【日曜に読む傑作選】さらば勝野洋。原因を除いても続く舅姑と住む主婦のイライラ


テレフォン人生相談 2015年6月23日 火曜日
(2018年10月14日アップ)

勝野洋さんの最終回。
降板に当たっては今に至るまで何のアナウンスもないので、リスナーは当時、まさかこれが最後とは思わなかった。

なぜかWikipedeaでは、本人、番組、いづれの項においても、この一つ前の放送回6月16日が最後と記されている。
アタシが書き起こしてなかったからか?(笑)

相談は、夫の両親と同居する主婦のイライラ。
来客の多さで産後ウツまで患う下りには同情するものの、よく聞くと、若干鈍感ではあるにせよ、一応は相談者のことを第一に考えてくれる夫や舅姑に囲まれて、イライラの原因は解消されたハズなのだが・・

パーソナリティ: 勝野洋
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女31歳 夫37歳自営 娘1歳7ヵ月 義父72歳 義母68歳 5人暮らし

スポンサードリンク

勝野洋:
もしもし?テレフォン人生相談、勝野洋です、よろしくお願いいたします。

相談者:
よろしくお願いいたします。

勝野洋:
えと今日は、どんなご相談ですか?

相談者:
家族の関係、について、ですから、まあ、自分の性格を、ちょっと直、したい、の、どうすればいいのかな?と思いまして・・

勝野洋:
家族の関係?

相談者:
お電話さしていただきました。

勝野洋:
えっと、あなたおいくつですか?

相談者:
31歳です。

勝野洋:
結婚なさってます?

相談者:
はい、結婚、して・・

勝野洋:
いや・・

相談者:
ま、3年目になります。

勝野洋:
あのご主人は?

相談者:
主人が、37歳です。

勝野洋:
で、あの、お子さんは?

相談者:
1歳7ヵ月の娘が、1人います。

勝野洋:
じゃ3人家族という事ですね?

相談者:
あと、あの主人の、父母(ちちはは)と、同居しております。

勝野洋:
あ・・ご両親と。

相談者:
はい

勝野洋:
お父さんおいくつですか?

相談者:
父が72歳、で母が、68歳です。

勝野洋:
じゃ5人家族という事ですね?

相談者:
はい、そうです。

勝野洋:
それでご主人は会社員、ですか?

相談者:
自営業をしております。

勝野洋:
はい、自営業?

相談者:
はい

勝野洋:
あなたはそれを手伝ってる?

相談者:
そうですね、手伝いながら、週に2日あ、3日程パートにも出てるんですが。

勝野洋:
はい。それで、家族の関係、性格、あなたの性格?

相談者:
そうですね、はい

勝野洋:
どういう事ですか?

相談者:
主人の父、母と、同居する事は、もう結婚する前、付き合ってる段階からもうあの、分かっていた事だったんですけども。
(後ろで幼子の声)

勝野洋:
はい

相談者:
どうしてもこう・・義理の母、や父との関係でイライラ・・してしまったりですとか。

勝野洋:
はい

相談者:
ま、今・・娘が1歳7ヵ月う、で、反抗期?・・

勝野洋:
はい

相談者:
になって来たのもありまして(苦笑)、それで毎日イライラ、イライラしてしまっていて、ちょっとこれはやっぱり自分の性格う、を、何とかこう、大らかな性格に、なるようにしないといけないとは思ってるんですが、

勝野洋:
はい

相談者:
なかなかこう自分じゃどうしたらいいか分からない・・ていうところが、ありまして・・

勝野洋:
大らかな性格にしたい?、自分を。

相談者:
そおーですね、はい

勝野洋:
はい

相談者:
ずっとあの実家あ、で、暮らしてたんですが、

勝野洋:
はい

相談者:
もう昔からあ・・ま、色々と・・母にも、キツく言ったり、していた事もあって、
「何でも思い通りにならないとすぐにイライラする」っていうのは、言われてまして、
ま、母自体も(苦笑)「ずっとわたしは、我慢して来た」ていう事には言われてるんですけど・・

勝野洋:
うん。であのお・・要するにイライラする・・

相談者:
はい

勝野洋:
相手っていうのは、

相談者:
はい

勝野洋:
ご主人の、お父さんとお母さん?

相談者:
そう・・ですね、が、一番多いと思います。

勝野洋:
が一番、どういうところ?・・

相談者:
はい、今はあ、ま、解決した話なんですけども、

勝野洋:
うん

相談者:
ま、結婚当初お・・こちらの、嫁ぎ先の方で、

勝野洋:
はい

相談者:
ある社団法人の事務所をしておりまして、

勝野洋:
はい

相談者:
家の座敷、や応接間を、その事務所として使ってるような状態だったんですけども、

勝野洋:
はい

相談者:
月に40人ぐらい、人が、1日、来る日があったりですとか、

勝野洋:
はい

相談者:
ま、2、3日に空けず、2、3人、人が常に事務所に来ている・・ていうような感じで、お客さんの出入りがとても多い家、で、ありまして、
ただまあ、その事自体は、ま、結婚、する前から、聞いてましたので、

勝野洋:
はい

相談者:
わたしも、それはそれなりに・・んで、主人の方からも、ま、
「そっちの事務所の方は、父母(ちちはは)がしてる事だから、別にタッチしなくていいよ」っていうこ、ことで、

勝野洋:
はい

相談者:
言われてたので、わたしもそれなりに、しようとは思っていたんですが、

勝野洋:
はい

相談者:
いざ結婚してえ、みると、事務所ではあるんですけど、どうしても普通の家の普通の座敷なもんですから、

勝野洋:
はい

相談者:
「タッチしなくてもいい」と言われてても・・やっぱり、ここに嫁いで来た手前、来るお客さんとしては、「あれ?ここのお、奥さん、何にもしないのかな?」って思われるのが嫌だなというのがありまして、

勝野洋:
はい

相談者:
でその、方の、掃除、ですとか、お迎えの準備なんかも、まーわたしが、ほとんどしてた、んです。

勝野洋:
はい

相談者:
で、その事務所の任期というのが・・去年、ぐらいですかね?

