【日曜に読む傑作選】顔の大きさを気にする17の娘が拒食から過食へ


(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ、はい。こんにちは

大原敬子:
最初はね?

相談者:
はい

大原敬子:
あの、加藤先生とお話なさってる時に、

相談者:
はい

大原敬子:
あの、過呼吸みたいに、あの、非常に、こう・・緊張なさってたので、

相談者:
はあい

大原敬子:
これはわたしの回答でいいのかな?、優しくしなくては、と思ってたんです。

相談者:
あはい

大原敬子:
ところがね?

相談者:
はい

大原敬子:
話を聞いていて、もう本音言っていいですかあ?

相談者:
はい、いいです。もう先生には何言われるか、はい

大原敬子:
アッハ(笑)あのね・・お母さまイライラしてるんですよ、話してるのが。

相談者:
あはい

大原敬子:
先生とお話してるのに。

相談者:
あはい

大原敬子:
優しく先生が聞いてくださるから、
「いいですかあ?」「あのねえ」って・・

相談者:
はい

大原敬子:
段々&#△、地が出て来て。
お嬢さんが心配ではなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
本音はですよ?

相談者:
あはい

大原敬子:
これキツいんですけどね、

相談者:
はい

大原敬子:
「もういや!こんな子」、「わたしの前でまたこれ見せる!」って、「見たくない!」
出来ればね?

相談者:
あはい

大原敬子:
過食とか・・もうそんなの見たくない、もう嫌だ、嫌だ、嫌だ。わたしが逃げたいっていうね?

相談者:
あはい

大原敬子:
このお嬢さんを嫌いになってる状況にわたしは思えてるんです、実は。

相談者:
あはい

大原敬子:
・・だから「どうしてわたしの前で」ね?・・こう「手の焼かせる訳の分からないことさせるのよ!」っていう、

相談者:
はい

大原敬子:
怒りがお嬢さんにあるような気がするんです。

相談者:
あはい

大原敬子:
今日の相談の中に。

相談者:
あはい

大原敬子:
もう一点はですね?

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんにすごく防衛本能がありまして、

相談者:
はい

大原敬子:
加藤先生が、ご夫婦に関して・・「良好です」って。
なんの良好か分かんないけども(含み笑い)、

相談者:
はい(含み笑い)

大原敬子:
「良好です」、こ、ね?
それから、あのお、なんていうのかしら「性格が違いますから」ってね、非常に、必要以上のこと・・

相談者:
はい

大原敬子:
「わたしが聞きたいことは」、「加藤先生に質問してよ」

相談者:
あはい

大原敬子:
「関係ないじゃない、主人のことなんか」「良好」って、切っちゃうんです。

相談者:
あはい

大原敬子:
絶対ここ入って来ないでねっていう。

相談者:
あはい

大原敬子:
相当な防衛本能強いんですね。

相談者:
あはい

大原敬子:
今日の質問は、「わたしが気にしているこの、もう手に負えないこの娘」・・

相談者:
はい

大原敬子:
「の話だけで・・下の子なんか問題ないわよ」、「もうイライラしちゃうわね、早く早く先生!上の子よ」っていう感じのものを、感じたんです。

相談者:
はい

大原敬子:
結論は・・

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんとコミュニケーションが取れないんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
・・分かります?

相談者:
あ、分かります。

大原敬子:
だから、わたしはご主人さまと「良好」って一言でおっしゃいましたけども(含み笑い)、

相談者:
はい

大原敬子:
良好ではなくって・・

相談者:
はい

大原敬子:
コミュニケーションを、わたしは取れてないような気がすんですね。

相談者:
・・

大原敬子:
全部、あな、あなた片付けちゃうから自分でサバサバ、サバサバ。
「あ、これ違うのよ」「はい」「あ、これいいわよ」て感じで。

相談者:
あはい

大原敬子:
そんなお母さんに感じるんです。

相談者:
はあい

大原敬子:
で、わたしが受けたものは、

相談者:
はい

大原敬子:
ある程度合っていますか?

