喋り続ける女67歳の強烈な依存心。口グセは「もちろんです」「何の不安もありません」


テレフォン人生相談 2012年10月11日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 伊藤恵子(弁護士)

相談者: 女67歳 夫67歳 2人暮らし 夫婦喧嘩している長男38歳 孫2歳半(男) 家庭持ちの次男34歳

今日の一言: 「何の不安もないです」と言う人は、不安で、たまらない人です。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はじめまして。
よろしくお願い致しまーすー。

加藤諦三:
はい、最初に年齢を教えてください。

相談者:
67です。

加藤諦三:
67歳。
結婚してます?

相談者:
勿論です。

加藤諦三:
はい。
えーと・・

相談者:
主人も、67です。

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
2人います。

加藤諦三:
はい、何歳・・

相談者:
男の子2人です。

加藤諦三:
何歳でしょうか?

相談者:
38です。

加藤諦三:
はい。
もう1人は?

相談者:
ほいで、34です。

加藤諦三:
2人共、もう結婚してんの?

相談者:
もち、しております。

加藤諦三:
はい。
で、今あ、そうすと、あなた、お2人、ご主人とお2人で暮らして・・

相談者:
そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
実はあ、あの、長男の息子とお、お嫁さんとね?

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、ちょっとお、仲が、悪いんですねえ。

加藤諦三:
は、はい。
悪いってのはどういうことですか?

相談者:
だから、あ、お茶碗が汚いとか、お掃除しないで、汚いとかね?

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうことで、もう、すぐ喧嘩になっちゃうらしいんですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
一緒に、暮らしてないからちょっと分からないんですけど、それから・・

加藤諦三:
あの、ふう、夫婦喧嘩っていうのはどこでもあると思うんですけど。

相談者:
そうですよねえ?

加藤諦三:
はい

相談者:
だから何にも言うことないんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
言うことないのに、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんか幸せすぎてるのよね。
家はあるしね?

加藤諦三:
はい

相談者:
で、お店は順調だしね?

加藤諦三:
お店をやってるんですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
それで順調で、お家を建てたんですよね。

加藤諦三:
はい

相談者:
うんうん。
それでえ、孫は男の子生まれましたしね。

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ。
と、だからあ、「お母さんは、何って言うことないの、お母さんの方は何にも、あー、もう、3人で仲良く暮らせばいいんですよ」って言うんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、あたし、達の問題じゃなくて、息子と嫁の問題なんですね。

加藤諦三:
そうですね。

相談者:
そうですよー!

加藤諦三:
はい。
あなたの問題でなくて、

相談者:
ないない!全然ない!家はもう、主人とな、もう、勿論仲良く、い、ずっと暮らしてますからね?

加藤諦三:
はい。
それで・・

相談者:
何も問題がないんです、はい。

加藤諦三:
あなたは何の問題もないと?

相談者:
ありません。

加藤諦三:
はい。
それで、息子さんご夫婦も、

相談者:
うん

加藤諦三:
お店が順調で、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
あな、あなたまで幸せすぎると、

相談者:
うん、だから・・

加藤諦三:
いうことですね?

相談者:
うん、そう

加藤諦三:
はい

相談者:
ところがほら、喧嘩をするんですよね。
そいと、喧嘩すると、夜中でも何でもお、お嫁さんが、朝方なんか、3時、4時頃からお電話がありましてね、あたくし、んー、は(わ)、もう、ほんとに、心臓がドキドキしちゃって、ずうーっと爆発するようなお話をするんですよね、あたくしにね?

加藤諦三:
はい

相談者:
あ!もう電話があると、「あ、息子のお、嫁さんかな?」とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
そうやって、凄く心臓がドキドキしちゃうんですね。

加藤諦三:
あの、電話があると、

相談者:
そう

加藤諦三:
ビクッとするということですね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
ビクッとしちゃうんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、あのお・・

加藤諦三:
じゃ、その、ビクッとする夜中のね?3時ぐらいに・・

相談者:
朝の4時ですね。

加藤諦三:
朝の4時に、

相談者:
はい

加藤諦三:
電話を掛けてくるのは、

相談者:
そう

加藤諦三:
月に何回ぐらいですか?

相談者:
いやあー、7年ぐらいで、1回ですね。

加藤諦三:
4時に電話掛けたのはいっ・・

相談者:
最近ですね、それが。

加藤諦三:
いっ・・

相談者:
前は全然それをー、電話掛かってこなかったんですけどね?

加藤諦三:
はい。
1回ですね?

相談者:
そう

加藤諦三:
それで、4時に電話を掛けてきた原因は何ですか?

相談者:
経理を、お嫁さんがやってるんですよね。
お店の経理をね?

加藤諦三:
はい

相談者:
それで経理をやってるんですけど、お嫁さんが全部握ってるんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、息子お、に、あんまりお金を寄越さないんですね?
「自分も働いてるくせに俺に寄越さない」と怒るわけですよね?
そうやって喧嘩なんか、お母さん、こーだあーだってな、なって。

加藤諦三:
はい。
「働いてるのに俺に金寄越さな」いと、

相談者:
ん、そうそうそう

加藤諦三:
あの、息子さんは、いつ言いました?

