49歳女からセックスレス相談で食い違う児玉清と三石由起子


テレフォン人生相談 2011年2月12日 土曜日

パーソナリティ: 児玉清
回答者:  三石由起子(作家・翻訳家・三石メソッド主催)

相談者: 女49歳 夫49歳 14年間セックスレス 大学1年生の長男 中学2年生の長女

児玉清:
もしもし?
テレフォン人生相談ですが。

相談者:
はい

児玉清:
まずあなたの、えー、お歳からお伺いできます?

相談者:
はい、49歳です。

児玉清:
49歳で?

相談者:
はい

児玉清:
はい。
ご結婚は、なすってらっしゃいます?

相談者:
はい

児玉清:
はい。
ご主人は、おいくつでいらっしゃる?

相談者:
あ、49です。

児玉清:
はい。
お仕事はどういうお仕事をしてます?

相談者:
えっとお、ん、会社、役員と、

児玉清:
はい

相談者:
それと、代表取締役です。

児玉清:
あ、それはそれは・・はい。

相談者:
ウフフ・・(笑)

児玉清:
で、あなたはあ、お仕事はなさってらっしゃらない?

相談者:
はい

児玉清:
あのお、お子さんは、いらっしゃいます?

相談者:
はい。
えーと、中2の女の子、

児玉清:
はい

相談者:
と、あと、大学1年に、なった男の子がいるんですけども、

児玉清:
はい

相談者:
その子は、あの、外に、出、ました。

児玉清:
あ、お出しした?

相談者:
はい、はい

児玉清:
で、今日は、どういうご相談でございますかあ?

相談者:
どう・・ま、一言で言えば、あ、主人との・・関係なんですけれども。

児玉清:
ほお、ほお、ほお

相談者:
はい

児玉清:
あの、元々は、あの、同い年でらっしゃるっていうことで、

相談者:
はい

児玉清:
あの、勿論、恋愛でいらっしゃるんでしょうけど。

相談者:
そうですね。

児玉清:
ご結婚、何年ぐらいですか?

相談者:
ですから、じゅう、きゅう(19)年、ぐらいでしょうか・・

児玉清:
19年ですか?

相談者:
はい、はい

児玉清:
えー、そのご主人との間にい、何か?

相談者:
そうですね、んっと、下の子が生まれてからですね、

児玉清:
はい

相談者:
何にも、その、夫婦生活っていうものがないんですけれども。

児玉清:
おや。
だって、もう、中学2年生でいらっしゃるんでしょ?

相談者:
そうですね。

児玉清:
ということは、じゅう~よん(14)歳?

相談者:
よん、はい、そうですね。

児玉清:
ということは、大変失礼な言い方ですけど、

相談者:
はい

児玉清:
およそ14年間?

相談者:
そうですね。

児玉清:
ん~、あの、どういうことですか?それは。

相談者:
ん~、別に特に、大きな喧嘩もなくですねえ、

児玉清:
ええ

相談者:
でえ、うわ、ちゃんと真面目に、ちょっと休みのない、仕事ですのでえ、

児玉清:
ああ、はあ、はあ

相談者:
はい、でえ、近くで、仕事してますからあ、

児玉清:
ええ、ええ、ええ

相談者:
えっとお・・所謂、変な、

児玉清:
うんうん

相談者:
あれはないと思うしい・・

児玉清:
ということはご主人はまったくその間(かん)に、

相談者:
はい

児玉清:
今、あなたのお話ですとお、

相談者:
はい

児玉清:
周囲に女性の影もないまま?

相談者:
ん~、まあ、何て言っても、こういう風にな、私がそう思い始めたきっかけえ、は、

児玉清:
はい

相談者:
ちょっと、ある、ことはあるんですが、

児玉清:
はい

相談者:
別にその人と深い仲とかそういんではなくう、

児玉清:
はい

相談者:
と思うんですけれども。

児玉清:
はい、でも何となくそういう存在みたいなのはあるわけ?

