49歳女からセックスレス相談で食い違う児玉清と三石由起子


(回答者に交代)

三石由起子:
はい。
こんにちはあ。

相談者:
こんにちは。

三石由起子:
こんにちは。
あのねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
私い、凄くう、よく分かるよ、ご主人の気持ち。
で、全然、あの、変だと思わないですよ?

相談者:
はい

三石由起子:
で、そこら辺、のものっていうのは非常にプライベートな問題でしょう?

相談者:
はい

三石由起子:
それはもう、ほんっとにいろんな人がいるしねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
なんか、あんまりこう、マスコミに踊らされてねえ?

児玉清:
(笑)

相談者:
はい

三石由起子:
このままが普通なのにね、

相談者:
あ・・(笑)

三石由起子:
うちの亭主が変だなんてことをねえ、

相談者:
はい(笑)

三石由起子:
考えたら駄目え。

相談者:
はい

児玉清:
だけど変だよ?
エヘヘヘヘヘヘ(笑)

三石由起子:
いやいや、いや、そ、いや、私はそれは変だと思いません。

相談者:
はい

児玉清:
そうか・・?

三石由起子:
うん、あのね?
何が、普通か?っていうのはさ、

相談者:
はい

三石由起子:
他の人と比べてって、比べようがないじゃない?

相談者:
はい

三石由起子:
あなたの亭主は普通なんですよ、あなたにとって。

相談者:
はい

三石由起子:
他のことはね、知る必要がないんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
で、それはまず私分かってて欲しいと思うんだけど。

相談者:
はい

三石由起子:
で、もう1つはね?
あのお、あなたの、問題はそこにあるんじゃなくてえ、

相談者:
はい

三石由起子:
多分ね、そんなこと、もうなくてもお、

相談者:
はい

三石由起子:
あの、心が、繋がってるようなね?

相談者:
はい

三石由起子:
核心があればあ、

相談者:
あ、はい

三石由起子:
あなたこんな電話してこないと思うのよ。

相談者:
はい

三石由起子:
だから、す、あのお、問題はそこじゃなくてさあ、

相談者:
はい

三石由起子:
なんか、あの、心が通ってないみたいな不安でえ、あなたは、その1点を思ってると思うんだけどお、

相談者:
はい

三石由起子:
そういうことでしょ?

相談者:
そうですね。

三石由起子:
私そうだと思いますよ?

相談者:
はい

児玉清:
問題はね?
その時に、拒否したってこと。
*#$%ね?

三石由起子:
いやいや・・

相談者:
そうですね、私は、あんまり自分からは言ったこ、言ったことなかったのでえ、

三石由起子:
うん

児玉清:
うん

相談者:
凄く、最初の時驚いてましたよね。

三石由起子:
ああ・・

児玉清:
ああ・・僕は、その、やっぱり、ご主人っていうのは、やっぱりちょっとおかしいと思いますよ。
うん。

三石由起子:
あたしは彼女の話を聞いてる時に、

児玉清:
うん・・

三石由起子:
「そういう夫婦の、1人なんだな」、と思ったんですよ。

児玉清:
うん・・

三石由起子:
そうじゃないんですかあ?

相談者:
んー、多分、その、それがなくってもですねえ、

三石由起子:
うん

相談者:
うん・・と、思うんですけども、

三石由起子:
うん

相談者:
今度、私の方がまあ、それから、そのスイッチが入ってからですね。
ちょっと・・おか・・

三石由起子:
あ、それだったら話違うよ?
あなたの言ったのは、

相談者:
はい

三石由起子:
「自分はなくてもどうでもいい」っていうことを言ったんですよ?