相談者:
あのお・・こ、娘に対して、

大原敬子:
うん

相談者:
イライラしてるっていうのはすごい非常に合ってました。

大原敬子:
もう嫌でしょ?

相談者:
はい。もう、なんかわたしも2年間ちょっと・・

大原敬子:
もう離したいでしょ?ホントは。

相談者:
そお、こまでは思ってないんですけど、

大原敬子:
どこまで思ってます?

相談者:
あの・・結構穏やかに対応して来たんですけど、やはり去年の暮れ、娘に・・

大原敬子:
お母さん?

相談者:
はい

大原敬子:
穏やかじゃないって。

相談者:
さすがにもう・・爆発しちゃったことがありまして、

大原敬子:
でしょ?

相談者:
はあい

大原敬子:
だって・・

相談者:
それは本人にも、もう、「もうやってけないから」って&#△%

大原敬子:
だって、こんなに優しい加藤先生の話の中で聞いていましてね?わたしが。

相談者:
あはい、はい

大原敬子:
相手が聞いてくれて色々と周りからこう、先生の心理学、し、占(締?)めて来ましたよね?・・

相談者:
はい

大原敬子:
段々あなた絞って来ます。

相談者:
はい

大原敬子:
その時にわたしなんかね・・びんびんくるの。イライラが、見えるんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
ていうことはお嬢さんも、

相談者:
はい

大原敬子:
細かいことはあなたにお話出来ませんよね?

相談者:
はい

大原敬子:
このお嬢さん、すごくいいお嬢さんですよ?

相談者:
あはい

大原敬子:
それでね?・・お母さんのイライラが直ったら・・

相談者:
はい

大原敬子:
このお嬢さん変わりますよ?

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんに何か原因があるんです、イライラの原因が。

相談者:
はい

大原敬子:
なんでしょう?
その、イライラの原因が・・

相談者:
はい

大原敬子:
お嬢さまに行ってるんですよ。

相談者:
・・わたしの方のイライラがですか?

大原敬子:
だって、学校も一緒に行ってるでしょ?

相談者:
はい、行ってます。
あの、じゃあ、わたしは、娘の、言動とか・・

大原敬子:
ええ

相談者:
からあ、自分のイライラが募ってると思ったら、それは逆だ・・

大原敬子:
逆だと思いますね。

相談者:
うん

大原敬子:
娘さんの、行動を見てお母さんが不安になってイライラしてるんです。
もう見たくないんです。でも、それなぜかっていうと、何かが満たされたら・・

相談者:
はい

大原敬子:
娘さんこうなりませんよ?

相談者:
&#△・・うーん、わたしが娘によく・・
「もっと強いお母さんになってもらいたい」って言われてるんです。

大原敬子:
あ、強いお母さん・・

相談者:
はい

大原敬子:
ご主人さまにあなた、気い使っていませんか?

相談者:
使ってます。

大原敬子:
そこだと思います、きっと。

相談者:
あはい

大原敬子:
それでね?

相談者:
うん

大原敬子:
今このまま行ってしまうと、あなたはご主人さま甘えるのが・・

相談者:
うん

大原敬子:
娘さんのこの・・えー、症状ですね?

相談者:
あはい

大原敬子:
それを話すことが唯一のコミュケーションになってしまったと、わたしは心配なんです。

相談者:
はい

大原敬子:
ご主人さまと、この、お嬢さんの症状話します?

相談者:
話します、はい

大原敬子:
そうですよね?

相談者:
あはい

大原敬子:
それ、お嬢さんにすごく嫌なんですよ、異性ですから、

相談者:
ああ

大原敬子:
お母さんが、

相談者:
はい

大原敬子:
「分かった、&#△%ね、分かった、お母さん大丈夫」っていう風に、抑えてくれると、

相談者:
はい

大原敬子:
娘さんと落ち着きますけども、

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんとお父さんが、わたしのことの、この、話ね?

相談者:
はい

大原敬子:
いいことでない話ですよね?