相談者:
うーん・・まあ、私の中でそう、か、勝手に思い込んで、いるう、別に、肉体関係とかそういうのはないと思うんですがあ。

児玉清:
そうですか・・

相談者:
はい

児玉清:
しかし、それにしても・・わ!大変、失礼な言い方ですけど、

相談者:
ウフフ(笑)
どうなんでしょうか?私は・・

児玉清:
おかしいですよねえ?
考えられないですよねえ?

相談者:
ま・・

児玉清:
と、私(わたくし)は思いますがあ。

相談者:
そうですか。

児玉清:
うん

相談者:
元々、あんまり、淡泊っていうんですかねえ?

児玉清:
はあ、はあ、はあ

相談者:
あ、まあ、付き合ってる時はあ、あの、それなりでしたけれども、

児玉清:
はい、はい、はい

相談者:
あとは、まあ、仕事お、が忙しくなって、私は子育てに、ま、彼は仕事のことでっていうことでえ。
あのお、凄い一生懸命、やっていて、あの、2人の中が、その、変な風にギクシャクしてはいなかったですね。

児玉清:
ん~、しかし、あの、ほんっとにあのお・・

相談者:
ええ、どうぞ仰ってください、・・はい。

児玉清:
こういうねえ、あの、公の場で申し訳ないんですけど、

相談者:
いえいえ

児玉清:
要求したことはないの?

相談者:
そうですね、私の中、もしかして私の方が別に、「そんなことはどうでもいい」って思ってたんだと思います。

児玉清:
うん。
ああ、あ、なるほど。

相談者:
私の方がもう、めんどくさいっていうんじゃないですけども、

児玉清:
ん~、うん、うん、うん

相談者:
で、段々とこう・・

児玉清:
ん~、そうね。

相談者:
しん、寝室も別になっていってえ、

児玉清:
ん~

相談者:
その方が私も楽だったっていうのもあって、

児玉清:
ん~、う~ん

相談者:
これは私い、も、かなりあの、半分以上責任はある、っていう風には、今になると思うんですけれども。

児玉清:
ん~、ん~、ん~、まあ、責任ってことよりも、

相談者:
はい

児玉清:
ご夫婦ってそういうもんですよねえ?

相談者:
はい

児玉清:
ちょっと一旦、ま、どうこうって、それもなんかこう、低下しまうと・・

相談者:
はい

児玉清:
それをあえて踏み切って、ていうのは、

相談者:
なんかね(笑)

児玉清:
んー、なかなか、なくなっちゃうケースは、なくはないですね。

相談者:
また・・そうですね。

児玉清:
ん~

相談者:
なんか、それをこう、彼に面と向かって、「この頃、そうだけど、ど、どうなんですか?」って聞くのもなんか、

児玉清:
ん~、ん~

相談者:
なんとなく・・

児玉清:
ん~そうですね。
とりあえず、ご主人の方が、手を出してこないっていうのはね?

相談者:
はい

児玉清:
これえ、僕、ちょっとお、よその旦那だけど(笑)、異常、うん・・

相談者:
だから「気が付かなかった私も鈍感だったんだなあ」と思うんですがあ、

児玉清:
ん~・・はい

相談者:
といって、別に、あのお・・あの・・

児玉清:
ん~、ご夫婦の仲が悪いわけでもなし・・

相談者:
そうでしたねえ、

児玉清:
うん・・

相談者:
てか、無断外泊するとかあ、

児玉清:
うん、うん

相談者:
あの、外にそういう特定の方がいるっていう感じではないのでえ、

児玉清:
はあ、はあ、はあ

相談者:
それは、ないと思うので・・

児玉清:
はい。
それで、今日のご相談なんですが?

相談者:
はい。
ま、その、

児玉清:
うん

相談者:
それはそれでずっと、きっかけがなければ、そのまんま、ま、多分、なんとなく、ふ、手つかずだと思うんですけどもお、

児玉清:
はい

相談者:
実はその、4年ぐらい前にい、

児玉清:
はい

相談者:
「ご飯食べに行こう」って誘ってもらってですねえ、

児玉清:
はい

相談者:
ま、2人でご飯食べてたんですけど、

児玉清:
うん

相談者:
その時に携帯が鳴ってえ、

児玉清:
ええ

相談者:
で、私も、知ってはいたんですが、ま、行きつけのクラブがあるんですね?

