息子の許可を得てやりたい放題。不倫半同棲を終えた女46の次なる願い


テレフォン人生相談 2017年6月5日 月曜日

夫とは家庭内別居。離婚したいが失業中のため経済的に自立できない。離婚届を出すタイミングは?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女46歳 夫48歳会社員 息子20歳学生

今日の一言: なし

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは・・

加藤諦三:
こんにち・・

相談者:
よろしくお願いしますう。

加藤諦三:
はいー、最初に年齢教えてください。

相談者:
えーっと46歳です。

加藤諦三:
46歳。結婚してますう?

相談者:
してます。

加藤諦三:
はい、ご主人何歳ですか?

相談者:
えー48歳です。

加藤諦三:
48歳、お子さんは?

相談者:
二十歳です。

加藤諦三:
ん、にじゅっさい・・男の子女の子どっち?

相談者:
男の子です。

加藤諦三:
男の子。はい、分かりました。そいで、どんな相談ですか?

相談者:
と今あ、夫とお・・家庭内別居っていいますか、もう今あ、そういう状、況なんですけれども。

加藤諦三:
ん、んはい

相談者:
の、離婚を考えておりまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
えーその離婚届を出すタイミングう、が、ちょっと今分からなくて、悩んでいます。

加藤諦三:
うーん。
で・・いつ頃からですか?、その・・家庭内別居が始まったのは。

相談者:
・・あ、えーっと今から・・4ヵ月ぐらい前ですね。

加藤諦三:
あ・・まだそんなに長いことは、家庭内別居は続いてるわけではないんですね?

相談者:
そうですね、でも気持ちは・・通い合わないっていうの、ですかね。

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、そういうのはもう、感じますね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
んもう、それが、もう結婚当初から、そういう感じではあったので、

加藤諦三:
あ、恋愛結婚でしょう?

相談者:
・・うん一応そうですねえ。

加藤諦三:
で恋愛結婚だけれども結婚ん、したあ、時にはなんかもう・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
気持ちの触れ合いはないと。

相談者:
結婚前からあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
う、なんかう・・こう、ぼんやり、そんな感じもして、たんですけど(苦笑)
結婚したら変わるかなあっていう・・

加藤諦三:
あー

相談者:
なんか自分の中でもちょっと期待があったんですよね。
子どもが生まれたりとかあ、してえ・・ん、したらこう、ま一緒に生活したりとかするようになったら・・もうちょっと変わ、るかな?、というのもあ・・ってえ・・来たんですけど(苦笑)

加藤諦三:
なるほどねえ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたはあんまり現実をしっかり見ないでえ、

相談者:
ああ

加藤諦三:
自分の心の中の希望を、

相談者:
はい

加藤諦三:
現実とみなすという・・なんか

相談者:
あは(苦笑)

加藤諦三:
想像の世界で生きて来るところがあ・・あるんじゃないの?

相談者:
あ、そうかもしれないですねえ・・はっきり言ってえ、その、結婚した理由は、もう・・見た目に惹かれてえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
(苦笑)結婚したところがあるのでえ。

加藤諦三:
あーなるほどねえ・・

相談者:
うーん

加藤諦三:
「あら、素敵」

相談者:
そうですね

加藤諦三:
ん、で、ストーンと恋に落ちちゃったと。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
で・・離婚を・・切り出したのはどっちですか?

相談者:
あ、わたしの方です。

加藤諦三:
うん、そうだよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
原因はだって・・好きじゃないもんね?

相談者:
まあいろいろ・・他にもあったんですけど。

加藤諦三:
え、あ「他にもあった」って何ですか?

相談者:
わたし自身が、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・1年ぐらい前え、に、あのお、退職した会社の人と、

加藤諦三:
うん

相談者:
不倫をしてしまったんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、その方とはもうお別れしてるんですけど、あのお、まもう半同棲状態みたいな感じだったんですよ、もう、正直言って。

加藤諦三:
うん

相談者:
で時々ま、家に帰る(苦笑)ような状態でわたしが。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、まそのお、帰った時もお・・もちろんそうなんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、夫の方から一切もう連絡もなかったですし、わたしが出て行った、時も。

加藤諦三:
・・うん

相談者:
でえ、家に、戻った時も、なんか、もう
「お前なんかおらんかっても、なんとも思わへんねんからな」みたいな。

加藤諦三:
うん

相談者:
そういう、なんか言い方を、よくされましたしい。

加藤諦三:
・・うん

相談者:
ほんで・・ほんで、あー、やっぱりそうなんだ、って、そこでわたしも思って、生活をしてました。
で、息子の方にはあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお・・わたしが帰った時に、ま、息子に一応、説明したんですよねえ。

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、「お母さんは、こうこうこういう理由で」

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、「お父さんと(苦笑)こういう関係だから」

加藤諦三:
うん

相談者:
「お母さんは、ごめんね。外に・・い、行ってしまって」

加藤諦三:
うん

相談者:
っていうような・・ことをあのお・・息子にはその、いうふうに話をしてたんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
軽蔑してるとは、思うんですね、ホントは。

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
でも、ま、言葉では・・
「お母さんがあ、ま、外で、うーん、誰と会ってるか知らないけれども」

加藤諦三:
うん

相談者:
うーん、「そういう風なことでお母さんが、こ、気分ん、転換して?」

加藤諦三:
うん

相談者:
「お父さんと良好な関係が築けるんであれば」

加藤諦三:
うん

相談者:
「僕はそういうのも有りやと思うよ」って、言・・ってくれたので、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんかその言葉に・・甘えて(苦笑)

加藤諦三:
分かりました。
で・・今日の相談っていうのは、それで、ま・・

相談者:
で・・

加藤諦三:
あなたは、離婚のタイミング・・を測っている・・

相談者:
うん、ずっと話し合いをしたあ・・ことは、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと・・とりあえず、も、わたしが・・離婚したいっていう気持ちは、もうあのお、分かってくれてるんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしい、が、就職が決まって・・働きに行くんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
まずその仕事が、安定して、ちゃんとこう、ま自分の生活の糧が・・こう築ける、状態にならないと家から出たら駄目だっていうふうには言う、われてます。
んで、わたしも、あのお、息子に、学費を、払ってあげたいので、あと2年あるので。
学費をわたしがこう、払うとお・・自分の生活ができなくなっちゃうので。

加藤諦三:
そうすと今・・家庭の中の、あのお、会計は・・どうなってるんですか?・・

相談者:
ああ

加藤諦三:
夫婦別会計のような感じ?

相談者:
えーと先月まで失業手当をもらってたんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
失業手当で、わたしもあのお、住宅ローンを半分、支払ったりい、あのお、息子に学費を支払ったりっていうのを、こうやってたんですね。それで・・

加藤諦三:
・・あの分かりました。それで・・その、最初に言った、その、離婚のタイミングというの、は、大体さ、あのお、そういうことだって分かって来ました。
大変む、難しい相談だと思います。

相談者:
はい

加藤諦三:
スタジオに、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


息子の許可を得てやりたい放題。不倫半同棲を終えた女46の次なる願い」への1件のフィードバック

  1. 共有名義の家
    子供の教育資金
    いろいろ言ってるけど
    離婚したらどちらもむずかしくならない?
    家出れば家賃もいるし
    共有名義だったら相手になにかあれば
    自分が全部捻出しなければなくなるんだけど
    そのことまで考えてるのかなぁ
    46歳 女盛り 相手にされないつらさ
    わからなくもないけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。