勝野洋:
はい

相談者:
で、終わる、という・・話になってたんですが、

勝野洋:
はい

相談者:
「もう一期続けてくれないか」と、周りの方から、父が言われまして、

勝野洋:
はい

相談者:
そで「もう一期、3年間、やろうと思うんだけど」っていう事でわたし達夫婦にも話がありました。

勝野洋:
はい

相談者:
ただ、もう、わたしとしては、も、この、「一期で終わりだよ」っていう事で、今までその、お世話をしていたところもあったので、

勝野洋:
ええ

相談者:
まだこれが3年続くのか?と思うと・・これからあ、もう1人子どもも、欲しい・・で、そうなって来ると・・もちろん・・子育ての方に時間も、たくさん要るようになると思うのに、このお、大変なのがまだ、続くのかと思うと、

勝野洋:
うんうん

相談者:
それが凄いショックう、でですね・・

勝野洋:
ええ

相談者:
んで、ま・・産後間もなかった事もあって、

勝野洋:
はい

相談者:
ちょっと、ま、産後鬱みたいな形、に・・

勝野洋:
うん

相談者:
な、りまして、

勝野洋:
うん

相談者:
でまあ、旦那の方も、このままではいけないので、その「事務所を続ける間」?、「ちょっと、娘を連れて3人で」、別居、と言いますかね、「外で住むか?」という事で言ってくれまして、

勝野洋:
はい

相談者:
で・・父、母にもその話を、しました。

勝野洋:
うん

相談者:
それじゃいけないとやっぱり思ったのか、父、母が、自分の信用できる先生に、

勝野洋:
うん

相談者:
相談に、行ってくれまして、

勝野洋:
うん

相談者:
それでやっぱりその事務所を続けるせいで、家庭が壊れるんであれば、それは本末転倒だから、

勝野洋:
うん

相談者:
「事務所の方はもう」あの、「辞め」え、「なさい」と、その先生も言って下さって、

勝野洋:
うん

相談者:
で、事務所の方は結局、もう、その期限りで、終わりという事にはしてくれました。

勝野洋:
うん

相談者:
ただ、その時に、やっぱりわたし達家族よりも、そっちの、方が大事なのかなっていう、思いも、ありまして、

勝野洋:
うん。な、そういう、ことでイライラしてるっていう事ですね?

相談者:
そうですね、ま、今あ、となってみれば、終わった話なんですけども、

勝野洋:
うん

相談者:
そういう、こともありましてえ、

勝野洋:
うん

相談者:
普段の生活の、些細な事でも、わたし達、としてはどちらかといったらやっぱり子どもが中心で、何でも、ま、
「子どもが危ないから」とか、「子どものためにならないから」とか・・

勝野洋:
うん

相談者:
食事でしても、「まだ、子どもには早いから」っていう感じで、してるんですけども・・父、母としては、そんなに、気に留めてくれないと言いますか(苦笑)

勝野洋:
うんうん

相談者:
なんかやっぱり、身勝手なのは分かるんですけども(苦笑)、

勝野洋:
うん

相談者:
ちょっとやっぱり、小さい子どものお、うちは、もう少し考えて、もらえたら助かるのになという事が・・その小っちゃい事が、はい・・

勝野洋:
お父さんとお母さんは、

相談者:
はい

勝野洋:
可愛いんでしょ?、もちろん。

相談者:
はい、もちろん、あの、例えば、晩御飯の、

勝野洋:
うん

相談者:
後片付けをしてるう、ときなんかは、

勝野洋:
うん

相談者:
よくあのお、子どもお、と一緒に遊んでくれてたりして、

勝野洋:
ああーあ、はい

相談者:
その間にわたしも片付けが出来たりとか。はい

勝野洋:
なるほど。

相談者:
んで、仕事お、に、わたしが出ている時も、

勝野洋:
うん

相談者:
ま、土曜日なんかは、実家に預けてるんですけども、

勝野洋:
はい

相談者:
実家の方でどうしても看れない時は、母が看てくれてたり、して、あの、よく遊んではくれるんです。はい

勝野洋:
であの、今日の、ご相談内容としたら?

相談者:
と父、母も、父母(ちちはは)なら、なりに、気を使ってくれてますし、色々思ってえ、やって、え、くれてるう、とは思うんですけども、

勝野洋:
うん

相談者:
やっぱり、そういった事に、ついても・・わたし自身がこうイライラしてしまったり、

勝野洋:
うん

相談者:
で、ま、娘のお、子育て、でも・・イライラしてしまったり、

勝野洋:
うん、イライラしたり、うん

相談者:
で、父、母を、変えようと思っても、変えれるもんでもないので、

勝野洋:
うん、うん

相談者:
ま、やっぱり自分の性格を、もうちょっと、こ、おおらかな性格に、何とか変えれないかな?と・・

勝野洋:
それが、今日のご相談ですね?

相談者:
はい・・そうですね、はい

勝野洋:
分かりました。

相談者:
はい

勝野洋:
それではですね・・

相談者:
はい

勝野洋:
こちらに、心についての、エッセイスト、としてお馴染の、

相談者:
はい

勝野洋:
マドモアゼル愛先生がいらっしゃいます。

相談者:
はい

勝野洋:
えー先生にお伺いしてみたいと思います。

相談者:
はい

勝野洋:
先生、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。