相談者:
最初はね、

三石由起子:
うん

相談者:
その、その、その、1点がない時はあ、

三石由起子:
うん

相談者:
最初は自分からそうだったのでえ、

三石由起子:
うん

相談者:
でもそれと裏腹にい、なんかもう、そう、そうしたいって気持ちが、こう、もこもこと・・

三石由起子:
そうか・・

相談者:
はい

三石由起子:
それは人間の心、ん~・・

児玉清:
よく分かるな、と。

三石由起子:
ん~・・

児玉清:
で、それに対して拒絶するっていうね?
ことのね?
その、なんか不可思議さの、私(わたくし)は、いえば・・

相談者:
まあそれが14年もブランクがあったからですねえ。

三石由起子:
あたし、だからねえ?
あのお、心が通じてないだけの不安だと思ってたのよ。

相談者:
まあ、それもあるし、

三石由起子:
うん

相談者:
結局それと、別に、こう、切り離せないと思うんですよね。

三石由起子:
ああ、そっか。

相談者:
あ、あの、「やっぱり、セックスは大事だな」って思うんですね。

三石由起子:
ん~

相談者:
やっぱ、なんかこう、スキンシップが最初からあまり、得意な人ではなかったと思うんですね。
何かこう、私が、こう、求めること、で、どうも、自分が責められてるように思ってるのかあ?
なんかこう、あの、変な風になったりしたのでえ、まあ、彼の方から、夫婦会議みたいな、ちゃんとじゅ・・「あなたの方から、あの、紙に書いてね、あの感情的にならずに、やったらどうだ?」っていう、提案ももらったので・・

三石由起子:
ええ。
それ凄く良いチャンスじゃない。

相談者:
そう、そうなんです。

三石由起子:
書けばいいと思うんだけどお、

相談者:
はい

三石由起子:
その時にねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
あの時に、もう、あのお、ホステスが、とかあ、

相談者:
はい

三石由起子:
あん、あの時私が言ったのにとかあ、

相談者:
はい

三石由起子:
そういう、の書いても何もならないのでえ、

相談者:
はい、分かりました。

三石由起子:
彼はそういうこと求めるんじゃないと思うんでえ。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
ねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
あのね、どうやって書くか?っていうの、教えるけどさあ、

相談者:
はい、教えてください、はい。

三石由起子:
例えばあの、あなたが本当に、あの、嫌なことをガチャガチャ書き出すんだよ、あの、ホステスのあれが気に入らないとかあ、

相談者:
アハハ(笑)
もうそれは止めます。

三石由起子:
あのお、私がこう言った時、こうしたら気に入らないって、

相談者:
はい、はい

三石由起子:
どんどん、どんどん書いていくとね?

相談者:
はい

三石由起子:
これとこれとこれが、おんなじだとかあ、

相談者:
はい

三石由起子:
これとこれとこれが、おんなじだっていう、グループ分けができるからあ、

相談者:
はい

三石由起子:
あの、箇条書きでも、ぐじゅぐじゅ、30くらい書くとね?

相談者:
はい

三石由起子:
これとこれはきっとおんなじ意味だっていうことが、グループ分けができるからあ、

相談者:
はい

三石由起子:
それを、3つう、か4つくらいにグループ分けしたらね?

相談者:
はい

三石由起子:
じゃあこれは、どうしてほしいんだ?っていうことが、見えてくるからあ、

相談者:
はい

三石由起子:
じゃあ、そうか、朝あ、あの、「行ってきます」っていう時になんか、ニコッと笑ってくれさえすれば、良かったことなんだ、みたいなね?

相談者:
アハハ(笑)
はい

三石由起子:
具体的なことが見えてきますしい、

相談者:
はい

三石由起子:
もし具体的じゃなかったら、非常に、もう、観念的に書いてもいいと思うんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
うん・・だから、その、どうやって書くか?っていうのは、まず書き出さないと駄目なんでえ、

相談者:
はい

三石由起子:
ほんとにつまらんことから、全部、書いてごらんなさいよ?

相談者:
ああ・・はい、はい

三石由起子:
で、どう、どうあがいても、30は書けないと思うんだよね。

相談者:
はい

三石由起子:
その、つまんないことが。

相談者:
はい

三石由起子:
そしたらね、3つくらいにしかグループには分けられないんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
そん時に、あの、言葉の語尾が優しくないとかあ、

相談者:
はい

三石由起子:
あのお、名前を、呼ぶときにトゲがあるとかあ(笑)、

相談者:
アッハハハ、ハハ(笑)

三石由起子:
ん~、具体的に欠けることってあると思うのね?

相談者:
はい

三石由起子:
その、喧嘩売らないで。

相談者:
はい

三石由起子:
だからまずはあ、あなたのその、今ぐしゃぐしゃになってるから、気持ちがあ。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
それを、まず書き出す。

相談者:
はい

三石由起子:
どうです?

相談者:
始めてみます。

三石由起子:
うん。
それしかないような気がするな、うん。
あなたが、あのお、ほら、「それを大事なことだと思ってます」って後で言われたから。

相談者:
はい

三石由起子:
うん、それだって伝えなきゃ駄目でしょ?

(再びパーソナリティ)


コメントはお気軽にどうぞ