児玉清:
はい

相談者:
で、あの、彼の、まあ、同じ、職、職業柄の、

児玉清:

相談者:
そのまあ、社長さんたち、何人かで、必ずこう、

児玉清:
ん、ん

相談者:
月に1度、とか2度とか、流れる、こう、クラブがあるんですけれども、

児玉清:
はい、はい

相談者:
そこのママ、だったんですけれども、

児玉清:
はい

相談者:
で、私も話は聞いていたりい、あと電話にも出たりは、前してたんですよね。

児玉清:
うん

相談者:
で、あの、彼の話によると、とっても気さくで、

児玉清:
うん

相談者:
「お前にも会いたがってたよ?」みたいな(笑)、話もしたこともあるしい、

児玉清:

相談者:
「で、そこに行きたい」って言ったんですね?

児玉清:
うん

相談者:
何の、何のあれもなくう・・(笑)

児玉清:
うん、うん、うん

相談者:
で、行ってしまったんですがあ、まあ、男の方が行く、所謂、こう、クラブですからあ、

児玉清:
はい

相談者:
私は彼の周りにいなっかったんですけれども、

児玉清:
ん~・・

相談者:
あの、「お前は向こうだよ」って、その、言われた瞬間にい、

児玉清:
うん

相談者:
カッとこう、「ああ・・私は来ちゃいけないとこに来ちゃったんだ」っていうのは分かったんですけれども、

児玉清:
うん・・

相談者:
ま、その時は、時既に遅しです、ですねえ。

児玉清:
うん・・

相談者:
その、彼え、を、ずっと、その、正面で、見ていて・・

児玉清:
観察してた?

相談者:
はい

児玉清:
ん~

相談者:
あの、ま、男のやらしい部分を自分で見て、そこで私がなんかやっぱり、女としてのスイッチがそこで入ったんですね。

児玉清:
ああ、そう、いいや、あ、凄い話だ・・(笑)

相談者:
ええ・・(笑)

児玉清:
女としてのスイッチが入っちゃった・・?

相談者:
入っちゃったんですね、多分。

児玉清:
周りを見ててね?

相談者:
そうですね。
彼とその、ママさんとか・・

児玉清:
ん~・・

相談者:
で、まあ、あの、女の人とね、あのお、こう、親しく話ができる人ではないんですよ、シャイでね。

児玉清:
はい

相談者:
目とかも反らしちゃう人で。

児玉清:
ん・・

相談者:
そこでもう、私の方で、その後、その、何度かベッドへ、求めてみてしまったんですね。

児玉清:
ええ

相談者:
そしたら、もう、凄い、拒否するんですよね。
凄い勢いで。

児玉清:
ええ

相談者:
で、そこでもう、私の、も、妄想というか?

児玉清:
何なのそれは?

相談者:
さあ~?

児玉清:
分かんないねえ?

相談者:
はい。
ほんとは、彼にちゃんと真意をこれから確かめればいいのでえ、

児玉清:
うん

相談者:
なんですがあ、この3年、まあ、4年近くですね、

児玉清:
うん、うん

相談者:
いろいろなんか私の中でもこう、ぐちゃぐちゃしてしまってですね、

児玉清:
うん、うん

相談者:
その、勇気をもらいたいためにですね、

児玉清:
うん

相談者:
電話したところもあります。

児玉清:
はい

相談者:
はい

児玉清:
あのね、勇気、を、与えましょう。

相談者:
はい

児玉清:
ウフフフフフフ(笑)

相談者:
ええ、ごめんなさい。

児玉清:
こちらにはねえ、あのお、三石メソッドを主催してらして、作家で、翻訳でらっしゃる三石由起子先生・・

相談者:
はい

児玉清:
ね?

相談者:
ウフ(笑)

児玉清:
今あなたの、話を、ずっ、じっと聞いてらっしゃったの。

相談者:
はい

児玉清:
先生よろしくお願いします。

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。