相談者:
あはい

大原敬子:
しかも常にね?
「顔が大きい」なんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
性的なものなんですねえ?女性としての。

相談者:
はい

大原敬子:
それをお母さんが話すことに、何かがあるんです。整理しない・・
これね?たぶん・・かと、加藤先生今お話なさると思いますけども、

相談者:
はい

大原敬子:
お母さまの頭の中に・・

相談者:
はい

大原敬子:
夫との無理な状況、あなた、め・・認めてはないんですけど無意識のものあるんです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
もう一つは、娘さんのこの、症状が見ていてイライラすんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
怖くなっちゃうんです。

相談者:
はあ

大原敬子:
でも反面・・この症状があることによって、夫との会話が出来るってこともあるっていうふうに、非常にね?、複雑な構造になってるような気がするんです。

相談者:
はい・・ま、ホントに・・

大原敬子:
それを整理なさると・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたのその・・わたしと話しててもですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
落ち着かないんです、わたしが。

相談者:
はい・・

大原敬子:
・・ピンピン、ピンピンみんな撥ね、付けちゃうような感じがするんです、ごめんなさいね。

相談者:
あはい

大原敬子:
しちゃうんです。

相談者:
あはい・・

大原敬子:
このわたしがそうですから・・お嬢さん達も、あなたとゆっくりお話って出来るだろうかな?ってことが気になるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
・・で、加藤先生に、

相談者:
はい

大原敬子:
バトンタッチしますね。

相談者:
・・うん

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あのお、僕も大原先生の言われたようにね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたあ、が、自分にイライラしてるんですよ。

相談者:
じゃ、わたしは・・意識しないところでわたしが・・&#△

加藤諦三:
問題があるっていうこと。

相談者:
そういうことですね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
はい

加藤諦三:
上手く行かないことがあった時には無意識に問題があんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・そういう風に思った時に、

相談者:
はい

加藤諦三:
それでも思い当たることないですか?

相談者:
・・な、なんていうのかな・・
今まで専業主婦をしていてえ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
こういう生活でいいのかな?とかっていうことは考えることあります。

加藤諦三:
で・・

相談者:
ただ、わたしが働いてる姿とかを子どもに見せれば・・

加藤諦三:
うん

相談者:
子どもももっと自立心も芽生えるし、とか、考えたことはあります。

加藤諦三:
ああー

相談者:
うん

加藤諦三:
じゃ・・ホントはあなたあ、専業主婦じゃなくて働きたかった?

相談者:
はい

加藤諦三:
だけどご主人がそれを、の、望んでるの?望んでないの?

相談者:
望んでないです。

加藤諦三:
それやっぱり面白くないの、当たり前じゃない?

相談者:
・・あ・・

加藤諦三:
なんか人間って完全じゃないと受け入れ・・ご主人にも受け入れてもらえない、いけないことだと思ってない?

相談者:
うん、確かにいい妻であれとか思ってましたね、はい

加藤諦三:
あなた、良き妻・・

相談者:
はい

加藤諦三:
良き母・・

相談者:
はい

加藤諦三:
も、そういうもんじゃないといけないと思ってんでしょ?

相談者:
・・ああ、専業主婦としては、はい

加藤諦三:
でもそんな完全な人いないでしょ?

相談者:
あはい

加藤諦三:
・・で、あな、たも無理してたの、お嬢さんも無理してた。

相談者:
あはい

加藤諦三:
お互いに現実認めないから。

相談者:
・・あ、似てるのかもしれませんね。

加藤諦三:
うん

相談者:
似てると思います、はい

加藤諦三:
似てると思いますよ。

相談者:
あはい

加藤諦三:
だから、恐らくあなたがね?・・自分の弱点を受け入れてえ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
自分にもっと優しくなれれば、お嬢さんは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、先ほど大原先生が言われたようにいいお嬢さんですからあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんもお、

相談者:
はい

加藤諦三:
未成熟なお母さんでいいんだから、

相談者:
分かりました。お忙しいとこ、どうもありがとうございました。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はい、失礼しまあす。

加藤諦三:
虚無感が、胃を通して現れたのが、過食症です。




コメントはお気軽にどうぞ