【日曜に読む傑作選】クソババア!小5娘の不登校を相談中に本人参上


テレフォン人生相談 2012年5月7日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女41歳 夫44歳 一人娘11歳

今日の一言: 真実から逃げれば逃げるほどいよいよ真実は怖くなります。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いいたしますう。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
・・あ、えっと41歳です。

加藤諦三:
41歳、結婚してます?

相談者:
あ、はい、してます。

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
えと44歳です。

加藤諦三:
44歳、お子さんは?

相談者:
えっと11歳の女の子です。

加藤諦三:
お一人ですか?

相談者:
あ、はいそうです。

加藤諦三:
はい、分かりました、で、どんな相談ですか?

相談者:
えー、えっと(苦笑)、子どもが、

加藤諦三:
はい

相談者:
学校・・休みがちになりまして、

加藤諦三:
はい
「休みがち」というのは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
一日おきぐらいに行ってると?それとも・・1週間に一回とか、ほとんど行かなくなったとか・・

相談者:
・・も、あのお、行ってないんです、ずっと。

加藤諦三:
う、う、そうすっと、ま、休みがちというよりも、

相談者:
あ、そうです、休んで・・休んでますね。

加藤諦三:
休ん、だというふうに考えて・・休んでるということですね?はい、はい、分かりました。はい

相談者:
はい

加藤諦三:
それで?

相談者:
えー、ま、子どもに話すと・・
「明日は行く」って言ってるんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
また当日になると、「やっぱり行かない」っていう風になって、

加藤諦三:
はい

相談者:
それがずっと続いてますね。

加藤諦三:
あのお、行こうとして行かれないの?それとも最初っから「行かない」って言ってるの?、どっちですか?

相談者:
・・ ・・んー・・えーとお・・ ・・

加藤諦三:
今まではそんなことは、なかったわけですね?

相談者:
4年生の時に、

加藤諦三:
はい

相談者:
えと・・クラスで、いじめに、遭いまして、
こ、クラスの、半分の子から?

加藤諦三:
はい

相談者:
悪口言われたりい・・

加藤諦三:
うん

相談者:
えと、こう・・
「汚い」とか?、そういう「バイ菌」・・

加藤諦三:
うん

相談者:
みたいな・・ことをすごく言われたりして、

加藤諦三:
うん

相談者:
でえ・・も、それがずうっと続いて・・も、教室入るのも怖いっていう状態で。

加藤諦三:
うーん、うん

相談者:
3、4年生の時も担任の先生に・・相談したんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
解決っていうか、そういう風には、ちょっと出来なくて(苦笑)

加藤諦三:
うん

相談者:
結局4年生の時の?

加藤諦三:
うん

相談者:
・・3学期の・・3月は、

加藤諦三:
うん

相談者:
んと・・1日も学校行ってない、行けない状態で。

加藤諦三:
うーん

相談者:
んで、そのまま春休み迎えて・・

加藤諦三:
うん・・なるほどね。あのお・・ちょっと、その・・お子さんのことと直接う・・関係ないとあなた思われるかもしれませんけど、

相談者:
ええ

加藤諦三:
あなたのご主人との関係は今どうですか?

相談者:
・・主人もお・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと精神的に?

加藤諦三:
はい

相談者:
と、うつ病を患ってましてえ。

加藤諦三:
あ、「うつ病を患ってる」っていうのは「うつ病だ」と本人が言ってるんじゃなくて、なんか病院で、

相談者:
はい

加藤諦三:
診断、受けて、うつ病・・

相談者:
診断、受けました。

加藤諦三:
あ、それで、うつ病という風に診断されたということですね?

相談者:
はい、主人もそういう状態で。

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと家庭もね・・

加藤諦三:
うーんうん

相談者:
と、落ち着かなくて。
も、ホントに・・喧嘩が多かったんですよ、今まで。

加藤諦三:
喧嘩が多かった?

