優しい言葉を掛けてくれたりしてたんですけどお、

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、そうこうするうちに、姉え、の・・内縁の夫の人が・・大病を患ってしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしの母、が亡くなるのと、半年ぐらい、あとに、その、夫の人が亡くなってしまったんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしは、あの、子どものときから、なんかそのお、姪たちを、世話し、て、

加藤諦三:
うん

相談者:
普通の子育てというかあ、贅沢なこととかすると、少し注意をしたりとかするような、

加藤諦三:
ふん

相談者:
ことを、言ったりしてたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
その内縁の、夫の人が亡くなったりして、姉があ、少しなんか、あのお、得るものがあったのかもしれないんだけど、豊かになっていってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
何もかも全部、あの、どんどんお金を出すようにな、ったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうふうに、するので、わたしのとこには寄り付かないし、実際のお母さんのところに、

加藤諦三:
うん

相談者:
どんどんこう、行って、なんか生活をするようになったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、「贅沢をするだけじゃなくて、ちゃんと教えなくちゃいけないよ」みたいな注意をしたらあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
姉が、「モラルのことじゃなくてえ、あたし達に嫉妬してるんだろ?」っていうふうなことを言ったんですよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
「いや、嫉妬じゃないよ」っていうふうに、言ったんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
その、上手く伝わらなくてえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
何ヶ月も、音信不通になってしまったのでえ、あの・・

加藤諦三:
音信不通というのは、この時点から・・あなたと・・36歳、30歳というお嬢さんと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
その母親との、が、音信不通になったということですね?

相談者:
ええ、そうです。

加藤諦三:
はいはい、それで?

相談者:
姉も、姪たちもお、なんかその、わたしも母が亡くなって1人になって、
なんかすごくあの、寂しく思ってる時期にい、

加藤諦三:
うん

相談者:
こんなようなことで、なんかこんなになっちゃうのって寂しいなと思ってえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
うん、それで、なんか、あの、先生たちのいろんな、言葉とか、聴きながらあ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
乗り越えながら今まで来たんです。&#

加藤諦三:
と、今日のあなたの相談というのはあ、音信不通になって・・寂しいんだけども・・この寂しさを受け入れてどう生きている(生きていく)か?っていうことですか?

相談者:
そうです・・

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
あの・・

加藤諦三:
スタジオに、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてんので・・

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
あ・・

(回答者に交代)

「姪を中2まで育て両親看取った実家の独女に死別太りの姉が恩知らずの一言」への9件のフィードバック

  1. 賄賂ねぇ。
    こう考えると、世の中、賄賂だらけだなぁ。こどものスポーツや受験で結果ばかり求める親とか、我が子の家の建築資金を出してあげるから自分の老後をみてもらおうと目論む親とか。

    話は変わりますが、管理人さん、いつもお世話になってます。
    睡眠不足だと耳が不調になり、聞き取りづらいので、文字起こし、いつも助かります!

  2. この人ってたんに嫁にも行かずいつまでも実家にいただけの人だったような気がする

  3. 賄賂というのは正当な報酬以上の要求だと思うんだけど。相談者は自分が産んだ子供ではない子を、ある程度まで育てたんだから何らかの報酬を受け取ってもいいんじゃないのかなぁ。
    世の中、持ちつ持たれつ、ギブアンドテイクなんだからさ。

  4. お姉さんが放棄した子育てを、祖父母だけでは体力的にも辛いのをみて、手助けした。情も移り、結婚するきっかけを失った。
    相談者さんがそうだとしたら、分かる気がします。姪っ子って、可愛いんですよ。
    今は、お金と自由を満喫中の姪っ子さん達も、きっと目を覚まして相談者さんに感謝すると思います。
    それまで、ご自身の時間を充分楽しんで欲しいと思います。

  5. 姪っ子の世話があって、結婚できなかった…みたいに思ってることって、相手に言わなくても、態度の端々に出てるものだと思います。
    たぶん、そういう態度を見てて、姪っ子さんたちは、恩着せがましいとか、思っちゃったんじゃないかな…その上での
    「一緒に暮らしてあげてもいい」
    なんじゃないかな。

    あげても、って、そんな上から目線な言葉が自然に出てきちゃうような関係しか作れなかったのは、自分で自分の人生を生きようとしなかったからとも言えます。

    自分の人生をよりよくできるのは、自分しかいないのです。よく、テレ人の先生たちも、似たようなこと言ってると思います。
    この相談で、それに気づけたらいいですね。

  6. 独身の叔母がいます。
    東北の親元から離れ一人暮らしをしていて(定年まで働いた)、小さい頃同じ市内だったのでよく遊びに行ったり泊まりに行ったりしました。もちろん行くたびにお小遣いもらったり買ってもらったりしてました。好きなおばちゃんでした。

    今年の正月過ぎに電話が来て、葬式のことで話があるとのこと。私は言った覚えがないのですが、おばちゃんの葬式は私が出してあげる。と言ったらしいのです…(いつ言ったか今度会ったら聞いてみます。)

    まとまった費用持ってきてコレでお願いします。
    申し訳ない。この業者に頼んでおいたから。ぐらいいうのかと思ったら葬式は誰も呼ばなくていいからとか墓は弟の所でオッケー貰ってるからとか法事は要らないとか言って帰って行きました。(なんだそりゃ⁉︎こんな事いいにきたのかい⁉︎)

    葬式だけ⁇その前、死ぬまでの長い道のりまで面倒見なくていいんだよね⁇死んだ後の家の片付けとかお金とかそういう事はどうするつもりなのか???そこは私は関係ないんだよね?怖くて聞けなかったです。黙ってました。

    一人っ子の夫の両親の葬式を出しています。葬式を頼む…それだけでも、私だったら姪に軽く手ぶらで来て、とてもとても頼めないよな…

    殺しても死なないような勝手気ままな小太りのババなのでこれから話詰めていきます。
    ウンザリです。

    1. お小遣いやものを買ってもらったことに対してのお礼って大きくなってからでも自分でしたことあるのですか?
      姪だからしてもらうのは当たり前で、おばさんが話をするためには手ぶらなんて考えられないっていうのはなんかもやっとします

      1. 姪や甥に、何かしてあげたり、可愛がったりするのは、真実かわいいからで、何かお礼をして欲しいから、先に恩を売っておこうと考える人がいるのでしょうか。
        死後の身辺整理や、老後介護は、ちょっとしたお小遣いと天秤にかけられるほど、簡単なものではないと思います。

        お金を自分で用意して、お葬式のあれこれ差配だけ、姪に任せる場合でも、私なら菓子折りくらいは持って行くし、少なくとも順子さんのおばさまのような態度はしないと思います。
        お金も出させる気なら、なおさら言語道断の態度だと思いますよ…。

  7. 殺しても死なないような小太りのババって姪っ子に言われるくらい迷惑かけるような人なんでしょう。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。