相談者:
え~・・もう1週間ぐらい前ですね。

加藤諦三:
1週間ぐらい?

相談者:
はい

加藤諦三:
そういう話を、あの、何回ぐらいしてんですか?

相談者:
1回です。

加藤諦三:
1回ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい。
それで?
その他、あと、喧嘩と、していて、仲が悪いと・・

相談者:
それでね?
「もう離婚をする」って言ってるんですよ。

加藤諦三:
どちらが言ってんですか?

相談者:
両方で。

加藤諦三:
両方共が「離婚する」と言ってる?

相談者:
はい。
でも、子供がいるからね、2歳半の子供がいるから・・

加藤諦三:
はい。
「離婚する」というのを言ったのはいつですか?

相談者:
もう前からずうっと言ってますけどね、最近が、凄くなりましたね。

加藤諦三:
前からって、お、おおよそ、正確には分からないでしょうけど、いつ頃・・?

相談者:
もう、5年ぐらい前から言ってますね。

加藤諦三:
5年ぐらい前から?

相談者:
言ってたんですけど、その時はまあ、さり気なく、感じでしたけど、最近はもう、「ほんとに嫌、嫌です」って言うんですよ、お互いにね?

加藤諦三:
あなたに、息子さんの方も、お嫁さんの方も、

相談者:
そうです、そうです、ええ

加藤諦三:
離婚したいということを、

相談者:
ええ、「もう、お母さん嫌だ」って言うんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ

加藤諦三:
それで、離婚という言葉を使ってるんですか?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
離婚したいと?

相談者:
したいと。

加藤諦三:
はい。
で?
その理由というのは?

相談者:
だから、ちょっとしたことですよね?

加藤諦三:
はい。
そうすと、それ、5年間離婚したいということをずっと言っていたということですか?

相談者:
えー、5年ぐらい前はそういうこと言ってないんですけどね。
1年、半年前ぐらいから、最近ですね。
2、3か月前から言うようになりました。

加藤諦三:
2、3か月前ぐらいから、

相談者:
ええ

加藤諦三:
離婚という言葉を直接あなたに、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
い、い・・

相談者:
「もう、お母さん、やっていけません」と。

加藤諦三:
ええ、ゆ・・

相談者:
息子も「やっていけません」と、

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
いうことです。

加藤諦三:
言ったのは、何回ぐらいですか?

相談者:
2回、3回ぐらいかしらねえ?

加藤諦三:
それは朝ですか?昼ですか?夜ですか?

相談者:
だから夜の10時頃。
それから・・

加藤諦三:
そうすと、2回とか3回っていうのは、全て夜ですか?

相談者:
ええ、夜です。

加藤諦三:
言ってるのは?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの家に来て?

相談者:
いいえ、電話です。

加藤諦三:
電話で?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、息子さんの方も電話で?

相談者:
う、ん、息子は孫連れて、家へ来る時に・・

加藤諦三:
孫を連れて?

相談者:
うん

加藤諦三:
そうすると、息子さんからすると、子供の前で、あなたに、

相談者:
はい

加藤諦三:
「離婚したい」と言ってるんですか?

相談者:
そうです、ええ。

加藤諦三:
で、月に1回来た時に、

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
息子さんは、何を話(はなし)しますか?あなたに。

相談者:
だから、んー、「離婚したいけど、どうしたらいいか?」って言うけど、

加藤諦三:
え、え・・

相談者:
「私には、その力がないよ」ってったの、お母さん。

加藤諦三:
いや、来る度に、離婚の話をするんですか?

相談者:
そうですね。
来るっつっても、あ、最近ですよ?言うようになったのは。
今まで、何にも言わなかったですよ?
で、お嫁さんの方から、前に電話掛かってきた時に、分かったんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
息子をね?家の息子がこーだあーだっていうことがね?

加藤諦三:
そ、あの・・

相談者:
それまで分かんなかったんですね。

加藤諦三:
こういう話をご主人にしてますか?

相談者:
え、します。

加藤諦三:
で、ご主人の反応は?

相談者:
家の主人は、「なーんにも言うことないじゃんかなー」って言ってんですよ、あたしに。

加藤諦三:
・・

相談者:
だからもう、全然、何にも言うことないんですよ。
主人は、や、もう、とても優しいしねえ、とても、よくう、やってくれるしねえ、あの、孫が来るともう、可愛がって可愛がってねえ。

加藤諦三:
ええ。
ご主人、言うことないとして、

相談者:
ないですよお?うん。

加藤諦三:
はい。
あなたあ、今、そうすと、不満は何ですか?

相談者:
ないです。
ただそれだけです。
不満ていうか、もう、いつも、怯えてっていうか、「いつ電話掛かってくるんじゃない?いつ何かがあるんじゃないか?」って、

加藤諦三:
はい

相談者:
それだけですよ!

加藤諦三:
それ・・

相談者:
何にも言うことないの。

加藤諦三:
うん。
それなのになん・・

相談者:
もう、最高に幸せです。

加藤諦三:
はい、最高に幸せで、何でそんなに怯えるんですか?