相談者:
うん・・

加藤諦三:
ふーん

相談者:
夫婦喧嘩がすごく多くて。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、その中に、子どもが、こう・・落ち着かない状態ですよね、やっぱり。

加藤諦三:
うーん、落ち着かないね。

相談者:
うん・・で、そういうのがずうっと続いてて。

加藤諦三:
うーん

相談者:
続いてたんです。

加藤諦三:
うーん

相談者:
やっぱり、主人も・・ちょっとやっぱり病気のこともあってすごく子どもに辛く当たっちゃった時期があるんですよ。

加藤諦三:
ふーん

相談者:
だからそれを、まあ&#△%・・

加藤諦三:
「子どもに辛く当たっちゃう」って、あなたと喧嘩してるわけですよね?

相談者:
・・ま、そうですね、喧嘩も・・夫婦喧嘩もありましたし(含み笑い)。

加藤諦三:
ええ

相談者:
主人が、子どもに対してえ?、キツい言葉言っちゃったりとか。

加藤諦三:
うーん

相談者:
すごくそういうこともあったので。
つい最近ちょっとこう話し合ってね、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの・・ま「穏やかに過ごそう」っていうことで、

加藤諦三:
うん

相談者:
話し合いをして、今主人も、子どもにね?

相談者:
ええ

相談者:
こ、優しく接することが、少しずつですけど・・出来てます。

加藤諦三:
そうすると、ご主人は、今、会社・・員ですか?

相談者:
あ、今は、あのお、家に、います。

加藤諦三:
あ、今は家に・・

相談者:
仕事は、し、してません。

加藤諦三:
仕事してないですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、それは仕事しなくなったのは何年、前ぐらいからですね?

相談者:
・・ちょうど、い、1年半ぐらいなりますね。

加藤諦三:
あ、そうですか、そうすっと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、1年半ぐらい前までは・・お勤めに出てたわけですね?

相談者:
あ、はい

娘:
(ガラガラ)(引き戸の音)
なんでここにいんの!?

相談者:
なにを、し・・

娘:
このあいだ、◆#$%□&▽*+から、クソババア!

相談者:
ごめんなさあい

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
(娘に)掛かって来たんだから・・
あ、もしもしい?

加藤諦三:
はい

相談者:
あ、ごめんなさあい

加藤諦三:
「クソババア」っていうのはよく言うの?

相談者:
言います。

加藤諦三:
うーん、そうすと・・あなたどんな対応を?

相談者:
も、どうしていいか分からないんです(ため息混じり)

加藤諦三:
うーん

娘:
◆#$%□&▽*+
(ガラガラ)(引き戸の音)

加藤諦三:
まあ、あとでね?、あの、大原先生に伺いますけれども。

相談者:
はい

加藤諦三:
やっぱり・・相当苛立ってますからあ。

娘:
(涙声)なんで!?

加藤諦三:
なんでそんなに、今、お母さんに怒ったか?

相談者:
ちょっと、子どもの部屋の近くで・・あのお、話をしてて・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
それがちょっと嫌だったみたいで。

加藤諦三:
あ、なるほどね。
「クソババア」って言ってますけども・・11歳のお嬢さんと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
どう接したらいいか?と・・

相談者:
はい

加藤諦三:
いうことをね?、幼児教育研究の大原敬子先生に伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、はい

(回答者に交代)


「【日曜に読む傑作選】クソババア!小5娘の不登校を相談中に本人参上」への2件のフィードバック

  1. がーん、、、よくわかんないです(T_T)
    具体策?はそのまんまやれば違うのかなぁ以外は難しいです。

    スマホじゃなくて固定電話?で離れず話してて、聞いてない?大原先生の話がわからなくて聞いてない?
    娘より私の話を聞いてよ、誰もわかってくれない!ってなってる?

    心のことって難しいんですね。最近気になって色々読んでこちらも読ませておりますが…

  2. この母親、常識を知らない、気づけない人なんだろう。
    何が世間的に正しい行動か分からないから、人に何か言われないか常に不安になっている。
    多分学校に朝から夕方まで居たのは本当だろう。だが回答者先生に驚かれたので『あっ、これは間違った行動だったんだ!』と気づき、普通に見てもらいたいために、『子供が行った…』と苦しい言い訳をする。

    この母も病院で診断してもらった方が良い。恐らく障害もってる。
    ケースワーカーにこまめに相談に乗ってもらうべきだ。

もも にコメントする コメントをキャンセル