相談者:
あたし?
怯えてるかなあ?あたくし。

加藤諦三:
うん。
あのお、ずうっと喋り続けてないと不安なんでしょ?

相談者:
いいえ?全然(笑)
あたしって昔からこうなんですね。
や、人の話を聞かないっていうことなんですよね?

加藤諦三:
うん、人の話聞かないですね。

相談者:
そうなんですよ、言われるんですよ(笑)

加藤諦三:
ええ

相談者:
姉たちが言うわね。

加藤諦三:
お姉さんに言われてんの?

相談者:
ご近所にね、いますから。

加藤諦三:
うん

相談者:
「人の話を聞かなきゃ駄目よー」なんか、よく言われるんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
うーん、あ、なん・・

加藤諦三:
で、何で聞けない?
聞こうと思ってんですよね?

相談者:
聞こうと思ってます。

加藤諦三:
でも、聞けないんですよね?

相談者:
うーん、そういうのもありますねえ。

加藤諦三:
さっきお姉さんの話しましたけども、

相談者:
ええ

加藤諦三:
ご、ご姉妹(きょうだい)はお姉さんだけですか?

相談者:
あ、そうです。
4人姉妹(きょうだい)です。

加藤諦三:
4人姉妹?

相談者:
はい。
で、女ばっかりです。

加藤諦三:
女の姉妹(きょうだい)4人?

相談者:
そう。
そんでみんな仲良く、それ、近所にいますからね?

加藤諦三:
あなたは末っ子?

相談者:
そうです。
末っ子ちゃん、です。

加藤諦三:
す・・今、自分のこと、「末っ子ちゃん」って言いましたけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
やっぱりお姉さんに甘えたいの?

相談者:
甘えたいって、甘えんぼですね、ちいちゃい時からね。

加藤諦三:
ちいちゃい時から・・

相談者:
もう大事に、もう、みんな、お母さんも優しい母だったからねえ。

加藤諦三:
うん

相談者:
とってもおー、我が儘に育ちましたね、あたしはね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うーん

加藤諦三:
姉妹、の関係は、どうだった?

相談者:
あ、仲良い、仲良い。
最高に仲良いです。

加藤諦三:
あのお・・

相談者:
主人も良いしねえ、なんだから、何にも言うことないんですけどね。

加藤諦三:
はい

相談者:
ただほら、

加藤諦三:
いやな・・

相談者:
電話の問題だけなんですよ。

加藤諦三:
いや、何にも言うことない、

相談者:
うん

加藤諦三:
姉妹仲良く、ご主人も素晴らしくて、

相談者:
うん

加藤諦三:
電話があったのは、たった1回、4時に?

相談者:
うん、朝のね?

加藤諦三:
その1回の電話で、

相談者:
はい

加藤諦三:
これだけ、怯えるっていうのは、このことがき・・

相談者:
怯えてるかなあ?
あたしには怯えてないと思いますけどねえ。
いつもこんなですもん。
怯えてないですよお?
あのほら・・

加藤諦三:
あの、先ほど「怯えてる」と言ったのはどうしてですか?

相談者:
あ、先生がおっしゃったから、そうか?そうですか?って。

加藤諦三:
いや、あなたが最初の、あなたが・・

相談者:
あ、怯えてるっていうことはね、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほら、「お嫁さんからお電話があるんじゃないか?」と、

加藤諦三:
ほ・・

相談者:
いつもそれが、あの、

加藤諦三:
そうなんですよ。

相談者:
なんですよ。
今、今ちょっと冷静になりましたけど、その前なんかもっとでした。

加藤諦三:
そうすと、だから、怯えるっていうのはね?

相談者:
うん

加藤諦三:
お嫁さんからの電話が、

相談者:
うん

加藤諦三:
何でそんなに怖いんでしょうか?

相談者:
凄い、口暴力っていうの?

加藤諦三:
うん、暴力って例えば、具体的にはどういう言葉使いますか?

相談者:
だから、「お義母さん、もう、あたくしは、ああ、お義母さん、看ません」とかね?

加藤諦三:
は・・

相談者:
そういうこと言うんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
「ああ、いいですよ」つったの。
「あ、もう、看なくてもいい。だから、あなたたちが仲良くやってればいいんですよ。あたくしの方は何にも心配することない。看ようが看まいもいいですよ」って言ったんですよ。

加藤諦三:
はい、なんに・・

相談者:
それ以降は電話もないしね?うん。

加藤諦三:
何にも心配することないんですよね?

相談者:
ないです。
ありません。

加藤諦三:
それで何でこんなに心配なんでしょう?

相談者:
あのね、あたくしね、そういうの、ちょっと聞きたいことがあるんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、もしね?
別れ、あの、離婚するとかそういうね?

加藤諦三:
はい

相談者:
時に、なった時に、慰謝料とかど、そういうのはどうしますか?って弁護士さんに聞きたいんですけど。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
ええ

加藤諦三:
じゃあですね、今日スタジオに弁護士の伊藤恵子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。

相談者:
ええ、そういうちょっとお話聞きたいんですけど。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。